Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



"トラヴェルソのお正月"サロンコンサート♪


いよいよ本番〜♪♪ガンバ奏者の田淵宏幸さんサロンコンサートの日となりました♪

今日は主人も聴きに来てくれることになり朝のリハから二人でうかがいました。主人まで一緒に田淵さんのお母様が用意して下さる美味しいお昼ご飯をごちそうになり感激!!(いつもありがとうございます!!)

リハではこの一週間、やっと風邪も治り思い切り練習できたのもあるのか、ものすごくリラックスしてかなりいい感じにのびのび吹けました。本番はこのリハの時に比べるとブラヴェがかなりヘロヘロになってしまいました、、、ソロソナタを連続で吹くのって体力いるんだなと今更ながら発見、、

本番の様子はmixi日記より引用〜♪

****************************************

日曜日にトラヴェルソを吹かせていただいたサロンコンサート(於:ガンバ奏者田淵さん宅)、当日いただいたプログラムには"トラヴェルソのお正月"と題がつけられていてとても嬉しくなりました。

むか〜しから好きでいつか吹いてみたかった"春の海"も1月はお正月の月だし♪ということで挑戦させて下さったのですが、その演奏動画をyoutubeにアップして下さっているのをさっき発見♪わああ♪



トラヴェルソにとってはとても苦手な上の高音Fが何度も何度も出てくるので、あきらめようかなと思ったりもしたのですが、10代のモダンフルート吹いてた頃からとても好きなこの曲、なんとか吹きたくて。それでも同じコンサートで吹かせていただいたブラヴェのソナタ2曲ほどには練習積まず(というかブラヴェ吹くのに必死でした)、中間部や細部の解釈等全然出来ていないのですが、なのになぜか本番ではブラヴェよりもうんと楽しくて吹いてる途中嬉しくてウキウキしながら吹きました。

動画の右端に最前列で聴いて下さっているお客様の手元が映っているのですが、この方は尺八を昭和20年代から吹いておられる方で(途中ブランクがあり8年ほど前に再開されたとのこと)、尺八のロテチ・・と書かれた"春の海"の楽譜を手にうなづきながら聴いて下さっています。とても緊張したのですが、笑顔で聴いて下さり奥様(お琴を弾かれます)もうなづきながら聴いて下さるのがとても嬉しかったです。
(コンサート後には尺八のことをたくさん教えていただきました(^o^))

ブラヴェのソナタもこの曲もチェンバロなしのガンバ一本で時に和声を足したりディヴィジョンをつけたり、聴きに来てくれたミルパパがリハの時「ガンバ一本でここまで存在感が出せるなんて凄すぎます」と言っていたのですが、本当に素晴らしい通奏低音をつけていただきました。

後半の日本の歌をみんなで歌うコーナーでもメロディやオブリガートをトラヴェルソで吹くのがとても楽しかったです。

楽しいだけでなくとっても勉強させていただいたコンサートでした。田淵さん、吹かせて下さって本当にありがとうございました♪

***************************************

とても、とても楽しくてまた大切な嬉しい思い出が出来ました。
2016年01月31日(日) No.496 (コンサート)

サロンコンサート合わせ♪


1月31日(日)に吹かせていただくガンバ奏者田淵さん宅でのサロンコンサートの二回目の合わせ日でした♪

前回の初合わせより少しはましになったかな、、というか「ここはこうしたい」「ここはこんな感じで」と吹きたい形が個人練習通してずいぶんと見えてきた気がしてうかがいました。

そして前回もでしたが今回も、「ここはこう吹きたいんです」と言葉にして、さらに論理的に「ここはこうなのでここからこんな感じに」と設計図を描く作業を二人でしていくことにより、普段の何倍も積極的に表現することが出来る自分を感じた合わせでした。

要所要所でガンバで「ここの響きは〜」と和声を弾いて下さったり「こう吹きたいのだったらそこはもっとこうした方が伝わります」と貴重なアドヴァイスをたくさんいただいたりして、今日も深いレッスンしていただいた気分〜♪♪

当日弾かれるガンバのソロ曲、フォルクレのかっこいい曲を聴かせていただけたのもものすごく素敵な時間、演奏でした(☆_☆)。フォルクレの響き、いいわん〜♪

思い切り吹き切ったのでヘロヘロになりましたがものすごく楽しくて幸せな合わせでした。

1月31日(日)のサロンコンサートでは

ブラヴェ フルートソナタ op2-1、op2-6
宮城道雄 春の海
日本の歌をみなさんと一緒に♪

というプログラムで吹かせていただきます。

あと一週間!!がんばるぞ♪
2016年01月24日(日) No.495 (トラヴェルソ)

天国屋ナイトカフェ本番♪


いよいよ〜♪賀川記念館天国屋ナイトカフェにて吹かせていただくライブコンサート本番の日です♪

最終の合わせ練習も出来るように、と午後7時開始のライブに備え本日は午後3時集合♪

ザザッと第一部&第二部の曲を合わせたらもう出発するべき時間になりました。ほんとに時間の経つのの早いこと、そしてその時間の楽しいこと(^^)♪

本番のことや曲の動画等は
"演奏会の記録"に書いたのでその他のことをこちらに書きます(^^)

賀川記念館さん、初めてうかがう場所でしたが、とても居心地の良い暖かな空間でした。4Fにある天国屋さんは月に一度のナイトカフェの夜ということもあり、とってもにぎやか。奥では美味しそうな料理を作って並べておられるし、そこにいくまでのテーブルのある通路にはフェアトレード製品を並べておられる屋台も出ています。

奥にある礼拝堂兼カフェで吹かせていただくのでそこに楽器を設置したあとは演奏の時間までアルト笛さん、ふーさんと少し屋台を見てまわったり♪この時とても気に入ってしまったライオンの置物(バングラデシュの農村の女性が作っておられる)、いつまでも気になり前を通るたびに「まだあるかな?まだあるかな?」と安否が気になる始末^^;。最終的にゲットして連れて帰ってきました。



可愛い〜(^_^)。iPhone置きにぴったりな大きさなんです。でもそこに穴のあけてあるテラコッタ製の置物で植木鉢にもなります♪

そうそう、リハの時には立奏で膝を使う音のある小栗さんが一生懸命練習していて微笑ましかったりしつつ私も"パリの空の下"の最後の吹きのばしでやっぱりソプラノで膝使うので必死で練習しておりました。



教会からここまで来るのに楽器も皆さまにも私のバモスに乗っていただいたのですがなぜか焦げ臭かったバモスの車内が気になって様子見に戻ったり。
(普段やったことないのになんとハンドブレーキをひいたまま走っていたようです--;)
その時に撮ったエレベーターの中に貼って下さったいたチラシ〜♪



車の様子を見てから戻るとふーさんとアルト笛さんが「ほら♪そこそこ♪」と教えて下さる、、???と指される方を見るとなんとなんとヘンリーさんとてんげるさん、りゅーとくんのお姿が(☆o☆)!!!わあああ♪

思いがけなくてとっても嬉しくなりました。てんげるさん、ヘンリーさん、りゅーとくん、ありがとうございます!!
(ヘンリーさんがこの時、動画や写真を撮ってFacebookにアップして下さりそれもとっても嬉しかったのです(^^))

撮って下さった写真はこちらです。



演奏はこんな感じ♪



特にオープニングの"だったん人の踊り"、小栗さんのソプラノが美しくてアルト吹くのがとても楽しかったです。インザムードのバス等、今回いろいろなパートをみんなで持ち回りそれがまた楽しかった♪

聴いて下さる皆さまも手拍子入れたりお酒飲みながら談笑しながら聴いて下さったり、うんと大きな拍手を下さったり、本当に幸せに楽しい夜でした。

ありがとうございました♪♪

演奏の記録ページにも書きましたが当日のプログラムはこんな感じでした♪

★印が動画になっている曲達です。


☆第1部☆
韃靼人の踊り ★
リベルタンゴ  ★
明日
パリの空の下
The Bass Quartet ★
リトルラテン  ★
You Raise me up(8feet) ★

☆第2部☆
セレナータ  ★
カーネーション  ★
カプリッチオ  ★
Je te veux(8feet)
北の宿から ★
In the Mood  ★
トリッチトラッチポルカ

アンコール 花は咲く
2016年01月15日(金) No.493 (コンサート)

天国屋ナイトカフェ練習♪


先週の8日に続いて今日も合わせ練習〜♪

今日は午後2時開始ということで先週より一時間だけゆっくり出発♪でも今回もお二人とももう到着しておられて最後の到着でした--;

前回使わせていただいたお部屋の向かい側で練習開始♪

そうそう、前回書き忘れたのですが、今回、満太郎さんが「参加できないけど楽器は使ってくれていいから」とおっしゃって下さり、お言葉に甘えて満太郎さんのグレートバスやコントラバスも入れて吹かせていただくのです。出来れば8feet編成の曲も入れられると視覚的にも音的にも楽しいかも♪と(^^)
(満太郎さん、ありがとうございます(>_<))

で、大きなバスリコ群も入れて先週決めた曲を小栗さんが第一部・第二部とプログラム組んで分けて下さったのをザザザッと吹いていきました。ザザザッといっても何度か繰り返してみたり細部をもう少しつめたりして午後2時過ぎ開始だったのに第一部の曲を全部合わせ終えたらなんともう午後5時!!ひぇひぇひぇ@_@!!第二部はちょっと駆け足でササッと合わせました。

なんだかいい感じに合わせられそうな、楽しく吹けそうな予感のする合わせ練習でした(^^)。本決まりになった天国屋ナイトカフェ当日のプログラムは↓
こんな感じです。★印が積志さん編曲の曲です。


☆第1部☆
韃靼人の踊り ★
リベルタンゴ ★
明日 ★
パリの空の下 ★
The Bass Quartet
リトルラテン
You Raise me up(8feet)


☆第2部☆
セレナータ
カーネーション ★
カプリッチオ
Je te veux(8feet) ★
北の宿から ★
In the Mood ★
トリッチトラッチポルカ ★

アンコール〜花は咲く〜

いよいよ今週金曜日が本番!!楽しみです(^^)
2016年01月12日(火) No.492 (友人と♪)

1月サロンコンサート合わせ♪


何度も素晴らしい演奏の機会をいただきとてもお世話になっているガンバ奏者の田淵さんが連絡下さったのが昨年12月の半ば頃でした。ちょうどブランデンブルク5番コンサートに向けて毎日トラヴェルソ猛練習してトラヴェルソ一色になっている頃です。

1月の田淵さん宅でのサロンコンサートでトラヴェルソを吹かないか、というとても嬉しいお誘いだったのです。当日は田淵さんのガンバと私のトラヴェルソのみ、でブラヴェのソナタや日本の歌等やりたいとおっしゃられるのにドキドキ、、ソロソナタを一本のトラヴェルソのみで、、吹けるだろうか、、トリオソナタは経験あるのですがもしかしたらソロソナタのコンサートって初めてでは、、等々思いつつ、トラヴェルソが楽しくてたまらずとにかく演奏できるのが嬉しくいただいてすぐに「ぜひ!!」と嬉しく返信させていただきました。

で、成人の日の今日、初合わせでした。この1月は天国屋ナイトカフェの合わせでもそうでしたが長引く風邪をひいてしまった私、とにかく体調が悪く咳をとめるのに薬飲みまくって、「うつすと申し訳ないので中止に、、」とも何度か連絡してみたのですが「大丈夫ですよ〜(^^)」とおっしゃっていただきマスクしながらとにかく曲選びにうかがいました。

田淵さんのサロンではなぜなのか自宅で練習する以上にリラックスして自然体で吹ける気がします。どうしてなのでしょうか。

今回の合わせではブラヴェのソナタ集op2から第一番と第六番を本番で吹く曲に決め、ザザッと合わせていただきました。

というかほとんどレッスンしていただいてるみたいな感じで、

「ここはどんな風に吹きたいと思っておられますか?」

ということをいろいろなところでたずねて下さるのですが、あまり深く考えないで吹いている自分に気づいて反省、、さらに、なんとなくこう吹きたいと思っている、ということを伝えると
「ではそのためにはここの和声をもっと感じて吹くと良いのでは?」
とアドヴァイス下さって、そこを気にして吹くと今日一日でも全然出てくる音楽が違ってくるのです。

3時間弱、みっちりじっくり合わせて教えていただいて、本当にレッスンしていただいたような充実感、心地よい疲労感、満足感に包まれた午後でした。

とはいえ風邪のおかげでじっくり個人練習練れなかったここ数日、、出来てない感も半端なく、次回の合わせまでがんばるぞ〜、と強く決意した午後でもありました。

もう一曲、日本の歌ということでいろいろ候補があったのですが私が昔から大好きでいつか吹きたかった"春の海"をお正月月ということで吹かせていただくことになりワクワク♪ヴァイオリン用の楽譜をいただいてちょっと合わせてみたのですが高いFの音さえなんとか出来ればこのまま吹けそうかも?とにかく家で練習頑張ることに♪

あと半月ほどでもう本番です。練習がんばる〜♪

田淵さん、いつも素晴らしい機会と時間を下さってありがとうございます♪
2016年01月11日(月) No.494 (トラヴェルソ)

せいあいバロックwithバロックオーボエ


きのうに続いて二日連続で神戸聖愛教会さんへ〜(^^)/、本日は久しぶりに集まれる"せいあいバロック"の日です。415HZでトラヴェルソをたくさん吹ける時間、前々からうんと楽しみにしていました。

今回は小栗さんが去年お知り合いになられたバロックオーボエ奏者のTさんも参加下さる、ということで普段なかなか出来ないオーボエ入りの曲をたくさん吹かせていただきました。

・Schickhardt : Sonata in F major Op.22 No.1・・・2本のリコーダー、オーボエ、通奏低音
この曲、今まで知らなかったのですがとっても美しい良い曲でした。またやってみたいです。

・Telemann:Triosonate e-moll (TWV42:e2)・・・cherry(トラヴェルソ)、Tさん(オーボエ)、通奏低音(Y,E)
・ボワモルティエ トリオ・・・トラヴェルソ3本(通奏低音なし)
・Telemann:Triosonate d-moll (TWV42:d4)・・・小栗さん(トラヴェルソ)、Tさん(オーボエ)、通奏低音(Y,E)
・Boismortier : Sonata in G-dur Op.34-2・・・3本のトラヴェルソ、通奏低音
・Telemann:Quartett G-dur (TWV 43:G2 )・・・オーボエ、ヴァイオリン(トラヴェルソで)、トラヴェルソ、通奏低音

オーボエの入る曲、めっちゃ楽しい〜(☆o☆)♪♪時間に余裕があればリコーダーとオーボエのテレマンの曲もやりたいな〜、ともっともっと吹きたい思いで終わったせいあいバロックでした。降り番で聴かせていただいたテレマンのd-mollソナタもとっても美しかったです。最後に合わせた今まで吹いたことなかったカルテットもめちゃ良かった〜♪

今回もとても楽しいせいあいバロックでした。次はいつ集まれるかなあ(☆o☆)♪

2016年01月09日(土) No.491 (415Hzアンサンブル)

居酒屋カフェライブ練習♪


今月1月15日(金)の夜にある"天国屋ナイトカフェ"で20分×2という感じでせいあいパイパーズに依頼いただいたコンサートの練習〜♪日でした。

せいあいパイパーズにいただいた依頼だったのですが平日の夜ということもあり、渡辺さん・満太郎さんのご都合がつかず、ふーさん・アルト笛さんにお願いしたら快諾して下さり一緒に吹いて下さることになりました(^o^)。ふーさんともアルト笛さんとも何度もいろんなところで一緒に吹かせていただいているので楽しいこと間違いなし、ぴったり合うこと間違いなし、ととても楽しみな安心な気持ちで臨んだ練習会でした♪

昨年のクリスマスイブにちょっとだけ合わせてみた曲達、今日が本練習一日目です。(イブの日は小栗さんがお忙しく3人でちょこっと合わせただけの曲が多かったので)

金曜午前は私も仕事のある日なので午後1時開始にしていただき、仕事のあと急いで急いで聖愛教会へ♪思いがけなくものすごい渋滞で10分ほど遅れてしまいました(>_<)。ら、もうお二人ともいらっしゃってすぐにこんにちは〜♪

今日は会議室での練習ということでもう準備もして下さっていて、イブの日にも持ってきた楽譜達を私も一曲ずつ広げていきます。今回は選曲は任せた!と小栗さんが任せて下さったのでお酒の場で吹いて楽しい・聴いて楽しそうな短な軽めの&私の大好きな曲をた〜くさん選んでみました。

主に積志リコーダーカルテットさんの曲が多くなり、その他今までやったことのある軽やかな短い曲、せいあいパイパーズで吹いたことのある感じのいい曲、etcetc..

小栗さんも来られて4人で片っぱしから吹いては「これは今回はボツ〜」「これはまあ入れてもいいかな?」「これは絶対入れましょう」「これはぜひ吹きたいのです」等々に分けていきます。

アッという間に日が暮れて薄暗くなっていた部屋の外、時間の経つのん早いなあ(>_<)

途中で思いがけずT内さんが楽器を取りに来られたり(よりによって「T内さんはこういうのリコーダーで吹くのはお嫌いでしょうね」なんて話していた演歌吹いてる時に^^;)、3日に続いてお会い出来て嬉しかったです♪

「これはぜひやりましょう♪」「まあ候補にしてもいいかな?」という曲だけで30曲くらいが残りました。今回はボツ、ということにしたのが5曲ほどあったので全部で35曲以上、パッと吹いて良さそうなのは少し突っ込んで吹いてみる、という合わせ練習をしていたことになります。時計はいつのまにか18時をまわっていてびっくりしました。

次回12日(火)にもう一度集まって最終練習が出来る予定です。(ふーさんもアルト笛さんも遠いところをありがとうございます(>_<))。ワイワイお喋りしたら笑ったり曲選んだり、と吹く以外にもとても楽しい一日でした♪

、、、12日までにソプラノで吹きたいと立候補したリベルタンゴやパリの空の下の練習しっかりせねば!!

2016年01月08日(金) No.490 (友人と♪)

吹き初め会♪


今年も♪昨年に続いて名古屋の笛吹きドジさま宅にて"新春吹き初め会"に参加させていただきました。

今年も主人と二人、去年は雪が降って運転がこわかった覚えのある道を「今年は暖かいな〜」「運転楽々やなあ♪」と、バモスが修理中なので代車で貸し出していただいている新車のNワゴンで♪
(とっても快適な道中でした♪)

笛吹きドジさま宅では、去年に続きうつみんさんとお話出来たり、リコーダーでは全員でwat392さん編曲版の懐かしい"サーカス"が吹けたり(他にはカプリオールや415Hzでパーセル等々)、
トラヴェルソでは大好きなファッシュのリコーダー2本とトラヴェルソのカルテット吹かせていただいたり
後から到着されたTさんのまるでコンサートのような素敵な初期バロックの曲曲を聴かせていただいたり等々、

アッという間に過ぎていった一日でした。

今年は自作のバロックトランペットを持ってきた主人、ブランデンブルク2番を演奏させていただき(リコーダーはTさん、オーボエパートをテナーで笛吹きドジさん、バロックヴァイオリンのHさん、バロックチェロのMさん、チェンバロの○さん、と豪華メンバーでにぎやかで楽しいお正月らしいブランデンブルク2番でした(^^))

新年のスタートにぴったりな吹き初めをさせていただきました。笛吹きドジさま、皆さま、ありがとうございました♪♪

2016年01月03日(日) No.489 (友人と♪)