Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



久しぶりのKiKi練習♪


とっても久しぶりな、リコーダーアンサンブル"KiKi"の練習会でした♪d(⌒o⌒)b♪

しかも、本日は発表会前最後の練習日でもあります(☆-☆)、、うをを、、
(ほんとはきのう、で日を決めていたのですが、お願いしてみたら皆様快く日をずらしてくださって感激だったのです。ワガママばかり言ってごめんなさい。ほんとにありがとうございますのにゃ〜(>_<*))

そしてそして、本当は4月8日(日)に秋山先生のグループレッスンも受けるハズだったKiKi、、私がちょうど笛吹けない時期なので、私だけ抜けさせていただき、その日は三人だけでグループレッスンも受けてきてもらっていました。

午後12時半〜、奈良のOさん宅で練習開始〜♪

きのうの疲れか、、起き上がるのに少し苦労しましたが、珍しく時間通りに到着♪d(⌒o⌒)b♪皆様、お久しぶりですのにゃ♪

迎えて下さったOさん、yえさんの優しい笑顔見た途端に、我が家に帰ってきたような居心地の良さ感じてしまいましたん♪わ〜い、なんて久しぶりな気がするんだろう♪

少し遅れてこられるS部さんをお待ちする間、そのグループレッスンで「こんな感じで吹こう♪」と決まったことを順次教えていただき、楽譜に記入〜♪

*****

1時過ぎにはS部さんも到着されました♪d(⌒o⌒)b♪こんにちは〜♪皆様、ほんとにご迷惑おかけしましたのにゃ(>_<)

いよいよ久しぶりなKiKiの練習開始〜♪5月6日(日)の発表会に向けて、、演奏する曲をじっくりと♪

私も参加した前々回のグループレッスンの時に、秋山先生に、私のバスリコ、少し調整が必要なんじゃないか、という指摘をしていただいていました。ちょっとかすれ気味な音なのです。。でもこの機種の特徴なのかなあ?とずっと我慢していたのですね。

指摘していただいた時はびっくり、、もしかしてもっと良く鳴ってくれるのかも?、と。他の皆様のヤマハのバスリコがとてもよく鳴るだけに、このバスリコにしてから少しバスが苦手になってしまった気がしていたくらい、、、でも、選定品だしまさか楽器の調子が悪いとは思わなかったのです。

ゆうべ、ミルパパに調整してもらったので、ドキドキ、と調整後の初バスリコ吹きです。

・"水仙"(ナルシソス)
・"野薔薇"(ワイルド・ローズ)


この二曲はわたしのパートはバスリコ〜♪まず最初の音吹いて「をを(☆-☆)、ポンっと鳴ってくれる(☆-☆)」と嬉しくなったのも束の間、、┯_┯、、中音部のC、下のG、が激しくなりにくくて全く鳴ってくれません−−;、、一体全体どうしたんだ、、これでは調整してもらわなかった方がましやん┯_┯

と悲しくなりつつ、あせりつつとりあえず通して、、、うむぅ、、と楽器眺めてて気がつきました。右手中指のキィが固まって、あがらなくなってるではないですか−−;、、音、出ないハズだ〜。。しっかり吹けなくてすみませんすみません−−;

と、yえさんが「それ、そこのネジを緩めるか締めるかしたらすぐに直るのよ〜♪」と教えて下さり、Oさんがすぐに細密ドライバーを探しにいってくださり、、

(☆-☆)うわわ、ほんとだ〜♪お借りしたドライバーで少し締めるとポンッとキィがあがり、あっという間に直りましたん♪ワーイ♪

それで、やっと、調整してもらった吹きやすさを体感して吹くことが出来ました♪軽く音が、かすれずに鳴ってくれる(☆-☆)♪嬉し〜♪(今までいらない苦労していた気が−"−;むむむん)

やっと音楽に専念して吹けるようになり、、4人で何度も合わせます♪

(☆-☆)わわ〜♪私以外の3人の皆様、、めちゃめちゃ練習入っておられるのではないでしょうか♪グループレッスン受けられたのもあるよな〜(>_<)。もう、ついてくのに必死、、うんと集中して必死で吹きました。なんだかとってもいい感じに仕上がっているような♪d(⌒o⌒)b♪

で、この時、あまり気がつかないでおしゃべりもしていたのですが、帰る途中で、ハタ、と気がつきました−−;。

なんだかお話うかがってるとですね、、おとといの金曜日に竹山さんところに行かれたお話は「ふむふむ♪」とお聞きしてたのですが、、−−?ん?その時にせっかく録音したのに工事の音が云々、、、録音−−?、、そう、どうもグループレッスンの話が生々しいというのか、4/8ではなくもっと最近の話のような気が、、、

* ̄◆ ̄*!!そういえばそういえば!Oさんからメールで、もう一度グループレッスン受けることが出来るのだけど、4/24(火)か20(金)どちらかいかがです〜?って聞いてもらった気が。20日は仕事だし24日も無理なのです〜┯_┯、とお返事した気が、、、あ゛あ゛〜っ、20日皆様、レッスン受けられたんだ、きっと。

君達、ずるいぞ* ̄◆ ̄*!!(冗談ですが♪)

そっか〜そっか〜、二回もグループレッスン受けてこの曲合わせてこられてるんだもん、、ついてくのに必死な訳です。はぅ、がんばって吹くぞ〜(☆-☆)♪

続けて

・フーガの技法よりNo.4(バッハ)

これは私はアルト〜♪なんだかこの曲もすごくいい感じ(☆-☆)、、、何度か合わせてもらってアルトもやっと感じたままに何も考えずに吹けるようになりました。

テーマの吹き方を相談して決めて、、わたしにとっては新しい、その吹き方にしたら、これがまたとっても新鮮でいい感じ〜(☆-☆)

・ラ・ゴロンドリーナ

最後のこの曲はテナーリコーダー4本で♪♪(☆-☆)をを、初めて吹くテナー4本の響き、、これもいいかも〜(☆-☆)♪

なんだかとってもいい感じ♪d(⌒o⌒)b♪るんるんo(^-^o)(o^-^)o

そこで当日の並び順に並び変わってからゴロンドリーナを吹いてみました。

このあたりでかなり体力・気力が限界でした、、、はぅ、こんなに吹いたの久しぶりなんだもん〜@_@、、、くたくた〜、、

でも、もう練習できるのは今日しかないのです。がんばっ♪

休憩のあと、その本番と同じ並びでもう一度最初から4曲とも通しましょう、ということになり、眩暈がしたものの、なんとか吹くぞ〜、と、、吹いてみたら、、吹けました♪やっぱり好きなことだと、最後の?一頑張りががんばれるのですよね*^_^*♪

でも、いつもだともっともっと吹いていたい、と思うKiKiでのアンサンブル、、はぅ、もう限界なのだ〜@_@、、体力・気力ともにこんなに落ちているとは、、情けないことです−−;しくしく、、

3時半からはお茶会〜♪d(⌒o⌒)b♪久しぶりに笑っておしゃべりして、、楽しい時間でした♪

次は発表会直前の最後のグループレッスンです♪ちょっと楽しみかもo(^-^o)(o^-^)o(今度は迷わないようにうかがわなければ♪* ̄◆ ̄*♪)

*****

帰りはクッタリ、と吹いた吹いた〜@_@と思いつつなんとかかんとか帰りました。うむ、そろそろ体力増強計画に着手せねば−−;

帰ってからなんとかご飯すませて、、、仮眠すると、、夜、今夜こそトラヴェルソ吹きたかったのに、、目が覚めるともう真夜中、、というか明け方−−?、、4時過ぎでした。。きゃ〜。
2007年04月22日(日) No.200 (KiKi練習)

Vivaldi


何年か前からミルパパがお世話になっているバロックアンサンブルさんがあります。

代表者の方やメンバーの方は何回も我が家に遊びに来て下さっているし、ミルパパの方もアンサンブルの会に呼んでいただいてバロックトランペット&ヴァイオリンを楽しく合わせたり、次の企画の相談したり、と楽しく遊んでいただいているようです。

なぜかいつも、我が家に来て下さる日、アンサンブルされる日、すべて私の他の予定とかちあってご縁がなく、私はその方達のどなたともお会いすることも遊びにうかがわせていただくこともないまま、日ばかり過ぎておりました。

今日はそのアンサンブルさんの会のある日で、しかもミルパパの企画?♪メンバーの方が声楽の方々を揃えてくださるそうで、ミルパパ憧れのバロックトランペット大活躍、なパーセルのオードを全曲演奏しよう、という会でした♪

オードだけでなく、せっかく声楽の方々が集まられるので、ヘンデルのメサイアも抜粋でしましょう、というお話で、ミルパパは仕事の合間に一生懸命パート譜を作っていたようです。

加えて、トランペットと声楽、ということでバッハのカンタータやスカルラッティのソナタもするそうな(☆-☆)♪

いつもなら「いってらっしゃ〜い」と留守番しているところ(というか今日は久しぶりのKiKiの練習日♪)だったのですが、前から毎回私も誘ってもらっていて、今回も、、協奏曲一曲吹かないか〜?と誘ってもらって、、豪華な415Hzの弦楽の方々と合わせていただく機会、というのもそうないし(>_<)、、とKiKiのみんなに頼み込んで練習日をずらしてもらい、朝から一緒にうかがうことになっていた日だったのでした。

まだそんなに長時間吹けないし、協奏曲一曲だけ吹かせていただいて、他の曲はじっくり聴かせていただいて、と思っていたのですが、テレマンの4本のリコーダーで吹く協奏曲もプログラムに入れていただいて吹かせていただき、パーセルのオードもヘンデルのメサイアも、ヴァイオリン1stパートをリコーダーで吹かせていただき、、なんともいえない楽しい一日となりました。

*****

吹かせていただいた協奏曲は、まだまだ練習がしっかりできていない、ヴィヴァルディのフルート協奏曲"La Notte(夜)"です。これを415Hzリコーダーで〜♪

一人でどこかにうかがうときよりも、ミルパパと一緒の時の方が人見知りモードに入ってしまって打ちとけれない気がする私なのですが、、車の中で皆様の到着待ってるときが一番ドキドキしたかなあ、、、お会いしてみると、どの方もとても気さくでおしゃべりしやすい雰囲気な方々でした♪d(⌒o⌒)b♪(と言いつつ少し人見知りしてしまいましたが−−;)

チェンバロを搬入して組み立てて、椅子を並べて、、一体何人の方が集まられるのか、全然知らなかったのですが、弦楽の方がヴァイオリン何人か(その中のお一人がヴィオラも〜)、、バロックオーボエの方がお二人(お一人の方はガンバも弾かれるのです(☆-☆))、バロックチェロ弾かれる方、ヴィオローネ+ガンバ弾かれる方、チェンバロ担当の方、とどんどん入っていらっしゃいます(☆-☆)。うわ〜、すご〜い〜♪

声楽の方も、ミルパパが先週コンサートにうかがわせていただいた、その前にはアンリュウリコーダーギャラリーさんで一緒にアンサンブルさせていただいたらしい(この時も神戸合宿とかちあっていたのです〜(>_<))、ソプラノ歌手の方、アルトの方、コーラスです、と自己紹介されたソプラノの方、バスの方(普段はリコーダー吹かれるそうです)、テノールの方、等々、どんどんと集まってこられました。

もうお一人、リコーダー吹く方が来られる、とお聞きしていたのですが、Y住さんとおっしゃって、音大でずっと吹いておられたすごい方なのでした。。。そんな方の前で"夜"吹くのか〜、私−−?うううむ、、(とってもおしゃべりしやすい可愛らしい方で一緒に笑ったりおしゃべりしたり、楽しかったです〜♪d(⌒o⌒)b♪)

そしてアッという間に開始の時間、、、まずはパーセルのオードから♪

すご〜い(☆-☆)、なんて豪華な響きなんだ〜♪♪、、そして一緒にリコーダーで音重ねさせていただくのの気持ち良いこと♪大編成の中の1パートとなって大きな音楽を構成していく楽しさ、を久しぶりにじっくりと味わいました♪(私は全部聴いたことない曲で不勉強で−−;、途中せっかくのリコーダー二本と声楽、のとても美しい楽章、初見状態でしっかり表現できなかったのが少し悔しいかも、、)

全曲、なので結構時間かかった気が♪それでも、最近声楽にも興味津々、なので、いろんな声部の方のソロが入ったり、、アッという間に終わった気がします。

そしていよいよ、内心ドキドキ┯_┯していた、"La Notte"の番、、、オードの間中、Yさんが素敵に指揮・指導してくださっていたので、
「夜の時もあんな風にして下さらないかしらん(☆-☆)、、協奏曲だからダメ−−;、、うう、自信がないよぉ、オケの一員、みたいに混ざって吹きたいよぉ┯_┯」とかなり弱気な気持ちで頼りたくなっていました。

でも、「さあ、吹きましょう♪」と楽器構えたときにやっぱりやっぱり、「cherryさん、前にきて好きに指示してくださいよ。好きなように吹いてください」と声かけていただき、、はぅ* ̄◆ ̄;*、やっぱり?、、そうですよね、協奏曲なんだし、そのくらい表現したいものを持っている人間が吹くものですよね、本来は、、とドキドキ、と前へ〜。

それが、いざ皆様の前に立って吹かせていただくと、不思議に緊張したりしない、とても心地良い時間でした。いくぶん弱気な部分の混ざる状態でしたが−−;、でもでも、「こんな風に吹きたい、表現したい」という思いが少しだけでも出せた気がして、、嬉しかったかも、、むしろ、なんとなく遠慮してしまって、吹きたいテンポよりもかなり遅めに吹いてしまったのが心残りかも、、、

とにかく♪豪華な弦楽の皆様と合わせていただいたヴィヴァルデイのフルート協奏曲"La Notte"全楽章、、なんともいえず心地良いアンサンブルさせていただきました。練習が入っていなくて申し訳ないです。惜しくてたまりませんでした。でもでも、それでも!ゾクゾク幸せになるフレーズや瞬間、テーマを吹くのになんともいえず嬉しくなった瞬間、等々あり、、、またこんな機会いただけるといいなあ(>_<*)

吹かせていただき、ほんとにほんとにありがとうございましたのにゃ♪

*****

なんとか無事に協奏曲が終わり、、それにしても他の管の皆様はプロ並みに素敵に吹かれる方ばかりで、うむ〜、なんだか申し訳ないなあ、と情けなくなったり、、しつつ、休憩はさんでどんどんとプログラムが進んでいきます。

バッハのカンタータ51番、やスカルラッティのソナタ、はバロックトランペットとソプラノがかけあう曲、、後で聞いたところによると、最初のオードで力使い果たしてしまったらしいミルパパ、この二曲はいつもの冴えのあるトランペットの音ではなかった気が。

Y住さん、私、ミルパパ、Yさん、の4人で吹いたテレマンの協奏曲、は去年11月のリコーダー合宿小アンサンブルで吹かせていただいた思い出の曲です。あの時はバス4本で吹いたのでした♪
今回はアルト4本♪この編成も軽やかで楽しい〜♪この曲は一人一人テーマ吹きつつ重なっていくので、それぞれの吹き方、曲の解釈、なんかがよくわかるのも面白かったです♪

他にもどんどんと声楽の方の声聴かせていただく曲、バロックオーボエの方大活躍の曲、と聴かせていただき(楽しい〜(☆-☆))、プログラムの最後の方ではいよいよヘンデルのメサイア抜粋、を〜♪

これはコーラスの入る曲をヴァイオリンパートに重なってリコーダー吹いたので、またまた合奏の喜びも味合わせていただきました。というか(☆-☆)、、なんて気持ちいいんだ〜♪♪弦と、オーボエと、チェンバロと、声楽と、、気持ち一つにして合わせるメサイア、、なんともいえず楽しかったです♪最後のハレルヤコーラスなんて吹きつつゾクゾクしてしまいました♪d(⌒o⌒)b♪

最後に締め括りとして、バッハのコラール"主よ人の望みよ喜びよ"の入ってるやつ(何番だったかな、、141?)を全員で合わせて♪今日の会は終わり〜。

はわはわ、楽しかった〜(☆-☆)。吹かせていただくのも、聴かせていただくのも、、やっぱりバロック音楽、好きなんだなあ、私、と再認識、、どちらも楽しくてたまらない一日でした。

皆様、ありがとうございました(>_<)

*****

本当はこの後、声楽のレッスンにうかがう予定だったのですが、、まっすぐに立って体支えて声を出して、、というのがどうにもまだ出来ない気がして自信がなく、、こちらもお願いして、一週間延ばしていただいておりました。(ありがとうございます〜(>_<))

なのでまっすぐに帰宅、、、うにゃ〜、気持ち良かった♪楽しかった♪けど、くったりり〜@_@

夜はトラヴェルソの練習をがんばろう、と思いつつ仮眠についたのですが、、、目が覚めたのは午前2:29、でした−−;しくしく、、トラヴェルソも吹きたかったなあ、、でも昼間会場で少しだけ音出してみた時、やっぱり調子悪かったんだよなあ、、、ううう〜┯_┯

まだ体力が全然戻っていないのも痛感した日でしたが、、人と合わせる喜びをまた感じることが出来て嬉しかった日でもありました♪d(⌒o⌒)b♪

2007年04月21日(土) No.199 (415Hzアンサンブル)