Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



BWV106練習♪


4月のある日、リコーダーJPの石田さんから突然メッセージをいただきました。なんと、「ガンバの田淵さんが8月にバッハのカンタータのコンサートを開くのにリコーダー奏者を探しているのですが吹いていただけませんか?」という、とても光栄で嬉しいお話をいただいたのでした。

バッハのカンタータが吹ける(☆_☆)?しかもコンサートで(☆_☆)?と、うんと練習頑張るぞ、とすぐに返信させていただき、チラシのように8月22日(金)にバッハのカンタータBWV106にリコーダーで参加させていただくことになったのでした。

106にはリコーダーパートは2本分あるのですがもうお一人は嬉しいことに向江門下生で兄弟子なさとるさん♪もう大船に乗った気分で参加させていただけます。

今日はそのさとるさんとリコーダーパートのみでまずはパート練習頑張りましょう、と日を決めていただいた合わせ日でした。加えて、合わせの相談するうちに田淵さんからお話いただいて8月17日(日)に田淵さんのご自宅で毎月開かれているサロンコンサートでもさとるさんとリコーダー2本+ガンバ、でトリオソナタ吹かせていただくお話もいただき、そのトリオソナタ曲の選定もすることに♪

もしかしてお仕事とかお忙しくなかったら猫田さんも来てくださるかも♪一緒にトリオソナタのバスパートとか吹いてくださるかも♪と事前にたくさん選んで用意したトリオソナタはバスパートも準備しました。

合わせ場所はお二人のお膝元なN市〜♪地図で見ると遠いけど主人のアドヴァイスで高速使ってみたらうちの玄関から45分で着けた〜♪近いやん〜♪

午後1時から5時まで場所を借りてくださっていて、ほぼユニゾンな106の練習とトリオソナタのお試し合わせだけだと時間が余るかな?なんて思っていたのですがなんのなんの。全然足りない。まだ合わせていないトリオ曲があるのももう5時になってしまった、、楽しくてアッという間に過ぎていった四時間でした(^^)。

ユニゾンで合わせる練習ってこんなに楽しいとは。音程しっかり取る吹き方、フレーズの感じ方等々、アドヴァイスしてもらいながら吹くのん、楽しかった〜♪だんだんしっくりと音が溶けてくる気がしたのも嬉し&楽しかった〜♪

三時半くらいまで106の練習に使ったでしょうか?意外にみっちり練習できて、これならなんとかいけそうかも、なんて嬉しい気分に。

そこから、ずっと聴いててくださった猫田さんにも入っていただいてトリオソナタを吹く、吹く、吹く。
(合わせ場所のホール玄関に近づいたら駅の方からさとるさん&猫田さんも歩いてこられるところで、「やっぱりお二人で来てくださった〜♪」と嬉しかったのです(^o^))

リコーダー2本だけでなく、簡単なトラヴェルソとリコーダーのトリオ曲も用意して、クヴァンツ(の有名じゃない曲2曲)、テレマン(あまり聴かれない数曲)、サンマルティーニ(有名すぎるやつ)、レイエ、等々どんどん合わせてみました。

良さそう♪となった楽譜を分けておいたら練習の終わりにはその山に6曲たまっていました(^^)。(これは没、と横にのけたのはもっとたくさんあったので10曲以上合わせたのかも?)

次はガンバにも入っていただいての器楽パートの練習会です。その日までしっかり練習せねば♪

とても楽しみなコンサートです。
2014年06月29日(日) No.422 (友人と♪)

せいあいバロックアンサンブル♪


小栗さんが素敵な名称を考えてくださりました(^o^)。せいあい415Hzアンサンブル改め、"せいあいバロックアンサンブル"の三ヶ月ぶりに集まれたアンサンブル会でした。

この日はなんと、トラヴィオールさんのお知り合いということでプロのフルーティストE田さんがトラヴェルソを持って遊びに来てくださいました。E田さんといえば関西のフルート吹きの間では有名な大御所の方。以前、主人が笛の修理をさせていただいて完成したのを持ってうかがったときにいろいろ笛を見せてくださり、そのときに運転手役でついていった私も呼びに来て一緒に見せていただいたのですが、すごく緊張してしまったのを覚えています。

なので今回も若干緊張しつつも一緒にアンサンブルさせていただける(☆_☆)、というのがとても楽しみで、それ以外のいつも通り準備してくださったトリオソナタを吹けるのも楽しみで、それはそれは楽しみにしていた会でした。

今回はいつも通り一人一曲ずつソロソナタも吹かせていただく予定だったのですが、さすがにE田さんの前でソロソナタとか緊張しすぎなので小栗さんはソロソナタを変更してE田さんとのトリオ、私はE田さんが来られる6時より前に一番最初にソロソナタを吹くことに。(意識しすぎ^^;?)

で、合わせたのが次の曲達でした。

・Blavet : Sonate h-moll Op.3-2 cherry(トラヴェルソ)、BC
・Quantz: 45. Triosonate D-dur [BP1975] トラヴェルソ2本(小栗さん&cherry)BC
・Loeillet : Triosonate e-moll Op.1-6 [FTR54] トラヴェルソ2本 cherry、小栗さん、BC
・Boismortier : Sonata in G-dur Op.34-2 トラヴェルソ3本(E田さん、小栗さん、cherry)、BC
・Hotteterre : Triosonate Op.3 Nr.2 D-durl[GM866a] トラヴェルソ2本(E田さん&小栗さん)、BC
・クヴァンツ:トリオ トラヴェルソ3本(E田さん、小栗さん、cherry、(BCなし))
・Telemann : Quartett in d-moll “Tafelmusik” トラヴェルソ2本(小栗さん、E田さん)、リコーダー(cherry)、BC 

E田さん、めちゃいい人やったぁ〜(☆_☆)。とても気さくで楽しくて暖かくて。一緒にものすごく楽しくアンサンブルさせていただきました。同じ空間にいるのがものすごく心地良い素敵な方で感激でした。
(お顔合わせてすぐに「前に一度お会いさせていただきましたね」って覚えていて下さったのも感激でした。)

前に吹いたブラヴェのop3-3ソナタに続いてこれも大好きで憧れのop3-2ソナタを合わせていただけたのも嬉しかった。この日のために毎日練習積んだのです。聴いてくれていた小栗さんが吹き終えた後に「安江さんは音程が良くなりましたね〜」って褒めてくださったのもとても嬉しかったです(^^)。わーいわーい♪

音程、もしマシになったのだとしたら、きっと合唱に参加させていただけたおかげなのでは、と。合唱、またビクトリアが歌いたくてたまりません。

小栗さんとE田さん、ガンバ、チェンバロ、で吹かれたオトテールもとても素敵でした。トラヴェルソって一本もいいけど二本重なると途端に音がふわっとふくらむ感じであんないい雰囲気になるのですね(☆_☆)

とても楽しく名残惜しく終わったアンサンブル会でした。ありがとうございました♪

※この日最初に合わせていただいた憧れのブラヴェのソナタop3-2をyoutubeにあげてみました(^^)。もう少し余裕持って吹けるようになりたいな、、

2014年06月21日(土) No.421 (415Hzアンサンブル)