Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



聖愛教会燭火礼拝♪


この日は、せいあいパイパーズでお世話になっている、神戸聖愛教会の牧師さん、ogukenさんが去年に続いて招んでくださり、猫田さん・うつみんさん・shizuさん・私、の4人でクリスマスイヴの夜の燭火礼拝の奏楽をリコーダーカルテットで吹かせていただいた日でした♪♪

去年は数曲、ogukenさんも一緒に入ってくださって五人で吹く曲もあったのですが今年は聖歌隊の指揮とお話に集中♪ということで今回はカルテットの曲only♪

カルテットのみ、あるいは聖歌隊の方・オルガンの方との合奏で吹かせていただいたのは以下の曲です♪

・エッサイの根より

・DOWN IN YON FOREST

・よろこびいわえ

・天のかなたから

・マリアは歩みぬ

・COVENTRY CAROL

・今こそ声あげ

・きよしこのよる

・My Dancing Day

・いざ歌え、いざ祝え

・グローリア

・Deck the Halls

・もろびとこぞりて

*****

今年は去年よりも前日までの緊張が大きかったような気が〜、、、去年もこんなだったかな(> <)?

曲の数が多いのと、前奏・1番を吹いたあと2番は歌だけで3番でまた入り、、等の決め事が今年は曲ごとにものすごいバラエティで^^;、間違えないでちゃんと良いタイミングで出れるのか、間違えないでちゃんと4人で通して吹けるのか、、なんてことがかなり心配だったのでした。

午後4時過ぎから聖歌隊の方と初めての合わせ&リハ♪ということで4時過ぎに無事に聖愛教会さん到着♪d(⌒o⌒)b♪

うつみんさんも猫田さんもshizuさんも今日は普通にお仕事のある日で、少し早く退けてくださって駆けつけてくださるのですが4時はさすがに少し無理(> <)、ということでこのリハは最初、私1人で合わせます。

心配していた曲ごとの取り決めはogukenさんがとてもわかりやすく表にしてくださっていて、それをいただき楽譜を並びかえて少し安心♪これなら事前の打ち合わせをしっかりすれば大丈夫な気がしてきた(☆_☆)♪♪

聖歌隊の方、オルガンの方との合わせも、1年ぶりの感動、、なんともいえずに心地良く、当日現場にいったら事前の心配な気持ちはどこかにいき、ひたすら

「なんとかちゃんと出来そうな気がする(☆_☆)。うんと頑張るぞ〜♪」

とやる気が燃えてくるのでした(^^)

合わせるうちに、うつみんさんが来てくださり、猫田さんも到着♪そしてshizuさん♪と4人揃いました♪d(⌒o⌒)b♪わ〜い、みなさま、こんばんは〜♪

そして、揃った4人と聖歌隊・オルガンの方で通し合わせしたのですが、、、むんむんむん-"-;???

11月の最初の練習、12月の最後の練習の時、あんなに何の苦労もなくピッタリ♪と音程や音楽が溶け合う気がしてあんなに心地良かった4人のアンサンブル、、今日はなんだか合わない気がする┯_┯、、なんで〜?

驚きながら苦心しながら合わせていたのですが、、4人の到着がばらばらで楽器の温まり方が全然違ったせいかな〜(> <)?一体どうしてなんだろ、、本当に不思議なのですが、初めて合わせた時からあんなにぴったり合う気のしたアンサンブルなのにこの日に限って練習の時みたいにピタリ♪と合わせることが出来なかったのでした。

ただ、後から聴かせていただいたこの日の録音聴くと、「あれ〜(☆_☆)?キレイやん〜(☆_☆)?」なんて思える曲も結構あり(^^)、この日合わない気がしたのは単に神経質になりすぎていたのかも、、もしくは練習の時があんまりぴったり気持ちよく合いすぎていてそのレベルを求めてしまっていたのかも?

、、、と後日思ったのでした。

あれ〜、合わない〜(> <)?と思ううちにリハは終わり、もうアッという間に教会に皆様どんどん入ってこられる時間になります。

別の場所で少しだけ合わせたい、とお部屋をお借りして、去年と同じく思いがけなく美味しいお寿司の晩御飯もご馳走になり(ご馳走さまでした(> <*))、そして少し合わせ〜♪

う〜むむ、、この時のアンサンブルは練習の時と同じように合っている気がしたのにこの後の礼拝堂での本番はやっぱりいつもほどハマっていない気がしてしまった、、一体なんの加減なんだろう(> <)?

今年は礼拝の間中、前でキリスト誕生の聖書朗読・美しい数々の絵のスライド、、等去年よりなんとなく落ち着いてじっくり見れた気がするので、、それだけ少し余裕があった?分、耳が研ぎ澄まされていたのかも?

礼拝は午後7時からで、ご飯・少しの練習♪の後、もうすぐにスタンバイ♪の時間でした。

そしていよいよ始まった燭火礼拝、、、今年もなんて清らかな気持ちにさせていただいたことか♪なんて静かな、クリスマスイヴにぴったりな、感謝の気持ちあふれる温かい思いにさせていただいたことか♪

小学校にあがる前、クリスチャンだった祖母が毎週私を教会に連れていってくれてたそうです。(あまり覚えていないのですが^^;)。小学生になってからも高学年までも近くの教会に行っていたような、、

その後の暮らしがいろいろ大変だったせいか^^;、その頃の思い出というのが記憶のかなたにうずもれてしまってどうしても思い出せないのですが、きっとどこか心の奥〜の方で覚えているのかもしれません。

中学生になり教会から足が遠のき、、その頃から毎年クリスマスイヴになるたびに

「なんだか違う〜、、クリスマスイヴなのにイヴらしいこと何もしないまま過ぎていってしまう(> <)」

っていう、何か忘れ物をしてしまったまま過ぎていく、、そんな気持ちがどうしてもぬぐえないイヴを過ごしてきたのですが、去年、聖愛教会さんに招んでいただいて初めて、

「これだ(☆_☆)♪なんてクリスマスイヴらしい夜なんだ(☆_☆)」

って本当に嬉しくて心から満ち足りた思いにさせていただいたのでした。

やっぱり今年も♪♪そうでした♪♪(☆_☆)これ♪これ♪なんてイヴらしい夜なの♪って、、嬉しくなってしまった(^^*)

肝心の奏楽は、ogukenさんのわかりやすい表とにらめっこしながら、一曲吹き終わるとすぐ次の曲の準備、(というか一曲の最後の方ですでに「よし、次は○○♪最初はソプラノだけで出て、、」と確認〜♪)、、という感じでなんとか全編無事に吹かせていただくことが出来ました(^^)♪

今年はogukenさんが決められた燭火礼拝のテーマが「クリスマス・キャロル」♪で、吹かせていただく曲もクリスマス・キャロルばかり♪ogukenさんのお話もクリスマス・キャロルにちなんだもので、、なんだかうんと感動させていただきました(☆_☆)

クリスマス・キャロル、、知らなかった曲の方が多いのですが、なんて教会の響きに似合う昔懐かしい不思議な響きなのでしょうか。。半月以上経つ今(これ書いてるのは1月半ば♪^^;)でも普通に口ずさめるくらい心に深く刻まれたメロディが多く、、なんだかうんと印象的な深い魅力のある曲達でした。

そしてogukenさんのお話〜♪「踊ろう♪歌おう♪」という歌にこめられた、何千年も続いてきた人間の思い、、クリスマス・キャロルにあんな深い意味がこめられていたなんて知らなかった〜(☆_☆)♪♪

びっくりするとともに、そんな喜びと温かな気持ちで人間が奏でる音楽、奏でることを許された音楽、、に少しとはいえ関わっていること、奏でることがとても好き♪と思えること、一緒に奏でる仲間に恵まれていること、、そんなことが心から嬉しくなってしまった夜でした(^^)♪

*****

聖書朗読も交えてキリストの誕生を追い、、1時間ほどでアッというまに終わってしまう燭火礼拝、、イヴの夜にこんな風に(それも大好きな笛を吹きながら(☆_☆)♪)静かで美しい、温かい時を過ごさせていただけること、、本当に感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございます♪♪

当日の夜の終わってすぐの時は、「せっかく大切な礼拝の中での奏楽、という役目を下さったというのになんだかハモれなかった気が(> <)」とどちらかというと申し訳ない気持ちが大きくて少し落ち込んでしまったのですが、帰りの車を運転するうちに次第に、

「でも、、、楽しかったなあ(☆_☆)、、たくさん美しいキャロルを吹けて嬉しかった、、温かい気持ちにひたらせていただけて、、幸せだった♪」

なんて、やっぱりう〜んと楽しかった♪そんな自分に気がついたのでした。

今年も、、とても素敵な夜、クリスマスを過ごさせていただきました。

聖愛教会の皆様、ogukenさん、shizuさん、猫田さん、うつみんさん、ありがとうございます♪♪

2009年12月24日(木) No.300 (友人と♪)

イヴ礼拝の練習♪


猫田さんが取ってくださった梅田の練習会場にて♪

猫田さん、shizuさん、うつみんさん、私、そしてogukenさん、で聖愛教会さんにて24日イブの日の燭火礼拝で吹かせていただく奏楽の練習〜♪でした。

が、、4時間取っていただいたうちの半分以上は初見大会〜、、^^;。これがもうめちゃめちゃ楽しくて(☆_☆)♪

特にエオリアンさんのところからプリントアウトさせていただいて持っていたカルテットバージョンになっているバッハの"シャコンヌ"、、これ、猫田さん・私・うつみんさん・shizuさん、の編成で吹いた時の気持ちよかったこと(☆_☆)、、吹いてる最中、何度もあちこちでかっこよくて気持ちよくて、、ゾクゾクしました(☆_☆)。バッハ最高〜♪♪

先週の合わせ練習の時も思ったのですが、なぜか不思議に音程がぴったし、とハマる気がする4人なのです(☆_☆)。そして音楽も、、なんていうのか全くなんの苦労もしないで、何の気もつかわないで自然に勝手に合う気がする、、何も言い合わないでもわかりあえてる気のする安心感、というのかしらん、、とても寛いだ状態で、なのに高揚感感じて音楽を楽しめる、、そんな気のするアンサンブルでした。

こんなに落ち着いた気持ちでじっくり、と味わえるアンサンブル、すご〜く好きかも〜(☆_☆)♪♪

シャコンヌ、皆様も気にいってくださり、この4人でなんとか仕上げていつかどこかでお披露目を、なんて話も出たりして、めちゃめちゃ嬉しかったのです。ほんとにほんとに♪本気で実現させませう〜(☆_☆)♪♪

shizuさんが持ってきてくださった、同じくエオリアンさんとこのもう一つの曲もすご〜くかっこよくて(☆_☆)、こちらもプログラムに入れることに決定♪d(⌒o⌒)b♪(ってなんのプログラムなのかはまだ謎なのですが^^;)

偶然、ogukenさんもいれて五人とも同じ学年な私達〜♪♪寅と兎、ということでグループの名前も「○○○(まだ内緒〜♪)」と決まったりしました(^^)♪わあああい〜♪o(^^o)(o^^o)(o^^)o♪

また、、シャコンヌ、ぜひぜひ練習一緒に、本番も♪させてくださいm(..*)m♪

後半はしっかりじっくり、とイブの日の練習・打ち合わせを♪今年はogukenさんの企画は「キャロル」特集〜♪先週の練習会の時に初めて吹かせていただいて、とても暖かな気持ちになれる気のした歴史感じるキャロルの数々、、何度か合わせ練習しながら、ここで繰り返して繰り返しの後はこの楽器だけで、最後は全員で、等打ち合わせます。

神聖な空気の中進んでいく式の奏楽、、なので、出の合図とかがなく、当日は進行に合わせてスッと吹き始めたりしないといけないのが、、中々緊張しそうな、、間違えたりしないで無事に奏楽の役目を果たさせていただけますように(> <)

ちょっとドキドキ緊張するうちにアッという間に6時、練習終わりの時間になってしまいました。

そそそ、最後は15分だけ残ったのでogukenさんにも入っていただいて五重奏の初見大会をしました♪d(⌒o⌒)b♪もっと遊びたかったなあ ̄◆ ̄〜♪

24日、、頑張ります♪♪(> <)
2009年12月05日(土) No.297 (リコーダーアンサンブル)