Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



TBさんと♪訪問コンサート最終リハ♪


伊丹でのP.A.P.S.本番を終えて、、、下道で43号線を飛ばすと、案外早く大阪市内に入れます♪

午後5時から、の約束なのでアセっていたのですが、午後4時半過ぎにはチェンバロハウスさんに到着♪d(⌒o⌒)b♪よかった〜♪♪

チェンバロハウスさんはほんとに感じのいい素敵なレンタルスペースなのです(☆-☆)。早め着いても、いつも先にお部屋に入れてくださいます。で、ゆっくりと譜面台二台組み立てて楽器出して、と準備しているとTBさんも到着〜♪♪よろしくお願いしますm(..*)m♪

こないだの12日(月)に合わせた曲、、の前にまず、せっかくチェンバロやピアノを弾かせてくださるところなので、TBさんのリコーダーと私がチェンバロ弾いたりピアノ弾いたりして、いろいろ合わせてみました♪

うむ、、あまり今度やるのにいい曲はなかったです、、でも楽しい♪d(⌒o⌒)b♪

そこで、真面目に(?)練習始めることにして、合わせ開始♪

・サンマルティーニのアルトリコーダー二本のためのソナタの第一楽章(有名なやつ、ではないので、これは何番?調は一緒かな?軽やかな気持ちいい曲です〜♪)
・神谷師匠編曲の、神谷さんがいつもストローコンサートでソプラノリコーダーで吹かれる曲、《口笛ポルカ》
 ソプラノ二本でもアルト二本でも吹けるようになっているのですが、今回はアルト二本で♪
・同じく師匠編曲集(?)より、ヘンデル《調子の良い鍛冶屋》‥アルト二本で♪
・同じく   々     、グリーンスリーブス‥‥アルト二本で♪
・同じく   々     、星影さやかに♪‥‥‥アルト二本で♪
・わかめさんの下さった楽譜より、「茶つみ」‥‥ソプラノ(cherry)、アルト(TBさん)、で♪
・      々       、「浜辺の歌」‥‥ソプラノ(cherr)、アルト(TBさん)♪
・レイエの二本のリコーダーのためのソナタ集、より二短調ソナタの第一・第二楽章
 ‥アルト二本で♪

《ふるさと》と《七つの子》は、鍵盤伴奏で良いのがあるらしく、でも今日は持ってくるの忘れられたそうで* ̄◇ ̄*、当日合わせ、ということに〜♪
(*後日、鍵盤楽器を持っていけない(車では会場には近寄れない)ことがわかり、リコーダー二重奏での楽譜探し中です−−;。どなたかお心あたりあったら教えてくださいませ〜┯_┯))

******

TBさん、、、前回の合わせの時からちょっと練習入れられたそうです、、、はい、さすがです* ̄◆ ̄*、、吹きながら、「うっ、こ、これは、、必死で吹かないとついてけない〜(> <)」と、、かなり本気&必死モード、、

特に、サンマルティーニの二重奏ソナタに口笛ポルカ、調子の良い鍛冶屋、レイエのソナタ、あたりが、、はぅ、、私、これも練習しなあかんかったんやんか@_@、、 
 
ただ楽譜を吹いているのではなく(って当たり前ですが、、)、ふんわり、と柔らかく、気持ちよく心に響いてくる音楽、、そんな音、音楽についていこうとすると、一人でレッスンの曲の練習してる時よりももっともっと心こめて、、心も使わないとついていけません。。

でもでも、、、気持ちいい〜(☆-☆)、、なんて充実感感じるんだ〜♪♪

一通り合わせてから、細かなところをもう一度、、後、楽器の編成考えつつ、、

《星影さやかに》はテナー二本で合わせることにしました♪

私、今までね、、アルト二本、とかソプラノとアルト一本ずつ、とか、、、高音部楽器の二重奏だけで、こんなに気持ちよく演奏できるなんて、、「これはもしかして楽しんでいただけるんでは‥」と思える演奏ができるなんて、、想像したことなかったのです。

小学生の頃から、ソプラノの音重ねると音がビービー言うのが嫌いで嫌いで、、(あの時は子どもが吹くのだから仕方なかったのですが、、)、大人になった今でも、あまり、高音部の二重奏、って好きではない、と思い込んでいました。

今回の曲も、「アルト二重奏、よりも、アルトとバス、の方がよくないですか〜?」と、私、箱リコーダーも持っていってたのです。

が、、、一度、アルトとバス、で合わせてもらったのですが、、、アルト二本、の方がきれいにハモルし、なんだか響きが広がって綺麗なのはどうしてなの〜(☆-☆)??

途中、一度だけ「でも、ビービーたまに言って気持ち悪い時が〜* ̄◆ ̄;*」と言うと、「あ^^;、よしっ、それではっ」と、音程合わせモードに入って下さったのかにゃ?それ以降、ビービへー言う瞬間は一度もなかったのです(☆-☆)。。

何より、、、ほんとにアルト二本だけ、とかソプラノとアルト一本ずつ、という少ない編成なのに、、どうしてこんなに響きが広がっていくの〜?(☆-☆)、、なんて気持ちいいんだろう、、高音リコーダー二本だけでこんな演奏できるなんて、、、驚きなのだ、、感激なのだ、、(☆-☆*)

TBさんは、大学時代はグリークラブで鳴らした方なので、その辺のこと、声楽の話して教えてくださいました。ほんとに、心と音が合わさった時、、本来の本数の何倍もの響きが出て、数だけ多いアンサンブルよりはるかに豊かな響きになること、、、

(☆-☆)うん♪、、(☆-☆)うん♪、、めっちゃ、今日、実感させていただきましたのにゃ♪感激しましたのにゃ♪(☆-☆*)♪

そんな話もしてから、最後にもう一度、プログラム全部通してみます、、、通しながら、ふ、と感じたことを口にされるのですが、、

・サンマルティーニのソナタでは、私が一瞬だけ「ここの曲の組み立てはどうしてこうなってるん?−−?」と思いつつ吹いてたところがあって、
「ここだけなんかもたつくねんな〜−−;」、、と的確にそこを指摘されてびっくり〜、、ひゃあ、やっぱり演奏に出てしまってるのですね* ̄◇ ̄;*、、、やっぱ、私、迷うとダメなんだなあ、、−−;

そこは、自分のパートの進行だけ見てるとわかりにくかったのですが、掛け合いであることを意識して、上下のパートを一つの音楽としてとらえると、とっても吹きやすくなりました(☆-☆)♪
(同じようなところが、レイエのソナタにもあって、そこもすぐに指摘されてしまいました^^;。。なんか、、わかりやすい演奏してるんだろか、私、、−−;)

・口笛ポルカ、も吹けば吹くほど、軽やかに吹かれるTBさん(☆-☆)、、それに沿って吹くのの気持ちいいこと〜o(^−^o)(o^−^)o

・《調子の良い鍛冶屋》、は私、要練習、です−−;。がんばらねば♪

そしてそして、今日、一番感激したのが、《浜辺の歌》でした(☆-☆)。

さっき合わせた時も、まあまあ良かったのです、、、が、何か首をかしげておられます、、

「ボク、、、この曲、すっごい好きやねんけどな−−??」と、、

ハッ、として、、(さっきは音楽としてどう吹くか、に気を取られていたので、、)、、

「もう少しゆったりめにして、メロディ出して歌ってみますか?」(私)
「うん、、さっきのでも別に良かってんけど、、まあ、やってみましょう♪」(TBさん)

と、吹いてみたら、、、掛け合いとか細かなこと考えず、ひたすら、旋律が自分のパートに来た時に、心をこめて歌って吹いたら、、、(☆-☆)あらあらあら♪これはもしかして、、すっごくいいんでは、、、(☆-☆*)、、と思える音楽になった気がしました♪d(⌒o⌒)b♪うわわわ、、、感じ方がこんなに変わるんだなあ(☆-☆)、、すごいなあ、、♪

「(☆-☆)いいやんいいやんいいやん〜♪よ〜し、これでいこう〜♪」(TB&cherry)

本番が楽しみ〜o(^−^o)(o^−^)o

・レイエのソナタ、は「これはも〜っともっとゆったり、と吹くんちゃうかな〜?」と言われて、、

で、思い切りゆったり、と吹くとかえって吹きやすい、、吹きにくくなるかと思っていたのですが、、なんて吹きやすく、とらえやすくなることか(☆-☆)♪
(そういえば、3年前、bingoさんと合わせたときも、私の感じるのが速過ぎて、もっとゆったり、と言われた気が〜−−;)

で、第二楽章は、「これはね〜、、ボクも気をつけてるねんけど、、日本人はすぐに《はぁぁぁあ〜(演歌調に)》と吹いてしまうねんけど、、それすると、聴いてる人はしんどいねんよね〜^^;」と、、言われて、またまた、ハッとしました(> <*)。そそそそ、、私、いつもお師匠様に
「もうええって、っていいたくなる吹き方しないこと」「暑苦しく吹かないこと」、、を教えていただくのだった、、、アレ、なのです(☆-☆)。

何もせずにただ感じたままに吹き上げるの、って、、吹く側は楽なのですよね、、でも、それだと、暑苦しい、押し付けがましい音楽になってしまうのです(> <)

ちょっと、体を大きく開いて支えてたもって、、出したいところを少しおさえ気味にして、溜める感じで、、ポーン、と吹く、、と、、吹くの、すごくしんどいのですが、、爽やかな音楽になる気が、、、ていうか、いつもレッスンで教えていただいてるのに〜(> <)

そこに気をつけて第二楽章を通します、、、、♪聴き良い音楽になったかもo(^−^o)(o^−^)o

これ、、、きのうのコンサートの時、忘れてたんでは、とふと心配になったり−−;、、んんんむむむ、、

とりあえず、、《ふるさと》と《七つの子》はまだなのですが、、7月1日(日)の訪問コンサート、、がんばれそうな見通しがついて♪

ふ、と時計見ると、一時間半経っておりました。

「こんなところかな〜?♪ではでは、本番がんばりましょう♪(それまで個人練習がんばりましょう♪)」

と、練習終わり〜♪♪TBさん、ありがとうございました♪d(⌒o⌒)b♪

午後5時〜午後7時まで部屋をお借りしてたので、あと30分あります♪もう、遊ぶような楽譜もなかったし、リコーダーは@_@もう限界です、、というくらい吹いてたので、TBさんに先に帰っていただいて、7時まで、なんとなくチェンバロ弾いて遊びました♪

*それにしても、、よく体力もったものなのですにゃ、、、リハの合間にTBさんが、

「でも、本番の後で練習とは、、体力あるよな〜^^;」と言われたのですが、、、ほんとに、、自分でも、体力的にはもう、何かの限界点を越えてるような気がしてたのですが、、

楽器持って楽譜開いてその前に座ると、、途端に頭も体も、シャキッとなって冴え渡ってくるのを感じるのですね(☆-☆)、、今日、何度もそんな瞬間がありました♪。。。よっぽど、笛吹くのが好きなんですよね、私、、* ̄◆ ̄*〜♪、、と我ながら、、思ったことでした。

******

「あ〜、、始まる前はどんなにしんどいかと思ったけど、、なんだか過ごしてみたら、すっごく楽しくて充実した一日だったなあ(☆-☆)」

と嬉しく、充実感かみしめつつ帰宅、、、家に帰ると、もう8時をまわっていました。

そこから、主人と廻るお寿司を食べにいって、もっかい家に帰ると、9時過ぎ〜♪

せっかくテレビでやってる《TRICK〜劇場版〜》が観たかったのだけど、、、もう限界です−−;、、

もし起きれたら、トラヴェルソも吹きたい、PCつけてメールの返信書いたり日記書いたりレス書いたりしたい、と思いつつ、、、、いったんベッドに入ると、翌日月曜日の朝、仕事に行く時間まで起きれませんでした、、、、

燃え尽きた?がんばった土・日だったかもo(^−^o)(o^−^)o、、、充実した土・日でした♪

これからもがんばるぞ〜♪
2006年06月25日(日) No.159 (友人と♪)

P.A.P.S.本番♪


さてっ、、きのうの余韻が覚めない朝ですが、、、本日、日曜日は、うつみんさん達P.A.P.S.に混ぜていただいて、K藤さんのお友達が開かれるピアノ発表会で、20分ほどのコンサート、、本番です♪

午前11時半から、子ども達との合わせ(ピアノ発表する子達の有志10人くらい?とリコーダー合奏、というイベントが、コンサート最後にあるのです〜(☆-☆))があるのでそれまでに集合、ということで、、、ゆうべなぜかいつまでたっても眠れず、、眠たい〜〒_〒、、と朦朧としたまま起き上がって、、出発です。。
(どうも、きのうからよっぽど、脳が興奮していたようです^^;、、それだけ心注ぎ込んだコンサートだったのだなあ(☆-☆)、あ゛〜、終わちゃったんだなあ、と感慨にひたったり、、ほんとに練習必死でしましたもの、、こんなに打ち込める時間をいただけて、幸せだなあ、と感謝の思いにひたったり、、)

それと、どうもゆうべから喉の奥が痛くてたまりません−−;、、、ていうか、風邪ひいた、というより、この喉の痛みは結構しょっ中なのだけど、、連動して、鼻水・くしゃみもひどくなるので、風邪なのか何かのアレルギーなのか、はたまた《慢性疲労症候群》というやつなのか、といつも思うのですが、、

これが出ると、ただでさえ眠くてボーッといているのに、さらに頭が重たく、、意識朦朧とします* ̄◇ ̄*うううむ、、、とりあえず、鼻水ぐしゅぐしゅ、くしゃみくっしゃんくっしゃん、は勘弁願いたい−"−、と薬飲んで出かけます、、、

薬、は眠たい時にさらに良くなかったかも−"−;、、、おかげで、鼻水はとまったのですが、、喉の痛みもひいたのですが、、、ほとんど眠ってる* ̄◆ ̄*〜、、みたいな状態になってしまいました−−;

なんとか準備して車に乗り込んで、、、会場は伊丹なので、湾岸線すっ飛ばして、《中島》で降りて43号線を少し神戸側に走ってから上に行けば簡単に行ける♪ハズでした。。。

らんらんらんら〜* ̄◆ ̄*〜♪と、かなりご機嫌で、自動運転モード(あまりにしんどい時は、毎日何Kmも車運転してるせいか、このモードに入ります、、体が勝手に反応して運転してるのでする、、)で朝の湾岸線をドライブ〜♪

今日はこの後、P.A.P.S.の本番が終わったら、大阪市内に移動して、3回目になります、チェンバロハウスさんをお借りして、来週1日(日)に介護老人保健施設でやる訪問コンサートのリハを、TBさんとすることになっています。

「一日、、もつかなあ?、、、眠た〜い〜、、、今すぐ寝れたら気持ちいいだろな〜* ̄◇ ̄*〜、、、ふふんふふんふふん〜♪」

と運転、、、、、、、、、、あれ〜?中島のサービスエリアが中々来ないぞ−−?、、あれ〜?と思ってると、なんと《鳴尾浜出口》の標識が、、@_@????鳴尾浜に来るまでに、中島の出口も尼崎末広の出口もあったハズなんだけど@_@???、、、なかったよ〜?┯_┯????

とりあえず、鳴尾浜も通り過ぎてしまったので、西宮浜で降りて(200円取られちまったぜ、ちっ、、)、、Uターン〜、、、んんんむ、11時半までになんとしても着かないとっ(> <)

地図見つつ、、、なんとか、なんとか11時半数分過ぎに到着、、うつみんさんが携帯に電話くださって、直接ホールに出向きます、、うわわ、もうみんな楽器持って、ちょうど子ども達の立ち位置を決めているところでした。ギリギリセーフ?(> <*)ほっ、、

*****

すぐに楽器・楽譜取り出して、舞台に並んだ椅子に着席〜、、ををを、さすがピアノの発表会(☆-☆)、、ちゃんと客席と舞台のあるホールなんだぁ(☆-☆)、、響きも良さそうです(☆-☆)♪

と、プラ管リコーダー持った子ども達が入ってきて、まずは最後にみんなで吹く《小さな世界》のリハ〜♪♪

あのね、、、子どもの吹くリコーダーの音、って、、どうしてあんなにまっすぐで可愛らしい音なんでしょうか(☆-☆)、、、なんか、、その音聴いた途端に、何かが癒されるような気がしましたん、、

元々、ピアノ習ってて、その中でも「リコーダー吹きたい」っていう子達だから、リコーダーも好きな子達ばかりなんだろうけど、、あの音、、あれは、リコーダーのことやいろんなこと知ってしまってからでは出せない気がするなあ、、、なんともいえない、衒いのない素直な、邪心のないまっすぐな音達、、、その子達の吹くメロディに合わせて後打ち吹いたりオブリガート吹いたりするの、、気持ちよかったなあ(☆-☆)、、、吹きながら、一気に音楽モードに入った気がしました*⌒−⌒*♪♪

次は、ひろこちゃんの弾くピアノとリコーダー5本、でのボンサーの曲、《Three into Five》のリハです♪

(☆-☆)この曲、めっちゃ好きなんです♪、、ボンサーの曲と初めて出会ったのは、去年、藤田隆先生が開いてくださったコンサートででした。その後、わかめさん達との《花祭り》コンサートで吹いた曲もボンサーのだった、、、あの和音、、もう、うっとりりん(☆-☆)、なのです♪

舞台上でひろこちゃんのグランドピアノと合わせるとさらにさらに気持ちいい〜(☆-☆)、、

これ、吹きながら、「あ゛〜、、幸せだなあ〜(☆-☆)、、こんな音楽吹けるなんて、なんて幸せなんだ〜♪」と一人うっとりしておりました。楽し〜♪d(⌒o⌒)b♪
(私、こういう時、、大げさなのですが、ほんとに《生きてる喜び》を実感してしまいます。はぅ、幸せだぁ〜♪♪)

そのまま、音出ししてていい、とのことで、一応、本番で合わせる曲を一通り、合わせてみます。。

−−;ごめんなさい、、、最初に吹く《アイネ・クライネ・ナハトム・ジーク》のソプラノ、、どうもまだ、自分の中でこなれていないのです。。どこかに迷いがあって、、私、迷いがあるとすぐにそれが音楽に出てしまうらしく、、どうも納得のいく吹き方が出来ません、、んんんむむむむ、、練習しなかった罰かも┯_┯

次に吹く、さっきのボンサーの《Three into Five》はノリノリで吹けるんだけど、、、

そして、《シンコペィテッド・クロック》《プリンク・プランク・プラック−−?あう、名前が、、》《小さな世界》、、

本日の曲はアッというまに吹き終わってしまいます。。。が、、、どれも吹いてて、なぜか幸せ感じてしまったのでした。。(特に《Three into Five》の時に感じるのですが♪《シンコペィテッド・クロック》は、まだ頭が寝てる感じでノリきれませんでした。。ローちゃんも先週からずっと酷使してるせいか、高音が少し出にくく、音が荒れ気味かも┯_┯、、ごめんよ〜、、本番ではもっと気持ちノセて吹きたいなあ、、
うつみんさんがソプラノ1st吹く《プリンク〜》は、速ければ速いほど全員ノリやすい、ことがわかって、二回目に速めで合わせてみるとかなりノリノリで楽しく吹けました♪これはK藤さんのパーカッションが楽しみなのだ〜♪)

*****

なんだか半分寝たまま、、のような気分で、夢の中で済ませたような気もするリハでした。。

リハの後は控え室で、午後3時頃、の出番を待ちながらおしゃべりしたりお昼ご飯食べたり、着替えたり、、

控え室の扉が閉まってる間は音を出しても良い、とのことで、少しだけ通して吹いたのですが、扉が開くと、本番中の舞台に音が漏れてしまうので、瞬間的にリコーダー吹くのをやめねばなりません、、、*⌒m⌒*これ、面白かった〜♪

向こうから人が来て、扉を開ける音、、を敏感に聞きつけて、みんなでサッと曲のどこ吹いてようが、リコーダー吹くのをやめるのです、、* ̄◆ ̄*みなさまの反応の素早いこと♪、なんかのゲームしてるようでした* ̄m ̄*♪

控え室にはテレビが置いてあって、舞台の画像と音が来るのですが、久しぶりに、ほんとに何十年かぶりにみるピアノの発表会、、、4歳の子から中学生、高校生、大人の方も?、、懐かしい曲がどんどん弾かれます、、《エリーゼのために》‥うう、ひたすら懐かしい〜♪、、《人形の夢と目覚め》‥これ、好きでよく弾いた思い出のつまった曲です♪、、《悲愴》‥一生懸命練習した覚えが〜♪、、坂本龍一の曲を弾いてくれる男の子もいたりして(☆-☆)、、なんともいえず懐かったり楽しかったり、、した控えの時間でした。

******

午後3時過ぎ、、いよいよ、発表会の演目が全部終わって、最後、P.A.P.S.の出番です♪

控え室でも、薬のせいなのか、寝てないせいなのか、ほとんど朦朧と寝ながら座っていたcherryですが、、、この頃になると、やっと目が覚めてきておりました。

舞台の上で、、聴いていただきながら吹く、、本番、、、メンバー全員で心をひとつにして、、吹く、、音楽を紡ぐ、、、ああああ、楽しい〜(> <*)。なんともいえず楽しい時間でした。

最後に、子ども達と《小さな世界》合わせて、、、(☆-☆)これ、いいなあ、、こういう経験、初めてさせていただくのですが、こんなに楽しく心弾むとは♪なんか幸せ〜o(^−^o)(o^−^)o

《アイネ・クライネ〜》は相変わらず、今ひとつどこかノリきれないなあ−−;、、7/15にもう一度あるP.A.P.S.の本番までにはなんとか迷いのない演奏できるようになりたいものです。。
《シンコペィテッド・クロック》は、本番は思いこめた吹けた気がしました♪
《プリンク・〜》、、、最後にK藤さんがパーカッションの締めとしてクラッカー鳴らされたのですが、、、あああ* ̄◇ ̄;*びっくりした、、、鳴らす、とは聞いてたのだけど、、* ̄◇ ̄;*パァァァンッって、、びっくりした、、ビクッとして思わず最後から二つ前の音吹くの忘れてしまいました* ̄◆ ̄;*へへへへ

楽しかったなあああああo(^−^o)(o^−^)o。。。K藤さん、P.A.P.S.のみなさま、ピアノの先生の○○先生、子ども達、親御さんの皆様、、ありがとうございましたのにゃ〜♪♪

******

さてさて、、時刻は午後4時前です、、、ここから急いで、午後5時には大阪市内のチェンバロハウスさんに着かねばなりません。

皆様とお別れして(楽しかったです〜♪d(⌒o⌒)b♪ありがとうございました〜♪)、車で一路、大阪市内へ〜
2006年06月25日(日) No.158 (リコーダーアンサンブル)

"ほわっと古楽器"コンサート♪


*****この日のブログとほぼ重なりますが、字数制限でブログには書けなかった細々したこともあちこちに書いております〜♪*****



さあっ、いよいよ今日は待ちに待った、、心こめて練習積んできた"ほわっと古楽器シリーズ"コンサート、いよいよ当日(☆−☆)!

朝7時にすっきり起きて(今回は結構よく眠れました♪)お風呂に入って、、入りながら「今日はどんな一日になるかなあ」とか思いつつ、、

準備整えて出発〜♪♪
(一つだけ忘れ物、、、−−;う゛う゛、、デジカメ持って出るのを忘れてしまいましたん、、−−;いつもミルパパに写真撮ってもらうのに、、演奏会ニュースが今回は写真なし、になってしまいますのん┯_┯しくしく、、)



リハーサルは午前9時半からです♪入口のところでちょうどチェロのNさんとバッタリ♪中に入るともうチェンバロのSさんも流離の古楽器吹きさんも用意しておられました♪おはようございます〜♪d(⌒o⌒)b♪

......まず合わせたヴィヴァルディの"フォリア"、、、あれ?なんだかずいぶんとゆっくりだなあ、、そっか、今日はまったり気分なんだね〜、じゃあ合わせますね* ̄◆ ̄*〜、と思いつつ吹いたのですが、どうもそうではなかったようです。。

この時、流離の古楽器吹きさんは「@_@どうしてこんなにみんなテンションが低いんだ〜、テンポが遅すぎる〜」と、同じく「?−−?」と思っておられ、チェロのNさんは「わ〜、なんだか自分、今すごくテンション高くなっちゃってるけどどんどん弾いちゃっていいのかな〜」とおさえておられ、チェンバロのSさんは「本番に備えて気力温存♪」と少し控え気味に弾いておられたのだとか、、人の感じ方、って面白いなあ、と思いました♪

いったん通した後、お互いの気持ちの流通すると、今度はしっかり合ってくるのがまた不思議です♪

さて、、フォリアの後は、ビガリアのソナタを先にしちゃう?と古楽器吹きさんに言っていただいて(いつもさりげなくフォローしてくださってる気がするのだ、、ありがとうございます〜(>_<))、♪d(⌒o⌒)b♪は〜い♪とビガリアのソナタのリハ♪

前回のリハではあまりに突き詰めてやりすぎて反省、だったのと、きのうまでの個人練習である程度覚悟(?)が決まっていたので、
「今日はサラッと流す程度でお願いします〜♪」とまず宣言?* ̄◆ ̄*

「^^;そうしましょうね〜、こないだはなんかみんなでおかしかったよね♪」とNさんもSさんもニコニコと応じて下さって、「やっぱりあのリハはヘンだったのか* ̄◆ ̄*」と再認識〜^^;あはは。。

でもでも、、今日は本番前ですが、、お願いしたいことがあったのです* ̄◆ ̄*。あれから二週間、ほぼ毎日吹くうちに、繰り返しの後の装飾がどうのこうの、という気持ちがゼロになって(なんでそんな小さなことが気になっていたのか−−?)、どんどん吹いてると、どうしても、前のリハで《繰り返しなし》でお願いした第2楽章と第4楽章が、繰り返しもいれて吹きたくてたまらなくなっていたのです。。

「本番当日に繰り返しとかの変更はありですか〜?* ̄◇ ̄;*」とやっぱり繰り返しもしたい、とお願いしてみると、Nさんが「をを♪それはまた積極的な♪」とニコッとして下さってお二人とも快く楽譜に書き込んでくださいました♪d(⌒o⌒)b♪それで嬉しくなってやる気がさらに増していくcherry〜♪♪

サラッと通して、、普通、本番、って一人で練習してる時よりも緊張して、吹きにくいというイメージなのですが、ををを(☆−☆)、このシッカリ、と下から支えていただく安心感・心地良さといったら、、やっぱりプロの方ってすごいなあ、と改めて思いました。

続けて、古楽器吹きさんのソロソナタ達やファルコニエッリのフォリア、Nさんのチェロソナタ、Sさんのチェンバロ独奏、そしてアンコール曲の合わせ、、アっという間に開場時間に〜、、




これは、いつも心づくしの差し入れをして下さるうつみんさんが下さったとっても可愛いお花です♪d(⌒o⌒)b♪

うつみんさん、いつもありがとうございます┯_┯。

午前11時半に開場して、、私達4人はいったんお店の外に出て、ミスタードーナツで軽食食べつつおしゃべりしたり精神統一したり、、しておりました。

午後1時半開演!なので、1時前にお店に戻ると、mixiやこのブログでお世話になっている一気通貫さんが来て下さっていました(☆-☆)♪わ〜わ〜♪マスターに「あの方が○○さんですか?」とお聞きして、、、奥様と一番前の席に座っていらっしゃいました♪

遠いところからわざわざいらして下さったのです(>_<*)。もう有り難くて嬉しくて、、でもちょびっと緊張したりして、、なのです〜* ̄◆ ̄*♪

一気通貫さん、本当にありがとうございました♪お会いできたこと、おしゃべりさせていただけたこと、奥様にもご挨拶させていただけたこと、そして、、私の拙い演奏を聴いていただけたこと、、とってもとっても嬉しかったです。ありがとうございます(>_<*)。
実はもっとゆっくりおしゃべりもさせていただきたかったのですにゃ。今度機会がありましたらぜひ〜♪d(⌒o⌒)b♪

5月にチェンバロハウスさんで一緒に遊んでいただいた、しましまふわりすさんやK原さん(K原さんは10日のKiKiコンサートにも来て下さってたのです〜♪ありがとうございます(>_<))、もうお一人、同じリコーダーアンサンブルの○○さん、も来て下さいました(☆−☆)。うわわん、感激、、ありがとうございますのにゃ〜(>_<)

またお会いできて嬉しい〜♪o(^−^o)(o^−^)oと手を取り合っておしゃべり♪♪

きのう、「急に予定が空いて、コンサート行けるようになったから行くね〜♪」とメールくださったKiKiのyえさんも〜♪♪来て下さって、お顔見て、急に緊張が溶けていくような安心感に包まれたりして♪d(⌒o⌒)b♪るんるん♪

名古屋から流離の古楽器吹きさんのお弟子さんやお友達も何人もいらしてました(☆−☆)。

うつみんさんと同じアルモニコメンバーのkazuさまも〜♪来て下さいましたのにゃ(>_<)、ありがとうございます(>_<)

あと、チェンバロのSさんのお弟子さん達、、等々、、お客様のお顔見てると、嬉しいのと、「果たしてしっかり演奏できるのか(>_<)」という緊張感と、、本番前独特の大好きな気持ちが高まっていきます。(今日は生まれて初めてソロソナタ吹かせていただく、ということでかなり緊張感のが大きかったかも−−;)。

今日は後から後悔しないでいいように、、皆様にご挨拶してまわったら、この方達に聴いていただける(☆−☆)、という嬉しい気持ちが高まって、がんばろう♪ってかなりテンションあがってきた気がしました♪(もちろん胸の動悸も高まっておるわけです、、、ふわふわしまりすさんが、着替えて髪とかして歩いてきた私に、ふっ、と「cherryさん、顔がちょっぴりこわばってますよ〜^^;」と声かけて下さって、ハッとしたり^^;えへ♪)

仕事が長引いて、今日は行けないかもしれない┯_┯、と悲しいメールを入れてきてた主人も、かなり仕事無理してくれたらしく、開始前に間に合って来てくれました♪d(⌒o⌒)b♪やった〜♪♪



〜〜コンサートの曲目等は《演奏会の記録》にアップしております。見てくださいね♪〜〜

本番、というのはいつもそうですが、、思いがけずアッサリ始まって、、そしてアッという間に終わってしまうのですね。。でも、今日は、どの曲も結構必死だったせいか、、結構、《今、吹いてる、合わせている♪聴いていただいている〜♪》という実感と吹き終わった感慨?でいっぱい、、アッという間に終わった、というよりは《あ〜、終わった、、がんばった(>_<*)。。がんばれた?♪d(⌒o⌒)b♪》という充実感に包まれた気が、、しています。実際に聴いて下さった方にどう届いていたのか、はわからないのですが(>_<)

オープニング、、流離の古楽器吹きさんの軽い挨拶の後、すぐに始めた《ファルコニエッリ》の《フォリア》、、きつい吹き方してしまったかも、なのですが、、わたしなりにかなりのめりこんで吹けたつもりなのですにゃ、、

流離の古楽器吹きさん、練習する暇がない、ない、と言いながら、どのコンサートでも、本番で一番素敵な演奏されるのがすごい、いつもちゃ〜んと本番ではツボおさえた演奏される、ちゃんとそこに持っていかれる、というのはやっぱりすごい方だなあ、と思いますのにゃ(☆−☆)。

今日も、ソロソナタ、どれも素敵でした♪(個々の曲や楽器についてのちょびっと詳しい解説等も《演奏会の記録》に書いておりますので、、のぞいていただけると嬉しいです〜♪)

Sさんの弾かれたチェンバロの小品も、すっごく楽しそうに弾かれるのが印象的で、うっとりするうちにアッという間に終わってしまった気がしました。

そしてそして(☆−☆)、わたしがビガリアのソナタ吹く直前に弾いて下さったN友さんのチェロソナタ〜♪♪

うっとりりん、、その前から、フォリアで最初に出番が終わって、次の出(後半になります、ビガリアのソナタです(>_<))を待つ間から他のプログラム聴いては、その音楽に自然にウットリ、と身も心もゆだねる感じで、
「あれこれ思い悩むのやめよう、、今はここに満ちてる音楽に身も心もゆだねて、、そんな中で吹かせていただこう(☆−☆)」と思っていたのですが、N友さんのチェロソナタ聴いてたら、この後すぐに出番、というドキドキも忘れてしまうくらい、N友さんの音楽の世界に惹き込まれて、雑念忘れてしまいました♪

そしてその気分のまま、、かなり集中したまま吹けたような気がする、、ドキドキのビガリアのソナタ、、、流離の古楽器吹きさんが、さりげなく、緊張感の取れる気取らない紹介してくださって、ふふ♪とか笑ってたら、さらにリラックス〜♪
(あれはもしかしたら、私の気持ちほぐす狙いもあってしゃべってくださった内容かも* ̄◆ ̄*♪と思っているのですが、、*⌒−⌒*♪)

吹き始めて、まず一安心* ̄◆ ̄*♪?、、自分の演奏が出来そうな気がする、、そのまま集中して吹けそうな気がした、、

この時、今までにないくらい、N友さんやSさんの実力、というのか、揺らがない通奏低音、どんどん支えて押し上げて気持ちを集中させて下さる、そんなお二人と合わせていただいてることに、今流れてくる低音に、、すごい頼もしさを感じて、暖か〜な嬉しい思いに包まれて吹かせていただいておりました。

第三楽章をね、第二楽章のテンションおさえて、ゆったり、とメヌエットらしく吹きたかったのですね、、呼吸も気持ちも、、
そう思ってたので、第二楽章の後、呼吸と心をメヌエット用に?整えて吹きだしたら、リハでは「メヌエットなのでもう少し速く感じてるんです〜」と速めに合わせていただいてたのに結構ゆったり、と吹き出しておりました。。
永友さんが一瞬、あ、とこっちを見てくださったのもわかったのだけど、ゆったり吹きたい気分で、、そのまま合わせていただいてしまいましたん、、でも、お二人ともちゃ〜んと私の吹きたい気持ちにぴったり、と寄り添って合わせてくださったのです(☆-☆)、、ご苦労おかけしてすみませんのにゃ−−;。
でもでも、ほんとに吹いてて幸せでたまりませんでした♪
(後でお聞きすると、あの時一瞬「これは誰のせいで遅くなったのか?」と思って顔見てくださったそう。もし、私がもっと速く吹きたい、と感じていたら、そこで修正してくださったのだろな、、プロの方、って、永友さん、澤さんって素敵、と思ってしまいました(^^*))

。。。。正直に言うと、、今日のビガリアのソナタ、、、あれ以上の演奏は、今の私では出来ません−−;、、、それは、決して、良い演奏、ベストの演奏が出来た、という意味ではなく、、もっと余裕持って吹きたい、、ほんとは、お師匠様がいつも聴かせてくださるような、もっと暖かな音楽、そ〜っとくすぐるような音楽、、そんなんを奏でてみたい、、もう少し別の演奏が出来たかも、等々思うのですが、、いや〜、、やっぱり、白状すると、あの本番、という状況でする演奏、、今の私ではあれが限界です、、必死でした、、(ちょっとカッチリ、そして暑苦しく吹きすぎてしまった気もするのですが)

何より、N友さん、Sさん、としっかり本番でも呼吸合わせたアンサンブル出来た気がするのが嬉しくて♪(気のせいかもしれませんが。。)

それだけに、、客観的な出来はともかくとして、、、自分的にはとても充実感感じさせていただいて、、一歩前進できたような気がしています。

その後吹かれた、古楽器吹きさんの、ウィンナオーボエのソロソナタ、古楽器吹きさんの吹くウィンナオーボエの奏でる音、音楽、リハの頃からず〜っと「いいなあ(☆−☆)」と思っていたのですが、やっぱり、そんな中でも本番が一番♪素敵な演奏されます。このあたりが、プロとアマの違いだなあ、と、、そんなこと思いながら聴いておりました♪

そして最後に、ヴィヴァルディの「フォリア」を全員で〜♪♪

このフォリア、、気持ち・テンションがぴったり揃った気がしました。それだけに、もしかしたら、客観的にはどうだったか、わからないのですが、、

最初のリハの時から、今回はなぜか迷いなく、「合わそう」と無理に思うのでなく、自然に、自分の吹きたい音楽吹きながらぴったり合っていく気がしたアンサンブル、、本番でもそのまま普通に、むしろ本番ならでは、のテンションで♪合わせられたのが嬉しかった〜♪♪少しでもお客様にもそれが届いてましたように、、、

アンコールいただいて、古楽器吹きさん編曲のカッチーニのアヴェ・マリア、をまたまた4人で演奏させていただきました♪

チェロのゆったりした旋律、リコーダーとオーボエも旋律とオブリガートを次々に吹いて、チェンバロがキラキラ和音弾いてくれて、、とっても美しい曲なのです(☆-☆)。本番いれても3回目?という少ない合わせだったのですが、、本番が一番キレイに、気持ちもノッて♪出来たかもo(^−^o)(o^−^)o

暖かい拍手いただいて、、、とうとう、こんなに準備してきたコンサート、、終りです〜。。終わっちゃった、、、


〜ここでちょっと、《演奏会の記録》から引用です〜
 
練習して練習して、、、それでも本番ではやはり思うように吹けないところもありますが、、それよりも、練習積んだ成果?も感じさせていだたけました。
(ビガリアのソナタの第4楽章の繰り返し前のあたりでね、「指がもつれる〜@_@)と思った箇所があったのです、、が、、出てきた音は楽譜通りの音、、だったのです(☆-☆)。二回も♪
頭で考えられなくても指が勝手に動いてくれてる。。。あ♪これが、神谷さんがいつも教えて下さってる
「指にまかせて」という状態なのかしらん、、なんて、本番で経験できて嬉しかった〜♪のですにゃ♪もちろん、他でちょっと納得できない申し訳ないところがありましたが、そこは練習の時からやはりまだ未完成、というところだったので、、ほんとに練習、って大切なのだ〜(☆-☆))

何より、信頼しあう(?私の場合はサポートしていただいてるのですが)仲間とのアンサンブル、それを今、出来ている、という心地良さ、、もしかして、聴いて下さってる方にもちゃんと伝わっているかも♪と思える喜び、、そんなものを感じたコンサートでした♪

〜〜〜




今回、「そろそろ、ソロソナタにも挑戦してみたら〜^^♪」と、ソロソナタに挑戦させて下さった流離の古楽器さんに、まず、お礼言いたいのですにゃ♪

流離の古楽器吹きさん、ほんとにほんとに、ありがとうございます〜♪d(⌒o⌒)b♪いろんな意味でとっても良い経験積ませていただきました(> <*)。
そして、一緒に合わせてくださった、Sさん、N友さん、、(☆-☆)ほんとに感激の時間でした。ありがとうございました(>_<*)♪

そして、そして、もちろん!!聴いて下さったみなさま〜♪(☆-☆)!ありがとうございましたのにゃ(>_<)。

いつも、いつもコンサートのたびに思います。こうして、来て下さって、暖かく聴いて下さる、、そんな皆様のおかげで、吹かせていただけるのだなあ、と。。。どうやってこのご恩に報いたらいいのだろう(> <)、って、、

もっと精進して、次は「あ♪前回からずいぶんがんばったな♪」なんて思っていただける演奏目指してがんばりますので、、また、良かったら聴きにきてくださいませ〜♪♪ほんとにありがとうございました♪

*ふわふわしまりすさんはじめ、K原さん、○○さん、がとても暖かな笑顔で「良かったよ〜」っておっしゃって下さって、すっごく嬉しくホッとなったのです。。
yえさんはとても嬉しそうに「良かったよ〜、私、嬉しかったわぁ♪」とおっしゃって下さって、こないだのKiKiのコンサートの時も、私が慣れない司会(曲の説明)したのを「とっても落ち着いていて、私、誇らしいような気がしたのよ〜♪(*^^*)」っておっしゃって下さって嬉しかったのですが、今日も♪
「なんだか、聴いてると嬉しくてね♪」って言ってくださったのが、なんか自分の肉親に誉めていただいたような安心感と嬉しさで、、、とっても嬉しかったのです〜♪(それだけに、もしかすると甘い基準で聴いてくださったのかも〜* ̄◆ ̄*〜♪)

うつみんさん、kazuさまとは、演奏後の食事、ということで隣り合わせでお好み焼き食べれたし♪d(⌒o⌒)b♪

一気通貫さんも(> <)、遠いところを、ほんとにほんとにありがとうございました♪
「楽しかったです(^^*)。来て良かったです♪」とニッコリおっしゃってくださったのが嬉しくて┯_┯、(気休めだったのかもしれませんが(> <))、、ほんとに嬉しかったのです。ありがとうございました♪

みなさま、ほんとにありがとうございました♪♪



帰ると、くったり心地良い疲労感、、、さぞぐっすり眠れるだろう、と思ったのですが、思いの他−"−、、脳が興奮しているのか?、、、いつまで横になっても眠れない、、そんな夜でした。。

つい、ロードオブザリングなど観てしまいましたよ、、* ̄◆ ̄*〜♪
2006年06月24日(土) No.157 (友人と♪)

介護老人保健施設での演奏に向けて♪


*****ブログより*****

10日ほど前のことです。。西日本点在アンサンブルでご一緒させていただいているTBさんからのメールが携帯に舞い込みました♪

「7月2日(日)に介護老人保健施設で演奏する依頼をいただいたのですが一緒に吹きませんか〜?」

という、とってもとっても嬉しいお誘いのメールでした♪d(⌒o⌒)b♪

(☆-☆)もちろんもちろん♪その頃ならコンサートも終わって一息ついてる頃だし♪(☆-☆)すっごくやりたい分野のコンサートだし♪ぜひにぜひにお願いします〜♪と二つ返事でお願いして、、

今回は二人だけ、二重奏で、おじいさん・おばあさんに喜んでいただけそうな曲を探す、ということで期間いただいて曲探し♪
(わかめさんにずいぶんとたくさん教えていただいてお世話になりましたのにゃ(☆-☆)。いろんな留意点とかもとっても参考になりました。わかめさん、ありがとうございます〜♪d(⌒o⌒)b♪)
で、今日、とりあえず曲合わせ、様子見、の第一回の練習日となりました。
(第一回、といっても、あと、本番直前に最終練習してそれで臨むのですが、、)

場所は私の事務所を午後5時から貸してもらって(ドキドキしつつ頼んでみたら思いの他快く貸してくださった専務、早めにいらっしゃったTBさんにも親切に対応してくださって嬉しかったのだ〜o(^−^o)(o^−^)oありがとうございました♪)、仕事後に練習タ〜イム♪♪

土・日、と酷使してしまった(どちらの日もとってもお利口に気持ちよく鳴ってくれました(☆-☆)。ローちゃん、Fehr君、ありがとう〜♪)リコーダー達を休めたい、と思ったので、今日はヤマハのプラ管スケルトンソプラノとアルトはやっぱりFehr君(^^:)持っていきました。(テナー、バス、はまあ使うことになってから持っていこう、と。。)

5時少し前から練習開始♪とりあえず用意してみた曲を全部通して、「これは○♪」「これはボツにしましょう^^;」「これは〜、、△ね、とりあえず、、」と決めていきます。

わかめさんの教えて下さった「浜辺の歌」がすっご〜く良かった〜(☆-☆)。後、「茶摘」も♪二重奏でこんなに楽しい曲があるなんて(☆-☆)、と感激でした。どちらもぜひしよう♪ということに♪
(「追憶」はTBさんのお好みに合わなかったようでボツとなりました^^;。面白かったんだけども、、)

以前(去年の2月ですね〜)、やはりTBさんと、あの時は中学校でのコンサート、これも二人で二重奏したのですが、その時の楽譜を持ってきてくださってたので、そちらも全部通してみます。

これはサンマルティーニ以外は全部、お師匠様が編曲なさった二重奏で、上も下も中々楽しく、聴いていただく曲としてもよく出来ているのです〜(☆-☆)

「口笛ポルカ」‥‥これは速めに吹くとかなり楽しいかも♪○、です♪
「調子のよい鍛冶屋」‥‥たぶん、ブラヴェの二重奏曲集から編曲なさったのかな?すっごく楽しく出来ています♪○♪
「グリーンスリーブス」‥‥バス二本でやったらいいかも(☆-☆)♪○♪
「星影さやかに」‥‥これもテナーとバス、くらいでやってみよ〜♪d(⌒o⌒)b♪

もう一曲、サンマルティーニのソナタ(有名じゃない方)の第一楽章ももう一度やることに♪軽い感じでふわん、と吹いてみたら中々良い感じだったので〜♪

他にもう一曲、以前、Bingoさんと静岡でのコンサートで、バスリコで二重奏させていただいて中々良かった気のする、レイエ・ド・ガンのソナタa-moll、も吹いてみました。(バス二重奏するといいんですよ〜♪と私が持っていったのです)。
「これ、キレイでいいやん〜(☆-☆)」と気にいっていただけて、るるるん♪

今日はアルト二本で合わせたのだけど、アルトでも感じいいかも(☆-☆)♪

というか、、TBさんの吹かれるの、柔らかく力抜いた感じで、私も久しぶりに力抜いて柔らかく、私の一番好きな感じで吹いて、、ああ、やっぱりこの吹き方、好き♪コンサートには合わないかも、なんだけど、こういう吹き方するのもいいよなあ(☆-☆)♪、と吹きながら和んでおりました。
(フレスコバルディは、本来ルネサンスリコーダーで吹く曲、ということでかなり固い、トランペットの雰囲気・吹き方要求された曲だし、
マルチェロの協奏曲も南イタリアの明るい雰囲気出すために、もっと明るく、もっと明るく、そんな風に柔らかく上品に吹いては(感じてては)ダメ〜、と、かなり吹き上げないといけなかったし、
もちろん、フォリア等の今度のコンサートのイタリア物達も、かなり激しい感じ方・吹き方がぴったり合う気のする曲達なので、ここのところ、優しくふんわり、という吹き方する曲、なかったのですね。。うにゃ、すっごく久しぶりな気がした(☆-☆)、、たまにはこういうのもいいよな〜♪♪)

それと♪(☆-☆)、、ですね。。。。去年にサンマルティーニのこの二重奏曲合わせていただいた時は、どう吹きたいか、っていうのがあまり湧いてこなくて、ただ楽譜吹いてただけだったような、、今日は吹きながらどんどん、フレーズが浮き彫りになって見えて、からんだり応答したり、っていうのが最初から見える気がする、、
レイエのソナタも、数年前にBingoさんと合わせていただいた頃はただただ、吹くのに必死だったような覚えがあるのだけど、なんだか今日は、すっごく曲がよく見える、、自分がどう吹きたいのか、TBさんのリコーダーにどう応答したいのか、が明確に湧いてくるのです。

もしかしてもしかして、、、以前より少〜しだけ、前に進めているのでしょうか(☆-☆)、私?、、だったら嬉しいんだけどなあ、、単に、前にやったことあるからだったりして−−;

まあ、でも、、、なんとなく以前吹いた時との自分の感じ方の違い、もっとたくさん感じて吹けるようになっているのを感じて嬉しくなってしまいました。

*****

一応、用意した曲で良さそうな、「○」つけたのはこのくらいです♪そこそこ揃ったかも♪

あと、一緒に歌ってもらえるような童謡系もなんとしても入れたいね〜、と、今度はわかめさんが貸してくださった童謡集をパラパラめくって、、、私的には、どうしても入れたいのが「七つの子」「ふるさと」でした。あと、「蘇州夜曲」も入れたいのですよね〜、、二重奏にするの難しいかなあ、、

「七つの子」と「ふるさと」は、TBさんがメロディに副旋律をつけてきてくださることになりました♪d(⌒o⌒)b♪わああい♪

ざっと軽く(何曲かは3回くらい通してみましたが♪)合わせただけですが、当日のプログラムがしっかり決まって安心した〜♪どの曲も良さそうに仕上がりそうで嬉しい〜o(^−^o)(o^−^)o

あとは個人練習しっかりして、最後の合わせに持ち込みましょう♪ということで本日の練習会はお開きです♪

あ〜、なんかすっごい楽しかった♪無事に曲も決められて、満足感があるのが良いのかな?♪吹くのも楽しかったです〜♪♪

*****

案外、早く練習が終わったので、晩御飯の買い物して帰宅、、、が、頭は元気(どちらかというと最近ずっと高揚しているのです^^;)でも、やはり体力がもう限界なようで−−;

ご飯の後、フラフラ、と眠り込んだらもう起きれませんでした−−;

今日は出来たら、415Hzアルトで、基礎練習と明日のレッスンの練習(−−;結局全然出来てないじょ〜┯_┯お師匠様ごめんなさい。。)したかったのだけど、、、無理でした┯_┯

まあ、たまには休まないと、、、、ってレッスン前日に休んでどうするんだ−"−;、、

でも、久しぶりに自分らしい吹き方思い出した気がして、明日のレッスンではそんな吹き方また教えていただけそうな気がして、、楽しみなのです。

リコーダー、っていろんな吹き方できるから、難しい、、けど面白いですよね♪


2006年06月12日(月) No.156 (友人と♪)

最終合わせ♪


*****ブログより*****

さあっ、今度は、6月24日(土) 午後1時半開演、豊中にありますお好み焼き工房"ほわっと"さんでの
"思い切りイタリアン"コンサートです♪

今日は、二回目にして最後の合わせ、ドキドキ、、あんまり練習積めなかった気が、、、

とにかくがんばるしかないぞ、と、、朝から滋賀県に行ってきました〜♪

*****

ゆうべはさすがにぐっすり、朝、目覚ましが鳴るまで爆睡でしたのにゃ♪d(⌒o⌒)b♪♪目覚ましが鳴って、、ムクッと起き上がって、朦朧としたまま準備準備、、お化粧ちゃちゃっと済まして飛び出します。

♪d(⌒o⌒)b♪10時45分、の集合に無事間に合いました♪

今日の練習は、、、最初にやったファリコニエッリの「3声のためのフォリア」は、かなりじっくり出来て手ごたえもしっかりあったような気がします(☆−☆)。後は本番、いかに今日と同じように気持ちをのめりこませていけるか、、、かなあ?

その次に、流離の古楽器吹きさんがソロソナタを合わせたところで、お昼休憩〜♪

おにぎりを買っていっていたのですが、にゃんと、チェンバロ奏者のSさんが、そうめんを作っていて下さったのですにゃ。(☆−☆)お〜いしかった〜♪♪

彩りにお庭の緑のもみじを取ってきたのを添えてくださってるのがとても風流で、、しかもしかも、麺がひとつかみずつ取りやすいように小さく分けて盛り付けてくださってるのがなんともいえない風情のあるこまやかな心遣いで(わたし、いつもそんなんしたことないんですもの〜)、感激しつつお〜いしくいただきました。

Sさん、ご馳走様でしたのにゃ〜♪d(⌒o⌒)b♪

*****

お昼ご飯の後は、「先にやる?」と言ってもらって、朝からかなりドキドキしていたので、先に済まさせてもらっちゃおう、とビガリアのソナタの合わせ〜。

最初に合わせた時、「これならなんとかいけるかも(☆−☆)?いけるかな?いけるかも?」と勝手に、少し充実感感じて嬉しくなっていました。

が、、はわはわ(☆−☆)、、チェンバロのSさんもチェロのNさんも、そんなんでは全然立ち止まらず(って当たり前ですね^^;)、、、どんどんアイデアや疑問点出してくださるのです。

「ここはこんな和音進行だから、ここをもう少し何か感じたい、というか私は感じてやっています」とか
「ここをこう吹いたらどんな感じになるでしょう。やってみてもらっていいですか?」
「ここはどんな感じに思って吹いておられますか?」ってたずねてくださって合わせて下さったりとか、、

とても丁寧に、私がどう吹きたいのか、を尊重しつつ、どんどん新しい見方・感じ方提示してくださるの〜(☆−☆)

「わあ、それ面白そう(☆−☆)。。そっか♪ちょっと吹いてみていいですか?」と試してみたり、「ん〜−"−、今ひとつつかめませんね−"−」と悩みこんだり、、

なんだかアッという間に時間が経ってしまって、、、まだ他の曲も合わせてないというのにずいぶんと時間取ってしまいました−−;

帰りの車の中で反省していました。私がも〜っと、「ここはこんな感じでこうしたい」としっかりとした確固としたもの持っていたら、それを言ったらきっとそれに合わせてくださったのだろなあ、と。ふよふよと頼りなかったので、あんなに時間かけていただいてしまったのでは、、ごめんなさい〜┯_┯

でもでも、、とても充実した合わせ練習させていただきました。時間たくさんとっていただいてごめんなさい。ほんとにほんとにありがとうございました。

最後、時間がなくて、しっかり詰めなかった第一楽章、やっぱり、テンポは合わせの時に決めたあのテンポで、それで最後にチラッと出ていた荘厳な感じではなく、やっぱりイタリアンなので、カンタービレにうんと歌うように吹いてみたいです〜♪って、当日の最終合わせの時に言ってみるつもりなのですにゃ♪
(☆−☆)あと二週間、、うんと練習がんばれそうです(☆−☆)♪

*****

今日、早めに集合したのは、流離の古楽器吹きさんが、夕方ご用があって、3時半には帰らないといけないからなのです。。。なのに、もう3時前、、、ううう┯_┯ほんとにごめんなさい。

「^^;ちょっと時間押し気味で〜す」と冗談ぽくおっしゃってたけど、申し訳なくてたまりませんのにゃ┯_┯ビガリア、もっと短く仕上げれば良かったです。ほんとにごめんなさい。

そこから駆け足で、みなさまのソロソナタ(何種類もあるのですよ〜♪d(⌒o⌒)b♪)をザッと合わせて、最後にヴィヴァルディの「フォリア」を一度だけ流して、、最終合わせは終りとなりました。

フォリア、、最初のテンポ取れなかったのが不安だにゃん、、最後の方ももう一度合わせたかった┯_┯、当日の合わせでつかむしかあるまい、、でも、当日の合わせで気分盛り上げてそのまま本番、というのもいいかもしれない、、、、ていうか、、、ビガリアで時間取ったせいです、、ほんとにごめんなさい┯_┯しっかり出来てる自信もなくて、「じゃあこれで♪」と切り上げる勇気がなかったのでする、、ほんとにありがとうございました。

はう、、それでも、一度だけ通したフォリアも、前回よりもなんだか出来上がってる気がしました。前回よりも楽譜が全体的に見える気がした、というのか。。

後は、本番当日の合わせ、ですね。。。。それまで、家で一人で出来ること、全部仕上げておきます〜(☆−☆)/
最後、駆け足になってしまったけど、、なんだか、もしかしてもしかして、聴いて下さる方にうんと楽しんでいただけるんでは(☆−☆)、なんて明るい気分になった合わせでした。

あと二週間、、、がんば〜o(^−^o)(o^−^)o

*****

朝、行きの車の中でもたいがい眠くて死にかけていました。。(ゆうべはよく寝たのに〜)

きのう、おととい、と実は風邪気味で、喉が痛くてたまらなくて、くしゃみ・鼻水がひどかったので、おとといからずっと風邪薬で押さえておりました。おかげで、きのうは意識朦朧、、ちょっと頭ハッキリしてなかったのでした−−;

今日の合わせでそんな朦朧とした状態は困る、と思い、本日は薬は我慢、、その代わりに、くしゃみが〜、、ううう、、どちらか一つしか選択できないなんて−−;

薬飲んでないのだから、そこまで眠くならなくてもいいのに、、、帰りの車の中では、もうほんとに眠たくて、、このまま死ぬのかと思うくらに眠たかったのです^^;

で、家に帰ってすぐに就寝−−z、、、、ひたすらスコスコと眠って目が覚めると9時、でした。

今日の晩御飯は主人が作ってくれるので、安心してこんなにたくさん眠れたのですにゃ♪ありがと〜♪d(⌒o⌒)b♪

夜は時間はあるんだけど、どうもこれ以上リコーダーの練習する気力は湧かなくて、トラヴェルソだけ練習〜♪

カプリス3曲、テレマンの無伴奏ファンタジー、久しぶりにブラヴェのソナタOp.3-2、と吹いてみました。最初のうちは調子悪かったのだけど、ひたすら力抜いて鳴らそうとしないことを意識したら、あら不思議、、逆にちゃんと鳴ってくれるようになります。。。鳴らない時、ってどうしても吹き込んで鳴らそうとしてしまうのですが、それだとどんどん鳴らなくなっていく、、鳴らすことから意識離して、ただただ自然に力抜いて吹き込むと鳴ってくれる、、、

不思議な楽器です♪

明日は、7月2日(日)に介護老人保健施設でのボランティア演奏に誘っていただいたTBさんと、初練習、仕事の後で合わせていただくのですにゃ♪

リコーダーまるけで嬉しい毎日〜♪体力がもつように、睡眠しっかり取らねば、、

2006年06月11日(日) No.155 (友人と♪)

コンサート!!


《演奏会の記録》に、音源・写真を載せています♪♪d(⌒o⌒)b♪見てね〜♪

*****ブログより*****

ゆうべは、嬉しくて楽しみで、、、ワクワクワクワク、、せっかく早めにベッドに入ったというのに、なぜかほとんど眠れませんでした* ̄◇ ̄*

一時間くらい寝ては、パチッと目が開いて、、「あれ?まだ一時間しか経ってないやん−−;」とまた無理やり眠りについて、、コンサートの夢見てはまた起きてみたらまだ少ししか時間経ってなくて、、とずっとコンサートのこと考えていた気がします。。

結局、目覚ましより先に起きて、お風呂に入ってしゅっぱぁつ♪

そう、いよいよ、待ちに待った、KiKiの出演する合同コンサートの日なのです♪(☆-☆)

*****

楽しかった(> <*)。心から楽しかった、嬉しかった、、、そして、、普段一度もしたことのないミスを本番でやらかしてみたり(−−;おかげで一番大好きなLa Cacciaが後半今ひとつだったかも┯_┯)、気持ちだけが突っ走ってしまって、今思うとしっかりアンサンブルできてなかった気のする箇所があったり−−;

ううう、人に聴いていただける時間、本番、ってほんとに難しいものですね。。。

それでも、、KiKiの仲間と吹く時間、聴いてもらえてる時間、、幸せでたまりませんでした。

それにしても私、もう少し落ち着いて吹けなかったのでしょうかね−"−、、ちょっと気持ちが高揚しすぎていた気が、、、

まあ、、自分に対して、練習の時みたいな状態で吹けることを期待するのが間違っているのかもしれません。

そんなこんなで、反省点、懺悔したい点はた〜くさんあるのですが(> <)、それでもそれでも、楽しかった(☆-☆)。かけがえのない経験をさせていただきました。

聴いて下さってるみなさまに、この感謝の気持ちが届きますように(> <)、って吹く時間、って、なんて幸せなんだろう、、、(それで、しっかり届けられる演奏ができるともっと幸せになれそうな気がするのですが−−;)

S部さんの語り、とっても面白くて素敵だったし♪d(⌒o⌒)b♪、それぞれのグループを紹介してくださる秋山先生の話術もいつもながらに楽し〜いものだったし♪KiKiのプログラム最後の曲、もYさん、Oさん、S部さんの魅力が存分に出てた気がするし♪

まあ、自分のことは置いといて、、全体的には、、よし、、かな?♪(私はね〜、私はね〜、自分自身に関しては、ほんとに情けないでしたじょ−−;。まだまだ修行が足りません┯_┯)

さっき、10時過ぎまで開かれていた打ち上げから帰ってきたところです♪

今回の合同コンサートをずっと後援して指導して、当日は司会・会場の手配、等々、尽力してくださった秋山先生、おかげ様で、大切な思い出が出来ました♪ほんとにほんとに、ありがとうございました(> <)

あ、そうだ、書き忘れるところでした。最後に合わせた《心斎橋リコーダーオーケストラ》、、秋山先生の指揮がとっても素敵で、合わせて吹くのが心から楽しくてたまりませんでした。グレバス・コントラバス(K藤さん・S心さん♪)が入ってくださって、普通なら味わえない響き味わわせていただきましたのにゃ(☆-☆)。(またこんな機会があるといいなあ(> <))

K藤さんもS心さんも秋山先生も、ほんとにありがとうございました〜♪

*****

もっといろいろ詳しく書きたいのですが、、、忘れないうちに書いておきたいことがた〜くさんあるのですが、、、明日(11日)は、朝8時過ぎには滋賀県に出発♪24日(土)にある"ほわっと"古楽器コンサートの、二回目の、そして最終の合わせなのでする(☆-☆)

とりあえず、今夜も早く寝て、明日に備えます〜。(続きは早いめに《演奏会記録》に書きたいと思っておりますのにゃ♪)

今日、来てくださったみなさま、ありがとうございました♪みなさまと同じ時間を、同じ音楽を(失敗たくさんしましたが* ̄◆ ̄*)共有させていただけたこと、本当に嬉しく、幸せな経験です。また、こんな経験させていただけるように、いっそう精進しますのにゃ(> <)。

ほんとにありがとうございました♪

2006年06月10日(土) No.154 (リコーダーアンサンブル)

KiKi最終練習♪


*****ブログより*****

あと、、4日後、とせまりました、合同コンサート(☆−☆)、、、本日はリコーダーカルテット"KiKi"のみんなで集まっての最終練習でした♪

*****

−−????朝、目覚ましかかるより前に目が覚めたというのに、なぜだか体全体がだるい、、しんどい、、、喉の奥がツンツン痛くて鼻もむずむず、、くしゃみばっかり出ます、、、なんだか熱っぽくて、、しんど〜い−"−;う〜んう〜ん、何これ〜、、風邪なんてひいてる場合じゃないんだぞ〜−−;

無理やりベッドから体引き起こして、楽器と楽譜準備して出かけます、、、奈良のS部さんのおうち、高速使ってもやっぱり1時間半、ではたどりつけないのです。。

で、いつも私が大体一番遅くに、20分ほど遅れて着く事になってしまいます、、、いつもいつもごめんなさい−−;

部屋に入っていったらば* ̄◇ ̄*、わあっ、みんな、またまた衣装持ち寄ってファッションショーしていたそうです。ずるい* ̄◆ ̄*。もう普段着に着替えてる〜。
(わたしは、届いたドレスがどうにも微妙にマタニティチックで−−;、同じような布切れでリボンつくってウェストマークしないと見せられないのですにゃあ、、で、持ってこなかったの┯_┯持ってきたら良かったぁ。。)

そして、おしゃべりしつつ、楽器組み立てて楽譜出して、、、@_@うぎゃあ、びっくり仰天です。。。私、、私、、バスリコ持ってくるの忘れてる〜〜〜!!−−;、、なんだか荷物がコンパクトで動きやすいと思ったのだ−−;、、、┯_┯《La Caccia》の練習、どうしよう┯_┯

と、思っていたらば、S部さんが、ご自宅に保管されている、というお友達のバスリコ(S部さんに「使ってね」ということで預けてくださってる方なのだそうです)を、「明日会うから、謝っておくから」と貸してくださりました。二人で大声で「お借りしま〜す」と叫んで、、Nさん、ありがとうございます♪とっても鳴りやすくて吹きやすいバスリコ、、お借りさせていただきました。助かりました(☆−☆)/♪

は〜−−;、なんてことだ、、、本番直前だというのになんでボケてるのだ〜* ̄◆ ̄*

その後、しばし、、、吹くのはおいておいて、当日のいろいろ細かなことの相談を♪d(⌒o⌒)b♪

準備するものや、用意したいもの、ちょっとお客様にお配りしたいもの、等々、、Oさんが今まで行かれたコンサートで、「あ♪いいな♪」って思われた演出のお話聞いたり、手作りのコンサート、って感じにしたいね〜♪と雰囲気盛り上げる小物揃える相談したり♪

ちょうど、その相談の最中に、アンサンブル"テンサーティ"のN川さんからお電話がかかってきて、合同で準備するもの、とかの相談もアッという間にまとまりました♪d(⌒o⌒)b♪

明日の午後、Oさん・yえさん・S部さん、で買出しに行ってくださることに♪、、、、┯_┯私も行きたいなあ、、仕事がなければなあ、、┯_┯

さてさて、、本番前の練習もしっかりせねばなりません♪

プログラム通りに2回ずつくらい通して、テンポの最終確認して、、、むむ、本番が近づくとどこか守りに入ってしまうのは私の悪いクセなのかも−−;、、今日は、どうもいつものように楽しんで吹く、のよりチェックや安全に吹けるかどうか、なんてことに頭がいってしまった気が、、、いかんいかん、こんなんではダメだ−−;。当日はうんと楽しく吹きたいのですもの♪

吹きながら、どの曲の合間も笑いが絶えません。

「本番もこんな感じで吹けたらいいのにね〜(☆−☆)」と何度も心底からみんなで言い合っていました。

KiKiの、こういう、本番前でも(いえ、だからこそ)笑顔・笑いの絶えないところ、だ〜い好き♪d(⌒o⌒)b♪なのです。
(そういえば、去年の発表会(去年は《発表会》だったのですが、今年は《コンサート》ということでもっと緊張するハズ、と秋山先生に脅されておりますのにゃ* ̄◆ ̄*)では舞台脇の小部屋で出番待ってる間も笑い転げて、何回も「しぃぃぃ〜!」と舞台進行役の○くんに注意されたのだったけ*⌒m⌒*。今年もあんな楽しい雰囲気でできるといいな〜♪)

何回も前の練習の時から、毎回確認しあっていること、、コンサート当日、私達の普段からの「こんなに楽しく吹いています」っていう雰囲気が伝えられる演奏が出来ますように、っていう願い、、当日、かないますように。。。−人−、、そんな演奏が出来ますように。。

とりあえず、プログラムの曲を一通り、本日は立ったり座ったり、座る場所も当日とおりにやってみました。そしたら、吹き終わる頃にはもうぐったり、、、限界@_@というくらいに疲れておりました。

ここで、お茶タ〜イム♪♪

今日は今日は、Oさんはとってもおいしいアップルパイを(☆−☆)、yえさんはとってもおいしいアルグレイティのパウンドケーキを(☆−☆)、持ってきてくださいました。S部さんはいつもながらの美味しい珈琲淹れてくださるし(☆−☆)、、、うふふふうふふふ、幸せ〜♪
(いつも何も持っていかなくてごめんなさい−−;。今日こそ、と思っていたのに、、、我が家から高速の入口があんまりすぐ近くにあって、途中に全然お店がなくて、、で、いつもギリギリに飛び出すので買い物に寄り道する時間がなくて、、−−;、、次回こそ持っていきますぞ〜♪)

帰省してらっしゃるS部さんの娘さんも一緒に♪d(⌒o⌒)b♪楽しくお茶会〜♪♪

食べ終わると、yえさん曰く「おいしかった〜^^*♪、、、このまま寝ちゃいたいね* ̄◆ ̄*♪」という満ち足りた気分、、だったのですが、何せ本番真近なので、もう一度全曲通すことに♪

録音機器も準備して、とにかく何があっても、途中でやめないで全曲全部通す、ことに。(席替えも含めて)、、、、、あれあれあれあれ+_+、そう決めて吹き始めたらば、なんなのだ、この緊張感は〜^^;、、全員、いつも普通に吹くところを落としたり拍間違えたり^^;、、プチ本番、のような緊張感が漂いました。わはは、きっと本番もこんな感じかも〜* ̄◆ ̄*

まあ、それでもとりあえずちゃんと、落ちたところははいあがれたし、拍がおかしくなっても戻れたし♪当日も大丈夫でしょう、たぶん* ̄◇ ̄*、、、たぶん、、、

全体の紹介はS部さんがして下さいます。その後、一曲ごとの紹介を私がさせてもらいます。。最後の曲だけ、楽器とりかえてウロウロしながら紹介しゃべるのはおかしいんじゃないか、とこちらもS部さんにお願いして♪邦題の話とかいろいろしてたら、気持ちがすっごく盛り上がって楽しかった〜♪♪

吹きつつ、「ほんとに楽しいね〜*⌒−⌒*。こんなんして吹けるの♪」って、つくづく嬉しく言い合っておりました♪d(⌒o⌒)b♪


*****ここまで〜*****
2006年06月06日(火) No.153 (KiKi練習)

合同最終リハ&KiKiレッスン♪


*****ブログより*****

はいにゃ(☆−☆)!もう残り一週間を切ってしまいました♪ドキドキドキドキ^−^*(わくわく)

6月10日(土)、心斎橋"開成館"にてあります、リコーダーカルテット、"もも"・"テン・サーティ"・"KiKi"合同コンサート♪

今日はその最終のリハ、というか合同練習でした。

コンサートのプログラム最後は、"もも"・"テンサーティ"・"KiKi"合同で《心斎橋リコーダーオーケストラ》結成♪して、秋山滋先生の指揮でヘンデルの《水上の音楽》を演奏します♪

カルチャーセンターでお世話になった、K藤さん(グレートバス)・S心さん(コントラバス)も加わってくださいます♪

このリコオケがなんともいえず楽しいのです〜o(^−^o)(o^−^)o正直な話、ヘンデルの水上の音楽がこんなに吹いて楽しい曲だとは思っておりませんでした^^;(聴くのは昔から大好きなんですが。。)

午後2時半から、、練習開始〜♪

実は、きのうの余波(ちょっとビガリアのソナタで苦労して消極的な気持ちになっている−−;)で、吹き始めはいつもと違い、ちょっと引っ込んで吹きたいような気分、誰かのかげに隠れて吹きたいような気分で吹き始めて、、、

* ̄◆ ̄*あ、あかんあかん、、私、ソプラノの1stパート吹いてるんでした。人の陰に隠れて吹いてる場合ではありません。全体で一つになって、、、秋山先生の指揮に合わせて、、どんどん気持ちが高揚して、、、「あ、こんな風に吹きたい(☆-☆)」ってまた自然に思えてきて、、いつのまにか、いつも通り、のびのび感じたままに吹いておりました。(それでもちょっとだけ、のびのび吹けないところがあったのは、きのうのソロソナタで少し萎縮した気持ちが尾をひいていた気がします。本番までに、イケイケな気分になっておくぞ♪)

すごく楽しい練習でした♪(☆-☆)♪本番、、楽しみだなあ♪家でもちょっと練習、がんばっておこっと♪

本番では、岡山から来られる"もも"さん達と初めて合わせることになります。全員揃うとどんな音になるのでしょう(☆-☆)。早く合わせてみたい気分〜♪♪

*そそそそ、きのう・今日、と主人のアドヴァイスに合わせて、ローちゃん442Hzソプラノリコーダーを吹き始める前に、下の音域で数分ロングトーンをするようにしてみました。目安は、ブロックの下側がしめって色が変わるぐらいまで、下の音域のゆったりした息で吹き込むこと、、

(☆-☆)!!これすると、音が詰まってきません〜。うううむ、やっぱりほんとはもう少しじっくり育ててあげないといけないのかな、、、でも、一度ローちゃんの響きに慣れてしまうと、これで本番、吹きたくて仕方ないのだにゃ、、、うううむ、、

*****

合同練習の後は、少し休憩させて下さってから、今度は"KiKi"のグループレッスンしてくださいます♪

こちらもいよいよ、最終の詰め、最終の確認、になります。

秋山先生、優しいから、、、ほとんどの曲、「うん♪いいですよ(^^)」と誉めてくださって進みます。。

最初の曲だけ、全員でおさえた演奏しすぎて即ダメ出しされましたが* ̄◇ ̄;*

やっぱり、《おさえる》演奏、というのはどうも不自然に元気なくなってしまうようです、、アドヴァイスいただいて、元気いっぱい、感じたままに演奏したら吹きやすくって♪

あと、一番気になる、マルチェロの協奏曲の第三楽章、、少し時間とってじっくり丁寧に教えていただきました。。。。これ、本番、どんな感じになるかな〜、、楽しんでいただける演奏が出来ればよいのですが、、ドキドキ、、

テレマンの《La Caccia》では、替え運指教えていただいて、同じ音を音色も替えて吹く面白くできるところ教えていただいたり♪音程が下がって聴こえてしまうところを綿密に指導していただいたり、と細かくポイントおさえていただいて♪

《Singing in the Rain》では、最後、ビギンのリズムが一瞬、スィングになるところ、どう吹けば良いのかわからなかったのですが、さすが♪一言二言、自然にスィングのリズムで吹ける感じ方教えていただいたら、自分達でも、吹き方が変わったのを感じました(☆-☆)、これだ〜♪♪

そして最後の曲、《Someone to Watch over Me》、、そっ、と吹いてみたり、等もっと魅力的に吹けるポイント教えていただいて、、、

さあ〜♪後はあさって、最後の練習して、、、後はいよいよ本番です(☆-☆)♪♪どきどきどきどき、、

今週は家でも本番週間♪曲の練習に時間割こうと思いますのにゃ♪あ、楽譜も作らなければ♪曲紹介の下調べもしておかなければっ(☆-☆)、、衣装の準備も〜♪

楽しみで楽しみで、緊張感もあるのですが、小さい頃のクリスマスや遠足なんかが待ち遠しくてたまらなかった時みたいな気分です♪d(⌒o⌒)b♪

2006年06月04日(日) No.152 (グループレッスン)

ほわっと合わせ♪


*****ブログより******

(☆-☆)うをををを、、めちゃめちゃ濃くて充実度200%のリハでした。

今日は、6月24日(土)に豊中のお好み焼き屋さん"ほわっと"で開く"思い切りイタリアン"コンサートの合わせなのです。

朝から滋賀県まで、、、チェンバロ奏者さんのおうちに集合〜♪お久しぶりです〜o(^−^o)(o^−^)o

*****

@_@うを〜、すごい集中力が必要なのだ、、すごい精神力が必要なのだ、、

流離の古楽器吹きさん、チェンバロ奏者のSさん、チェロ奏者のNさん、、三人とも、専門に音楽勉強されて、私などとは比べ物にならない音楽経験積んでこられた方、毎日プロ活動しておられる方、、、そんな方々と一緒に吹かせていただくのは、もうほんとに精一杯背伸びして、自分の持ってるすべての力を総動員して、、自分の中の出せる限りの感受性ひろげてアンテナ張り巡らせて、自分に出来うるギリギリいっぱいの表現を笛で表す感じ?、、あまりに必死で余裕がなくて、頭の中ではいつものように言葉で考えるのでなく、もう、本能で吹くことしか出来ない部分も出てきたりして、、

はぅ、、一曲吹き終わるごとにくったり+_+、、全力出しきった感じになります。。それでも「もう一度通してやってみよう♪」「ここはこんな感じでどう?♪」「ここはこうしたら?」とどんどん出されるアイデアが面白くてやってみたくて(☆-☆)またまた必死で挑戦したり、、

私なんかにできるのか、とすごい緊張感なのですが、、、なんて、、なんて面白いのでしょう(☆-☆)、なんて充実しているのでしょう(☆-☆)、、

出来るギリギリまで、というよりも自分自身にそれ以上のこと求めて必死に体をのばす、というのは普段滅多に体験できないことなのです。しかもそれを否応なしに求められる、突きつけられる状況、というのは、ほんとにすごい緊張感でプレッシャーで、、なのですが、、めちゃめちゃ楽しい〜♪♪

う〜んと、、《楽しい》と書くとなんだか語弊がありますね* ̄◆ ̄*、、決して楽しむ余裕はないのですが、、この、力一杯、精一杯、自分の限界まで必死で力を振り絞っている、、という充実感、心地良い疲労感、、なんて表現したらいいのかなあ、、力が届かなくて泣きそうになる瞬間もあるというのに、、一度味わったら病み付き、、になってしまいそうな(☆-☆)、、

プロの方の演奏が、私達には到底真似できない、大きな隔たりがあるのは当たり前だなあ、と今日、つくづく思いました。

だって、私が今日させていただいたような経験・思いを毎日のように、いえ、もっと大変な経験を日常茶飯事にこなしておられるのですものにゃ、、そりゃ〜、違うハズです(☆-☆)。。

普段の練習が、いかに楽してるものか、、も痛感、、です。今日、みなさまの音楽に届くように、と必死で吹いてたら、体全体のしっかり疲れたこと、、いつもこんな吹き方しなくっちゃ〜* ̄◆ ̄*、、体だけじゃなくて、心だっていつもこのくらい疲れるくらい精神力使わなくっちゃダメじゃん、と。。

*****

ファニコリエッリのフォリア、、ソプラノリコーダー二本とチェロ・チェンバロ、という編成なのですが、これ(☆-☆)、、とってもいい感じになりそうです。吹いてると体が熱くなって、どんどん前に進んでいきます。。
もう一つ、ヴィヴァルディのフォリアも♪今日みたいに入り込んで吹ければ、すごくエキサイティングな曲にできそうな(☆-☆)♪

合わせ、って言っても、探り合い、みたいなことは一切しないでピタッと合ってしまうのですね、プロの方って(☆-☆)。
どんどん、感じたままに自分の音楽を出していって、その上で、細部の吹きたいイメージを打ち合わせて、、、そしたら、それぞれの出したい音楽が立体的にからんでいく感じ、、、私の吹くリコーダーもそこにからめていただける、というのが激しく喜びだったりします♪

流離の古楽器吹きさんの吹かれるソロソナタ(ウィンナオーボエやルネサンスフルート、リコーダー、での)数曲も、チェロのソナタもすっご〜く魅力的だし(☆-☆)、、当日は、きっと皆様に楽しんでいただけるコンサートになると思います♪d(⌒o⌒)b♪

みなさま、良かったらぜひぜひ♪

6月24日(土)、午後1時半開演、於:"ほわっと"(大阪府豊中市桜の町6-10-3 T'sビル2F Tel:06-6855-8303)

にお越しくださいませ〜♪♪

*****

−−;私にとっての一番のネックは、、ビガリアのソナタですね−−;、、、しくしくしくしく┯_┯、、ソロソナタ吹かせてもらう・聴いてもらえるなんて生まれて初めてなんじゃないのか?、、しかも豪華にチェロ・チェンバロ(それもプロの方の〜(☆-☆))通奏低音付きで、、なんて(☆-☆)、、

うう、、やっぱりやっぱり、合わせの時は、ちょびっと萎縮、、してしまいました−−;いかんなあ、、表現したいことが固くなってしまって出てきてくれない感じ、、、何か型の中に入り込んでしまった感じ、、、うううう、、指もやっぱりボロボロで、、もっと思い切って、迷いも振り切って吹ければ良いのになあ、、

せっかく吹かせていただけるというのに、、なんてもどかしいのだ、、、流離の古楽器吹きさんが見かねて−−;、「ちょっと、、レッスンしていい?^^;」とポイント教えてくださいましたじょ。

*これ書いてるのは、4日日曜日の夜中、なのですが、正直、合わせから帰ってきて一日目は、

「やっぱり無理┯_┯、、ビガリア、吹けないよ〜」とすごく弱気な気持ちでいました。夜になっても練習始めるのが気が重かったくらいです。。

ところが(☆-☆)、いざ、ビガリアのソナタ開いてみたら、楽譜の見え方が合わせの前と全然違うことに気づきました。それになぜか、「よしっT−T、がんばるぞっ」とえらく前向きな気分で練習できてしまった、、、うむ、、もしかしたらダメ出しされるかもしれないけど、、せっかくいただいた機会、、今週全力で練習して、次回の合わせの時、後悔しないですむようにしますのだ(☆-☆)。

今週、、、土曜日がKiKiのコンサートの本番、KiKiの曲もリコオケの曲もしっかり練習したいのだ、、、でもでも、翌日曜日が、次の(そして最後の)"ほわっと"コンサートの合わせなのだ、、、うにゅ、、練習、がんばるぞ〜(☆-☆)!!

*****

帰りの車の中、「やっぱり、命削って演奏する、、くらいのことしないと聴いてもらえる演奏ってできないよなあ」と、考えていました。いえ、他の方はそんなことしないでもいけると思うのですが、私の場合は、そこまでしないと、ダメだと思うのですね。。

そんなこと考えてしまったくらい、充実した、濃い、思い切り必死で吹いた合わせでした。疲れたけど、、気持ちいい(☆-☆)、、こういうことを平気でこなせるような音楽体力を養いたいです。

帰ってきたら、もうぐったり@_@、、、晩御飯の後、仮眠してトラヴェルソだけ吹くつもりが、どうしても起きれず、結局夜中まで一気に眠ってしまいました。@_@疲れきってたんだにゃ〜。でもでも、充実した一日でした♪

明日、日曜日は、KiKi合同コンサートの時のリコーダーオーケストラの合わせ&KiKiのグループレッスンです♪

2006年06月03日(土) No.151 (友人と♪)