Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



ふくろうさん宅で初見大会♪


**晩御飯日記と同時書き込みです**

2月11日の「En-Joyn」で初めて一緒に吹かせていただいた、しょーきさん♪ともう一度アンサンブルさせていただきたく♪

ふくろうさんのおうちにお邪魔させていただいて、しょーきさん・ふくろうさん・ogukenさん・スージーさん・私、の5人で思い切り初見大会、リコーダーを楽しんだ日でした。

もう楽しみで楽しみで♪つい、この頃吹きたくてたまらないバロックの曲をたくさん印刷印刷、、して持っていってしまい、、皆様、おつきあいくださってありがとうございました(> <)

スージーさんが来られるまでの間は四重奏を♪スージーさんが来てくださってからは五重奏を♪

主にエオリアンさんのところのバッハやヘンデルの曲、watさん編曲のヴィヴァルディの曲、等々吹かせていただきました。

た〜のしかったなあ〜(☆_☆)♪♪

ほんとに楽しい、幸せな午後でした♪d(⌒o⌒)b♪皆様、ありがとうございました♪♪

楽しい楽しいアンサンブルの後は、ふくろうさんが作っておいてくださった美味しい&おしゃれな晩御飯をご馳走になり(☆_☆)♪(カレーとサラダ〜♪まるでイタリアンレストランのような美味しさです♪)、うにゃ、幸せ〜(☆_☆*)♪

めいっぱい吹かせていただいて、美味しいものもたっぷりご馳走になり、お喋りも〜♪

なんだかとっても幸せな1日でした♪d(⌒o⌒)b♪
2010年02月27日(土) No.307 (リコーダーアンサンブル)

トラヴェルソ5本でボワモルティエ♪


神戸のxyamamaxさんに声かけていただいて、トラヴェルソ吹き5人で集まりボワモルティエの協奏曲を吹き倒そう♪という会のあった日でした♪

もう楽しみで楽しみで♪(^^)♪

練習日記からの転載になりますが、こんな感じでした(> <)↓



去年の10月にも声かけて呼んでいただいた、神戸のxyamamaxさん主催〜♪で、今日はなんとトラヴェルソ吹きが5人集まってボワモルティエの協奏曲6曲を全曲吹き倒そう(☆_☆)♪という会です♪

ほんとに楽しみでたまらなく、毎晩吹いているトラヴェルソもただ今絶好調〜♪

きのうの夜の練習なんて、ほんとに良く鳴ってくれ、今日の合わせが楽しみで仕方なかったのです。。。。

。。。が、、トラヴェルソって吹くのに精神的なものがものすごく大きく影響する、そして私はなんと精神面が弱いのだ(> <)、ということを痛感した、とても調子の悪い情けない音でしか吹けなかった日、となりました(> <)、、しくしく、、恥ずかしいなあ、、┯_┯

原因は、、パートをあらかじめ決めてそのパートを練習していたのですが、私は自分でも申請して全曲第二パートをいただいていました。そして集まられた方が音だししているのを聴いているうちに、

「こんなに上手な方達の中で第二パート吹くなんて、、ああ、しまった、、しっかり吹かなくては」

と思いすぎたこと、、たぶんそれがダメだったんだと思う、、変に力みすぎて、そしたらもうず〜っと、、終わりの時間まで全然鳴ってくれなかった、、どんなに力抜いて、と思ってもアムブシェアに気をつけても、、全然ダメだった、、トラヴェルソ、これがあるからこわいのです。。。というかほんと全然吹けてない、コントロールが出来てないなあ、、

6曲、全部吹けたのは楽しかったし、時間も半分余り、後半は持ち回りでパート変えて、3曲、今度はトップを吹かせていただいたりしたのですが、これがまた--;、、トップパートのみ立ってソロ〜♪という感じで吹くのですがにゃんと緊張してしまうことか、、普段の練習の時と全然違います、、はぅ、ダメだ、、まだまだ全然ダメだ、、こんなんで吹けてる、少し上手くなってきたような気がしていたなんて、、恥ずかしい〜、、(> <)

かなり自分の吹けてなさに愕然となってしまった日でした。

はぅ┯_┯、、

でも、トラヴェルソ吹きばかり5人集まって、、皆様とおしゃべりできたり、素敵に鳴らしておられるのを聴かせていただくのはとっても楽しく、とっても勉強にもなりました(☆_☆)。

この日、そして次の日、くらいどよよん、と落ち込んでいたのですが、すぐに復活。今度こそ(> <)、全ての面できちんとコントロールできてる状態で常に吹けるよう頑張るぞ(☆_☆)


去年10月にやはりxyamamaxさんに呼んでいただいた時はそれまであきらめて放ったらかしだったトラヴェルソに呼び戻していただき、今回は自分の欠点、弱点を痛感させていただき、、トラヴェルソに関してとてもよい刺激と勉強をさせていただいています(☆_☆)。

もっともっとましに吹けるようになっておきますので(> <)、またどうかご一緒させてください〜。

ありがとうございました♪
2010年02月21日(日) No.306 (415Hzアンサンブル)

久しぶりのEn-Joyn初見大会♪


「リコーダーアンサンブルをしよう♪」コミュニティを運営しておられるヘンリーさんが開催してくださった、すごく久しぶりなリコーダー初見大会、En-Joynのあった日でした♪d(⌒o⌒)b♪

楽しかった〜♪♪めちゃめちゃ楽しかった〜♪♪

今回はリクエスト大会、ということで事前にそれぞれが吹きたい曲、合わせたい曲を申請して楽譜も出来るだけそれぞれで準備して、という形だったのですが、もう思いがけない数の曲が挙がり、しかもそれを全部吹けるようにすごく上手く采配してくださったヘンリーさん♪

ただ集まって吹く、のではなく、2グループに分かれて15分間別々に練習して、次はその曲を演奏して聴きあう、なんていうドキドキタイムもあり♪

初見の楽しさ、初めての方と練習して音楽作り上げていく楽しさ、聴いていただくドキドキ感、聴かせていただくわくわく感、といろ〜んな楽しさの詰まった思い切り充実した6時間でした。ほんとにほんとに楽しかった♪

ヘンリーさん、一緒に吹いてくださった皆様、ありがとうございました♪♪

ちなみにリクエストであがったのは↓こんな感じです。


・A.ヴィヴァルディ:「2本のトラヴェルソと弦楽のための協奏曲」 SoloA1.SoloA2.S.A.T.B
これはこの日の会の1番最後に吹くことになりました。最後に全員で合わせたこの曲、面白かった〜(☆_☆)♪

・G.F.ヘンデル:「水上の音楽」より「Alla Horn Pipe」 S.A.T.B
これは二つに別れて練習して吹いた中の一曲でヘンリーさんグループが吹かれ、私は聴かせていただいた曲。とても響きの良い部屋で奏でられるアラ・ホーンパイプ、バロックの薫り高く素敵でした(☆_☆)

・久石 譲:ナウシカレクイエム
全員で♪吹かせていただくソプラノがとっても気持ち良かった♪

・イギリス民謡:グリーン・スリーブス S.A.T.B
これは最初、まだ人が集まる前にろびんさん達が吹いておられたような♪最初に聴いたこの部屋での響きの良さに感動でした。

・J.C.シックハルト: コンチェルト1(アルト4,バス1)
午後5時を過ぎてから吹いた曲♪少し前にてんげるさん・ヘンリーさん達のアンサンブルで本番で吹かれたのだそうで、トップを吹いてくださるてんげるさんのアルトパートがと〜っても素敵でした。2番吹かせていただくのがひたすら楽しかった♪

この曲、何度も合わせたことのある曲ですが、今日は本当に響きの良い部屋、というのもあり、なぜか音楽的にうんと気の合う参加メンバーばかりな気がする、というのもあるのか、この曲の本来の良さ、というのを初めて知ることが出来た気がします。エコーになっているところや掛け合うところ、、「あれ?ここってこんな風になってたんや。面白い〜(☆_☆)。」と思うところがたくさんでした。

・A.ピアソラ:リベルタンゴ
・A.ハチャトゥリアン :ガイーヌより,Dance of young maiden,(乙女の踊り) S.A.T.B
・A.ハチャトゥリアン :レズギンカ  S.A.T.B
・L.イェッセル:おもちゃの兵隊のマーチ(キューピー3分クッキングの原曲)  S.A.T.B

積志さん編曲の曲達〜♪今日初めて参加されたとっても素敵にリコーダー吹かれるしょーきさんのリクエスト、でした♪d(⌒o⌒)b♪

響きの良い部屋で8人、9人で奏でるとなんだか一味違う味わい、楽しさがあるような(☆_☆)。

・P.I.チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」より
             葦笛の踊り S.A.T.B1.B2
             金平糖の踊り  S1.S2.A.T.B
・M.ラヴェル : 亡き王女のためのパヴァーヌ  S.A.T.B

これも二つに別れて吹いた曲で、特に大好きな大好きな「亡き王女のためのパヴァーヌ」、、今までよく楽譜持ち歩いては何度か合わせていただいたことあったのですが、やっとこの曲の魅力感じながら味わいながら吹けた気がします。

今日はどうしてか、ほんとにどの方とも吹く感覚がしっくり合う気がするというのか、一緒に吹かせていただけるのが、どのパート吹いていても気持ち良くて楽しくてたまらない、ずっとそんな感覚でいました。

やっぱ同じ関西で笛吹いてきた仲間だからなのかなあ(☆_☆)?本当に何かがしっくりと、ぴったりと合うのを感じてゾクゾクしました♪


・J.S.バッハ:羊たちは安らかに草をはみ
この曲も午後5時過ぎてから吹いたのだったかな?ソプラノ指定の歌のパートをテナーも重ねて合わせたら中々良い感じだった気がします♪d(⌒o⌒)b♪

・W.A.モーツァルト:オペラアリア名曲選より  S.A.T.B
この曲はまだ人数が集まりきる前、結構最初の方に合わせました♪パ・パ・パとか、シンプルな楽譜なのに合わせるのがすごい楽しかった♪


・J.キャリー/wat392さん編曲:At the Circus 8重奏版 S1.S2.A1.A2.T1.T2.B1.B2
懐かしい、2006年のリコーダー神戸合宿で吹いた曲です。もう一度どこかで吹きたくてたまらなかったのです(^^)
懐かしかったなあ(☆_☆)♪

・J.S.バッハ:四つのチェンバロのための協奏曲
私のリクエストさせていただいた曲で、アポロで吹く「調和の霊感op.3-10」からバッハが編曲した曲です。どんな感じか吹いてみたくて(☆_☆)
アルト4本で掛け継いでいくソロメロディがからんで面白い〜(☆_☆)。かっこいい〜♪♪

なんだか他にもいろいろと吹いた気がするのですが、大体こんな感じ、、かな?

とにかくほとんど休憩なしでどんどん吹いて、、はぅ、前回の機会では時間が全く足りない、ともっと吹きたい気持ちの方が大きかったのですが、今日はほんとにたっぷりと♪アンサンブルを満喫させていただいた気がします(^^)。

後からも夜1人で練習しながら、何があんなにも楽しかったのだろう、と考えていたのですが、、やはり、アンサンブルの楽しさ、って技術的な上手いとか下手とかあまり関係ない気がします。何より大切なのは、一緒に吹く相手、仲間を大切に思っているか、自分の思いの底の方で相手のことを(特にその人の吹く音楽を)尊敬しているか、尊重しているか、わかりあおうとしているか、気持ちを沿わそうと思いながら吹いているか、、、そんなことなんじゃないのかな、、

今日は全員、一生懸命に同時に奏でられる人の音・音楽を聴きながら心を沿わせて吹いている気がして、そんな、思いの一つになっている感覚がとても心地良かった、聴いてくださっている、合わせてくださっている、こちらも気持ちよくなって合わせていっている、そんな感覚がずっとあり、だからこそうんと楽しかった気がします。
(こないだのnishiさんが来られたときのアンサンブル会もそんな感じでした(☆_☆))

たまに私は、自分がちゃんと吹く、ということに一生懸命になってしまって余裕を持って周りの方の音を聴きながら吹く、心を合わせる、というのを忘れていたような(> <)、とあとから反省することがあります。

上に書いたような意味で、、私も一緒に合わせてくださる方から「合わせるのが心地良い」って思っていただけるようなアンサンブルがしたい、常にそんな吹き方が出来る自分でいたい、ととっても強く思い、自省するのでした。。。
2010年02月11日(木) No.305 (リコーダーアンサンブル)

アポロフラウテ練習会♪


今年に入ってから2回め、4月18日(日)に開く甲東ホールでのジョイントコンサートに向けて、今日をいれてあと3回しかない貴重な貴重な、アポロフラウテの練習日、でした。

甲東ホールで当日吹かせていただくアポロの曲は3曲。(それぞれが3〜4楽章あり一曲が長いのもあり)

今日はその3曲以外にも、一応息抜き用に、と他の曲も数曲準備していったのですが、なんと(☆_☆)!!

一曲一曲をていねいに、そして突詰めて練習して作っていく、という作業に5人全員で没頭しているといつのまにかもう午後8時前、、そろそろみんなの楽器も吹き続けられないくらいに疲れてきて、私たちの頭も疲れてきて、

「次、一通り通して練習おしまいにしましょうか。」

という時にハッと気がつきました。今日はこの9時間の時間、、本番で吹く3曲だけを練習して、飽きることなく何度も吹き、論議を交わし、いろいろな組み立て方試したり、、そんな風にして時間を過ごしたことに。

すごい〜(☆_☆)、、まさか3曲だけで9時間の練習時間がこんなアッという間に過ぎてしまうとは想像していませんでした。

なんていうのか、「人に聴いていただく演奏」を目指してする練習、っていうのはやっぱりこういう練習のことをいうんじゃないのかな、と思えた今日の練習会。

いつものフワフワした高揚感ある「楽しい」というのとは違うのですが、うんと濃く充実した練習会だった気がします。

次、3月にもう一度集まれる日があります。そしてその後はコンサート前日の最終練習日、でいよいよ本番、です。

個人練習も頑張ろう〜♪♪

あ、ちなみに本番で吹く3曲は↓です♪d(⌒o⌒)b♪

・ブランデンブルク協奏曲 第2番 (J.S.バッハ)
 第一楽章
 第二楽章
 第三楽章

・調和の霊感よりop.3-10 (A.ヴィヴァルディ)
 第一楽章
 第二、三楽章

・ピッコロ協奏曲 ハ長調 (A.ヴィヴァルディ)
 第一楽章
 第二楽章
 第三楽章

3曲ともメンバーのwat392さんの編曲で、過去に福岡古楽音楽祭で吹かせていただいた曲ばかりなのですが、wat392さんが新たに手を入れてくださり、特にピッコロ協奏曲は五重奏のかなり前と雰囲気変わった面白い曲になっている、と思っています(^^)。

乞う、ご期待♪なのです♪d(⌒o⌒)b♪
2010年02月07日(日) No.304 (リコーダーアンサンブル)