Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



イブ燭火礼拝


いよいよ聖愛教会クリスマスイブ燭火礼拝の当日となりました。

午後7時から礼拝は始まります。リハーサルは午後4時からだったかしらん?とにかくその前に合わせ練習ができるよう早めに集まりました。

この日も4Fの部屋を貸していただいて4人で合わせ合わせ合わせ〜♪コレッリのクリスマスパストラーレ、「うまやの中で」、オブリガートを吹く「聴かせて下さい」、♯が4つありソプラノ・アルト・テナーの三人の方の歌声とリコーダーのみで始まるので実はかなりプレッシャーな「世のならぬ先に」、讃美歌多数、そしてキャロルがもう二曲増えて小栗さんのお話の中に挿入という形で吹かせていただくことにもなりました。ひゃ〜♪なんだかとても緊張するけれど責任重大だけれど充実感たっぷり感じます。がんばるぞ〜♪

ふーさん、shizuさん、アルト笛さんと協力しながら目を合わせて心も合わせて吹くキャロル、小栗さんにも監督いただいて「しっかり奏楽担当させていただけるように」との気合が漲ってきます。

リハーサルもドキドキ緊張しつつ筒がなく終わり、、

礼拝本番では一瞬吹き損じてしまったりと数か所ドッキリする場面もありましたが概ね全体を見通しながらお話もしっかり聴きながら吹かせていただけた気がします。何より吹きながら「お願いします♪」と目を合わせて気持ち合わせて吹けた気がするのがとても嬉しい時間でした。

今年も参加させていただけて、たくさん吹かせていただけてクリスマスの前夜らしい心静かに自分の生き方を振り返ることの出来た暖かな夜を過ごさせていただきました。ありがとうございました。
2016年12月24日(土) No.517 (友人と♪)

イブ燭火礼拝リハーサル♪


2008年に初めてリコーダー演奏で参加させて以来毎年うかがっている神戸聖愛教会イブ燭火礼拝、今年も参加させていただけます。

リコーダーでの演奏がなくても私にとってもうイブの夜の過ごし方としてこれ以外考えらない、とても大切な賛美と感謝の場になっています。

今年はイブの日は土曜日ということもあり、毎年お仕事がお忙しく中々参加が難しいshizuさんもゆったり参加下さるとのことで、ふーさん・shizuさん・アルト笛さん・私の4人でじっくり四重奏で参加させていただける予定になっています。

この日日曜日は初めての合わせ練習の日でもあり、教会員の皆さま、合唱団皆さまも来られる正式なリハーサルの日でもありました。なのでリハーサル開始より早めに個別練習もできるように、と12時に聖愛教会さんに集合〜♪

うっかりしていたのですが日曜日なのでもちろん午前中は礼拝があるのです。それに合唱団の方も礼拝堂で練習されるので、私が到着した時にはもう皆さま、礼拝堂の前のロビーで待って下さっていました。小栗さんとも連絡取りつつ、リハーサルまで4Fの部屋をお借りして私達は練習することに。

まずはあらかじめノエルを二曲吹かせていただくことになっていてその候補曲を4曲ほど楽譜いただいていたのでそれの練習♪

・クリスマスパストラーレより(コレルリ)
・ヴィクトリアだったかな?最後まで落ちずに合わせるのが難しいけれどとても美しい曲
・うまやの中で(キャロル)
・さあ飾りましょう(キャロル)

どの曲も何度か合わせてまずクリスマスパストラーレを採用決定としてじっくり練習、その後難しいけれどなんとかヴィクトリアの曲を採用したいね、と何度も合わせていました。なんとも美しい曲なのです。

と、小栗さんが様子見に来られて「ではちょっと聴かせて下さい」とおっしゃられ、ちょっと面接受けるみたいにドキドキする私達^^;、はぅ、緊張するではないですか。

小栗さんのご意見でパストラーレと「うまやの中で」を吹くことになりました。(吹きたい曲にしてくださいともおっしゃって下さったのですが)

そこから聖歌隊の方々の歌われる讃美歌にも三番の時だけリコーダーも参加することになったり、オブリガートパートのある讃美歌に参加することになったり、あれよあれよと吹かせていただく曲が増えて最終的に10曲近く吹かせていただく楽譜が手元に、、

shizuさんがとても準備良く、讃美歌集に印つけるための付箋を用意して下さっていたりアルト笛さんもあらかじめめくりやすいように長いスコアを切り貼りして下さっていたり、入念に準備して下さっているのに感激しました。

通して吹いたり細かに合わせたりするうちにアッというまに午後2時だったか?リハーサル開始の時間になる礼拝堂に。今年は聖歌隊の方々はオルガンの前で歌われます。私達リコーダー部隊は例年通り二階席で吹かせていただくのですが下が見渡せるよう、音もよく飛ぶように今年は立って吹かせていたたくことにしました。

一回通して二回目も通してかなりじっくり丁寧にリハーサルさせていただけた気が。

次はもう本番、イブ燭火礼拝の当日となります。当日のリハーサルより一時間ほど早く集合して個別練習もすることにして今日は解散。

一緒に吹けるのがとても嬉しくて楽しくてたまらないふーさん・shizuさん・アルト笛さんとのアンサンブルを大好きな聖愛教会さんでさせていただける、とても大切に思うイブ燭火礼拝で一緒に賛美の歌を吹かせていただける、本当に嬉しいクリスマスの演奏です。小栗さんのお話聞けるのも嬉しければ指導いただけるのも楽しいのです。

今年もありがとうございます。

2016年12月18日(日) No.516 (友人と♪)

クリスマスコンサート♪(BWV208)


演奏会の記録、アメブロに詳しく書いたのですが神戸聖愛教会にてクリスマスコンサート、バッハのBWV208"羊達は安らかに草を食み"を吹かせていただいた日でした。

15時半頃からのリハ参加で良いと前日にステージマネージャーの牧野さんにおっしゃっていただき当初の予定より遅めの出発で良くなり、おかげで娘のところのお昼ご飯のお世話してから出かけられたのが助かりました。「ばぁば、これから笛吹きに行くんやろ?けいちゃんも一緒に行きたい」と言ってくれる孫を残してくるのが(まだまだしんどそうな娘と置いてくるのも(>_<))心残りでしたが、今日はごめんよ〜(>_<)。きのうよりだいぶと具合が良さそうなのに力づけられて心を鬼にして神戸へ〜。

リハーサルはほんとにサラッと通した感じでリコーダー、こんなんで良いのだろうかとドキドキ、、(吹いてる私はそれはそれは楽しいのですが)。後は無心に一心に心のままに吹くしかないぞ、と。

アッという間に本番の時間になり、ドキドキしながらも「わわわ〜(☆o☆)」とうっとり聴かせていただいた前半、小栗さんのモダンフルートの演奏もある、いよいよBWV208の出番もある後半、と粛々と進んでいきました。親しみやすいMCと暖かな歌声、確かな通奏低音、とすごい方々とご一緒させていただく緊張の場面なのに皆さまのお人柄のおかげか、小栗さんと一緒に吹かせていただけるのもあり、心から楽しんでリラックスしていつもの自分の吹き方で吹けた気がします。

本当に楽しい時間でした。ありがとうございました。
2016年12月16日(金) No.515 (コンサート)

BWV208合わせ♪


せいあいパイパースメンバーの小栗さんに声かけていただいたのはまだ初夏の頃でした。日程だけうかがってワクワク楽しみに空けておりました。ウィーン在住の声楽のプロの方がコンサートを開くにあたり、バッハのBWV208のカンタータをぜひ歌いたいのでリコーダーを、とのお話だったのです。
(狩りのカンタータとして有名な"羊達は安らかに草を食み"、リコーダー2本がソプラノとからみあう大好きな楽曲です。)

で、コンサート前日の今日が最初で最後の合わせでした。皆さまお忙しく午後8時過ぎからざっと1〜2回合わせる感じとのことで遠いので当日だけでもともおっしゃっていただいたのですが出来るだけ少しでも合わせておきたく参加させていただくことに。

この日は前日から娘が前週から水疱瘡で保育園休んでいる下の子から水疱瘡ではなく胃腸炎をもらってしまったらしく、動けないので子ども達のお昼ご飯だけでも、とヘルプコールをもらっている最中でした。リハの始まる時間が遅くて良かった(>_<)、とゆっくり時間かけてご飯作ったり様子みて孫達と遊んだりもしてから神戸に。夕方には娘の旦那さんも帰ってくるのでお任せすることにして。(でも夕方帰った後、気になって神戸に行く前にもう一度娘のところに寄りました。大丈夫かなあ(>_<))

でも礼拝堂につくともう頭はサッと音楽のことだけに切り替わり、小栗さんとリコーダー2本でBWV208をソプラノの森尾由みさん、オルガン福田のぞみさんと。

なんと素晴らしい歌声なのでしょうか。オルガンの響きも素敵にからんで下さりなんとも気持ちのいい合わせでした。
一回合わせた後、後半のみもう一度、と繰り返したらカデンツァを即興で入れられた森尾さん、うわお♪かっこいい(☆o☆)♪と胸がドキドキしました。

リコーダー、もっともっと詰めてもっとよく出来そうなのに出来ないもどかしさも感じつつ、のびのび吹かせていただけて「ここは天から光がこぼれてくるみたいな雰囲気で(☆_☆)」「ここはもう少し静かに迎える感じで」と自然に表現したいものが湧きあがり、吹くのが楽しい♪

明日の本番でものびのび楽しんで吹けるのが一番いいかな?という気持ちにならせて下さるプロの方々に感謝です。一緒に楽しく吹かせて下さる小栗さんにも♪

他の曲のリハも聴かせていただいたのですがどの歌も心に響く歌声と音楽で、一緒に参加させていただけるなんてなんて光栄なんだろうと思いつつ帰ってきました。明日、がんばらねば♪
2016年12月15日(木) No.514 (友人と♪)