Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



392Hzアンサンブル♪


いかんいかん、、書こうと思ううちにどんどんと時が過ぎ、、いくつものアンサンブルさせていただいた楽しい1日の日記が溜まっておりまする、、--;

ちょっと駆け足で〜、、

この日はトラヴェルソ、392Hzの楽器三本でアンサンブルさせていただいたとても貴重で楽しい1日でした。mixi日記に書いたので転載で♪

*************mixi日記より転載**************

た〜のしかった〜(^o^*)♪♪めちゃ楽しかった♪

25日(日曜日)は、マイミクのxmayayaxさんに声かけていただき、神戸でのトラヴェルソアンサンブル会♪に寄せていただいてきました。
(xmayayaxさん、ありがとうございました♪)

今回は「392Hzアンサンブル」ということで、392Hzのトラヴェルソで合奏〜、、私、確かにミルパパ作の三本継ぎ392Hzオトテールを持ってはいるのですが、、今、力抜いてソッと吹く練習してると鳴るようになってきてちょうど入れ込んでるところでとっても嬉しいのですが、、まだまだ鳴らせないのですがいいのでしょうか、、と思いつつ、嬉しくてワクワク♪o(^^o)(o^^o)(o^^)o♪

他にどなたか392Hz吹かれる方はいらっしゃいませんか、とおたずねいただき、

「ogukenさんも392Hz持っていらした気が(☆_☆)」

とおたずねしてみたらば、ogukenさんも来て下さることになり(やった〜やった〜♪o(^^o)(o^^o)(o^^)o♪ありがとうございます♪)、

392Hz三本で♪ボワモルティエのトリオをたっぷりと(☆_☆)吹かせていただいてきました。

鍵盤の方も途中から来て下さることになり、前半は笛三本のみのトリオ、後半は通奏低音の入ったトリオ〜。


↓xmayayaxさんがご自分の日記に書いてくださった今日吹いた曲目(吹いた順)です♪d(⌒o⌒)b♪
(xmayayaxさん、引用させていただきましたm(..*)m)


・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソのためのソナタ 作品7第1番 ニ長調
・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソのためのソナタ 作品7第2番 ロ短調
・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソのためのソナタ 作品7第3番 イ長調
・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソのためのソナタ 作品7第4番 ニ短調
・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソと通奏低音のためのソナタ 作品34第1番 ト短調
・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソと通奏低音のためのソナタ 作品34第2番 ト長調
・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソのためのソナタ 作品7第5番 ト長調
・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソと通奏低音のためのソナタ 作品34第3番 ホ短調
・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソと通奏低音のためのソナタ 作品34第4番 ニ長調
・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソのためのソナタ 作品7第6番 ホ短調
・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソと通奏低音のためのソナタ 作品34第5番 ニ短調
・ボワモルティエ 3本のトラヴェルソと通奏低音のためのソナタ 作品34第6番 イ短調


こんなにたくさん吹いたんだ〜(☆_☆)、、午後5時半〜午後9時半まで、、「一瞬休憩」挟みながら、、楽しい楽しい時間でした(^^)。

久しぶりに、トラヴェルソで1人じゃなく誰かと合わせていただけるアンサンブル、、楽しかったな〜(^^)♪

*****

392Hzのアンサンブルって、そう思うだけなのかもしれないのですが、やっぱり415Hzとは何かが違う、何か独特の魅力があるような気がしました。

調性による色の違いが415Hzよりもはっきりと感じられる気がした、、気のせいかな〜、、そして吹いてて1番心地良く感じたのが♭系の短調だったような気が、、(ってこれは単なる私の好みです〜 ̄◆ ̄)。あ、でも♯な長調ののびやかな明るさも捨てがたいかも、、

415Hzの時よりうんと力抜いて、落ち着いてリラックスして吹けるような気がした、、、今必死でそういう力抜いて吹く練習してるのもあるんだろうか?、、でもなんか、、味わい深くて楽しいな〜(☆_☆)、と感じる瞬間が多かったような気が、、ソッと吹くのが気持ち良く感じられる時とか、、嬉しかったな〜(^^)

合わせ始めてしばらく経って、お互いの息がつかめてきた?気のする頃、曲のあちこちで、ピタ♪ピタ♪と音と息だけじゃなくて何かがしっくりと合う気のする瞬間があってそんな時、

「わ(☆_☆)、これが392Hzで吹くボワモルティエの魅力かも〜(☆_☆)?」

なんて勝手にゾクゾク嬉しくなったりしていました。

トラヴェルソって面白い〜♪♪392Hzのアンサンブルもうんと面白い〜♪♪
(私だけ低音鳴らせない〜 ̄- ̄;)

もっともっと練習頑張ろう♪♪


※休憩の時に試奏させていただいたogukenさんのトラヴェルソとxmayayaxさんのトラヴェルソ、すごく吹き心地が違ってどちらも魅力があって、これも感激でした。同じ392Hzでもこんなにも吹き心地や音が違うのですね(☆_☆)(ってどちらも私には吹きこなせてないのですが)。面白いなあ♪
(I.H.ロッテンブルグにノースト、、でした(^^)♪)


xmayayaxさん、ogukenさん、鍵盤のYdさん、今日は本当に楽しい時間を(☆_☆)、ありがとうございました♪♪♪

392Hzでトラヴェルソのアンサンブル、、楽しいだけでなく、とっても貴重な経験させていただきました♪d(⌒o⌒)b♪

楽しかった〜♪♪
2010年07月25日(日) No.315 (友人と♪)

アポロフラウテ練習会♪


晩御飯日記にも書いたのですが、この日の練習会は午後2時開始でした。

事前にお願いして私用で遅刻させてもらった(ありがとうございました(> <))私は、午後4時前にやっと到着。。でした。
(バッハの組曲?の初見大会しておられたみたいで、にゃんてうらやましい ̄◆ ̄〜♪)

遠くから来てくださるというのに遅くなってしまって本当にごめんなさい。おかげで、義父の喜寿のお祝い会に顔出せたし、息子のお嫁さんMちゃんや孫、娘と一緒に過ごせたし♪助かりました♪ありがとうございました♪d(⌒o⌒)b♪


で、今日の4時からの練習〜。

9月の福岡古楽音楽祭で吹くことに決まった

『ヘンデル 合奏協奏曲 op.6-12 ロ短調』

の練習〜♪♪

なんだかちょっとだけ、やっと(?)、ずっと慣れ親しんで好きでたまらなかったこの曲のイメージに近づいてきたような気が、、、元々、全く違う曲として捉えて吹くようにはしているのですが、それでもなんていうのか「ああ、そそそ、この感じ(> <)」と思えるようになってくるとホッとするというのか、やっとか、と少し寂しいともいうのか、、やっぱ思いいれのある曲吹くのは複雑です ̄◆ ̄;。何がこんなに寂しいんだろう?

同じ「大好き」でも、大フーガやその他いろいろな曲、リコーダーで吹くと「リコーダーでこれが吹けるなんて(☆_☆)」ってむしろ大感激するんだけどな〜、、どうしてこの曲だけこうも違うのか、、曲作りに全く参加できていない(させてもらえてない?)感が強いのも大きいのかも?

まあでも、、そんな偉そうなこと書きながら(すみませんすみません)、自分のバスパートが、全く自分の感じてる吹きたい感じに吹けていない私です--;。
特に第二楽章の後打ちというか合いの手いれる部分、、練習しなければ♪

「どう吹いたら思ってる感じに聴こえるのか」と必死に模索しながら吹いておりました、、、あ゛あ゛あ゛あ゛、バス、もっと上手くなりたいなあ、いろんな意味で(> <)。

翌日、アップしてくださったこの日の最後に合わせた録音聴いたら、出だしの部分があまりに自分のイメージ通りでちょっとドキッと嬉しくなったりもしたのですが。

あと2ヵ月、、どんなヘンデルになっていくのかな?不安なような楽しみなような、、とりあえず、バスリコ、頑張るぞ〜(☆_☆)♪

あと、ブランデンブルクの3番をバッハの会合宿で吹かせていただいた時もちょこっと思ったのですが、、やっぱりこの手の大好きだった、弦でやった曲吹くと、

「あ゛あ゛あ゛あ゛、チェロで弾きた〜い、この曲、弦楽合奏した〜い〜(☆_☆)」

という気持ちがふつふつと湧いてきてウズウズしてしまいます。この日も吹きながら、「帰ったらば〜、、今日こそチェロの練習してみたいな〜(☆_☆)、出来るといいな〜(☆_☆)」なんてこそっと思ったのですが、
練習終えて家に帰るとくったり〜、、やっぱり弾く余裕ゼロ、でした。

それにしても弦楽もまたやりたいなあ、、この曲は特に、、そう思います。チェロ、練習再開したいなあ(> <)

最近のアポロの練習の常?で、休憩少し取りながら何度もこの一曲に集中して練習、、アッという間に練習終わりの時間、でした。なんだかとても効率良く、合わせれば合わせるごとに良くなってくる気がします。

その分一曲ごとの疲労感も大きい気がする〜 ̄◆ ̄。次の練習会は夏の終わり、それもハープシコードカンパニーコンサートの翌日、、体力養っておかなければ(> <)。



2010年07月04日(日) No.314 (リコーダーアンサンブル)