Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



KiKi練習大詰♪


最近、ブログ抜粋の場となりつつありますここ、、すみません−−;、、今日も抜粋でする、、、

*******当日のブログ抜粋********

本日は、臨時に設定したリコーダーカルテット"KiKi"の練習日でした。

6月10日(土)のコンサートの週に最終練習をしよう、と6/6は押さえてあるのですが、どうもマルチェロの協奏曲の仕上がりが今ひとつなので−−;、、それと、時間のある限り何度も練習したい(☆-☆)、ということで、今週も練習することにしたのです〜♪d(⌒o⌒)b♪

午後1時から奈良のS部さん邸にて〜♪♪

お昼前に家を出る時、日差しがすごく強くなっていて、風がそよそよ、、でも高い気温、、、あああ懐かしい、、これは《初夏》の雰囲気です♪d(⌒o⌒)b♪、、なんて爽やかなんだ〜(☆-☆)♪

*****

KiKiの練習は、思いの他?全員で集中して、、アッという間に時間が経ってしまいました。

そしてそして、合わせる度に出来上がってくる音楽、、、なんていうのか、全員で目指しているところが同じな気がする、というのか、何も言わなくても、合わせるたびに一本の音楽にまとまっていく気がします。

そして、それがすごくフレキシブルで自由な雰囲気なのが嬉しい〜o(^-^o)(o^-^)o

「こうすべき」とか「こうしないといけない」とか「こうした方がいいんちゃう?」という言い方は誰もしないし、思いもしないのです。

「ここはどうしよ〜?」「はねて吹いてみる?」「逆にテヌートでもいいかも♪」「とりあえず両方吹いてみましょ〜♪」「じゃあ、今回はこっちで行こっか♪」

と、わいわいがやがや楽しく笑い転げながら、全員で、《どんな吹き方・解釈もあり》、なんだけど、一応揃えないといけないので、今回はこの雰囲気でいきましょう♪と決めていくのがなんともいえず楽しい作業だったりします♪
(両方吹いてみたら、「ああ、どっちもいい感じやね〜(☆-☆)、、どっちにしよ〜?♪」と迷う場面もよくあって、選ぶのに迷ったり、、。
そんな中、自分では思いもつかなかった吹き方を提案していただいたりして、(☆-☆)あ、それいい♪それ好きです♪そうしましょう♪というワクワクっとする瞬間もあったりして、、ほんとに楽しいのです〜♪
私が吹いたのを「それ、好きよ〜♪それいいわ〜♪」とおっしゃっていただいてすっごく嬉しくなったりもしますo(^-^o)(o^-^)o)

プログラム通りに、注意点おさえつつ何度も練習、、、(☆-☆)マルチェッロの協奏曲(特に第三楽章)もなんとかいけそうな感じに仕上がってきました♪こないだ、秋山先生に教えていただいた拍の取り方が効いているかも♪♪

あっという間に3時になって、ちょっと休憩♪d(⌒o⌒)b♪お茶タイ〜ム♪♪

Oさんがめちゃめちゃおいしそうなゼリーを買ってきてくださってました(☆-☆*)♪わああああい♪♪S部さんはおいしいコーヒー淹れて下さって、しかもしかも、なんだかまったりおいしいワラビ餅も出してくださいました〜♪♪
(いつもいつもご馳走さまなのです。帰りにはおみやげに八朔までいただいてしまいました♪なんだかいっつも至れりつくせりにしていただいて申し訳ないのですにゃ〜(☆-☆*)。ありがとうございます。)

*貼り付けてある画像は、お茶会のテーブルです♪d(⌒o⌒)b♪

そういえば、前回、22日(土)の臨時練習は、私はお休みさせていただいたのですが、その次の日のグループレッスンの時に、

「きのうは集まられたのですよね、どうでした〜(☆-☆)?」とお聞きしたらば、S部さんたら開口一番、

「そうなのよ、集まったの。おいしかったのよ〜、かしわ餅が♪」続いてYえさん・Oさんまで口を揃えて
「そうなのそうなの(☆-☆)、すっごく柔らかくってねぇぇぇ」

と、、^^;。練習の内容でなくお茶会の話が一番に来たのが、なんだかすごく嬉しくなったのでした。

*****

サッと食べて(この時だけ静寂の時間になるのがまたおかしくて笑い転げてしまいます♪)、コーヒー飲んで、、ってしたつもりが、もう一度笛のところに戻ると、なぜか時計の針は3時45分、、あ〜れ〜* ̄◇ ̄*?おかしいな、いつのまにそんなに時間が、、、

「さっき、確かお茶会始めたの、3時だったわよねぇ−−?」とみんなで首をひねります。。^^?ほんと不思議、、

そこから、今度は録音しながら、おしゃべり抜き、で一気にプログラムを通して、、、

なんだか緊張して、簡単なところで音間違えたりしちゃった@_@;、、これ、本番でよくやることなのです。本番は気をつけないと〜−−;

"Singing in the Rain"も、今日はうんとノりやすくて吹きやすい(☆-☆)。初めてこの曲の面白さが出せたような気が♪

後はドレスの相談したり、自己紹介の相談したり。。。するうちに練習終りの時間になってしまいました。

そうそう、ドレス!!前回のグループレッスンの後、連絡がまわってきて、今回はやっぱりエスニック調ドレスはやめようか、ということになりました。

演奏に集中したいので、着慣れた落ち着く服の方がいいんではないか、ということで。

着慣れた落ち着く服、というのが黒の上下、とお聞きして、で、私はちょうど、エスニック上着の下に着る用に黒のスリップドレスをオークションで4,500円で落とした日だったので、ちょうどいい〜♪d(⌒o⌒)b♪そうしましょう〜♪と、黒の上下、という服装に変更となりましたのにゃ。

いつか、今回のエスニックドレスも着てみたいですにゃ〜♪でも今回は黒のスリップドレスにします〜(☆-☆)、早く届かないかなあ、、、
(OさんもS部さんもYえさんも去年と同じ上下にされるのだそうです。新調されてもいいのににゃあん(☆-☆))


********抜粋ここまで********



2006年05月30日(火) No.144 (KiKi練習)

大初見大会♪



**********当日のブログ抜粋*************
今日は、所属させていただいている、"西日本点在アンサンブル"の集まり日♪

それも、久しぶりに、コンサート目的でなく、ただただひたすら"吹き散らかし"、吹いてみたい楽譜をどんどん初見で吹いて遊ぼう〜♪♪という大初見大会でした♪d(⌒o⌒)b♪

もう、めちゃめちゃ楽しみでo(^−^o)(o^−^)oだって初見大会大好きなんですもの〜♪♪

西日本点在アンサンブル(仮称)は、その名のとおり、南は福岡、松江、鳥取、北は名古屋、そして私=大阪、と文字通り、メンバーが点在しています。

そしてそして、、、毎回の練習、、中間地点、ということで皆様、大阪に集まってくださいます。。。ほんとにいつも申し訳なくて有り難くて、、たまらないのです。。いつも遠いところ、お疲れさまです。ありがとうございますのにゃ〜♪♪m(..*)m♪

仕事が忙しくなったり、で中々、コンサート目的だと集まれない、予定が立たないので、その日だけの吹き散らかし遊び大会なら集まれるんでは、ということで、今回の集まりが企画されました♪

集まったのは、名古屋から流離の古楽器吹きさん、福岡からwat392さん、鳥取から"ゆゆ"さん、そして私、の4人でした♪

******

午前10時から午後5時まで、、、、お昼休憩なし、でひたすら吹きました♪♪(☆−☆)るるるんるるるん♪、めちゃめちゃ楽しかったです\(*⌒◇⌒*)/♪♪

"ゆゆ"さんが来られるお昼過ぎまでは、三人なので、トリオソナタを♪

wat392さんは凄腕の編曲家さんでもあるのです(☆−☆)。なので、西日本点在アンサンブルで吹く曲は95%くらいがwat392さん編曲の曲♪

おととし、病院コンサートのために福岡までみんなでうかがった時、夜中に初見大会で遊んでとっても素敵だった、ご自身編曲のバッハのトリオソナタ(オルガンソナタBWV.525とか)三曲(A.T.B、とかA.T.GBという編成♪)持ってきて下さってたので、それパラパラ吹いたり、6月の"ほわっと"コンサートで吹くヴィヴァルディのフォリア(こちらは流離の古楽器吹きさん編曲です〜♪)の予習かねて三人で吹いてみたり♪

フォリア、雰囲気がつかめて嬉しかった〜。なんとか、、練習がんばったらなんとかなりそう、と思えたのもホッとしたし、何より、三人で合わせたので、全体の和音とか、、いい感じな曲なのがよくわかって、これから練習するのにやりやすくなりました♪中間にとっても美しいゆったりところが出てきたり、、ほんとの合わせが楽しみでたまらなくなりました。練習、がんばるぞ〜♪♪

12時過ぎに"ゆゆ"さんが来られてからは、本格的にカルテットで初見大会〜♪♪

wat392さん、にゃんとにゃんと!ヴィヴァルディの《調和の霊感》を12曲全部、リコーダーカルテット用に編曲して持ってきてくださいました(☆−☆)/すご〜い〜〜〜♪♪

音の端折りなし、原曲通り、のハデハデに動く曲達、、次々にパート替えっこして吹き進めるの、、吹けなくて悔しいところも多々でしたが(特に上のパート吹いた時とか−−;)、、楽しかったなああああo(^-^o)(o^-^)o
(だって、「難しそうだからゆっくりで吹こうね〜^^♪」と言いつつ、、CDと同じような速さで皆様吹かれるんですもの* ̄◇ ̄*、、うははは、指がついていかないってば、、)

歌える方ばかりなので、どの曲も中間部の緩与楽章が(☆-☆)、、、どのパート担当してるときも、吹いててうっとり、、楽しくてたまりませんでした。

あと、同じくヴィヴァルディの協奏曲《夜》まで、カルテットで吹けるように編曲したの持ってきてくださってました(☆-☆)。

これのソプラノはwat392さんが吹いてくださったのですが、、、* ̄◆ ̄*いやあ、すごかったすごかった♪あれはwat392さんしか吹けませんね、たぶん* ̄◆ ̄*
(最終楽章とか、、「もっと速くしよっか(☆-☆)」と、去年のクイケンカルテットも真っ青の速度で、、−−;、、ついてくの必死でする。。。でもこういうの、エキサイティングで楽しい〜♪d(⌒o⌒)b♪)

《夜》と《調和の霊感》全曲吹いてしまった後は、ボワモルティエのソナタしたり、《ア・ラ・ブラーヴェ》を難しい難しい、と文句いいつつ各パート替えっこして何回も吹いてみたり、流離の古楽器吹きさんとwat392さんがツィンク持ってきておられたので、それとテナー・バスリコでルネサンス曲吹いて遊んでみたり♪

最後にもう一度、《調和の霊感》の中でよかった曲をピックアップして合わせて♪

ここで、今日は夜に用事があるのに無理に来て下さってた流離の古楽器吹きさんが帰られます。。お疲れ様でしたm(..*)m。お名残惜しいのですにゃ┯_┯
(来週の合わせの時にまた〜♪d(⌒o⌒)b♪)

そこから、5時まで、今度は"ゆゆ"さん、wat392さん、私、の三人で、ハイドン・パーセル・マッテゾン・ボワモルティエの別のソナタ、等々合わせて、こちらも最後にもう一度wat392さん編曲のバッハのソナタを合わせて♪(なにしろ、難しいのだけどそれだけに面白くて、しかも吹いててとっても効果的な素敵な編曲なんですにゃ、wat392さんの曲♪しかもしかも、大体、バロック好きな者にしたら「(☆-☆)わあっ、それっ♪」という曲ばかり♪いつまででも合わせていたいのです♪)

まだ2曲目の第一楽章しか吹いてない、という時に時間切れ、、

「この後ろ髪ひかれるのがまたいいですね(^^)。2楽章は次回の楽しみにしましょう」

と、急いで片付けて、楽しかった楽しかった本日の会はお開きです♪d(⌒o⌒)b♪

"ゆゆ"さん、wat392さんも、今日は遠いところ、お疲れ様でした。ありがとうございましたのにゃm(..*)m

*****

実は、、、とっても濃く楽しい時間だったのですが、、、帰りの車の中では、「私ってなんて下手くそなんだろう−−;」と多少落ち込んでおりました┯_┯、、

だって、、、皆様すごすぎるんですもの。

指のまわり方だって、同じ人間でどうしてこんなことが出来るんだ〜@_@、と信じられないくらいのおそろしいまわり方(それも安定してほぼ完璧に、、)だし、その上に、初見でしっかり音楽作ってこられます。緩与楽章では装飾まで@_@、、

何より、一緒に吹いてると、皆様それぞれに「自分の音楽、表現したいもの、好きな形」をしっかり持っておられるのが伝わってきます。一人一人の音楽がすごく個性的なのです(☆−☆)。

なんていうのかな〜、、音楽で会話してる感じ、、合わせてるだけじゃなくて、「僕はこう思う」「あ、私はこんな感じが好き」「♪だったらここはこう合わせて」って、言葉じゃなくリコーダーで曲を合わせながら、その音楽通して会話してる気がするのです。
(そうやって一緒に吹くたくさんの曲達、、ほんとにほんとに濃く楽しい時間でした(☆−☆)。)

もちろん、音楽で会話、というのは、いろんなところでアンサンブルさせていただける機会ごとに経験させていただけるのだけど、それが今日みたいなアクロバティックな曲ばかり、でしかも初見、なのに全然ストレスなしで楽しめる(自分が吹けない、というストレスは目一杯ありますが−−;)、というのはほんとにほんとに、滅多に体験できないことではないかと思うのでする。。

はぁぁぁ、ほんとにすごいなあ、、、こんなすごい人達が同じアマチュアとして(しかも最近吹く時間がなくて〜、なんておっしゃる方ばっかりT−T、、うううんうううん、理不尽だ、、)いらっしゃるなんてなあ(☆−☆)。。

たまに、こうやって、自分がいかに下手っぴかをガーンと思い知らせていただくのは、とても有り難い経験です。その時は落ち込んでしまうけど、、でも、すごい刺激いただけてしまいますもの(☆−☆)。

一夜明けて、これ書いてる今(29日の昼〜)、なぜだかやる気むくむく、、リコーダー吹くのが好きでたまらない気持ちでいっぱいなのですにゃ♪
(きのうはほんとに落ち込んでましたよ〜−−;、、私ときたら、毎日練習してるのに、しっかり指まわらないとこたくさんだし、装飾なんてとてもとても入らないし┯_┯、、何より、精神的に弱い欠点が浮き彫りになってしまいます。。。ノリノリな時はいいんだけど、少しでも迷いが生じたり弱気になってくると、自分の感じた音楽が出来なくなってしまう、、この日もたまにそんな瞬間があったので、、、うむむ、まだまだ要修行、なのですにゃ。

あ、でも、楽しく楽しく、のめりこんで吹けた時間のがたくさんでしたが♪d(⌒o⌒)b♪)

はわはわはわ、、ほんとに楽しい一日過ごさせていただきました。みなさま、遠いところ、、ほんとにありがとうございました。

次の合わせられる機会を(wat392さんが「また6月か7月あたりに(^^)」っておっしゃって下さったので♪d(⌒o⌒)b♪めちゃ楽しみ〜♪♪)、心待ちにしつつ、練習&修行がんばります♪

*****

実は、、、とっても濃く楽しい時間だったのですが、、、帰りの車の中では、「私ってなんて下手くそなんだろう−−;」と多少落ち込んでおりました┯_┯、、

だって、、、皆様すごすぎるんですもの。

指のまわり方だって、同じ人間でどうしてこんなことが出来るんだ〜@_@、と信じられないくらいのおそろしいまわり方(それも安定してほぼ完璧に、、)だし、その上に、初見でしっかり音楽作ってこられます。緩与楽章では装飾まで@_@、、

何より、一緒に吹いてると、皆様それぞれに「自分の音楽、表現したいもの、好きな形」をしっかり持っておられるのが伝わってきます。一人一人の音楽がすごく個性的なのです(☆−☆)。

なんていうのかな〜、、音楽で会話してる感じ、、合わせてるだけじゃなくて、「僕はこう思う」「あ、私はこんな感じが好き」「♪だったらここはこう合わせて」って、言葉じゃなくリコーダーで曲を合わせながら、その音楽通して会話してる気がするのです。
(そうやって一緒に吹くたくさんの曲達、、ほんとにほんとに濃く楽しい時間でした(☆−☆)。)

もちろん、音楽で会話、というのは、いろんなところでアンサンブルさせていただける機会ごとに経験させていただけるのだけど、それが今日みたいなアクロバティックな曲ばかり、でしかも初見、なのに全然ストレスなしで楽しめる(自分が吹けない、というストレスは目一杯ありますが−−;)、というのはほんとにほんとに、滅多に体験できないことではないかと思うのでする。。

はぁぁぁ、ほんとにすごいなあ、、、こんなすごい人達が同じアマチュアとして(しかも最近吹く時間がなくて〜、なんておっしゃる方ばっかりT−T、、うううんうううん、理不尽だ、、)いらっしゃるなんてなあ(☆−☆)。。

たまに、こうやって、自分がいかに下手っぴかをガーンと思い知らせていただくのは、とても有り難い経験です。その時は落ち込んでしまうけど、、でも、すごい刺激いただけてしまいますもの(☆−☆)。

一夜明けて、これ書いてる今(29日の昼〜)、なぜだかやる気むくむく、、リコーダー吹くのが好きでたまらない気持ちでいっぱいなのですにゃ♪
(きのうはほんとに落ち込んでましたよ〜−−;、、私ときたら、毎日練習してるのに、しっかり指まわらないとこたくさんだし、装飾なんてとてもとても入らないし┯_┯、、何より、精神的に弱い欠点が浮き彫りになってしまいます。。。ノリノリな時はいいんだけど、少しでも迷いが生じたり弱気になってくると、自分の感じた音楽が出来なくなってしまう、、この日もたまにそんな瞬間があったので、、、うむむ、まだまだ要修行、なのですにゃ。

あ、でも、楽しく楽しく、のめりこんで吹けた時間のがたくさんでしたが♪d(⌒o⌒)b♪)

はわはわはわ、、ほんとに楽しい一日過ごさせていただきました。みなさま、遠いところ、、ほんとにありがとうございました。

次の合わせられる機会を(wat392さんが「また6月か7月あたりに(^^)」っておっしゃって下さったので♪d(⌒o⌒)b♪めちゃ楽しみ〜♪♪)、心待ちにしつつ、練習&修行がんばります♪

*****

帰ると、朝、出掛けに

「今日はなんか晩御飯作っておくからゆっくりしてきて」

と言ってくれた主人が晩御飯作ってくれてるところでした(ありがとにゃあああん♪d(⌒o⌒)b♪)

晩御飯食べて、2時間ほどくったり、と仮眠、、それから起きて息子のご飯の世話して、トラヴェルソの練習開始♪

なんて恵まれた日曜日なのでしょう♪こんな好きなことばっかりな時間、主婦が過ごさせてもらっていいものなのかしらん。。。

もう、今日はリコーダー目一杯吹いて満足満足♪(というか自分のふがいなさに多少落ち込み気味)、、だったので、リコーダーの練習はさすがにお休みすることにしたのだけど、なぜかトラヴェルソ手にしてあがいてみたくなりました。

カプリス3曲、タファネルゴーベル、テレマンの無伴奏ファンタジー、h-mollソナタ、とフルコース吹きながら、、

帰りの車の中でも考えてたのだけど、、、表現、ってなんだろう、、私に出来ることってなんだろう、、、どうしたら、吹かせてもらって聴いてもらった時に「心地良い」時間を過ごしてもらえる音楽ができるんだろう、、、

あんまり、下手さを実感させていただいたので−−;、、、ちょっと根本的なことをつきつめて考えてみたくなってしまいました。

それでも、、私に出来ることってやっぱり、、練習なんかなあ、、、あと、もっと良い演奏を聴いて耳肥やすこともした方がいいかも、、

とかいろいろ考えたり、、

うにゃ〜、ほんとに大きな刺激いただいた日でした♪練習だけじゃダメなんだよなあ、、、でも基礎練習ももっときっちり積み上げたくなっちゃったし、、、うにゃあ、がんばろ〜♪

************************************


《調和の霊感》や《夜》、バッハのトリオソナタ、のようなスリリングで格好よい曲を、思い切り集中して吹く&合わせることの出来る時間、、、今、思い出しても幸せでたまりません。

また、早く合わせたい〜(☆-☆)、、、でも、それまで、個人練習、がんばるぞ〜(☆-☆)♪
2006年05月28日(日) No.143 (リコーダーアンサンブル)

415Hzアンサンブル♪


ブログからの転載ばかりでごめんなさい−−;、、こちらに詳しく書くようにしよう、と思いつつ、、つい、やっぱり当日の日記の方が臨場感もって詳しく書いてしまうのでする。。。

という訳で↓この日もブログから〜

******************************
今日は415Hzのアンサンブルに混ぜていただける日o(^−^o)(o^−^)oでした。前々からとっても楽しみにしていたのです。

チェンバロパート弾いてもらうため、主人もお誘いお誘い♪わざわざ仕事を早めに切り上げて帰ってきてくれました♪d(⌒o⌒)b♪

アンサンブルは、神戸で午後1時から、なのですが、朝から主人の帰りを今か今か、と待っていたのでもう12時前@_@早く行かねば!、、主人が帰ってきた♪やたっ♪と急いで、、、急いで出かけたかったのですが、、荷物用意して外に出ると、なぜか車のタイヤにシュコシュコと足踏み空気入れで空気を入れている主人、、、* ̄◇ ̄;*?どうしたん〜?

なんと−−;、、何かを踏んだらしく、前輪右側のタイヤがパンクしているらしい、、、┯_┯そんなあああ、、、もう今すぐ出ないと間に合わないよぉぉ┯_┯、、

そういえば、きのう、仕事の帰り、何かがパンッとかいって前のパンパーに当たってきたよなあ、、、あれをその後踏んだのかしら−"−、、うむむむむ、、

「何かがささったままになってるのが見えるから、これ抜かへんかったら少しずつしか空気抜けていかへんから、空気足しながら騙し騙し、神戸くらいまでいけるやろう♪」

と主人。向こうに無事着いたら、ゆっくりパンク修理したらいいから、と車のタイヤ用のパンク修理キットをせっせと車に積み込んで、、タイヤの空気圧を2kg以上にして、、ささ、しゅっぱぁつ♪

。。。。今日、主人が一緒に来てくれることになっててほんとに良かったです−。−、私一人で神戸まで出かけてたら、高速道路の途中でパンクに気づいて、どうしようもなく立ち往生するところでした−−;

それでも、30kmも走ると2.0kgいれた空気圧は1.8kgに、、、−−;、、運転してて、タイヤの感じがおかしくなるのでわかるのです。

そのたびに、サービスエリアやら緊急停車帯に止めて、数分かけて空気いれて、、、

結局、2時過ぎにやっとアンサンブル会場に到着しました〜♪やった〜♪♪

******

そういえば、以前に、うつみんさん・ハナちゃん・ひろこさん達のアルモニコアンサンブルの練習日記で、すっごく見晴らしのいい素敵な展望台のようなところのお話を読んだことを覚えています。

今日の会場はなんと、そこでしたのにゃ(☆-☆)。。明石大橋のふもとの高台にある公園、海と明石大橋がど〜んと見晴らせるところにある会場、丘の上の建物の一番上に、全面ガラス張りであずまやみたいにしてある、とっても素敵なところでした♪(☆-☆)♪
(ただし、空調設備がないのが難です−−;、、暑かったぁ、、真夏は使えませんね−−;、、)

ガラス張りなので、登っていくと、吹いておられるのが見えて、わくわく〜♪ちょうど、クヴァンツのC-Durソナタを吹いておられるところでした。

そこから、、テレマンの四重奏曲(リコーダー、トラヴェルソ二本、チェロ、チェンバロ)、とかヴィヴァルディ、テレマン、レイエ(トラヴェルソ二本、リコーダー二本、に通奏低音の入るとっても綺麗な曲でした〜(☆-☆)♪)etcetc...

5時まで合わせまくり〜♪d(⌒o⌒)b♪

4時半頃に、ちびぱんださんからのリコーダーを預かって、受け渡しのために持ってきてくださったうつみんさんがいらっしゃって、ずっと横で聴いててくださいました。
5時少し前に終わる頃にいらっしゃってすぐに受け渡しできると思っていたのですが、早めに来てくださったのだ。うつみんさん、吹いてるの待ってて、聴いててくださってありがとうございます〜。
5時にはうつみんさんを迎えにハナちゃんもやってきて、やあやあやあ♪♪今日お二人ともお会いできるなんて嬉しいのですにゃ♪

トラヴェルソや415hzリコーダーで、大好きなバロックのアンサンブル曲の出来る時間、、終わってしまうのが名残惜しくてたまりません。もっと合わせたい気分〜、、と欲張りになってしまいます。。

でも、トラヴェルソ、たくさん吹かせていただいて、、とっても楽しかったです〜♪♪

とくに、レイエの笛四本とチェンバロ、で吹いた曲、全員で吹けてしかも新しい響きで(☆-☆)、気持ちよかったのだワン♪♪

楽しかったアンサンブルの後は、主人も一緒にみんなで晩御飯食べて♪
(うつみんさん達は6/4の名古屋である交歓会の練習をこれからされるのでここでお別れなのです〜┯_┯/~~。肉離れ起こされた足をひきずって歩かれてるのが痛々しかったのだ┯_┯
交歓会までに出来るだけ元とおり良くなっておられますように。)
少しコーヒーなどもいただいておしゃべりさせていただいてから帰ってきました♪
(そそそ、帰る前に、駐車場で、10分もかけずにパンク、直してくれました♪d(⌒o⌒)b♪ミルパパ、ありがとにゃん♪)

*****

帰りの車の中でも言っていたのですが、、ちょっぴり吹き足りない、、もっともっと吹きたい気分〜(☆-☆)、、ちょうどノリノリになってきたところでお開きだったので。。
(私たちより一時間早く、ちゃんと1時から集まっておられたbizeyさん達は「そろそろもういっか〜」という気分になっておられたそう。うう、この一時間の差は大きいのだ┯_┯)

で、帰ってから、今日はトラヴェルソはもう吹かない(吹けない)つもりだったのですが、あと一曲だけ、と、主人にチェンバロ伴奏(キーボードですが)してもらって、憧れのテレマンのh-mollソナタを吹きました♪

主人のチェンバロ、、大勢で合わせると全然気にならないどころか、とても素敵に弾いてくれる気がするのですが、二人であわせると、ひたすら走って走ってどんどん速くなるのが気になります−−;。吹きながら、小節の切れ目で「速くなってる」と早口に言わないといけないんだものん、、どうしてあんなにアセって弾くのだ〜?

それでも、前から通奏低音付きで吹いてみたかったh-mollソナタ、吹けて嬉しかった〜♪ミルパパ、ありがとう〜♪♪

第4楽章、通奏低音にあおられながらだと、かなりの速さでパランパラン吹けました。たまたま、かもですが−−;。でもなんか気持ちよかった〜(☆-☆)♪
******************************


私にとって、415Hzの楽器でアンサンブルさせていただける機会、というのは本当に楽しく貴重な経験です。

いつもありがとうございますのにゃ〜♪♪
2006年05月27日(土) No.142 (415Hzアンサンブル)

秋山先生グループレッスン&リコオケ♪



********当日のブログより************

♪d(⌒o⌒)b♪とっても充実した笛笛な一日でした♪(意味不明な日本語でごめんなさい−−;)

朝、起きる時は体もだるく、かなり起き辛かったのですが−−;、、無理やり起き上がって、まずお風呂に、、、

体と頭暖めて、、、目が覚めてきました♪

さあっ、今日はKiKiのみんなで秋山先生にグループレッスン♪コンサートの曲の仕上げ(?)に入ります。。。その後は、引き続き同じ場所で、やはり秋山先生にご指導いただいて、心斎橋リコーダーオーケストラの初練習、なのです♪
("心斎橋リコーダーオーケストラ"、は、6月10日のジョイントコンサートでジョイントする三つのリコーダーグループ"もも""KiKi""テン・サーティ"、のメンバー+特別出演でコントラバスのK藤さん、グレートバスのS心さん、の総勢14〜15名で今回初めて編成するリコオケなのですにゃ〜♪♪)

*****

まず、KiKiのレッスンから♪

・フレスコバルディの2つのカンツォン

 一曲目をクールに、まるでオルガンそのものの響きのように吹く感じ、、すごくよくわかりました。うん♪うん♪こんな感じで吹きた〜い♪と嬉しくなってしまう感じ、、、
その分、その影響をもろに受けてしまって、二曲目は違う吹き方なのに、どうしても一曲目をひきずってしまう、、、
これ、本番でパキッと切り替えられるかしらん、、、しっかりと切り替えたいぞ、、

・マルチェッロ、協奏曲

 第3楽章、、、今だ仕上がっておりません−−;、、、、「はい^^;、、今までと一転して、、これは何やってるのかわかりません、、、ね^^;」と秋山先生、、、はい−−;、、うううう、、
どうしても小さな三拍子に感じてしまうのを大きな二拍子で、、、(☆−☆)をを、ちょっとだけ吹きやすくなってきたかも(☆−☆)。
これは要猛練習、です。

・テレマン "la caccia"

 吹き始めて、あれ?とびっくり、、、こないだまでとっても綺麗に感じた出だしがなんだか汚い、、、┯_┯
 音を切りすぎると響きが重ならず、全然違う曲みたいになってしまうようです、、、難しいなあ、、
 一楽章の終わり方ももって打ち合わせ・合わせせねば♪ 

・"雨に濡れても"(ビギン風)

 象牙つけてもらったアルトリコーダーで吹くメロディが、飛躍的に吹きやすくて(たぶん聴く分には同じだと思うのですが−−;)
 吹きやすかった〜。
 さらに、吹きにくくて苦労していた、合いの手的なフレーズからすぐにメロディ、というところも、吹き方提案していただいたら夢のように吹きやすくなって嬉しくなりました♪
 全体的には、Yえさんのバスにノッて、S部さん・Oさんの軽やかなメロディの雰囲気にノッていければいいんではないかと♪

・"Someone Watch Over Me"

 終わり方の練習したり、細かな音程の調整したり、、、、でもこれもS部さんののりのりなジャジーなメロディにぴったり沿っていけばいい感じ♪
 これのバス吹くの楽しくてたまりません♪(三声になるところは、バスも、伴奏ではなく三声の一部として一緒に動いたら、とアドヴァイスいただいて、これは実地にやってみなかったので、次の練習で吹いてみるのが楽しみなのです〜(☆−☆)。どんな感じになるだろ〜♪)

*****

コンサートまで、もうあと3週間、を切りました、、、細かな打ち合わせとか事務連絡、、うにゃあ、なんだか楽しみで楽しみでたまりません。わくわくしてしまう〜o(^−^o)(o^−^)o

レッスンの後、少し休憩していると、テン・サーティのみなさまとS心さんが来られました♪
(そそそ、今日は見学でTちゃんが来られてて、久しぶりにお顔見れて嬉しかったのです〜♪d(⌒o⌒)b♪)

"もも"の皆様は、コンサート当日、岡山から来られるので、前もっての合わせには参加できませんのにゃ。

で、KiKiの4人、テン・サーティさんの4人、S心さん、の9人で本日は練習開始です♪指揮・指導は秋山先生〜♪d(⌒o⌒)b♪

(☆−☆)すっご〜い楽しかった、、、面白かった♪、、オープニングに吹くシャルパンティエの"プレリュード"、プログラムの中心である、ヘンデルの"水上の音楽"、、、どの曲も吹いてて本当に楽しくてたまりませんでした。
(ちょっと、簡単な曲とばかり思ってたらば、案外必死で吹かないといけなくてドキドキもしましたが、、、こういうドキドキ、ちょっと好きだったりします♪)

指揮に合わせて大人数で心合わせて吹くの、って、、少人数アンサンブルとはまた別の喜びがあります♪d(⌒o⌒)b♪面白いなあ♪

一緒にソプラノ吹くテン・サーティのT田さん♪トリルの入れ方とか細かな吹きたい感じがもしかしたら似ているんでは(☆−☆)(合わせてくださったのかも−−?)、、一緒に吹いてるのがすごく楽しかったのです♪

全体の音程も、人数増えてるのになぜかしっくり、とハマる気がする(☆−☆)、、、この、合ってるかも〜♪という響きの中で自分の音出す感覚、、好きでたまりません。なんともいえず心地良いのです。。

これは、、楽しいコンサートになるかも(☆−☆)、、、楽しんでいただけるかも(☆−☆)♪

コンサートが楽しみで、今、すごくワクワクしています♪

お時間のあるみなさま、どうかよかったら、ぜひぜひ♪6月10日(土)、午後4時から、心斎橋"開成館ホール"までお越しくださいませにゃ。きっと楽しんでいただけると思います〜♪d(⌒o⌒)b♪

*コンサートで、竹山さんローズウッドソプラノリコーダー"ローちゃん"をデビューさせる予定なのですが、
こないだのKiKiの練習と今日と、初めてローちゃんだけを使ってみました。

(☆−☆)をををを、なんてすごい良い楽器なんだ、と吹くごとに実感、、、上の音が甘く響いてくれる気が、、甘く鳴るけどしっかり通る音で鳴ってくれる気が、、、何か、吹きたい気持ちにしっかり応えてくれる気が、、、♪

上の音がちょっと低く感じたりする瞬間もあるのですが、、、やっぱり竹山さんの楽器、好き〜♪と実感♪
それにそれに、楓の楽器と迷って迷って、ってしてた時に竹山さんのご主人さんが「ローズウッドの方が音が通ってて全然違いますね。僕はこっちのがいいと思いますよ〜」って薦めてくださったの、アンサンブルの中で吹くとその言葉の重みを実感します♪ほんとだほんとだ〜♪d(⌒o⌒)b♪

うにゃ♪ローズウッドのこのソプラノ選ばせていただいて良かった(☆−☆)、と心から思いましたのにゃ♪

*****ブログここまで〜**********


次の日も、「きのうは楽しかったなあ(☆-☆)、、またみんなで合わせられるの、楽しみだなあ」と、余韻にひたっておりました。


2006年05月21日(日) No.141 (グループレッスン)

P.A.P.S.練習♪



********この日のブログ抜粋〜*********
本日は、K藤さんが声かけて下さった、うつみんさん達と一緒に吹かせていただくアンサンブルP.A.P.S.の練習日でした♪

本番は、6/25(日)のピアノ発表会&7/24(日)のピアノ発表会、の2回です♪d(⌒o⌒)b♪

K藤さん、うつみんさん、ハナちゃん、たまきさん、私、そしてピアノ担当でひろこさん〜♪の6人で〜♪♪

今日は憧れのK藤さんのお宅にお邪魔させていただける、ということで、とっても楽しみにしておりました♪d(⌒o⌒)b♪
(か〜わいいワンコちゃんがいらっしゃる、ということで、写真も見せていただいて、会えるの楽しみにしてたのです〜(☆-☆)♪)

午後1時から♪

K藤さんのおうちは、神谷師匠が前に住んでおられたマンションのとても近くなのです。。。。車で近くまで行って、、、ああああ、懐かしい、、、めちゃ懐かしい、、、暑〜い夏の日や(日傘さして歩いたっけ)、寒〜い冬の日、、この道を師匠のところまでてくてく歩いてレッスンに通ったなあ、、、あれはもう15年くらい前のことになるのかな、、、懐かしい〜(☆-☆)、、

懐かしくて懐かしくて思わずトロトロとあたりを見回しつつ車でお散歩してしまいました♪はぅ、とっても楽しい思い出だからこそ、こんなに懐かしくて嬉しくなってしまうのでしょうね、、、

*****

アンサンブルの練習は、午後1時〜午後5時まで♪

お茶タイムもおしゃべりタイムも入って、全曲一通り♪まだ合わせるのは二度目なのに、なんだかほとんど出来上がってきてるような(☆-☆)♪

うつみんさんのソロ、ハナちゃん、たまきさんのテナー・バス&K藤さんの打楽器〜♪に合わせて吹いてると、「あ〜、後打ちだけのパートでもこんなに面白いんだあ(☆-☆)」と、とっても簡単なパート吹いてても楽しくてたまりません。
と、いうか、一見簡単な譜面でも、ソロと息合わせてメロディが乗りやすいように、バスとノリが合うように、リズムがノリノリになるように、なんて思って吹いてると結構難しいのです@_@、、、ひゃ〜ん、面白い〜♪♪

メロディ吹かせていただくパートでは、下からうねるように波に乗せてくださるので、それに乗って吹くのがまた気持ちよくて(☆-☆)♪

自分がどう吹くか、そんなことよりも一緒に吹いているアンサンブルそのものが楽しい、みんなで同じ曲を作り上げているこの時間が嬉しい♪P.A.P.S.でのアンサンブルはそんな喜び感じる気がします♪

*****


遊びで合わせるのではなく、人に聴いていただくの前提で、普段合わせる機会の少ない方達と合わせる、、これ、実はちょっと緊張することだったりします。

普段合わせてない分、待たなくていいところで待ってしまったり、どのくらい自分を主張していいのか加減がわからなかったり、、

でも、それがとても良い勉強になる、と思える、、、ストレスになるのではなく、そんな緊張感が逆に面白い、楽しいと思える、、そんな気がするP.A.P.S.さんなのでした♪

6/25の発表会まで、私がもうほとんど空いてる日がなくて、練習には参加させていただけそうにないのですが┯_┯、、次、合わせられる日がとても楽しみです♪

発表会、、楽しく吹けるといいなあ〜o(^−^o)(o^−^)o



2006年05月16日(火) No.140 (リコーダーアンサンブル)

衣装選びも♪


いよいよ、コンサートも真近にせまってきて、、KiKiの練習も熱が入ってきております。

いつも通り?に、一番遅れてOさん宅にうかがった私、、、玄関入ってびっくりりん* ̄◇ ̄*、、、みんな、コンサートの衣装着てる〜!!

今日は、コンサートの衣装を持ち寄って、点検?しよう、という話はしていたのだけど、、まさかもうちゃんと着ておられるとはっ♪

負けじ、と私もすぐに着替えて〜、、、4人並んで映る鏡、というのはないので、Oさん宅の洗面所にひしめきあいながらみんなでいろんな角度からためすつがめつ、、「yえさん、下に着るのは○○色がいいのじゃない〜(☆-☆)?」「あ、あるよ、着てみる?(^^)」とOさんがすぐに上から持ってきてくださって、、私も、エスニック衣装の下、白いキャミのつもりだったのですが、「もしかして、黒のがいいかしにゃん、、」と迷ってたら、
「あ、あるよ♪着てみて♪」とすぐに、レース地の素敵なキャミを貸してくださいました。(☆-☆)ををを、こんな感じならいいかも〜♪これは、黒のレース地っぽいスリップドレスを買った方が良いかもしれません(☆-☆)
(Oさん、ありがとうございます〜♪♪それにしても、、さすが、ピアノ奏者さんなので、コンサート用の衣装、たくさんお持ちなのですにゃ(☆-☆)♪)

その後の練習はかなり集中して真剣にやりました♪

↓当日のブログから〜♪
******************
きゃあきゃあと着替えしての衣装選びから始まって、真面目に始めたリコーダーの練習では、プログラムの全曲を丁寧に、、いろんな相談しつつ何度も吹きました。

KiKiでの練習がどうしてこんなに好きなのか、どうしてこんなに楽しいのか、わかった気がしました。

曲へのアプローチ、「ここはどうしたら?」「こうしよう?」「こんなんは〜?」と4人で自由に意見飛び交って「とりあえず、じゃあまずそれで吹いてみよ♪」等試して吹いては決定して、、というプロセスが、自分がいつも一人でレッスン曲の練習してる時の進み方、感じ方ととてもよく似ているのです(☆-☆)。

一人でやるのでも大概好きなプロセスを、4人で出来る、、、出てくる意見も、自分には思いもつけない素敵なものだったり、「あ♪そういう吹き方もあるんや〜♪」と感激するものだったり、、面白さ・喜びが何倍にもなるのです。。

しかも、ずっと同じメンバーで、同じところ目指して一緒にいろいろ考えてきた仲間、、、4人で一つの体、みたいな感覚で、、、

「あ〜、だからKiKiで吹くのはこんなに楽しいんだ〜(☆-☆)」

と一人で勝手に実感しておりました。Yえさん、S部さん、Oさん、、こんなに大切に思えるメンバーとめぐりあえて、カルテットさせていただけること、、、本当に幸せだと思いますのにゃ〜♪♪
*********************************


ほんとに実感した日でした。いつも家で、一人で曲作り考えつつレッスンで見ていただく曲の練習してるのと、とってもよく似た感覚、、、4人違う人間がそろっているのに、こんな風に集中して、一つの音楽を作り上げていけるなんて、、なんて楽しいのだろう♪

次は21日(日)、秋山先生にグループレッスンしていただきます。コンサートまであと少し、、、がんば〜♪d(⌒o⌒)b♪

2006年05月13日(土) No.139 (KiKi練習)

初対面アンサンブル♪


KiKiのメンバー、yえさんの所属なさる、もう一つのアンサンブル○○○○、のメンバー、ななさん達と、初めてお会いして初めて一緒にアンサンブル♪させていただいてきた日でした♪

ななさんと出会ったのは、去年、リコーダーアンサンブル★cecilia★さんのコンサートにうかがった時。

私も何度か演奏させていただいてお世話になっている豊中のお好み焼き屋さん"ほわっと"で、白木絵美さん達の開かれたこのコンサートで、偶然同じテーブルに座られたのがななさんともうお一人、同じアンサンブル○○○○の方でした。

「豊中でリコーダーアンサンブルしていて」等のキーワードに、おしゃべりするうちにピン♪ときて、「もしや先生はH島さんですか(☆-☆)?」「もしや○○○○の方ですか?(☆-☆)」とお聞きしたらピンポーン♪そうだったのでした♪d(⌒o⌒)b♪

しかもしかも、にゃんと私のHPも見てくださっているとおっしゃってくださるではありませんか♪恥ずかしいけど嬉しくてo(^−^o)(o^−^)o

その日はそのままお別れしたのですが、去年暮れに始めたmixi、、でまたまた出会ってマイミクにならせていただいたのです〜♪

花祭りコンサートの話を書いたときに、「いつか聴きに行きたいです」って書いて下さって、聴きに来ていただけるのもすっごく嬉しいのだけど、せっかく同じ大阪に住んでいるので、一緒に吹けたら楽しいだろなあ、と思い、
「いつか一緒に吹けたら嬉しいな」と何気なく書いたら、すぐにほんとにお誘い下さったのですにゃ♪

アンサンブル○○○○には、ヤフー掲示板で、藤田隆先生のコンサートの感想書いたのがご縁で、ウッチェリーニの楽譜下さったり、と親しくならせていただいたfuwafuwasimarisuさんも所属していらっしゃるのですが、アンサンブル当日には、しまりすさんも来てくださる、とお聞きしてもう嬉しくて楽しみで♪

こうやって、インターネットで知り合ったり、コンサートでたまたま出会ったり、、そんな縁がどんどん広がって、実際に一緒に笛を吹くことが出来る、って、なんだかほんとに嬉しい、、、PCやってて、笛やってて良かったなあ、と思う一瞬です(^^)♪

当日の詳しくは、今回もまた、当日のブログに詳しく書いてしまったので、転載させてくださいませにゃ。。

*******当日のブログ*******
今日はにゃんと、ななさんと一緒のアンサンブルにおられるfuwafuwashimarisuさん(ヤフーのリコーダー掲示板で、藤田先生のコンサートのことでおしゃべりしたのがきっかけで、その時の素敵だった曲の楽譜送ってくださったり、と、いつかお会いしたいなあ、とこちらも一緒に吹かせていただけるのをとても楽しみにしていた方なのですにゃ〜♪)もいらっしゃる(☆−☆)、ということで楽しみも倍増♪

他にももうお二方、同じアンサンブルの方が来て下さる、ということで、私もいれて総勢5人でのアンサンブルでした♪

10時〜1時まで〜♪いつも吹いておられる、というホルボーンの数曲や春日井RQの山中さん編曲の五重奏の曲の数々、、を合わせたり、fuwafuwashimarisuさんとは、憧れのウッチェリーニのベルガマスカ合わせていただいたり♪

わたしの下手くそなチェンバロ伴奏でヘンデルのソナタ吹いてもらったり、こないだのP.A.P.S.でもらった楽譜、ボンサーのピアノ付きの曲がとっても格好良かったのでピアノつけたらどんな感じになるのか速く知りたくて、これまた私の超下手なピアノに合わせて吹いていただいたり、、

合間合間にはいろんなおしゃべりも〜♪♪

ほんとに楽しい一時でした♪

何より心地良く楽しかったのは、皆様とっても感じの良い方で、すぐにリラックスしておしゃべりさせていただけた、というのともう一つ♪皆様の出される音がとても優しく柔らかく、ふわん♪とした音なのです。いつもH島先生にそう教わっておられるのだそうです。「さすが〜♪♪(☆−☆)」と思いました。

みなさまに混ぜていただいて吹くの、すっご〜く気持ちよかったのです♪(☆−☆)。

「初見は苦手なので〜」とおっしゃっていたので、無理を言っては、とあまり楽譜を持っていかなかったことを後悔しました。もっといろいろ合わせたかったです〜♪♪

今日は短い時間でしたが、ありがとうございました♪楽しかったです〜♪d(⌒o⌒)b♪

また良かったら遊んで下さいませにゃ〜♪

*皆様と合わせていただいて、、、はわはわはわ、私、リコーダー、もっとしっかり練習しなければ、練習したい、と心から思ったことでした。。。


yえさんにお聞きしたところによると、○○○○のみなさまとは、KiKiコンサートでもお会いできる、来てくださる方が何人かいらっしゃるそうです(☆-☆)、、ななさんも来てくださるそうなのです♪うわあうわあ、、嬉しい〜。。

ありがとうございます。また、お会いできること、そしてまた、いつかご一緒させていただける日をとっても楽しみにしています〜♪d(⌒o⌒)b♪
2006年05月09日(火) No.138 (リコーダーアンサンブル)