Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



せいあいバロックアンサンブル♪


桜ノ宮でアルブル木工教室さんの作品展、間伐材ヒノキリコーダーでのコンサートをさせていただいたその午後、この日は午後2時から神戸聖愛教会さんで415Hzの集まりのある日でもありました。

久しぶりにたっぷり吹かせていただけるトラヴェルソが楽しみで楽しみで♪d(⌒o⌒)b♪

コンサートの後、本当はもっと残ってゆっくり作品展を見せていただいたり皆様とお話したかったのですが(> <)、後ろ髪引かれる思いで、でも次の目的も楽しみで楽しみで、、クルマで神戸に直行〜♪♪

やっぱ神戸って高速使うと早いな〜(☆_☆)。無事に午後2時前には到着出来てホッ♪d(⌒o⌒)b♪

ogukenさん(トラヴェルソ&リコーダー)
hiroshiさん(チェロ&リコーダー)
トラヴィオールさん(バスガンバ)
Y田さん  (チェンバロ)
cherry (トラヴェルソ&リコーダー)

というメンバーで、一曲につき何度かずつ合わせていただいてアンサンブルしたのは↓こんな曲達です♪d(⌒o⌒)b♪
(hiroshiさんの日記よりお借りしてきました。hiroshiさん、お借りします(> <)。※は私のコメント〜♪)

(1)J.Ch.Bach : Trio G-dur [BA6894]
 モーツァルトみたいでとても楽しかったです。
  ※ogukenさんとトラヴェルソ二本でhiroshiさんのチェロ、Y田さんのチェンバロと。
   めちゃ気持ち良かった〜(☆_☆)
(2)Boismortier : Sonata Op.34-4 [BP2574]
 明るい曲できもちがよい。ただ、終始シンコペなので、合ってるのかどうかわからなくなります。
  ※トラヴェルソ二本にhiroshiさんのリコーダー、トラヴィオールさんのガンバ、Y田さんのチェンバロ。とても感じのいい曲です(☆_☆)。
(3)Loeillet :Sonata a-moll Op.-1
 hiroshiのソロにお付き合いいただきありがとうございました。
  ※これは降り番で響きが素敵とうかがった一階でゆっくりと聴かせていただきました。
   とっても素敵でした(☆_☆)。
(4)Telemann :Triosonate in e-moll (Tafelmusik供 [BP354]
 難しい曲ですが、やっぱりいい曲ですね。
  ※ogukenさんがトラヴェルソでオーボエパートを。私もトラヴェルソでフルートパートを。。ってこの曲やるの気がついてなくて初見でした^^;。
   でもでもかっこいい素敵な曲だった〜(☆_☆)
(5)Devienne : Torio D-Dur Op.19-1 [BP2007]   
 いい曲なんですが、古典の曲でちょっと難易度が高いかもです。
  ※ogukenさん1stトラヴェルソ、私2ndトラヴェルソ、、うう、2ndでもやっぱドゥヴィエンヌは難しい〜T_T。
(6)Schickhardt : Concert G-dur [HM192]    
 木霊のようで、気持ちが良い。
  hiroshiさんもトラヴィオールさんもリコーダーに持ち替えてY田さんのチェンバロに合わせて4本のリコーダーで♪d(⌒o⌒)b♪
  ※最高の響きの聖愛教会さんで吹くシックハルトは、、最高です(☆_☆)。

午前中はものすごく温かな素晴らしい雰囲気の中でコンサートさせていただき、その興奮も醒めやらぬまま今度は大好きな415Hzのアンサンブル〜♪

どちらも楽しくて楽しくて幸せで、、思い切り音楽する喜び、仲間といる喜びを味合わせていただいた土曜日でした。

415Hzアンサンブル、楽しかった〜♪です。

ありがとうございました♪
2011年11月26日(土) No.355 (415Hzアンサンブル)

間伐材ヒノキリコーダーのコンサート♪


この日11月26日(土)は前にも書きました、アルブル木工教室さんの木工教室作品展4日目♪で間伐材ヒノキのリコーダーを使ってのコンサートをさせていただいた日でした♪

mixi日記&アメブロにもアップしたのですが、こちらでもご報告させてください♪

あ、その前に、アルブル木工教室のS先生もきのうのコンサートのことをもう日記に書いてくださっているのでそちらも紹介させて下さい。
アルブルさんアメブロ

演奏中の写真もアップして下さっています。今朝方読ませていただいて、当日も演奏会の後おっしゃって下さってものすごく嬉しかったのですが、

「小学校・中学校の時はリコーダーは大嫌いだったけど、今日聴かせてもらって好きになりました。」

って何度もおっしゃって下さったのがとても嬉しくて。 (リコーダー吹かせていただいて、何より嬉しくなってしまうお言葉です〜♪)

例えばものすごくひどい演奏だったとしても悪くはおっしゃらないんじゃないかな、、とは思いつつ、でも本当に喜んでいただけたような気がする、そんな気持ちにならせていただける嬉しいお言葉をたくさん下さって、
「午後からも吹いていただけたら良かったです。午後からのお客さんにも聴いてもらいたかったです。」とおっしゃって下さったり(心から吹かせていただきたかったです。予定があってごめんなさい(> <)。)
「来年もぜひまた吹いていただきたいです。」ってもおっしゃって下さったり。(ぜひぜひ〜♪絶対予定空けておきまする♪)
もう本当に嬉しくなってしまうお言葉をたくさん下さったのです。

完璧とはほど遠い事故たくさんな演奏だったにも関わらず、吹かせていただいている間、私は舞台の上でものすご〜く楽しくて「なんか、合わせ練習のどの時より合ってる気がするなあ♪なんか4人の気持ちがすごくぴったりになってる気がする♪この気持ち、聴いて下さってる方にも届くといいなあ♪」ってウキウキしながら吹かせていただいていました。
緊張したらどうしよう、と心配していたのですが嬉しいことに全然緊張せずいつも通り、というかいつも以上に集中して、少なくとも思いと心は思い切りこめて、何より4人で気持ち合わせて吹かせていただけた気がするのです。

あの会場で聴いてくださってらした皆様のあの温かい雰囲気、、終始ニコニコ優しい笑顔で聞いてくださっていた1回目のコンサートも2回目の時もいて下さったたぶん木工教室に通っておられる方々や教室のスタッフの皆様のあの優しい笑顔、朝早くから駆けつけてくださったマイミクの皆様の温かな笑顔、、あの温かな雰囲気にもずいぶんとお力をいただきました。おかげでほんとにのびのび(指はのびのびしませんでしたが--;)吹かせていただいた気がしています。

そんな吹いてるときの思い、もしかして聴いてくださってた皆様にもお届け出来たのかなあ、お話くださったタケヤマさんのお気持ちに少しだけでも応えられたりしただろうか?間伐材リコーダーのあの素敵な音、もしかして少しだけでもお伝えすることが出来た?なんて思えるのがとても嬉しい、そんな日記を書いて下さっていて、、改めて、今回間伐材リコーダーでこういう演奏させていただく機会をいただけたこと、そもそも最初にお話をくださったこと、猫田さん・さとるさん・うつみんさんが一緒に吹いてくださったこと、SRQのSさんが素晴らしい編曲をたくさん提供して吹かせてくださったこと、、いろいろなことに感謝の思いでいっぱいになっています。

アルブルの皆様、竹山さん、猫田さん・うつみんさん・さとるさん、SRQのSさん(baccoreさんもwat392さんも〜♪)、そして聴きに来てくださったてんげるさん、ヘンリーさん、りゅーとくん、エリーらぶさん、箕面のおさるさん、デルのMさん、ドンさん、他にもたくさん聴いていて下さった皆様、ほんとにほんとにありがとうございました。吹かせていただいて聴いていただいて皆様とコンサートの間の時間を共有させていただけたこと、心から感謝しています。本当にありがとうございました。

ではでは少し長いのですがきのうのご報告をば書かせてくださいm(..*)m

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

最近、前の日の練習終えるまでは「無事にこなせるかな」とか「しっかり吹かなければ」等の責任やプレッシャーを感じてドキドキしているのですが、なぜか最後の練習終えた前日の晩あたりから翌日本番で合わせるのが楽しみで仕方なくなって、当日の朝には

「よしっ♪頑張るぞぉ(☆_☆)♪♪早くみんなと会って早く合わせたいなあ。本番もうんと頑張るぞぉ♪なんか、、楽しく吹けそう〜♪聴いてくださる方にも少しでも楽しんでいただけますように、、」

という気持ちでいっぱいになって思い切り元気良く機嫌良く会場に向かう、、そんな嬉しいパターンが続いている気がします。今回もそうでした(^^)/♪

早起きしてお風呂に入りながら「とにかく頑張るにゃ〜(☆_☆)♪楽しみにゃ〜♪」ってものすごく明るい気持ちでやる気むくむくになっておりました。

作品展&コンサートの会場はJR桜ノ宮の駅から川を渡ってすぐのところにある近畿森林管理局の1階にある「森林(もり)のギャラリー」。何十年も大阪に住んでいるというのに今まで全然知らないでいた施設です。
(壁も床もドアもいたるところが無垢の木で出来ていてとっても感じの良いところでした。しかも自動ドア開いた正面すぐのところにこじんまりとした木造りの小さな舞台が設えてあって「わあ、なんて素敵な舞台(☆_☆)。ここで吹かせていただけるのん〜?♪」と入ってすぐにテンション上がってしまいました。後から吹かせていただいた訳ですが、響きもとってもよい感じでした♪)

今回、一緒に吹いてくださった亥寅兎辰のうつみんさん・猫田さん・さとるさんとは話が決まってからの期間が短かったこともあり、合わせ練習出来たのがほんの1日だけでその時には合わせられなかった曲もあり(アホな私が楽譜間違えて持っていったため-"-;)、なんとか当日ぶっつけ本番は避けたい、出来ればほんの一瞬でいいから音合わせしたい、可能であれば少し練習できたりしたら最高、、と思っていたのですが、嬉しいことに食堂で音出しさせていただける、とのことで10時半の本番前に合わせ練習が出来るよう9時半に集まっていただくことになっていました。
(猫田さん、さとるさんにも、遠い垂水から来てくださるうつみんさんにも申し訳なかったのですが、皆様そのことお知らせメールしたら「合わせできるのですね。良かった♪♪」って心からおっしゃって下さってすごく嬉しかったのです。)

で、9時半に4人集合〜♪(おはようございます♪)して、メールでは何度かやり取りさせていただいたのですがアルブル木工教室のS先生やスタッフの方々とも初めまして♪とドキドキ挨拶して、すぐにリハ会場の食堂へ♪
(ここがまた全面木造りで響きのいい良い感じな食堂でした。すごく落ち着いて最終合わせ練習をさせていただくことが出来ました(^^)♪)

正面入り口から奥の食堂行くまでの廊下?というかギャラリーが展示空間になっていて、木工教室の皆様の作品が所狭しと並べられていました。歩くのやめて立ち止まって見惚れてしまうすごい作品ばかりでした。

大きな窓みたいにステンドグラスを扉部分に嵌めた素敵なロッカーや全面メタルアートで出来た趣のある宝箱のようなのとか見たことないデザインの欲しくなってしまう椅子、ベンチ、滑り台!、いろいろな趣の棚、大きな薔薇模様のステンドグラスで出来た丸テーブル等々等々、全部生徒さんの作品なのだそうです。うう、もっとゆっくり見たかった、、

今日吹かせていただく間伐材ヒノキのリコーダーはこちらも展示品なので会場に綺麗にディスプレイされていました。値札もちゃんとついて飾られているのを「これをこれから吹かせていただけるなんて♪」ととても嬉しい気持ち&なんとなく畏れ多いような気持ちでそのままお借りしてリハ会場へ。この楽器の良さを伝えることが出来たらどんなにいいだろう、という気持ちでいっぱい、そしてこないだ試奏させていただいてうんと好きになってしまったこの楽器をまた吹かせていただける喜びでいっぱいでした。

リハしてる間に竹山さんの奥様も来てくださり、嬉しい気持ちとちょっぴしドキドキ緊張する気持ちとに包まれました。コンサートの時って本番の時間ってなんであんなにすぐ来るんだろう、、嬉しい時間の始まりです♪

コンサートのプログラムは前も書いたのですがこんな感じでした♪♪10時半から30分、12時から30分、2回のコンサートをさせていただきました。

プログラム:
 ◆1回目(10:30〜11:00)
  ・おもちゃの兵隊の行進(間伐材アルト)  (SRQのSさん編曲) 
  ・おひさま(間伐材アルト)        (SRQのSさん編曲)
  ・海の見える街(間伐材ソプラノ)     (wat392さん編曲) 
  ・パリの空の下(間伐材ソプラノ&アルト) (baccoreさん編曲)
  ・ホルン協奏曲(間伐材ソプラノ)     (SRQのSさん編曲)
  ・卒業写真(間伐材アルト)        (SRQのSさん編曲)
  ・星条旗よ永遠なれ(間伐材アルト)  (SRQのSさん編曲)

当日うかがったらばさとるさんがMCして下さる心づもりでいて下さったのですが、一応企画?責任感じて私も少しだけMCの内容考えてた、って言ったらば1回目はMCさせていただくことに。

話す内容の大筋を軽く考えてきただけなので細部を演奏中にあれやこれや考えてしまう私、、「これが終わったら今度はこんな話しよう。それで、、アレ?」と若干曲に集中出来なかったり、、考えてたはずの話やお伝えしたかった話がいざとなったら出てこなかったり、、ぬぬぬ、MCって難しいにゃあ--;。演奏の合間にお伝えしたいことたくさんあったハズなのにどうしていざとなると出てこなくなるんでしょか。
(という訳で2回目はさとるさんにお願いしました〜。さすが落ち着いていろいろお話して下さってやっぱMCはさとるさんに最初からお願いすべきだった♪)

この回は、事前の合わせ練習があまり余裕なく(1曲目の「おもちゃの兵隊の行進」がこの日初めて合わせる曲で時間取りました。)大急ぎで全曲通して確認♪したので楽器の吹き合わせまで出来なくて、私が主にソプラノ吹く時に間伐材ソプラノリコーダーを、私がアルト吹くときに間伐材アルトリコーダーを、さとるさんが1曲だけアルト吹く時に間伐材アルトを、と各曲1本ずつ間伐材リコーダー吹かせていただく感じでした。曲名の()内は間伐材リコーダーを吹かせていただいたパートです。大体メロディがそのパートにくる曲を間伐材リコーダーで吹かせていただいています。

2回目コンサートはその前に1時間たっぷり練習時間取れたので、うつみんさんにも間伐材リコーダー吹いていただいて、ソプラノ&アルト各曲二本合わせての音をお届けすることが出来ました。

 ◆2回目(12:00〜12:30)
  ・ホールニューワールド(間伐材ソプラノ&アルト)
  ・カーペンターズメドレー(間伐材ソプラノ&アルト) (SRQのSさん編曲)
  ・ムーンライトセレナーデ(間伐材アルト)      (SRQのSさん編曲)
  ・ヘンデル:オルガンのための協奏曲より(間伐材アルト(baccoreさん編曲)
  ・北の宿(間伐材ソプラノ&アルト)         (SRQのSさん編曲)
  ・おひさま(間伐材ソプラノ&アルト)        (SRQのSさん編曲)
  ・いつも何度でも(間伐材ソプラノ&アルト)     (wat392さん編曲)
 アンコール♪ ・星条旗よ永遠なれ(間伐材ソプラノ&アルト) (SRQのSさん編曲)

やっぱりMC担当じゃないと演奏に集中できてすごく楽でした〜(^^;)。さとるさん、吹くのに加えてさらりとMCもこなすの、すごいですにゃ♪♪

、、という訳で、なんとなく個人的には1回目より2回目のが良い出来だったような気がしたりします、、

1回目コンサートには、朝早い時間だったのに、てんげるさん・りゅーとくん、前日に腰を痛められたのにもかかわらず駆けつけてくださったヘンリーさん(ありがとうございます(> <))、猫田さん繋がりでエリーらぶさん・箕面のおさるさん・デルソーレのMさん、そして竹山の奥様E子さんが来てくださいました。朝早くからありがとうございます♪♪
(コンサートの後、E子さんのお許しいただいてみんなで間伐材リコーダーの試奏出来た時間も嬉しく楽しかったです(^^)。)
2回目コンサートには、うつみんさん繋がりでマイミクのドンさんがお越しくださいました。ありがとうございます〜(> <)。

2回目コンサートの時は時間も良かったのか、吹いてる途中にもどんどん自動ドアが開いて(誤作動もあったそうですが^^;)、でも実際にお客様もどんどん入ってきてくださり、場所が良くてその目の前で吹かせていただいている私達、、入ってこられたお客様がそのまま足を止めて立ったまま聴いて下さる、、そんな形でいつのまにか用意した椅子以外にあちこちにたくさんの方が立って聴いてくださってらして40人以上の方が聴いてくださっていたそうです。

拍手たくさんいただいて「アンコール!アンコール!最後にもう1曲だけ♪」って嬉しいお言葉はS先生がかけてくださったのですが(それがまた嬉しかったのでした♪)、アンコールで星条旗吹かせていただくの、嬉しくてそして手拍子いただいてうんと楽しかったなあ♪
(1回目のコンサートで私がアンコールでもないのに「手拍子の合う曲なのでぜひ」なんて手拍子要求したせいもあったのかも〜(^^)?でも嬉しかったです♪)

こんな曲が吹きたい、とリスト出した私のワガママを全面的に聞いてつきあってくださり、思い切り自然体で自由に心合わせて吹ける、そんなアンサンブルさせて下さった猫田さん・うつみんさん・さとるさん、本当にありがとうございました。うんと楽しかったです。

そして今回、もし本当にちょっとでも喜んでいただけたのだとしたら、それは曲のおかげもかなりあるのでは、と思います。そういう意味でSRQのSさんにものすごく感謝しています。素敵な曲をたくさん、吹かせてくださってありがとうございます♪特に「おひさま」、す〜ごく好きです。12月にある「はにーのクリスマス」でも吹かせていただく予定です(^^)。ありがとうございます♪

こうして吹かせていただける喜び、ありがたさを心から感じた土曜日でした。

でも思うように吹けなくて申し訳なかったところもあるので、もっとこれからも頑張ります♪頑張るぞ〜♪
2011年11月26日(土) No.354 (コンサート)

満太郎さんとのアンサンブル会@吹田♪


11月3日文化の日に続いて♪d(⌒o⌒)b♪、千葉から満太郎さんが来られる日、ということでろびんさんがお世話係りしてくださり、吹田の市民ホールにてアンサンブル会がありました。

私はこの日曜日は午前中いつも通り仕事があり、午後1時の開始には間に合わなかったのですが、2時半頃到着♪

5時まで楽しい楽しい時間を過ごさせていただきました♪

当日吹いたのは、ろびんさんがコミュニティに書いてくださってらしたのを引用させていただいて(ろびんさん、ありがとうございます。)、↓こんな感じです。

↓◆ろびんさんのメモより♪◆

☆ ブレード(イギリスの作曲家)の曲 (満太郎さん持参)
☆ シュメルツァーのソナタ 7声 (S1,S2,A1,A2,T1,T2,B)  (満太郎さん持参)
              (このあたりでスージーさんが来られました)
☆ Mozart Adagio K.411 5声 (SnSATB)  (nishiさん持参)
              (このあたりでnishiさんが帰られました)
☆ 組曲くるみ割り人形 (チャイコフスキー) より 
  行進曲、葦笛の踊り、花のワルツ (4声 SATB) (リバーさん持参)
              (このあたりでcherryさんが来られました)
☆ 踊る人形 (ポロディーニ) (4声 SATB) (らぶしゅーべるとさん編曲、ろびんさん持参)
☆ スペイン組曲より「カディス」 (アルベニス) (4声 SATB) (らぶしゅーべるとさん編曲、ろびんさん持参)
☆ ラテンアメリカ組曲 
   KALYMBO TANGO FIESTA (David Thompson) (満太郎さん持参)
☆ インノミネ (どなたの作曲だったのかな?) (エオリアンさん編曲、cherry持参)
☆ 小交響曲 第1楽章 (グノー) (エオリアンさん編曲、cherry持参)
(エオリアンさんのはS,A,T,T,B,FBだけどFBはBでしたのでしたっけ?)
☆ March (バッハ) (cherry持参)
最後にもういちどシュメルツァーのソナタをしましたね。

◆ろびんさんメモここまで♪◆

体は結構疲れて眠くてボロボロな状態でうかがったのですが会場に着いて譜面台の前に座ってリコーダー持った途端にシャキーン(☆_☆)、と頭が冴え渡って元気いっぱいになる自分が嬉しかったです(^^)。

満太郎さんと並んでバス吹かせていただくととても刺激的で勉強になって楽しく、ソプラノでソロ吹かせていただく曲も楽しくてたまらなくて(今日はその2パートだけ吹いたような?)、ほんとに楽しくて楽しくてたまらない午後を過ごさせていただきました。

満太郎さん、ろびんさん、一緒に吹いてくださった皆様、ありがとうございました♪♪

リコーダーアンサンブル、最高です〜♪o(^^o)(o^^o)(o^^)o♪
2011年11月20日(日) No.351 (リコーダーアンサンブル)

間伐材ヒノキのリコーダー♪


先の日記に書きました、11月26日(土)のコンサートで吹かせていただく間伐材(ヒノキ)で出来たリコーダー、、準備なしで当日いきなり吹くのはこわすぎ、、と音程のクセや吹き方のコツをつかむべく、きのう、タケヤマさんのところにお邪魔して試奏させていただいてきました♪d(⌒o⌒)b♪

(☆_☆)もうあんまり素敵なリコーダーでびっくりびっくりでした。

間伐材で出来ている、、ということで、圧縮された材とうかがってもなんとなくやっぱり水分吸いやすいすぐに詰まってきそうな、音も柔らかくてあまり吹き応えのない、、みたいな感じを想像していたのですがとんでもない!

タケヤマさんのギャラリーに並んで販売されているリコーダーと全く変わりない、遜色ない素晴らしい出来のリコーダーでした。。。というか、アルト2本とうかがっていたのですがソプラノとアルトと出してきてくださって吹いたソプラノの吹き心地の素晴らしかったこと(☆_☆)。これ、これから製作・販売もされるそうなんですが、間伐材ヒノキのソプラノリコーダー、ぜひ1本欲しくなってしまいました。

軽やかな吹き心地、吹き込むとどんどんのびていく手応え、軽くスーッと鳴って響いてくれる音、加線二つのHighCも楽々スッと鳴ってくれる、音程も全音域ばっちりなリコーダーです。今吹いているタケヤマさんのローズウッドソプラノより音が軽やかで少し柔らかい気がするところがすごく魅力的でした。

ずっと吹いていたい気持ちになってしまうリコーダーで、「これなら当日も大丈夫♪」と思えてからも手放せなくてピロピロ音出しさせていただいていました^^;。だってほんとにいい感じの吹き心地で。好きだなあ、あの笛〜♪

「これならプログラムの全曲、間伐材リコーダーで吹いてもいけるわ〜(☆_☆)」

と、少し心配だった気持ちが一気に「早くこのリコーダーの素晴らしさをお披露目したい。うんと練習してこのリコーダーの素敵さをお届けできるように頑張りたい。」という気持ち一色になっています。

いや〜、いや〜、間伐材ヒノキで出来たリコーダー、こんなに素晴らしく素敵なリコーダーだったのだとは(☆_☆)。圧縮ヒノキ、素晴らしいです。

アルトはソプラノよりも若干柔らかめな感じで、吹き込んだ息がそのまま暖かな音に変わっていく感じ、、こちらも魅力的でした。

一緒に行ったミルパパも早速間伐材ヒノキに興味津々になったようで、ぜひトラヴェルソを作ってみたい(☆_☆)、と竹山さんにいろいろお話おうかがいしていたようです(^^)。ヒノキのトラヴェルソも吹いてみたいなあ(☆_☆)。どんな音がするのかなあ♪


※アルブル木工教室さんでは、きのうのブログにてこのコンサートのことを書いてくださっています。
アルブルさんアメブロページ
今日から始まった竹山さんのフェスティバルのことも〜♪

、、、曲目、こんなのを吹く予定です、とお知らせしたら全曲載せてくださっています。すごく嬉しい気持ちとなんとなく「きゃ〜」とソワソワ落ち着かない気持ちに、、わあわあ

竹山さんの奥様も「ぜひ聴きたいから」と社長さんと10:30〜のコンサートに来てくださるそうです、、猫田さん・さとるさん・うつみんさん、どうしませう ̄◆ ̄、、頑張るしかないですね、、はぅ、頑張るぞ〜♪♪

吹かせていただいた間伐材ヒノキのリコーダー、本当に素晴らしい良い楽器でした。うんと宣伝したい気持ちでいっぱいです。頑張らなくては♪


よろしくお願いします♪d(⌒o⌒)b♪


※間伐材ヒノキリコーダーの写真もアルブルさんのブログにあります〜♪↓
アルブルさんアメブロ間伐材ヒノキリコーダーのページ
2011年11月17日(木) No.353 (友人と♪)

間伐材コンサートの練習♪


※mixi日記からの転載です※

11月26日(土)、大阪桜ノ宮にある「森林(もり)のギャラリー」(近畿中国森林管理局1F)というところでミニコンサートをさせていただきます♪d(⌒o⌒)b♪

元々、タケヤマさんから依頼いただいたコンサートで、竹山さんの木工仲間?である住之江の「アルブル木工教室」というところが一週間の作品展をこの「森林(もり)のギャラリー」で開くにあたり、木で出来たリコーダーの響きも来てくださる方々にお届けできたら、ということでいただいたお話でした。

間伐材の再利用・可能性の開拓にも力を入れておられるアルブルさんは、「間伐材で何ができるか?」というコンテストを開催しておられたり、そのコンテストに協力された竹山さんが間伐材のヒノキでアルトリコーダーを作られたりしていて、
今回のコンサートではその間伐材ヒノキのリコーダーの音もぜひ♪ということで、何曲かはヒノキのリコーダーを使って吹かせていただくことになっています。
(いきなり吹きこなせるのだろうか、とドキドキです。でも竹山さんが電話で「めちゃめちゃ面白い楽器が出来ましたで。尺八みたいないい音でびっくりした〜(^^)。」っておっしゃっていたリコーダー、吹かせていただけるのもすごく楽しみなのです。)

アルブル木工教室さんのHPにも記載されています。
http://www.e-arbre.com/


会場になる「森林のギャラリー」は常時一般の方にも公開されている場所なようです。
森林のギャラリーHP

良かったらどうぞお越しくださいまし♪


◆日時:11月26日(土)
         ・午前10時半〜(30分)
         ・午後12時〜  (30分)

   30分のコンサートを2回、させていただきます。

◆場所:「森林(もり)のギャラリー」(近畿中国森林管理局1F)
         JR大阪環状線桜ノ宮駅下車、西出口から徒歩5分

◆プログラム:積志さん祭り(詳しくはもう少し下に書いておりまする(^^))

◇入場無料です◇


ちなみに、去年同じアルブルさんが開かれた作品展は五つの教室合同で花博記念公園「水の館ホール」で開かれたこともあり、一週間でのべ5,000人もの方が見にこられたというとても盛況なものだったそうです。
アルブルさんニュースページ

、、、という記事を今頃になって発見して「きゃ〜 ̄◆ ̄」となっている私です。今年はこんなには来られないとは思うんだけども、、

↓見てみて〜。アルブルさん、こんなに活躍しておられる教室さんなんです。はぅ、すごいなあ、、こんな教室さんのイベントで木の良さをお伝えするために吹かせていただけるコンサート、、うんと頑張らなければ(☆_☆)♪頑張るぞ〜♪♪
アルブルさんメディア関係ページ

    

当日はリコーダーカルテットのコンサートになります(^^)/。

お話いただいてワクワクとお受けした後、「でも、、1人で吹くことになったらどうしよう ̄- ̄;」とすごく心配だったのですが、亥寅兎辰の皆様にお願いしてみたらば、猫田さん・さとるさん・うつみんさんが一緒に吹いてくださることになり、無事にカルテット編成でコンサート出来ることになりホッ、、この4人で吹かせていただけるのがもう嬉しくて嬉しくて。

さとるさん、猫田さん、うつみんさん、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いします♪♪

30分のコンサートを2回、、どんな曲がいいだろう?お客様は主に教室に来ておられる60歳代の方々とうかがって一生懸命考えてみた当日のプログラムはこんな感じです♪


◆1回目(10:30〜11:00)
・おもちゃの兵隊の行進    (SRQのSさん編曲) 
・★おひさま             (SRQのSさん編曲)
・海の見える街          (wat392さん編曲) 
・パリの空の下          (baccoreさん編曲)
・ホルン協奏曲          (SRQのSさん編曲)
・★卒業写真             (SRQのSさん編曲)
・星条旗よ永遠なれ       (SRQのSさん編曲)(予備?)

◆2回目(12:00〜12:30)
・ホールニューワールド
・カーペンターズメドレー    (SRQのSさん編曲)
・ムーンライトセレナーデ    (SRQのSさん編曲)
・ヘンデル:オルガンのための協奏曲より (baccoreさん編曲)
・★北の宿             (SRQのSさん編曲)
・★おひさま             (SRQのSさん編曲)
・いつも何度でも         (wat392さん編曲)(予備?)

※★印の曲がアルトパートにメロディがくるので間伐材アルトで吹かせていただこうかと♪d(⌒o⌒)b♪

13曲中(1曲かぶるので♪)10曲も積志RQさんの編曲にお世話になっています。残り2曲がwat392さん編曲で市販の楽譜からは1曲のみ、という、ほんとに積志RQさんとwat392さんには足を向けて寝れない仕様になっています。いつも本当にありがとうございます。


で、今日11月12日土曜日に、うつみんさん・猫田さん・さとるさんと最初で最後の合わせ練習♪していただいたのですが(ありがとうございました。)、中々に難しい曲、個人練習たくさん要りそうな曲もたくさんなんだけどどの曲も合わせてて楽しい〜♪かったでした(^^)。
個人練習さえ頑張ったら当日楽しんでいただける演奏が出来るのでは、という嬉しい手ごたえでした。素敵な編曲、そして素敵な仲間のおかげなのです〜。
(それにしてもヘンデル(アルト)とホルン協奏曲(ソプラノ)はかなり練習しなければ--;。他の曲もしっかり練習しなければっ♪)

ほんとはあと1回合わせ練習できるとかなり安心して臨めそうな気がするのですがいかんせんもう時間がない〜、、、当日の朝、合わせられるといいんだけどにゃ〜(> <)、、

そんなこんなで、とにかく個人練習頑張ります。間伐材アルトも事前にお借りして練習したい、出来るといいな♪

楽しんでいただける演奏が出来ますように、、、


※きのうの練習会の帰りがけに猫田さんが一言、「衣装はアレで(^^)?」。そう、例の亥寅兎辰Tシャツで出ます〜
今回は亥寅兎辰の4/7のメンバー、構成干支そのままの名前で"寅寅兎辰"になります。
(ってもはや思い切り年齢公開アンサンブルになっています^^;)

※間伐材ヒノキのリコーダーのことをアルブルのSさんがアメブロに書いておられました♪
アメブロアルブルさん日記

熱と圧力かけて圧縮して硬くして作るのですね(☆_☆)。作られた会社の方もそれを見事に楽器にされた竹山さんもすごいなあ(☆_☆)。
2011年11月12日(土) No.352 (友人と♪)

聖愛教会バザーコンサート♪&初見大会♪


※mixi日記からの転載になります※


この日はogukenさんが牧師を務めておられる神戸聖愛教会さんのバザーの日♪でした

ogukenさんからこの日のバザーでリコーダーのコンサートをしませんか♪と声かけていただいてわーいわーい♪とうかがってきました(^^)。

コンサート、せいあいパイパース(wat392、cherry、oguken、満太郎)で集まろうと思ったらば、運悪くwat392さんのご都合が悪く(> <)、お忙しそうだけれどもしかして、と声かけてみたshizuさんが快諾してくださりピンチヒッターになって下さることに。
(ちょうど10/9に同じ聖愛教会さんで開かせていただいたリコオケの夜にも泊まりがけでカルテット大会して下さることになっていたのでちょうどいいやん〜♪とその夜、みっちりじっくりとこの日の練習も出来たのでした。)

満太郎さんは千葉から日帰り、ということで朝一始発の新幹線で駆けつけてくださいました。私もこの日はバイト休ませてもらって朝早くから出発。なにしろ10/9以来、本番前の午前中が唯一4人で合わせられる時間なので、、

wat392さん(ソプラノ)がいらっしゃらない、というのはちょっぴり不安で、そればかりかソプラノ吹かせていただく曲がたくさんあるやん私 ̄◆ ̄!と、実はちょっと(いやかなり)責任感感じて緊張していた前夜だったのですが、この日朝目覚めるとアラ不思議、、きのうまでの緊張感がとれてひたすら合わせるのが楽しみで仕方ない、、そんな気持ちになっていました。頑張るぞ〜♪♪とものすごく前向きな気持ちでいざ出発♪

教会さんについて準備して、、9時半からバザー開始ということでまずは1階の広いお部屋で朝礼。忙しくバザーのたくさんのお店の準備しておられる皆様と一緒に朝の会でした。
(この時のogukenさんのエプロン姿が超可愛らしかったです⌒m⌒。)

お好み焼のコーナーやちらし寿司のコーナー、飲食のコーナー、手作り品のコーナー、素敵なクリスマス柄のテーブルクロスのコーナー(後でshizuさんと一枚ずつ購入させていただきました(^^)♪)、食器のコーナー、と所狭しと並んでいるお店、忙しそうに生き生き動いておられるたくさんの教会の方達、、、うきうきわくわくしてくる雰囲気でした。

そんな中、今日初めて合わせてみたディズニーやwat392さん編曲のジブリシリーズ、今回1番力を入れて心をこめて何度も吹いたSRQのSさん編曲のA Song for Japan、、

吹きそこなったところや楽譜間違えて違う調を吹いたり小節飛ばしたり、、もう数え切れないくらいボロボロとやらかしたのですが、それより何より、吹いている間のあの楽しかったこと、、そういえば聖愛教会さんで吹かせていただいたコンサートは今までどのコンサートも不思議に落ち着いた気持ちでいつもの自分のまま、素の自分のままひたすら心をこめて吹けた気がします。

あの礼拝堂や教会の皆様の雰囲気なのかな、、ものすごく楽しい、のびのび吹かせていただいたコンサートでした。

貴重な祝日にご家族揃って来てくださったヘンリーさん&てんげるさん、りゅーとくん、そしてろびんさん、ありがとうございました。
実はものすごく緊張して意識してしまったのですが^^;、ヘンリーさんの気持ちを引き立ててくださる拍手にものすごく勇気づけられもしました。りゅーとくんの可愛らしい声がけにも和ませていただきました(^^)。(神戸リコフェスの時も隣で一緒に聴かせていただいて思ったのですがとても素敵な拍手の仕方をされますよね。真似できるといいな〜、と思いました(^^)。)
hiroshiさん、思いがけなくお顔拝見してどっきり緊張感が増したのですがとっても嬉しかったです。ありがとうございました(^^)。
ふーさん、朝くださった激励のメール、とっても嬉しかったです。ありがとうございました(^^)♪

まだメールの返事もらってないけど貼り付けていい?録音したの貼り付けていいですか〜?
(満太郎さんが録画もして下さっていたので、動画も見せていただけるのでは、と〜、、)

こんなプログラムでした。(20分のコンサートを2回させていただきました。)
(クラシック系はmp3ファイルを貼り付けています。満太郎さんが一部の曲をYouTubeにアップして下さっているのも貼り付けています♪)


〜バザーコンサート〜 1回目12:10〜

◆ピタゴラスイッチ
(S.cherry A.shizu T.oguken  B.満太郎)
さすがに緊張してかなり速く鋭くぶっきらぼうに吹いてしまった--;、なんか攻撃的なピタゴラスイッチ、、、下の2回めの吹き方のが本来吹きたかった感じです。

little latin
(S.cherry A.oguken T.shizu B.満太郎)
まだソプラノ、こう吹きたいというのが定まってません、、というかタンギングの練習をし直さなければ、、

私のお父さん(SRQのSさん編曲)
(S.shizu A.cherry T.oguken B.満太郎)
shizuさんのソプラノがとっても素敵でテナーバスと合わせてアルト吹くのがすごく心地良かったです。

◆星に願いを
(S.cherry A.oguken T.shizu B.満太郎)

◆ホールニューワールド
(S.shizu A.cherry T.oguken B.満太郎)

ソングフォージャパン(SRQのSさん編曲)
(S.cherry A1.oguken A2.shizu B.満太郎)
、、、、10/9に練習した時は♯1個の調の楽譜で吹いたのです、、なのに何も考えずにアップしたのが♭1個の調の方、、今日の練習で気づいて♯1個の調で吹くことに決めたのにうっかり楽譜の並びをそのままにしていて、♭1個の調で吹き始めたのが私です、、
うんと心こめて出だしの音を吹き始めた瞬間、shizuさん・ogukenさん・満太郎さんがギョ!と3人揃ってこっちを向かれたので私もギョ、、違う楽譜吹いてた--;
、、うんと思いこめて吹きながら、でもたまにさっきのギョ!とされた3人のお顔が脳裏にちらついて困りました、、


http://youtu.be/QmxcKXdGyY4


◆三日月(SRQのSさん編曲)
(A1.cherry A2.shizu T.oguken B.満太郎)
20分のコンサートなので、もうおしまい。アンコールに吹かせていただきました(^^)。



〜バザーコンサート〜 2回目13:10〜

◆ピタゴラスイッチ
(S.cherry A.shizu T.oguken  B.満太郎)
吹き始める前にりゅーとくんが「まるまるもりもり、する〜?」ってわざわざ前まで元気な声で聞きに来てくれたのが可愛くて(^^)、そのまま楽しい子どもさん向けの気分で吹けた気が♪
まるまるもりもり、吹きたくて楽譜探したのですが結局用意しなかったのです。やっぱ用意したら良かった、、きっと踊ってくれただろうになあ、、

http://youtu.be/8BzZo5uPNG4

◆狼なんかこわくない〜ハイホー(SRQのSさん編曲)
(S.cherry A.shizu T.oguken B.満太郎)
今回、数年前に京都十字屋さんでbaccoreさんに吹かせていただいた曲を何曲か吹かせていただいています。この曲も♪
意外にソプラノとアルトが難しいのです。1番練習したかも、、

◆いつも何度でも(wat392さん編曲)
(S.cherry A.shizu T.oguken B.満太郎)

http://youtu.be/Vzyj1UFPhcc

◆となりのトトロ(wat392さん編曲)
(S.shizu A.cherry T.oguken B.満太郎)

http://youtu.be/72yE3NHmvRA

◆ソングフォージャパン(SRQのSさん編曲)
http://cherry-r.com/music/songforjapan2.mp3
(S.cherry A1.oguken A2.shizu B.満太郎)
私が2種類の楽譜を混在してアップしたため、今度はソプラノ〜バス〜に続いて吹かれるアルトのogukenさんが♭1個の調の別の楽譜吹いちゃた、、すみませんすみません、私のせいなんです、すみません。でも今ではそれがまた楽しかった思い出になっています。
後半のソプラノの盛り上がるソロで運悪く親指の穴に水分がたまってしまって音が出なかったのですが、、練習中、リハ、本番と通してこの回の演奏が自分で1番好き、、と思っています。
この曲はいろいろな意味で素晴らしいですね。吹くほどにやっとその良さを味わえるようになってきた気がしています。
大切に吹いていきたい曲だなあ、と思います。

◆小さな世界
(S.cherry A.shizu T.oguken B.満太郎)
最後の曲。アンコールで(^^)。
リハの時、「ソプラノ、高音がちょっと吹きにくいなあ」と思いながら吹いてたんです。高音加線二つのドのトリルってどうやるんだ?あ、これか、難しいやん、とか思いながら。wa392さんの編曲譜に慣れているとそれより高い音も普通に出るので、、
本番中、吹きながら「(Sn.)って何の記号やろ?、、、!!これもしかしてニーノと持ち替え?」とハッとしました。苦労してソプラノで吹いてます--;あほ〜、、でもすごく楽しい気分でノリノリで吹けた気がします(^^)。


コンサートの後、誰もいなくなった礼拝堂、、満太郎さんが新幹線で帰られるのはまだまだ先の7時過ぎ〜、、リコーダー合わせて遊べるではないですか(☆_☆)、とogukenさんはバザーのお仕事でお忙しいので急遽ろびんさんを引っ張り込んで(急におつきあいいただいて本当にありがとうございました。)、クルマに前回から積みっぱなしだったカルテットの楽譜集もってきて、、途中、ろびんさんが帰られて(たくさんありがとうございました♪)、ogukenさんが戻ってきてくださり、、なんと午後5時までカルテットして遊ばせてもいただきました。

モーツァルトやバッハ、積志さんの曲たくさん、、この時間もうんとうんと楽しくて、厚かましく長い間お邪魔していてしまいました。

ogukenさん、いつも大切にしたい素敵な思い出になる貴重な演奏の場を本当にありがとうございます。一緒に吹かせてくださってありがとうございます。今度はogukenさんがソプラノ吹かれるのとも合わせたい気が〜。
満太郎さん、日帰りで遠いところをありがとうございます♪いつもバスで支えてくださってありがとうございます♪コンサート後のアンサンブルもshizuさんと3人で行った打ち上げもうんと楽しかったです♪d(⌒o⌒)b♪
shizuさん、一緒に吹いてくださって本当にありがとうございました。shizuさんがいらっしゃるととても心強くて、一緒に合わせるのも楽しくてたまらなくておかげでバザーコンサート、本当に楽しく(いろいろ事故った私ですが--;)心のままに吹かせていただきました。ありがとうございました♪
wat392さん、いらっしゃらなくて残念でたまりませんでした。次回一緒に吹かせていただけるのをうんと楽しみにしています♪

お越しくださった皆様、教会の皆様、心にかけてくださった皆様、ありがとうございました。録音聴きながら、特にタンギングやフレージング、、もっとこうしたい、というか出来てない--;、と気づくことも多くてもっと練習頑張らなければ、と思っています。
2011年11月03日(木) No.350 (コンサート)