Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



神谷先生グループレッスン♪


KiKiの4人で神谷先生にグループレッスン♪していただいてきました♪d(⌒o⌒)b♪るんるん♪♪



5月の発表会に向けて、それまではパート固定でがんばってやってみようか〜、ということになったので、今回はどの曲も

ソプラノ=cherry、アルト=Oさん、テナー=S部さん、バス=ゆりえさん

という編成で♪

まず見ていただいたのは、バッハのキリエを2曲♪、、、BWV672、と674です♪
(前回の日記にも書きました、
さんたろうさんちで編曲して公開して下さっているカルテット譜なのですが、元々はKiKiには、横浜におられる時に演奏された、というゆりえさんが持ってきて下さった楽譜なのですにゃ♪d(⌒o⌒)b♪
バッハらしくて(☆-☆)、ゆったりしたほんとに素敵な曲なの〜♪)

「何もわからんで〜^^;」とおっしゃりながら、、、、みゃあああ♪にゃんと目からウロコなことをたくさん教えていただいたのでしょう(>_<)♪

まず!

・小節毎の拍節感をもっとしっかり感じて出すこと!

(>_<)、、、初めて吹いた時から、練習、今日、とずっとこの2曲は、パイプオルガンが響いているようなイメージで吹いておりました。。。だからあまり感情こめないで、ポーーーーと鳴る感じ、さりげなく音が重なっていく感じがいいかなあ、って。

最初に聞いて下さってから、

「うううむむむ、、、なんか眠たくなるなあ^^;、、、もう少しテンポあげてリズム感出してみよか〜?、ためしにな♪」(K)

って教えて下さった時でさえ、「んんん〜む、なんだかイメージが違うな〜」なんて思ったくらい。。。

それが神谷さんに指示していただきながら、3拍、というのを大げさに感じて小節の頭をしっかり出して、、って何度も吹いてるうちにシックリ、としてきておっしゃりたいことがつかめてきた気がしたのです♪

「元の曲がたとえパイプオルガンみたいなんでもな〜^^;、リコーダーでそのまま吹いても聴かされる方はしんどいで〜。もっと聴かせる工夫?をしないと♪」(だったかな?)

と♪♪ これ(>_<)!ほんとにそうだな〜(>_<)、って教えていただくごとに実感しました♪(☆-☆)♪

聴いてる側は手元に楽譜があるわけではないから、何拍子の曲かもわからない、、、、そんな状態で、こちらの勝手な思い込みで拍節感のない演奏されると、、、どんな曲かわけがわからなくなってしまう、、というの、、うん(>_<)うん(>_<)、わかる〜。実感できましたのにゃ。

拍節感のない感じ?と一見思える曲でも、実はきっちりと小節の頭は重力感じてて、小節の最後は指揮者が手を持ち上げるような、次〜♪という雰囲気で吹く、、、をををを、同じテンポでも全然感じが違って退屈しない感じになる〜(☆-☆)!

一度、早めに吹いて拍節感出して吹く感覚をつかんで、しっかりそれで吹けるようになってから、テンポを落として、吹きたかったイメージ(テンポ?)で吹いてみると、、、、、、、ほんとに(☆-☆)、同じテンポなのになんだか曲に輪郭・陰影が自然に出てきた気がしました♪

そかそか(>_<)、同じイメージ・テンポ、でも拍節感をしっかり出せているか、感じているか、って、こんなにも大切なことだったんだ〜(>_<)

後、どうしてもこういう曲とか、「どのテンポで演奏するのが正しいのか?」なんて小難しい考え方してしまうわたし達に、

・ベスト、なんて決して求めてはいけないこと(そんなことしたらベスト以外の演奏はダメ、ということになってしまう(>_<))
・どんな演奏、テンポ、もアリ♪で、その日の気分や相談したり、、と、もっともっと自由に感じていろんな演奏があって良い、ということ。
・ただし、どんな演奏するとしても、【決める】ということが一番大切であること、、、

等、心にしみる表現でしっかり教えてくださいました♪d(⌒o⌒)b♪

そそそそ(>_<)、↑の【決める】ということの大切さ、、、、これも一番最初に、

「いつもどんな雰囲気で練習してるんですか〜?^^♪、、どんな感じで演奏していくの(中身を)決めてるんかな?、、決めてないとか?^^;」(K)

って尋ねて下さって、その時はこの質問の意図、というか大切さに気づかなかったのですが(>_<)、バッハの2曲を教えていただいてる途中に、ハッと気づいたのでした(☆-☆)♪

どんな演奏・テンポでも良くて、どんなイメージで吹くのもアリ、OK♪なんだけど、とにかく4人で「舞曲のように♪」とか「ワルツのように♪」「少し二拍目をのばし気味に」とか「スラーの音は切る」等、、、意見統一して心を合わせて同じイメージで吹くことの大切さ(☆-☆)♪

とにかく【決める・イメージを(間違ったものでもいいから)統一する】というそれだけのことで、たとえ思い切り本道から外れたイメージで決めて吹いてしまったとしても、、それなりに聴いてしまう演奏になりやすい♪聴きやすい、ということ(☆-☆)♪

ほんとだ〜(>_<)♪♪これ、独奏の時にはレッスンでよく教えていただいて少し馴染みある(ん?ヘンな表現)ことなのですが(>_<)、、、そっかっそっかっ(☆-☆)、アンサンブルでもこんなに大事なことなんだ♪こんなに吹きやすさや曲の仕上がりが違ってくるんだ♪♪

わたしは特に、アンサンブルで一番大切だと思うこと、大切にしたい(>_<)、と思ってることが、この「個人個人が自由に感じて、《これ!》なんて決め付けずに吹く」ということだったのです。KiKiや西日本点在アンサンブルで楽しく吹けるのはそれが一番大きいんじゃないかな、って思う、、、、みんなが一人一人独立してて、尊重しあえる関係、というのか、自由に感じたままを言い合える雰囲気、というのか♪が好きなの〜(>_<)

でも、いくらそれでも、いえ、だからこそ、別の意味で《決める》ということはこんなに必要で大切なことなんだ♪っていうのがよ〜くわかって納得できましたのにゃ(>_<)♪
(で、その《決める》のは、「今日のところはこうしよう♪」「今回のコンサートではこう♪」って、ほんとにどれが正しい、というのはないので、その日のみんなの気分?で決める、のが大事なのですっと♪うん♪うん♪それ、すっごくわかります♪d(⌒o⌒)b♪それならうんと「ほんとにそうやな〜(>_<)」って思える〜♪♪)

そして〜♪♪前回個人レッスンしていただいた時もそうだったのですが、今日も♪そんな風に全体的に一つ、決めながら、さらにその上でわざと外したりじらしたり待たせたりあおったり、、、という、アンサンブルならでは、の生きた音楽の楽しさ、も教えてくださいました♪
(後で見ていただいた海の見える丘では、そんなお話してくださりながら、ふ、とソプラノでメロディ吹くわたしと神谷さんのアルトで二重奏してくださって、すごいドキドキして張り詰めた心地よさ(>_<)再認識させていただきましたのにゃ♪今日の最後には、わたしの変わりにソプラノで入ってくださったり(☆-☆)♪)

後、BWV672、の方は最後の和音が「4・6の和音」と呼ばれる不安定なもので、ほんとはこういう和音の時はそのまま次の楽章に行くとか、、このままで終わってしまう、ということはないのだそうです。。。

うにゃ〜、同じ和音でもバスに根音がくるかどうか、でそんなことになっているとは、、、知らなかった〜(☆-☆)♪
(神谷さんはそういうこと、楽譜見た途端に「あれっ?−−?」って思われるのですよね♪、、、当たり前なのかもしれないけど、、やっぱりすごいなあ〜(☆-☆)♪と思ってしまうま〜♪)

2曲、みっちり見ていただいて、BWV672も674も、「うん♪最初よりだいぶと良くなった(^^)♪」っておっしゃっていただいて♪d(⌒o⌒)b♪、感じ方が前よりだいぶんとわかってきた気がして、、、、るん♪なのでした♪



で、今日はにゃんとあつかましくも、、、三曲、見ていただけたらなあ(>_<)、と用意していっておったのでした。。。

最後の曲、、、5月の発表会で吹けたらいいなあ(☆-☆)、とひそかに練習積んでいる曲、、、、編曲された○○○○さんのOKをいただいてから正式決定なのですが、、、、(>_<)、、勝手に、、レッスンしていただいてしまったのだにゃ、、、ダメだったかしらんT−T;(○○○○さん、ごめんなさい〜(>_<))

こういうポピュラーな曲、って神谷さん、とっても素敵な吹き方・感じ方を教えて下さる気がするのです♪

ソプラノの哀愁帯びたなんともいえないメロディにアルト・テナー・バスの合いの手がからんで、、オブリガートや中間部、、○○○○さん編曲のこの曲、、、だ〜い好きなのです♪(とはいえ(>_<)、、OKいただいてからレッスンに〜、と思ってたのについメールしそびれて、、今日になってしまったの、、、ほんとにごめんなさい(>_<)うううう、、
*おととい、快くOKいただきました〜。○○○○さん、ありがとうございます(☆-☆)♪んで、編曲、ではなく弦楽譜を写しただけなのでお間違いなく、とおっしゃられたのですが、リコーダー用に移して下さったの、やっぱり編曲、とも言える気がします〜♪d(⌒o⌒)b♪)

まず聴いて下さって、、、、

「−−;、、、どうも愛想がないな、、、、」(K)

はぅっ、やっぱり?* ̄◆ ̄;*?、、、、む〜む〜む〜む〜、、、なんで「気持ちをこめて歌って〜」って吹いてるつもりなのに愛想ない吹き方してしまうんだろ、わたし(>_<)

ソプラノのメロディの感情のこもった吹き方(というより感じ方♪)、、、教えていただくと、これもまた、(*>_<*)わ〜♪ほんとだ〜♪♪(☆-☆)♪って感動してしまうくらい、、、心にストン、とはまるのです。こういうこと、ほんとにいつか自分独りで感じられるようになりたい〜(>_<)

そして、わたしは「気持ちいい〜」としか感じていなかった、Oさん、S部さん、ゆりえさん、の伴奏部分やオブリガート、、、神谷さんが「そこはもっと盛り上げて」とか「そこはもっと感情こめて」等、わかりやすい例をまぜて教えて下さると、どんどん♪どんどん♪と今まで以上にノリやすく気持ちを合わせやすい音になってくるのです(☆-☆)♪♪うにゃあ、ほんとにすごい〜♪

あんまり親切?に合図出すと、いつも同じ動きする指揮者が見てもらえなくなるみたいに、惰性で合うようになってしまうから、フェルマータの後はわざと動きを固めてじらして吹いてみたら?* ̄◇ ̄*♪とか、いつも同じ吹き方しないように、相手を驚かすことも大切、とか♪d(⌒o⌒)b♪生きたアンサンブルをするための面白いコツというか考え方もいくつか教えてくださいましたのにゃ♪
(「合わせる、なんてのは《合わせよう》と思ってたら誰でも合うてくる、出来るもんやで〜(^^)。」と、ただ「合わせる」ことだけを求めてはいけない、というお言葉も心にしみました♪d(⌒o⌒)b♪
合わせよう、と聴きあいすぎてる感じがする、と指摘されたところがあって、、、、うん(>_<)、うん(>_<)、って、、、確かに「合わせる」ことに主眼を置いてしまうと生きた音楽じゃなくなるの、わかった♪って思いましたのにゃ♪)

そうやってお話うかがうのも、指摘していただきながら吹くのも、教えていただくのも、、あんまり楽しくてあ〜っ!(>_<)という間に思いがけない時間がたってしまいました。。。。

ちょろっ、とお手本で吹き始めてくださったソプラノをそのまま神谷さんがOさん・S部さん・ゆりえさん、とカルテットで吹いてくださって♪d(⌒o⌒)b♪(これ、すんごく素敵でした(☆-☆)♪柔らかく自由に歌いながら、でもお互いに響き合ってるの、、、、あんな風に吹けるといいな〜(☆-☆)♪)

で、今日のレッスンは終わりです〜♪d(⌒o⌒)b♪

(*>_<*)楽しかった〜♪♪、、、、うかがう前は、「また、、、いろいろ指摘されて落ち込んだりして;−;」なんて少し不安もあったのですが、めちゃめちゃ楽しくてo(^-^o)(o^-^)oるんるん♪と幸せいっぱいで帰ってきました♪

今日はた〜くさん、教えていただいてありがとうございました(>_<)♪とっても楽しく、勉強になりました♪d(⌒o⌒)b♪


2005年02月26日(土) No.90 (グループレッスン)

KiKi練習♪


お昼過ぎから、KiKiの練習でした♪d(⌒o⌒)b♪
(本日も奈良のOさん宅にお邪魔して。。。。Oさん、ご家族のみなさま、ほんとにいつもお世話になりますのにゃ〜(>_<)。)

☆そうそう(☆-☆)♪5月の秋山先生の発表会、日時と場所が具体的に決まりました。

  ・5月28日(土) 午後?時(あら、何時だったかしら−"−?)〜午後5時くらいまで?

  ・心斎橋 「三木楽器」 のなんとかというホール、なのだそうです。
       (うぬぬぬ、紙が手元にないので思い出せない〜* ̄◇ ̄;*)

だそうです♪d(⌒o⌒)b♪なんか楽しみ〜o(^-^o)(o^-^)o♪

おととし開かれた発表会はお話だけうかがってて、後から竹山さんとこで写真見せていただいたの、覚えているのです。
(あの時は確か神谷先生もストローを30分ほど賛助出演?として演奏されたような(☆-☆)♪)

KiKiとして初めて人前で演奏させていただけるのも楽しみだけどo(^-^o)(o^-^)o、秋山先生のお弟子さん達のいろんな演奏、聴かせていただけるのも楽しみなんだなあ〜(☆-☆)♪♪わくっわくっ♪



演奏会用に、と一曲だけ、決定しそうな曲があります♪d(⌒o⌒)b♪

"KiKi"のテーマ曲として、"魔女の宅急便"の曲を何かやりたかったの♪。。。で、まだ編曲されたご本人さまに了解いただいてないのですが(>_<)、福岡の○○○○さん(アンサンブル仲間なのですにゃ〜o(^-^o)(o^-^)o)が編曲された"海の見える丘"がいいなあ〜、と(☆-☆)♪♪

結構、難しい箇所もあるので、ちょっと集中して練習〜♪(でもこのテーマ、ほんとに好き〜(☆-☆)♪)

この曲は来週、神谷先生がして下さるレッスンで見ていただけるといいなあ、とも話しておりました。だって神谷さん、こういうポピュラー曲の指導、とっても素敵にして下さるの、カルチャーセンターでよ〜く知ったのですもん〜♪♪
(○○○○さんにメールで了解いただかねば、と思いつつ、、、日が経ってしまっています−−;、、、今度お会いした時にお願いしよ〜と♪)

後はやっぱりレッスンで見ていただく用に、ゆりえさんが持ってきて下さったバッハのBWV672,674、、めちゃ綺麗なキリエ〜(☆-☆)♪初めて吹いた時から、これ、だ〜い好きなのだ〜♪
(これはよ〜く見たら見覚えのある楽譜で、、、
さんたろうさんがWEB上で公開してくださってる楽譜なのでした♪)

吹いてるとバッハの旋律・和声・からみ、、の美しさにほんとにうっとりとしてしまいます(^^)♪カルテットで吹けるなんてなんて嬉しいんだろ〜o(^-^o)(o^-^)o

他にも定番曲として《ファンタジア :ロック》を♪(これも少しだけど慣れてきて、旋律が浮かび上がるところやからむところの輪郭がわかってきた気が♪d(⌒o⌒)b♪)

やっぱり(☆-☆)!4人揃うとめちゃ気持ちいい〜\(*⌒◇⌒*)/♪、、、と口々に♪

あっ!という間に時間が経ってしまいます(>_<)

今日も吹いた吹いたなあ〜ヽ(∩。∩゛ヽ)(ノ燿繊∩)ノ

練習の後は♪d(⌒o⌒)b♪Oさんが淹れてくださるお〜いしいコーヒータ〜イム〜♪♪
(いつも練習終わる20分前くらいから「そろそろ?(^^)」って淹れにいって下さるの、、、香ばしいコーヒーの香り嗅ぎながら、「今日の練習ももう終わるのか〜(>_<)。。。コーヒー飲みながらどんなお話できるかなあ(^^)♪」ってるんるん♪するのが最近の習慣になってしまっております♪)

しかも今日は!!相変わらず?《持ち込み禁止令》発令中なのですが* ̄◇ ̄*、にゃ〜んとゆりえさんがおいしそうなかぼちゃプリンを持ってきて下さってました♪

ひゃ〜ん、お〜いし〜\(☆-☆)/♪♪Oさんの奄美大島からのおみやげ、砂糖まぶしたピーナッツもお〜いし〜\(☆◇☆)/♪♪

ううううむ、、、今度はわたしが禁止令無視して* ̄◆ ̄*、また何か持っていってしまいそう、、、、

今日も濃くて楽しい練習でした♪d(⌒o⌒)b♪


2005年02月19日(土) No.89 (KiKi練習)

中学校での演奏に向けて♪


竹山リコーダーさんと仲良くしておられる、TBさんが声かけてくださりました♪

2月17日(木)に大阪市内の某中学校で、竹山さんが《物作り》という題でお話なさるそうなのです。

そこで「こんな音がします♪」って感じで演奏も15分ほど聴かせたい、ということで声かけて下さったのだけど、、一緒に吹きませんか?

という(☆-☆)、とっても素敵なお誘いをして下さりましたのにゃ♪

「やります(☆-☆)!やります(☆-☆)!やりますぅぅぅ♪」

と、忙しい職場にも無理をお願いして仕事抜けさせてもらって駆けつけることに♪

うっわぁい〜o(^-^o)(o^-^)oめちゃ楽しみだぁ〜♪♪

で、今日はTBさんと、時間がやっととれた最初で最後の練習日、なのでした♪
(当日はにゃんとTBさんと二重奏(>_<)。。。ドキドキ、、、リコーダーの素敵さを伝えられる演奏が出来るといいな〜(>_<))



練習場所は、市内にあるわたしの事務所を使わせていただけることに♪d(⌒o⌒)b♪(休日なので〜♪)

午後1時〜♪

二重奏で、《聞き覚えのある馴染みやすい曲》と中学校さんからリクエストいただいたそうで、、、あるかな〜(>_<)、と楽譜を探したのですが、ありましたありました♪d(⌒o⌒)b♪

去年、神谷先生が教えてくださる《寄り道だらけのリコーダー教室》でいただいた教則本(?)♪

さんぽ道(トトロ)、グリーンスリーブス、ドラえもん、ミッキーマウスマーチ、等々等々、た〜くさん、二重奏で親しみある曲が吹けるように編曲して載せて下さってるのです(☆-☆)♪

これと〜♪後はやっぱり「元々はこういう曲のために作られたんだよ〜♪」って軽くバロック曲も聴いてもらえたらな〜、とバロックの二重奏も少し選んで♪
あ、市販の曲集で「もののけ姫」の二重奏バージョンのも持ってた〜♪d(⌒o⌒)b♪

と、カバンに楽譜を詰め込んで♪、、、TBさん、こんにちは〜♪d(⌒o⌒)b♪

さささ、練習開始〜♪

いろんな楽器編成を試しながら合わせます♪

どれも短い曲なので、結構曲数いれれるかも♪d(⌒o⌒)b♪、、でも説明も入れるとこれとこれは抜いた方がいいかにゃ?、、等、相談もしつつ♪

一通り選んだのは

・グリーンスリーブス(cherry:アルト TBさん:アルトかバスで)
・星影さやかに   (TBさん:テナー cherry:テナー)
・ミッキーマウスマーチ(cherry:ソプラノ TBさん:アルト)
・ドラえもん     (cherry:アルト TBさん:アルト)
・もののけ姫    (cherry:ソプラノ TBさん:アルト)
・サンマルティーニのソナタより第一楽章(cherry:アルト TBさん:アルト)
 (これはTBさんが持ってきてくださった曲集の中からのもので、有名な例のやつとはまた別のソナタなのですにゃ♪)

ををを♪こんな感じでどうでしょう〜♪d(⌒o⌒)b♪

少し休憩してから、今度はこの曲を順番に練習つめていきます、、、

「ドラえもんが簡単なだけに難しいね〜* ̄◆ ̄*♪これをいかにドラえもんらしく吹くか、やね(>_<)」(TBさん)

うううむ−−;ほんとに、、、、バロック曲ならまだなんとか「難しく・真面目に−"−」吹いても格好つくのだけど、、、ドラえもんを気持よくアニメ曲らしく吹くの、って、、、案外難しいかも* ̄◇ ̄;*

後、サンマルティーニのソナタも中々、細かなところを鮮やかに歌って吹けません−−;。。要!練習!なのだ〜。
(この曲はTBさんがこないだ練習して録音された曲なのだそうで、、、TBさん練習入っててずる〜い〜* ̄◆ ̄*♪)

ちょうど来週、神谷さんにレッスンしていただける日なので(☆-☆)♪

「そだそだ♪ドラえもんやこのサンマルティーニ、見ていただこう〜o(^-^o)(o^-^)o」とひそかに決心するcherryなのでした* ̄◇ ̄*♪

そんなに時間経った気がしなかったのに、ふと時計を見るともう4時をすっかりまわっててびっくり〜♪

今日はう〜んと集中したせいか、数時間しか吹いてないのに珍しく心地よい疲労感が〜♪d(⌒o⌒)b♪
(むん?もしかして最近の練習不足のせいなのかしら、、、−−;??)

17日まで、、、しっかり練習しておきま〜す♪当日はどうぞよろしくお願いしますのにゃ〜♪d(⌒o⌒)b♪

2005年02月11日(金) No.88 (リコーダーアンサンブル)

陰吹き、、、


┯_┯ううううむむむむ、、、、

baroque_oboeさんが"ほわっと"(豊中にありますお好み焼き屋さんです〜♪)で開かれた本日のコンサート♪

....「バッハの曲だけ譜面めくりお願いできないかな〜?」と声かけていただいて、
「ついでにヴァイオリン曲なんでダブルストップのとこの陰吹きしない?」

陰吹き、ってなんだろう?* ̄◆ ̄*??

と思いつつ、とにかくなんでもお手伝いしたくて、なんでも参加させていただきたくて♪

やってみたのですが;−;

6日(日)にチェンバロの澤さんのおうちにお邪魔してのリハでも、今日のリハでもなんとか上手くいきそうな気がしたのにな〜;−;

本番では楽器を暖めなかったせいかな、、(>_<)、、うううう、音程があ〜o(;△;)oはぅはぅはぅはぅ、、、悔し〜o(>_<)o

でもでも、リハ・本番を通して、baroque_oboeさん・澤さん、のお客様に聴いていただく心、心構え、みたいのを感じさせていただいて、、、とっても良い勉強させていただきました。

濃〜い時間をありがとうございます♪d(⌒o⌒)b♪

*わたしの陰吹きはさておいて、素敵な演奏会&演奏でした〜♪d(⌒o⌒)b♪聴かせていただいてるのがと〜っても気持良かったのですにゃ♪
2005年02月10日(木) No.87 (415Hzアンサンブル)