Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



ミーシャ、博物館コンサート♪


いよいよ〜♪♪吹田市博物館にてコンサートさせていただく当日となりました(☆-☆)!!♪ドキドキ、、、

この日の翌日のmixi日記に詳しく書いたので、またまたですが、転載させていただきますm(..*)m

*転載ここから〜*


きのう、4月29日(水・祝)は、、、 吹田市博物館にて、リュート奏者のmuminさん、リコーダーのれおんはるこさん、と三人でコンサートさせていただいた日でした。

いつになく前の日の晩とかプレッシャー感じてナーバスになったりしてました。だって、お客様の層とか吹く場所の雰囲気(お祭り会場?)とか全くわからないのと、プログラムがバロック曲ばかり、というのが結構心配で、、

「とにかく、曲が受けるかどうかとか考えないで、明日はれおんはるこさんやmuminさんと、うんと楽しんで吹こう、その楽しい気持ちが伝わる演奏、それ目標にしよう♪、、でもどんな感じになるかな〜、、明日の今頃、うんと落ち込んでたりして┯_┯、、?」と覚悟したり、、

が、フタを開けてみれば〜(☆-☆)、、とても響きの良い、コンサート専用のような会場、小さな子どもさんばかりと思っていたら大人の方が結構たくさん聴いていてくださった聴衆の皆様(☆-☆)

楽しんでいただけたのかどうかは全然わからないのですが(> <)、とりあえず、、前の晩に心配したみたいに、当日の夜ひたすら落ち込んでたりはしなかったので、、

どっちかというと「楽しかったなあ(☆-☆*)♪とりあえず、、頑張った、かも〜?、、ああ、でももっともっと余裕を持ってちゃんと素敵に吹けるようになりたい(> <)、もっと修行するぞ〜(☆-☆)」と、充実感やこれからもっと頑張らないと(> <)、という前向きな?思いに包まれていたので、、まあ、、無事に済んだのかな〜、と(^^*)♪



きのうは(今日もですが)、久しぶりに暖かな、お日様燦々な1日〜(^^)♪

午後3時開始のコンサート、、リハのため午後1時に集合♪

会場となる"吹田市博物館"は、46年大阪に住んでいるというのにこの間までその存在も知らなかった、きのう初めてうかがった場所でした。

地図見て、場所が名神高速道のすぐ下(南)なのはわかったのですが、現地に行っても「吹田市博物館」の標識はあちこちにあるというのにどうしても侵入路が見つからない−"−;、、博物館の周りは大きな公園がぐるっとあって、、博物館のある方向にどうしても近づけない* ̄◆ ̄;*、、

早めに着いたので、のんびり探せて良かったのですが、20分近く、地図で見る博物館の周りをクルクルドライブしておりました。

結局、偶然見つけた博物館への侵入経路、思いがけず高速道の上(北)側に駐車場その他がありました。うう、これ、見つけるの、宝探し並みに難しい気がする、、−−;



そんな博物館への道のり、、、駐車場降りたら、高速道の下をくぐるトンネルがあり、こんなアートペイントがしてあります(☆-☆)♪わ〜、博物館らしい〜♪




そして、陽気が良い中、とっても歩くのが気持ちよかった緑道、、カーブを曲がっていくと博物館が見えました。をを、大きい(☆-☆)!!



この階段を登っていった正面が入り口で、左側にすぐにある扉が、コンサートに使わせてくださった会場♪



ちゃんと舞台もあり、100人は入るのかしらん?という感じの広さで、響きも結構良いところでした(^^)♪

ここで〜、、午後1時〜2時過ぎくらいまでリハです。リハの間、モニターの音が気になる、とスイッチ探したり、カーテンを開けた方が良いかも♪とスイッチ探したり、、していたら、一通り一度ずつ合わせただけでもう午後2時をまわっていました。
(そそ、今日のコンサートの司会をしてくださる方(下のお名前が"やすえ"さんとおっしゃるのだそうで、そんな話で1時前に二人で盛り上がっていた方です〜♪)と打ち合わせしたり、今日のイベントの総合責任者?の方や、れおんはるこさんのお友達Tさんや館長さんとご挨拶させていただいたり、という時間もありました。)

と、、司会してくださる方がいらして、

「上の階のイベントが予定より早く終わってしまったので、午後3時開演を繰り上げて、2時半開演にしていただいても大丈夫でしょうか(> <)?」

とたずねに来られました。

全然OK♪大丈夫です〜♪d(⌒o⌒)b♪とお答えしてから、ハッとして、

「あ!もしかしたら午後3時開演を目指して来てくださる方が少しいらっしゃるかも(> <)?」

と心配したらば、

「じゃあ、午後2時半から一度コンサートしていただいて、終わってすぐもう一度3時からコンサート、というのはどうでしょう(^^)?」

とおっしゃっていただき、「うを、す、すごい連続なのですね* ̄− ̄;*」とは思いつつも、2回吹かせていただけるのは嬉しく(^^)♪がんばるぞ〜、と思いました。

今日のイベント、好きな会場に自由に出入り、という形というよりは、イベントが順番に組まれていて、来てくださったお客様はそれぞれのタイムテーブルに従って順に鑑賞してくださる、という感じなようです。

と、いうことは(☆-☆)、思ったよりも来ていただけるかも?♪じっくり聴いていただけるのかも♪

で、午後2時半、、過ぎ、、上のホールで何かにぎやかになっているそうで、お客様の移動がうまく進まないのでもう少し時間経ってから、とのことで、結局、全部のお客様が会場に入ってくださり(☆-☆)(わ〜、数人の方だけに聴いていただく感じ?と思っていたのが椅子が結構埋まった気が〜(☆-☆))、コンサートが始まったのが午後2時50分頃?でした。

これはもう、今日聴いてくださる方はこの回に全部入ってくださってるから2回目はなしだね〜、と思いながら、一投入魂!のつもりで心をこめて演奏〜、、、

意外に子どもさんの姿よりも大人の方々のお姿が目に入り、、ちょっとホッ、、?本番の緊張感はあるのですが、とても落ち着いた気持ちで吹き始められた気がします。


〜プログラム〜

 ・パーセル "Dioclesian"より 二声のシャコンヌ
  (1stアルトリコーダー:れおんはるこ 2ndアルトリコーダー:cherry リュート:mumin)
  まずはいきなり吹き始めてみました。。。♭が3つあるせいか、
  吹き始めな曲なせいか、中々音程が気持ち良く合いません、、
  もっと音程ピタリと合ったらもっと気持ちいい曲なんだけどな〜(> <)
  でも、途中から吹いてる気持ちだけは合ってきた気が♪

  この曲の後、れおんはるこさんがこの曲の説明や次の曲サンマルティーニの
  説明をしてくださいます。
  れおんはるこさん、とても落ち着いた声で興味深い話をいろいろと〜(☆-☆)。すごいです。
  素敵〜な解説、と(身内ですが^^;)思いました。

 ・サンマルティーニ 二本のリコーダーのためのソナタ No.6
  (1stアルト:cherry 2ndアルト:れおんはるこ リュート:mumin)
  数日だけですが結構気合い入れて個人練習した曲です。
  先週金曜日のキフエフさんコンサートでお会いした時にヘンリーさんが
  この曲の演奏を向江昭雅さん・奥田直美さん、のデュオで聴かれた時の話して
  下さって、ほとんど装飾も入れていないのにものすごく情熱的で
  ショックを受けるくらいの感激だった、というそのお話にうんと触発されてしまった曲、、
  そっか〜、そんなに素敵に吹くことも出来る曲なんだ(☆-☆)、
  私もうんといろいろ感じて吹けるといいな、と頑張ってみたのですが、、
  ちょっと思いいれいれて吹きすぎてしまったかも、、、
  もう少し引く感じで吹けた方が良かったかもな〜、、、
  、、というかもう少し練習で練りたかった、個人練習する期間が短すぎたかも、、

  次〜♪は、muminさんがリュートの歴史や派生したほかの楽器のお話、曲のお等、
  これまたとっても素敵な説明〜♪をしてくださりました(☆-☆)。わ〜、面白いお話、
  初めてうかがうお話ばかりで、つい「ふんふん(☆-☆)」と聞いていました。

  で、リュートのソロ♪です。

 ・リュート独奏曲 〜シチリアーナ〜
  (リュート:mumin)
  リュートの独奏曲、、生で聴かせていただくのって初めてだったような気が、、
  (☆-☆)、、聴き惚れました(☆-☆)。
  リュートの響き、っていいなあ、、なんとなく哀しみをどこかに湛えているような、
  何か懐かしい気持ちを呼び起こすような、、、
  弾き終わられた後もそのまま余韻に浸っていたくなる、、そんな響きでした(☆-☆)

  が、余韻に浸っている余裕なく、、次は私がマイクもって、トラヴェルソとクヴァンツの説明〜、、
  −−;、−−;、−−;、−−;、、マイク持つと自分が何しゃべってるのかわからなくなる、、
  何かたぶん、楽器の説明と曲の説明、、したかった話はほとんど忘れてしまったような、、はぅ、、┯_┯すみませんすみません、、


 ・クヴァンツ フルートとリコーダーのためのトリオソナタより 第一楽章
  (アルトリコーダー:れおんはるこ トラヴェルソ:cherry リュート:mumin)
  やっぱ、本番でトラヴェルソ吹くのにはまだまだ修行が足りませんでした−−;
  リハの時はまだマシに鳴らせていたのに、本番は緊張するのか、
  どうしてもアムブシェアが上手く決められない〜、、
  喋ったすぐ後でいきなり気持ちがあがってくるし、、
  う〜ん、う〜ん、、悔いの残るトラヴェルソでした。
  せっかくmuminさんもれおんはるこさんもうんと素敵に吹いてくださったのに
  申し訳ない、勿体なかったのです(> <)

  このあたりから、吹き始め、練習の時より少し緊張しておられるかも〜?と感じた
  れおんはるこさんのリコーダーがうんと生き生き歌い始められたような気が(☆-☆)
  私もトラヴェルソが上手くいかず開き直ったのか、この次くらいからうんといつも通り
  リラックスして、でも本番の高揚感に包まれて吹けた気が。

  と、言いつつ次の曲はプログラム最後の曲です^^;

確か、この曲も私がMC担当だったのでした。が、しっかりすっかり忘れていて
  れおんはるこさんにマイクお渡ししてしまったら、そのまままたまた素敵な
  説明してくださりました(☆-☆)。次からMCは全部お願いしまする〜(☆-☆)♪♪

 ・テレマン 二本のリコーダーのための協奏曲♪
  (1stアルト:れおんはるこ 2ndアルト:cherry リュート:mumin)
  という訳で、一番集中して、思いをこめて、、吹けた気がする曲です。
  特に最終楽章とか、、自分ではとても良い感じに吹けた気がするのですが、、
  こういうのっと、自分で感じるのと客観的に聴いていただいた感じと、全く逆の
  時とかあるのが演奏のこわいところです、、

  でも、muminさんのリュートもれおんはるこさんのリコーダーも、
  時にピッタリ、と沿ってくださり、時にあおる感じに精神的に盛り上げてくださったり、
  一緒に気持ち合わせて奏でたり、、なんだか本番ならでは、な醍醐味、喜びを
  感じながら吹けたような気がします。

  吹きながら、「わあわあ、楽しい〜(☆-☆)」って思える瞬間、ってすごく好きです(^^)

  で、温かく拍手してくださる(ありがとうございます(> <))皆様から無理やり?アンコールいただき♪


 ・"ふるさと"
  (ソプラノリコーダー:れおんはるこ アルトリコーダー:cherry リュート:mumin)

  この曲、1曲くらい聴き覚えのある曲を、この編成でやってみるのも面白いかも?
  と思ったのですが、せっかくなのでアンコールもバロックの曲にしたら良かったなあ(> <)と後悔、、
  バロック以外はほとんど吹かれる機会がない、とうかがったれおんはるこさんとmuminさんに無理言って申し訳なかったです(> <)
  あんまり合わなかった気がするし〜、、、やっぱ"G線上のアリア"にすれば良かった〜

、、、、という感じに、1回目コンサート、なんとか無事に?終わりました(^^)♪

とりあえず無事に終わったかも♪たくさんの方に聴いていただけて、いろいろあったけど嬉しい吹き心地だったかも?とりあえず終わった〜、がんばった〜?♪

と余韻?にひたっておりましたらば、司会の方が、マイクで、まだ退場しないで会場に座ったまま残ってくださっている聴衆の方に

「今日はイベントの関係で開始時間を少し繰り上げてコンサートさせていただきました。
最初の部分を聴きのがしてしまわれた方が何人かいらっしゃるみたいで、申し訳ありません。
いかがでしょうか。この後、聴き逃された方のために、もう一度コンサートを最初からしていただいたら、と思うのですが、、良かったらもう一度聴きたいと思われる方いらっしゃいましたらもう一度聴いていただいて(^^)、、、」

等々とおっしゃられます、、うを〜* ̄◇ ̄*?

嬉しい♪のと、うを* ̄◇ ̄;*?というのと、でもやっぱりもう一度吹けるの嬉しいかも、というのと、、、でもいいのか、みたいのと、、吹けるかしらん?というのと、、

皆様、温かく拍手してくださり、もう一度最初からコンサートすることになりました(^^*)♪

吹けるかしら、、なんか今、全力投球したような、、そんな充実感があるのですが、、もう一度〜、、

さすがにすぐに、というのは大変でしょう、と2回目コンサートは午後3時半から(10分くらい後?)ということになりました♪d(⌒o⌒)b♪


ここで、思いがけず聴きに来てくださっていた、ふーさん&エリーらぶさん〜(☆-☆)!!に初めて気がつきました♪♪きゃ〜きゃ〜♪♪

や〜ん、感激です。こんなに気持ちの良い休日に時間使って来ていただけるなんて本当に感激です。ありがとうございます(> <)(あと、すみませんすみません)。とっても嬉しかったです♪♪お話出来たのも〜\(*⌒o⌒*)/

こんなことなら、2回目コンサート用に別のプログラムを用意しておいたら良かった、と思ったのですが、全く同じことをする2回目コンサート、、を聴いていただくのはどう考えても申し訳なくて、なんだか残ってくださりそうな、どうしようか迷っておられたお二人だったのですが、最初のパーセルの曲の途中でもう聴きに入ってきてくださっていた、とのことで、楽しくお喋りさせていただいて♪d(⌒o⌒)b♪、で、ドアのところまでお送りしました* ̄◆ ̄*♪や、だって、同じこと2回聴く、って絶対しんどいと思うし、、

本当に本当にありがとうございました♪お会いできて嬉しかったです♪♪

来てくださる(☆-☆)、と事前にうかがっていて、緊張するな〜、でもお会いできるの嬉しいな〜(☆-☆)、と楽しみにしていたピキさんはご主人様と二人で来ておられ、初めてご主人様と挨拶させていただけて感激〜♪でした♪

ピキさんはリュート独奏の時に来られたのだそうで、2回目コンサートも聴いてくださいましたん♪♪ありがとうございます(> <)

そそ、コンサート前なのですが、れおんはるこさんのお友達で、デブタンのメンバーさん、とおっしゃられた初めてお会いする女性の方とも少しお話させていただけて感激〜♪でした。またお会いしたいです〜♪

、、そして吹かせていただいた2回目コンサート〜、、1回目ほどではありませんでしたが、それでも、係りの方も聴きにいらしてくださり、10人+数人くらい?の方が座って聴いていてくださったような、、ありがとうございます(> <)

やっぱり2回目コンサートの方が、気持ちもノッていて落ち着くのか、どの曲も1回目よりもいろいろな意味で満足できる?吹き方が出来たような気がします。
(あ、でも2回目なせい?か集中力が続かない場面が出てきてしまい、妙な吹き間違いを何箇所かでしたりもしました。持続力ももっと培わないといけないなあ、、)

満足、といってもきのうの段階で、という意味で、吹きすぎてたり、いろいろ反省点・後悔点もあるのですが、、吹きながら、れおんはるこさんと精神的にもからめたところがあったような気のすること、れおんはるこさんがササッと装飾入れられて「をを(☆-☆)」とこちらの気持ちもすごいハイになって沿っていく気持になって吹けた時の気持ち良かったこと、muminさんのリュートとも気持ち合わせて吹けた気がした時の楽しい高揚した気持ち、ジャッジャッとあおっていただいた気のした時のやっぱりうんとハイになったこと、心地良かったこと、三人でうんと気持ち的に盛り上がっていく気のした時の気持ち良かったこと〜、、、そんな演奏中に感じたいろいろなこと、、何より嬉しい瞬間でした(^^)。二回しか合わせ練習してなくてもこんな楽しい気持ち、感じられるんだなあ(☆-☆)、って♪
(そして、この嬉しい瞬間♪を感じられたのは、1回目コンサートよりも圧倒的に2回目コンサートの時のが多かった気がします。
2回目コンサートの時のような吹き方を1回目から出来ないものか、、、)

出来れば、いつもそんな瞬間を迎えられるような、、で、もう少し後で振り返った時に、一生懸命集中しすぎていて吹いてるときの記憶があまりない* ̄◇ ̄*、客観的にどう聴こえたかわからん〜、みたいな感じじゃなくて、も少し余裕のある吹き方、引いた吹き方、歌い方も出来るようになりたいな〜、、、

トラヴェルソはもっともっと練習して、本番でも普通に鳴らせるようにならなければ、、

でも、"とっても楽しかった"、と思える嬉しいコンサート、させていただきました♪もっともっと頑張るぞ〜(☆-☆)、と笛にさわるのが待ち遠しくなる、そんな前向きな気持ちもいただけたコンサートでした♪d(⌒o⌒)b♪

れおんはるこさん、muminさん、聴いてくださった皆様、吹かせてくださった博物館の皆様、ほんとにほんとにありがとうございます♪

吹田博物館さんでは、こういう企画(クラシックのコンサート?)は初めての試みだったのだそうです。館長さんが最後にお話してくださったのですが、博物館(museum)は、ギリシャ神話のミューズ、芸術の神が語源?なので、これからは音楽的な催しもこんな風にどんどん取り上げていけたら、とおっしゃっていたような、、、

吹かせていただいた場所、響きも良いし、周りの景色も良く、とても気持ちの良い場所でした。アクセスが、、車でしか行きにくい(でも駐車場は44台しか停められない−−;)、電車の駅からも遠く、バスも来ていない、という場所なのが難なのですが、、何かまた、コンサート企画できるといいなあ(☆-☆)


本当に楽しく、良い思い出・勉強になったコンサートさせていただきました♪♪

また、もっと頑張らなくっちゃ(☆-☆)♪
2009年04月29日(水) No.278 (415Hzアンサンブル)

ミーシャ、最終合わせ練習♪


この日は、4/29(水・祝)にある本番に向けて、れおんはるこさん・muminさんと三人で"アンサンブル・ミーシャ"の最終合わせ練習をした日でした。

練習場所は、muminさんが教えてくださった、梅田駅前なのにとても部屋代の安い練習場〜(☆-☆)♪

*場所を間違えて覚えていて30分弱遅刻したわたしです。ごめんなさい−−;

れおんはるこさんと本番で合わせる曲をアンサンブルするのは今日で3回目、muminさんにも入っていただいた三人での合わせは今日で2回目になります。

そろそろ、なんとなく音や気持ちが揃ってくるのをズンズンと感じて、、なんだか気持ちがいい〜(☆-☆)♪♪

前回よりも前々回よりも断然、音楽が揃ってきている気がしてすごく楽しい♪♪

三人とも好き好きに口々にいろいろ思うこと自由に口にして、音楽創り上げていけるのもうんと楽しい〜(☆-☆)♪♪

れおんはるこさんは本番でされたことのある曲がほとんどなので、「ここはこうだった」、「ここはこんな風に〜」、といろいろ提案してくださいます♪
muminさんは通奏低音ならでは(☆-☆)!という感じで、「ここは私は2回同じことを弾いているのですが上の旋律はどんな感じで吹いておられますか?」等々、ハッ(☆-☆)!となることをたくさん質問・指摘してくださいます。

私は感覚的に「ここだけもう少し和声感じてゆったり吹きたい気が〜」とか「今のは遅すぎ〜?もう少し速いテンポで進んでいきたい気が〜」と勝手なことを口にします^^;

でもなんとなく三人で感じている音楽、というのが似ているような、似てくるような、、

どの曲も前回よりもかなり良い感じに仕上がってきた気がしました♪

午後4時〜午後6時、、前回もですが、「よし♪こんな感じでいいですかね〜(^^)」と無事に練習終えてもまだ時間に余裕がある感じ(☆-☆)?これなら、あと個人練習がんばったら本番もいい感じに吹けそうな気が〜(☆-☆)♪

とても楽しく、また勉強もさせていただいた二時間でした♪

次はいよいよ4/29、本番です♪よろしくお願いします♪d(⌒o⌒)b♪
2009年04月16日(木) No.277 (415Hzアンサンブル)