Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



久しぶりのKiKi練習♪


***********本日のブログと同時書き込みです♪*************

今日は、超、超久しぶり♪6/10のコンサート以来、実に2ヶ月半ぶりのリコーダーカルテット"KiKi"の練習日でした♪d(⌒o⌒)b♪前から楽しみにしていたのです♪
(メンバーの○○さんにお孫さんがお産まれになって、忙しくしておられたので、みんなで夏休み、していたのでした。)

時間は午後1時〜午後3時、と短かったのですが、(>_<)久しぶりに一緒に合わせられて嬉し&楽しかった〜〜〜\(*⌒◇⌒*)/

今度こそ吹きたいね(☆-☆)、と話していた、スヴェーリンクの"わが青春……"の楽譜がどうしても見当たらず−−;、出がけに探し回って、10分遅刻してしまったのですが−−;、部屋に入ると、懐かしいみんにゃの顔〜♪

* ̄◆ ̄*わ〜ん、お会いしたかったですぅ┯_┯、、久しぶり〜♪

2ヵ月半、のブランクを全然感じないで、毎日お会いしてるみたいに感じるのに気づいて、なんとなく嬉しくなっていました♪d(⌒o⌒)b♪

*****

Oさんが今日のために購入して用意しておいて下さった、ヘンデルのフーガ集、、二曲とも演奏してみたのですが(☆-☆)、、ををを、いい感じだ、、さすがに初めて+久しぶりに合わせるので、まだ響きは合ってきてないけど、、落ち着いて音を重ねていける気がします♪

何度か吹いたら、要所要所、特に終止形のあたりの和音なんてビッタリ重なって響くようになってきて、、、この響き〜o(^-^o)(o^-^)o久しぶりの喜びです♪

ヘンデルのフーガ集の後は、「難しいんですが* ̄◆ ̄*」とワガママお願いして、私の持っていったルッキの曲、"アムステルダム運河にて"と""When shall the sun shine?"を音だししていただきました。

"アムステルダム運河にて"、、、(☆-☆)これの和声進行がすごい好き〜♪ソプラノ吹いたら、以外と簡単でした。こないだ吹いたテナーのが難しいみたい、、
その後吹いたアルトもソプラノより難しく出来てる気がした、、ルッキはもしやアルトとテナーが難しいの吹くの好きな方なんでしょうか、、、、

うんとゆ〜っくり、でこれを何度か通してみて、、楽しい〜♪d(⌒o⌒)b♪これ、仕上げられたら格好いいだろね〜(☆-☆)、と夢が膨らみました♪

"When shall the sun shine?"、、の方はね−−;、、譜づらは簡単なのに、リズムが中々合わず、、、こっちのが吹きにくい曲だとは思わなかった〜、、、4人とも元の曲知ってるし、好きなのに、、吹けない、、のだった、、

どんどん時間が経ってしまって、残り30分、となりました。。。。今年こそ、スヴェーリンクの"わが青春は過ぎ去り"、、を本番で吹きたいのです(☆-☆)。。。

とりあえず、でパート決めて通してみます、、、、(☆-☆)!!今決めた、このパートでこの曲、すっごいいいんちゃう〜〜〜\(*⌒◇⌒*)/??
(と、Oさんと私、S部さん、、y江さんがソプラノでトップ吹いて下さったのですが、y江さんのゆ〜ったりとした主旋律が最高に気持ちよくて、、(☆-☆)それにひたすらのっかる感じで楽しく吹かせていただけるのです(☆-☆)、、、
後のパートは、Oさん…アルト、S部さん…テナー、私…バス、、、この編成、いいよぉ、すごく(☆-☆))

この曲はこのパートで吹いてくことに決定しよう♪とワイワイと、、、、一応、本決まり、かにゃ♪d(⌒o⌒)b♪?

最後にもう一度、ヘンデルのフーガを二曲とも合わせて、、、、今日の練習はアッという間に終わってしまいました。

次の練習が楽しみだなあ(>_<)、、、

片付けながら、チョコレート分けていただいたり、赤ちゃんのお話聞いたり、いろいろついついおしゃべりしたり、、今日は某素敵な会場を練習場所としてお借りしていたのですが、3時までしか借りていないのに片付けに数十分かかって3時だいぶと過ぎた気が−−;

*****

♪d(⌒o⌒)b♪久しぶりだった〜♪楽しかった〜♪と帰宅、、、母のところに少し寄って買い物して帰るともう夜遅い時間、、、、

とにかく、眠たくて頭が朦朧としていたので、そこで仮眠、です−−;、、ご飯つくりは起きてから〜、、、(こういう時、みんなが夜出かけてる日は気が楽でいいのだ。。)

案外眠れなくて、一時間ほどで目が覚めてしまいました。

ご飯簡単に用意して、、、いざ、練習開始!!

KiKiの練習から帰る車の中で、、、なんだかもっともっと前に進みたい、もっといろいろ経験して修行して、もっと上手くなりたい(>_<)、という思いにひたっていました。音楽したい、練習したい気がムクムクと湧いてきたというのか、、

で、本日の練習も気合いいれて〜♪

トラヴェルソから♪タファネルゴーベル、カプリス3曲、テレマンの無伴奏ファンタジーの本日の当番曲No.5、にレッスン用?にNo.2、、、No.2、を吹き終えた時点で、もう少し煮詰めてみたくて、今日はブラヴェのソナタはお休みNO.2をさらに吹いてみました。。。

前よりはだいぶとましに、思うように吹けるような気が、、、、でもリコーダーに比べてもま〜だま〜だ、な気も、、、う〜ん、、、このくらいのとっつきやすい曲でソナタ、ってないのかしらん、、

そそそ(☆-☆)、10月に392Hzのトラヴェルソで三重奏できるかもしれなくて♪主人はオトテールモデル(392Hz)を何本も持っているので、貸してくれないか頼んでみました。
392Hzのトラヴェルソは、415Hzのに加えてさらに吹きにくい、、というか別物に思えます。。低音の鳴らしにくいことといったら−"−;、、指使いも若干違うし、、、で、今まで敬遠してきたのですね、、でもせっかく合わせられる機会があるのだったら、ぜひぜひ、フレンチピッチも経験してみたいのですもの(☆-☆)、、練習しておかねば♪と。。

そしたらにゃんと、、オトテールのうちの一本は、私のトラヴェルソなのだそうです(☆-☆)、、、私用に作ってくれたんだって、、、ちゃんと象牙のついた黒檀のやつだよ〜。。。

ただ、今まで私が興味示さなかったので、まだキィを取り付けていないそう−−;、、、今日のところは主人の総黒檀のオトテールを借りて、ちょっぴし音だししてみました。。。。。。。わはははは* ̄◇ ̄;*、やっぱり最低音あたりが鳴らしにくい−−;、、中音域も鳴り方が全然違う、、、、吹きにくいなあ、これ、、−−;、、福岡古楽祭が終わってから練習始めた方がいいかも?、、

*****

時間が圧してきました。。。急いで415Hzアルトリコーダーに持ち替えて、、、しばらくはこちらでの練習がメインなのですが、、やっぱこっちを先に吹いた方がいいかしらん、、、

楽譜なし・あり、の基礎練習、、どれも省略なしで、どのエチュードも必死で吹いてみる、、、ここ数年間、ほぼ毎日吹いて何回繰り返して吹いたかわからない曲達なのに、新鮮に思えて仕方ありません。。。今まで何を吹いてたんだろう−−?

そしてそして、いよいよテレマンのd-mollソナタの練習〜♪♪、、なのですが、、、第一楽章はまだ精一杯心つかってのめりこんで吹けたものの、、、このあたりで、笛はカスカス詰まってくるわ、気力は尽きてくるわで−−;、、、きのうのような充実した練習が出来なかった気が、、、きのうは笛自体の調子もすごく良かったんだけどなあ、、何日かあまり吹かない日が続いて乾燥してたからかなあ?(☆-☆)?、、

第二楽章〜第四楽章、とあとは一度だけノリながら?通して、その後は細部の確認と技術的な練習、といった感じになりました。

ふぅ−−;、、心こめて練習できるのが、一日に数曲(てか二曲が限界?)、、って、、どうなんだろう、、ただちょっと感じながら?楽譜吹くだけなら何十曲でも通せるけど、、そんなの意味ないもんなあ、、
そのうち、体力ついて、心こめた練習を何曲も何曲もできるようになるんだろうか?、、、なっていきたいものです。。

。。。でも、、、こういう精神の疲労する練習ができるようになってきた(のかも?)というのは、、ちょっと嬉しかったりします(^^*)。いつもお師匠様もそういうお話してくださるし♪お話してくださったときに、その感覚を、少し理解できる、、気がするのはとても嬉しいものなのですにゃ。。。
(こないだのレッスン日記にも書いたけど、こんなに出来てないわたしが疲れる、というのはちょっと不思議なんだけどさ−−;??)

もっとがんばらねば(☆-☆)/♪

2006年08月29日(火) No.165 (KiKi練習)

9/9に向けて初合わせ♪


*********当日ブログより*********

お昼過ぎから奈良へ。。9/9のコンサートで、リコーダーソナタd-mollの通奏低音をチェンバロで弾いてくださるNさんと♪初めての合わせの日でした♪

きのうあたりからかなりのドキドキで(> <)、、まだお顔も知らない見知らぬ方と(メールや電話でやり取りさせていただいた感じが優しくてなんだか合いそうな気は勝手にしていたのですが^^*)、一対一でお会いしに行く、というのは、、昔から対人関係がとても苦手で人見知りな私にはかなりの緊張感を伴うイベント、、です。。

しかも、リコーダーソナタd-moll、、ちゃんと吹けるのか、せっかく合わせてくださるのに、リコーダーの出来がひどかったらどうしよう、というのも心配だし。。。

行く途中の車の中でも、チェンバロと合わせていただいて吹くのが楽しみで楽しみで嬉しくてたまらない半面、やっぱりかなりドキドキしておりました。。

でも、そういえば、ここ数年は、人とお会いする時、不安よりも楽しみの方が強い気がします。実際にお会いしてからも、不思議に寛げて、楽しく心開いておしゃべりさせていただけたりすることが多いような、、、アンサンブルもとても楽しくさせていただくことばかりなような、、、
これは私自身が訓練されて?子ども時代からは変われてきているのでしょうか、、それともこの頃お会いさせていただける方々が皆様、そんな素敵な方ばかりだからなのかなあ、、、

今日も♪*⌒−⌒*♪とても嬉しく、ホッと自分に安心?できて、、この次に合わせていただけるのがすっごく楽しみ(☆-☆)、な出会いとなりました♪

なにしろ、Nさん♪(☆-☆)、、すごく合わせてくださるのがお上手なのです。吹いてると、どんどん好きなように吹かせてくださって、それにピッタリ、とついてきてくださるのを感じます。。ついてきてくださる、合わせてくださる、というより、二人で作っていっている、という感覚にさせてくださいます♪

「あ♪ここはチェンバロとこんな風にからむんだ(☆-☆)、、、、だったら、今まで練習してきたこの吹き方じゃなくってもう少し音を立ててみたら面白いかも?(☆-☆)」
「ををを、ここはこんな風に待ってくださるんだ♪ここはじゃあ、こういう吹き方にしたら際立つかも?」

なんて、私なりにどんどん、アイデアが湧き出てくる感じ、、、それをすぐに実現できないのが我ながらもどかしいのですが(> <)

何度も何度も、「ここはこんな感じに思ってます〜、、、もう一度合わせていただいていいですか(> <)」とお願いして、その度に快くつきあってくださって、、

一時間ほどでしたが、なんとか面白い演奏に出来るかも?、、みたいな展望を感じて、、これからの練習で、チェンバロとのからみを頭に描きながらどんな風にしていきたいか、もつかめた気がして(☆-☆)、、、後は、個人練習、、がんばります〜(> <)

Nさん、今日はお忙しい中、つきあってくださってありがとうございました♪♪

Nさんに合わせていただくと、リコーダーがとても吹きやすく、表現しやすく思えて、目一杯吹けましたのにゃ♪(それであの程度か、と言われると苦しいですが−−;、、もっとがんばります〜♪)

*テンポとるのをとても苦手に思っていた、第四楽章の繰り返しのあとの二箇所、、ひたすらチェンバロのテンポに乗るつもりで吹いていたら、すぐに気づかれました(☆-☆)。ここだけ、流れがおかしくなるようです、、すごい〜(☆-☆)、ちゃんと気づかれるんだなあ、、とドキッと、、
ここは自分のテンポ感にもっと自信もって、たとえ走っても、もっとしっかり表現していった方が良いようです。。。こういうの、って表に表れるのですね(> <)、、なんか心にしみた?出来事でした。ほんのわずか二小節なのに、自分の消極的な思いが演奏に現れるんだ〜、と。。

今度は来週9/3、、このコンサートの主催者であり、コーディネートして下さっている青木先生のおうちで、ガンバの方も一緒に、の合わせです。。。うう、よく考えたらコンサートまでもう二週間(> <)、、練習、がんばるぞ〜(☆-☆)♪♪

それにしても、、音楽している喜びを心から感じさせていただいた合わせでした♪これからもがんばろう♪

*****

思っていたより早く家に帰ってこれたので、少し休憩、、、の後、鹿児島からやってきてくれる妹迎えに♪

母の具合が良くなく、、ずっと弟一家でケアしてくれていたのですが、母的には、弟のお嫁さんには少し気を使うのがしんどいらしく、、しばらく妹一家の住む鹿児島で療養することになりました。

鹿児島へは水曜日に発ちます。。。俺は長男やねんから当然や、と今までずっとがんばってきてくれた弟的には少し不満なようです、、、まあ、でも試しにね、、しばらく休んでもいいやん♪、、弟達、今までほんとにありがとう(> <)

*****

家に帰ってきたら、9時過ぎ、、ちょうど帰ってきた息子も入れて、主人と三人で食堂へ晩御飯食べに〜♪

今日は早く笛の練習ができるなあ♪それに415Hzアルトリコーダーはもう昼間十分吹いたし♪トラヴェルソ、たっぷり吹けるぞ〜(☆-☆)、なんて思っていたのですが、食堂から帰ったあと、息子となんとなくおしゃべり、、私の部屋でPCつけてDVD焼いたり等々していたら、アッという間に、いつもの時間、、午後11時過ぎとなっていました。

ひゃあ、時間の経つのって早いなあ(> <)

急いで、本日はトラヴェルソから練習開始♪

タファネルゴーベル、カプリス3曲、テレマンの無伴奏ファンタジー、、、リコーダーではなくトラヴェルソから練習始めたというのに、最初のうちは調子悪くて−−;、、悲しかったのですが、
アムブシェアと息の流れに意識集中して、、しつこくしつこく練習していると、テレマンの無伴奏ファンタジーのあたりで、やっと調子が出てきました♪

ん♪この感じ♪こんな音でいつも吹きたいのだ(☆-☆)、、、

続いてブラヴェのソナタop.3-2、も吹いて、、、少し迷い感じて、続けてop.3-3、も吹いてみる、、

もう一度、無伴奏ファンタジーに戻って、No.2、を吹いてみる、、(←しつこく、レッスンで見ていただく曲を迷っているのでした、、^^;)

G♯、、前より普通に音程取れる気がするなあ−−;、、、無伴奏ファンタジーでもいいかも?、、うむむ〜、、

等迷いつつも、、なんとか今日は、トラヴェルソも充実した練習ができた気がして、嬉しかったです♪

最後に、442Hzアルトリコーダーで、楽譜なし、の基礎練習だけやってから、モーツァルトK.310、の練習〜♪

この曲、、テンポさえ落とせば普通に吹けるのに、、少し、吹きたいテンポにするとアッという間に指がもつれます−−;、、、遅くして吹ける、ということはいつかは吹きたいテンポでも吹けるハズ、、もっとがんばらねば〜♪

そしてそして♪明日のレッスンのために(☆-☆)、、バッハの二つのヴァイオリンのための協奏曲、を♪練習〜♪

まだまだ細部はつめてませんが−−;、、この曲、ほんとに好きだ〜。。。明日はやっぱりこれ、合わせて見ていただこうかな、、

とても楽しく充実した、今までがんばってて良かった、と思えた一日でした♪
2006年08月26日(土) No.164 (415Hzアンサンブル)

ホルボーンアンサンブルさんへ♪


*****当日ブログより♪*****

本日は、神戸のホルボーンアンサンブルさんへ♪d(⌒o⌒)b♪またまた一緒に吹かせていただいてきました♪

午後1時集合、だったのに、、、、阪神高速のばか┯_┯、、事故渋滞12km、、楽勝で着けるハズが、なんとやっと着いたのは午後2時過ぎ、、でした┯_┯、、しくしく、、

*****

今日は、私もいれて5人集まる、ということで、442Hzモダンピッチのリコーダーアンサンブルと、それから415Hzのバロックアンサンブルも、両方ともしましょう〜♪ということで、フルセット持ってうかがいました♪d(⌒o⌒)b♪

練習会場に入ると、大好きなクヴァンツのC-Durのトリオソナタ第二楽章の音が♪◆さんのチェロ通奏低音に、bizeyさんのトラヴェルソ、Fさんのリコーダー♪(今日チェンバロ担当のNさんはまだ来ておられませんでした。)

(☆-☆)ををを、美しいのだ(☆-☆)、、、気持ちいい〜♪

その後は、4人揃ったので、と442Hzモダンピッチリコーダーに持ち替えて、リコーダーアンサンブル♪

初めて吹く栗コーダーカルテットの曲、"写真の中の君"だったかな?、、明るくて可愛い曲でした♪d(⌒o⌒)b♪

後は5時まで、415Hzで、トラヴェルソ吹かせていただいてまたまたクヴァンツのC-Durトリオソナタ合わせていただいたり(bizeyさんのリコーダーがすごい素敵でした(☆-☆))、442Hzリコーダーに持ち替えてバッハのコントラプンクトゥス合わせたり♪
Nさんもそのあたりで来られて、またまた415Hzに持ち替えてテレマンの四重奏曲合わせたり、、
442Hzでホルボーンの組曲吹いたり、415Hzにしてパーセルの曲やパッヘルベルのカノン吹いたり(これは415Hzアルトリコーダー♪)、、

すごく盛りだくさんに合わせていただきました♪d(⌒o⌒)b♪楽しかった〜〜〜♪

トラヴェルソの良い勉強にもなりました(> <)。つい力が入りすぎて鳴らなくなったり、音楽より音出すのに必死にならないといけない場面もあったりして、今、足りないものがよく見えた気が(☆-☆)、、

家に帰ってから、少しだけトラヴェルソ、吹いてみたのですが、いつも自分の部屋で練習してるだけの時とは格段に違う良く響く音で鳴ってくれて、今日、皆様と吹かせていただいてほんとに勉強になったのだにゃ(> <)、と痛感しました♪d(⌒o⌒)b♪

それにしても、トラヴェルソから415Hzアルトリコーダーに持ち替えた時のあの安心感?といったら−−;、、自由に吹ける気のする楽器、というのか、、それだけトラヴェルソがいかに吹けてないか、ということなのですが、、、そんな楽器なのにどうして吹くのがこんなに楽しいのでしょう、、、リコーダーもこんなに好きなのに、、、我ながら不思議です。。
(でも、415Hzアルトリコーダーに持ち替えて吹いた時、「あ〜、やっぱり私はリコーダー吹きだ〜♪」なんても思ってしまいました^^;)

そそ、415Hzリコーダーでは、ちょっと暴走してしまったんではないか、と反省、、なんだかトラヴェルソと違って感じたままに自由に吹けるのが嬉しくて、吹きたい形がありすぎて(?)、
パーセルのシャコンヌもパッヘルベルのカノンも、すごく飛ばして(テンポではなく感情的に、、曲に入りこみすぎた気が〜−−;)しまった思いがあるのですね、、、吹いてるときは夢中で楽しかったんだけど、、ちょっとアンサンブル、としてはしっかり合わせていけなかった思いがあります。。

自分でも気がついたので、半分くらいは感情抑えて抑制して吹いたつもりなのですが、、それでもちょっとしっかり呼応するアンサンブルは出来なかったんではないか、と、、−−;反省、、もう少しのめりこんで心解放して(抑えないで)吹きたかった気もするし、、、アンサンブル、って、、むつかしいなあ−"−;

むつかしいからこそ楽しくもあるのですが♪♪d(⌒o⌒)b♪

やっぱり、こうして人と合わせていただける時間、ってほんとに大切だなあ(☆-☆)、と思いました。家で一人で練習しているだけでは味わえない思い、気づき、があります(☆-☆)♪

これからもがんばろう(☆-☆)、と思いつつ、楽しく吹かせていただいた思いでるんるん♪しながら帰ってきました♪
(神戸からは下道で帰る習慣がついてしまいました。3時間半ほどかかりますが、、)

ホルボーンアンサンブルの皆様、いつも仲間に入れてくださってありがとうございますのにゃ♪d(⌒o⌒)b♪また、行かせてくださいね(☆-☆)♪♪よろしくお願いします〜m(..*)m

*****

うっかり、442Hzも415Hzも、全部の楽器を吹いてしまったので、今日は家で練習できる楽器がありません。。(昼間吹いたら夜は休めてあげることにしてるので、、)

それでも、少しだけ〜、とトラヴェルソだけちょこちょこ吹いてしまいましたが、これもほんの一瞬だけ、、

で、本日の笛の練習はお休み、です。

2006年08月12日(土) No.163 (415Hzアンサンブル)