Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



baroque_oboeさんと〜♪♪


う゛〜o(^-^o)(o^-^)oた〜の〜し〜かった〜〜〜o(^-^o)(o^-^)o

*⌒−⌒*はわわわわ〜♪

「いつかまたお会いできたらいいな〜、また合わせていただける日が待ち遠しいな〜♪」

なんて思っておりました、関が原の合宿の時にたくさん合わせて遊んで下さったbaroque_oboeさんが、我が家まで遊びに来てくださりました〜♪
(大阪に来られるご用があったので、ついでにたくさんいろいろ合わせて遊びましょう〜♪というのと、ミルパパの工房に遊びに来てみたい、ということで来て下さったのです〜♪♪q(^-^*q)(p*^-^)p)



ほんとはねね、、、ちょびっとドキドキ、、、いや、ちょびっとではないか、、、

だって、baroque_oboeさんはそのHNのとおり、プロのバロックオーボエ奏者さんなのです(>_<)
(リコーダーも「 ̄◇ ̄え゛〜、すご〜、、」ていうくらい吹きこなされるし〜(>_<))

「遊びましょうね〜♪」って言って下さるけど、、、わたしなんかと合わせていただいて遊びになるのかしらん、、、、
なんて消極的なことをどこかで考えてしまうのですが、、

でもでも!せ〜っかくそう言って遊びに来て下さるのだもの〜o(^-^o)(o^-^)o
これはそんなこと考えてないで、楽しまなくては♪♪
(それに、わたしの方はもうめちゃ楽しいに決まっているのですもの〜* ̄m ̄*..
う゛う゛う゛、あれこれ考えないで、合わせていただける楽しさをかみしめることにしよ〜とo(^o^o)(o^o^)o)

ふふ*⌒m⌒*〜♪とわっくわくでお待ちしておりました♪



(*☆−☆*)はわはわはわはわ♪♪...ほんまにほんまに、楽しかった〜〜〜♪♪

いろいろ聞かせてくださったリコーダーフェアやその他いろんなお話〜o(^-^o)(o^-^)o

合わせて下さったどの曲も、吹きながら、「きゃ〜、た〜の〜し〜い〜(>_<)」と時間が止まって欲しいくらいでした*⌒m⌒*♪

(☆−☆)やっぱ一番感動したのは、バロックオーボエと合わせていただいた何曲かかな〜♪
(うううう、バロックオーボエの音、、、こんな真近で聴かせていただけるなんて〜*⌒m⌒*
しかもしかも、合わせていただけるなんて、し〜あわせなのだ〜♪
わたし、前からオーボエの音はかなり好きでしたが、、、baroque_oboeさんのバロックオーボエの音、(☆−☆)すごい好きだにゃ〜♪
オーボエの音、ってね、、、、気持ち良くて、クラクラ〜ってなります(*☆−☆*)♪)

*テレマンのオーボエ&リコーダーのためのソナタ、e-mollやその他いろんな調の、、
そろそろ慣らし吹きの終わりつつある、竹山さんの415Hzアルトとbaroque_oboeさんのバロックオーボエ、そしてミルパパの弾いてくれるチェンバロパート(我が家で唯一415Hzに下げられるヤマハの古いキーボードで〜)、、
う〜、気持ちいい〜*⌒m⌒*かっこいい〜〜♪♪
オーボエと合わせていただけるの、って生まれて初めての経験なのですが、、なんて気持ちいいのでしょか〜(☆−☆)
「は〜* ̄◇ ̄*♪415Hzアルト買っててよかった〜♪♪」と心から思いました♪
baroque_oboeさんののびやかで味わいのあるオーボエの音色に混ざったりのったりかけあったりするの、吹いてて幸せだった〜(☆−☆)♪

*テレマンの縦横協奏曲も〜o(^-^o)(o^-^)o
これはbaroque_oboeさんはトラヴェルソ、ミルパパ弦パートをチェンバロで、わたし、リコーダー〜という編成で〜♪
(ひゃ〜、感激なのだにゃ〜(☆−☆)♪)
なんだか音程がうまく合わせられなくてごめんなさいなのですにゃ〜
でも憧れの曲♪た〜のしかった〜♪

*「うう、生きててよかった(☆−☆)..も〜死んでもいいかも、、」
なんて大げさなことを吹きながら考えてしまったくらい気持ちよくて幸せだったのが、
ミルパパ憧れの* ̄◆ ̄*、バッハのブランデンブルクNo.2♪です。

もちろんミルパパはいそいそワクワク♪と415Hzにピッチを落としたトランペットで* ̄◇ ̄*
baroque_oboeさんはバロックオーボエを、わたしは415Hzリコーダーを〜♪

この曲は実は前に神谷さんが、「ほいよっ♪これあげる♪」ってリコーダーのパート譜を下さった曲なのです〜o(^-^o)(o^-^)o
(「まあ吹く機会はないかもわからんけど、いい練習になるから〜♪どこかで吹く機会が出来るかもわからんしな〜^m^」って♪
で、415Hzを手に出来てから、慣らし吹きによく楽しく吹いているのですにゃ♪
「これ、神谷さんがコンサートで使われたのかなあ(☆o☆)?」という書きこみがあちこちにある楽譜で、、、吹いててそんなこともとっても嬉しくて、いろんな意味で好きな曲なのですにゃ〜♪q(^-^*q)(p*^-^)p)

はぅはぅ♪にゃ〜んて気持ちいいのでしょう〜(☆−☆)♪曲自体、大好きなんだけど、、、バロックオーボエとユニゾンで吹きあがっていく音型の気持ちよくて幸せなこと〜(>_<)
メロディが交互にでるところも、からむのが幸せで〜♪♪
いつもは「う〜、うるさいやんか〜* ̄◇ ̄;*」なんて思ってしまう、ミルパパが毎日吹いてるバロックトランペットのパートも、、なかなか素敵なのだにゃ〜* ̄m ̄*♪

ふ〜、気持ち良くて、、、吹いててほんとに幸せでしたo(^-^o)(o^-^)o

*後はね〜、baroque_oboeさんが先週買われたばかりのバスリコで、明日レッスンに持っていくコレルリのソナタの通奏低音を吹いてもらって合わせてみたり、
「ラ・フォリア」を、わたしがバスリコで低音吹かせてもらって、上のリコーダーパートを吹いてもらったり。。。♪
(これ、去年あんなに練習してレッスンでみてもらって私がやっとたどりついたのよりも、うんとうんと気持ちのよい吹き方を一瞬でされるので、、
ううう、「やっぱりすごいな〜(☆−☆)」とぞくぞくしながら伴奏してました〜♪)

*合宿の時に合わせてもらって「また挑戦しましょう」と掲示板に書いて下さっていたヴィヴァルディのバス-ンとリコーダーのための協奏曲+その他の協奏曲〜♪

バス-ンパートの方が微妙に簡単?なので、それを私がバスリコで吹かせてもらって、baroque_oboeさんはアルトリコーダー、ミルパパが弦パートをチェンバロで。
(*⌒m⌒*)やっぱりこの曲、好きだ〜♪しかもバスリコで吹くの、楽しい〜♪
(もう一個の協奏曲はバス−ンパートが難しそうなので、これはbaroque_oboeさんに吹いていただきます* ̄◆ ̄*♪
うを、こんないい曲だったとは(☆−☆)♪)

*バッハのブランデンブルク協奏曲No.6、をリコーダー二重奏に編曲してある全音から出版されてるやつ〜♪
baroque_oboeさんに上を吹いていただいて、わたしが下を、ミルパパが鍵盤の伴奏を♪

これも気持ち良かった〜♪一回フル編成で合わせてみたかったの〜♪q(^-^*q)(p*^-^)p

*あと、なんだったけ〜?−−?...晩御飯を4時過ぎには作りに下に降りていかなくては、と思いつつ、、、
あと一曲、あ、もう一曲だけ〜(>_<)、、、、とつい、、5時半頃まで合わせていただいてしまいました♪

*⌒m⌒*うううう、ほんとに楽しい楽しい時間でした♪♪し〜あわせだった〜〜〜o(^-^o)(o^-^)o

baroque_oboeさん、楽しい時を、、、たくさん合わせて下さって、、ありがとうございました♪♪(*>_<*)

♪ d(⌒o⌒)b♪



ちょっと気合をいれすぎて(?)..失敗ばかりしてしまった晩御飯(;−;ほんとにごめんなさいなのです;−;..詳しくは日記に〜)の後は、
時間ぎりぎりまで、いろいろミルパパと3人でお話させてもらって♪

駅まで車でお送りして、、、、お名残惜しかったのですにゃ。

♪ d(⌒o⌒)b♪今日は遠いところまで、ありがとうございました♪

*⌒o⌒*うにゃあ、楽しかったですぅ♪♪
2003年12月27日(土) No.22 (友人と♪)

クリスマスコンサート♪


♪ d(⌒o⌒)b♪大成功♪と言えるのでは〜♪♪

今日は、竹山リコーダーの奥さまに誘っていただいたアンサンブル○○○さんのクリスマスコンサートの日でした〜♪



まずは、きのう(19日)にあった練習の模様を♪

12月19日(金)〜***

o(^-^o)(o^-^)oうははは、楽しかった〜♪♪

「秋山先生、ってこわかったらどうしよう;−;」なんて心配していたのですが、、、
よく考えたら、カルチャーセンターで、神谷先生と合同で練習したときに、どんな面白い方なのかわかっていたハズなのでした* ̄◆ ̄*♪

まず、「はい♪明日が本番だろうがなんだろうが、とにかく楽しく吹きましょう♪」とおっしゃるのが心にしみます♪
(アンサンブル○○○さんは、この「楽しく」っていうのを第1目標にしておられるところなので♪ d(⌒o⌒)b♪
普段の練習も、H島さんの指導も「楽しく明るく」なのですにゃ♪
H島さんがご指導されるときも、チェックよりも「あ、良くなりましたね♪いい感じですね(☆−☆)」という言葉をよく使われて、初めてお邪魔した時、感激したのでした♪
先週はなんでまた、あんなに消極的な気分になってしまったのだろ〜−−?。。きっと体の調子が良くなかったのだわん、、、−−;)

「今日はボクね〜、珍しくよく眠れたんですよ* ̄◆ ̄*♪だから元気一杯やから、今日はうるさいですよ。うるさかったら《うるさい》言うて下さいね〜」(秋山先生)

*⌒m⌒*♪

確かに、あちこち細かく直してくださるのですが、、、それがまた、一々爆笑してしまう言い方なの、、、むははは*⌒m⌒*♪

どうしても飛びこんでしまうところは「大人っぽく」って鉛筆で書いておくようにおっしゃったり、
小さくおさめて終わりたいところ、どんな表現で書いといたらいいんですか〜、とたずねるU山さんに
「インテリジェンス、って書いておいてください* ̄◇ ̄*」(秋山先生)

(o_ _)ノ彡☆その意味するものがなんとなくわかるだけに、抽象的なその言葉が面白くって〜♪

たくさん笑って、たくさん吹いて、、、、るうちに、
「うにゃ♪音楽、ってこうなんだよな(>_<)、難しく考えるものじゃないんだよな(>_<)」
って当たり前のことなんだけど、心にそんな思いがしみわたっていく気がして、、
(これにはね〜、今、個人のリコーダーの練習もとってもうまくいっている気がするのも大きいのかもしれません(☆−☆)♪
なんだか、ひとつ山を越えれたような気が、(勝手に思ってるだけですが)、、しているのです(>_<)
次のレッスン、、、、どんな感じになるのだろう、とワクワクどきどきしながら毎晩吹いているのですにゃ〜o(^-^o)(o^-^)o)

あっという間に練習時間が終わってしまったのでした♪



で、今日がいよいよ本番♪クリスマス・アフタヌーンコンサートの日です♪ d(⌒o⌒)b♪

わたしの事務所と同じ住之江区内にある某ホールで♪

朝、10時40分集合、で11時からリハーサル〜♪

クリスマスなので、譜面台にメンバーの方が買ってきて下さった小さな金や銀の鈴&ベルをつけたり、銀色のスカーフをお揃いで首に巻こう♪と布切れを用意して下さっていたり、、
そんな小さな準備もワクワクします♪

舞台にのぼってスポットライトの中で演奏するの、って、、、、やっぱり好きだなあ〜♪気持ちが集中して、なんともいえない緊張感が、、好きなのですにゃ♪
(でも、みんなでつい緊張して曲が走ってしまったり、こけてしまったり* ̄◆ ̄*、間違えまくってしまったり、、
で、H島さんがいたずらっぽい顔で注意してくださったり、「きゃ〜* ̄◇ ̄*」って告白?しあうのがまた、なんだか楽しくて、、、♪ d(⌒o⌒)b♪
ほんとに、ピリピリしたとこのない、楽しむこと忘れないでいられるアンサンブルなのだにゃ〜♪)

リハの後、本番は午後の3時頃、、、とりあえず解散、ということになりました。
(おうちの近い方が多いので、子どもさんにお昼食べさせに、、といったん帰られる方が多いのですにゃ♪)

にゃ〜;−;...「良かったら一緒に〜」ってお昼、誘ってもらったの、楽しそうだった〜(>_<)
行きたかった〜(>_<)

前の日から、「明日はリハの後、時間がだいぶとあきそうだから、仕事が進められるぞ* ̄◆ ̄*」
と仕事の段取りして、事務所にもう準備してあったのです(>_<)

で、「ううう、しまった;−;」と後悔しながらお断りして(>_<)、、、事務所へ〜
(はぅ、あと1週間で仕事納めだというのに(>_<)、、、ただ今、仕事がたまりにたまってあせっておるのですぅ* ̄◇ ̄;*)

で、1時40分に一応集合、ということになってたので、その頃にまたホールへ♪
(おおお、午前中と違ってあったかくなってる〜* ̄◆ ̄*〜♪)

ひゃ〜、うそ〜、客席、お客様がいっぱ〜い(☆o☆)!!

今日は雪がちらつく思いきり寒い一日でした。しかもクリスマス前の土曜日、、、
きっとお客様、って身内だけだろな、ガラガラなんじゃないのかな、、なんて勝手に思っていました。。。

にゃんと、150?席くらいの小さなホールなのですが、、、空いている席がさがせないくらい、たくさん座ってくださっているのです。
おばあさん、小さな子どもさん連れのお母さん、ご夫婦できてくださってる年配の方、お友達同士、って感じのおばさま、、等々、、

先に出演されたお琴やコーラスの演奏を聴かせていただきながら、、「音楽、っていいよな〜、こんなにたくさんの人が、こうやって楽しんでおられるんだにゃあ♪。。。にゃ〜、いい時間だにゃあ* ̄◇ ̄*」なんてボ-ッとしてると、あっという間に控え室に集合する時間に〜♪

アンサンブル○○○の出番になっても、客席は満員のままでした、、、、うわあいうわあい♪なんだか嬉しい〜*⌒−⌒*♪♪
(ショッピングモールの中にあるホールで、あちこちに「アフタヌーンコンサート」って張り紙して下さってて、、もしかして、ふらっ、て聴きにきてくださってるのかな〜(☆o☆)♪)

まず、ずっと練習つんでおられる《at the サーカス》(J.carey)♪(4曲)

リハでは走ってしまったのだけど、なんだか曲もすごくまとまっていい感じかも(☆o☆)?

ここで一旦そでに引っ込んで、O崎Kちゃん、という17歳の女のコのリコーダー独奏〜♪
お姉さんのピアノ伴奏で「大きな古時計」...そでからなので少し聴こえてきただけなのですが(>_<)、
落ちついた、真心のこもったステキな演奏でした♪
Kちゃん、とっても素敵でしたのにゃ〜♪(舞台、吹いてる姿も見たかったです〜(>_<))

《we wish you a Merry X'mas》……心をこめて吹けた気がする〜♪

《ジングルベル》……これも、練習してきた中で一番いい状態で吹けてたような〜♪

終わった後、H島さんが「やっぱり○○○さんは本番がいいですね〜*⌒m⌒*♪すごく良かったです♪」って♪
わたしもそう思う〜(☆−☆)♪

いつも、本番の時、自然に心がひとつにまとまって楽しく柔らかな気持ちで吹ける気がするのです〜♪

吹いてる間、、、吹き終わってから、、、うんと楽しかった〜(*>_<*)

ジングルベルでは、客席の子ども達が一緒に歌ってくれていたそうです♪



この後、せっかく4時からの打ち上げに誘って下さっていたのに(>_<)、、、
今日は大阪市内までどうせ出てくるのだから、と梅田でクリスマスの買い物をする予定を組んでしまったのです(>_<)

コンサートがとっても楽しかっただけに、なんだか後ろ髪をひかれながら、、、失礼してきました〜。

いつも楽しい充実した貴重な時間を過ごさせていただいて、感謝していますのにゃ〜♪

おかげ様で、、、充実した楽しい気分に満たされて、一日過ごすことが出来ました♪
呼んでくださって、ありがとうございます〜♪♪ d(⌒o⌒)b♪

楽しかったです〜♪
2003年12月20日(土) No.21 (リコーダーアンサンブル)

クリスマスコンサート♪


5月・10月、と竹山リコーダーの奥さまに誘っていただいて、臨時メンバーとして参加させていただいている、アンサンブル○○○さんの練習に行ってきました♪

今回は「クリスマスコンサート」♪..という題でいいのかな?..
(区が募集しているイベントで、某ホールでいくつかのサークルで順番に発表会みたいに舞台の時間をいただける、という企画なのですにゃ〜♪)

せめて2回は練習に参加させていただきたいのにゃ〜♪と少し機嫌の悪い主査と専務に頼み込んで、午前の仕事を抜けて〜* ̄◇ ̄*



ちょっと早めに練習場所に着いたのですが、もうどの方のお顔も
「あっ♪ d(⌒o⌒)b♪」という感じに馴染み深く思えて、挨拶したり言葉を交わすのも楽しくて〜♪

今回やる曲は何かお聞きしたり、当日の衣装のことをお聞きしたり。。。。とメンバーの方が次々に到着〜♪指導に来られてるH島さんも〜♪

「サーカス (carey)」
「we wish your merry X'mas」
「ジングルベル」

の3曲を、今回もアルトで、ということで吹いてみます〜♪



うううう;−;....音程が〜。。。。。

今日はね〜、H島さんが、とても丁寧にみっちり、と音程を合わす作業をして下さったのですにゃ。
(we wish your merry X'mas、の曲で。この曲、すっごく好きなのにゃ〜♪♪
とても簡単な構造の曲だけに(>_<)(しかもバスがなくてテナー・アルト・ソプラノ、という編成なので(>_<))、、、音程が少しでも合わないと、全然きれいじゃないのだ〜。。。)

で、吹いて聞き比べてると、「高いです?低い?」と同じパートの方が聞いて下さるのですが....うううう、わからにゃい〜;−;
(全然合ってないのだけはわかるのですが〜−−;)

こんな時、自分の(音程をとる)耳が悪い(>_<)、といういつもコンプレックスに思っている気持ちが全面に出てしまって、とても消極的になってしまいます。。。。

それと、わたしのアルトは、神谷さんのカルチャーセンターでのアンサンブルでもたまに気がつくのだけど、管を全部いれてても、最初のうち、結構まわりより低いことが多いのですにゃ。。。
わかってるのに、吹き上げる吹き方したくなくて、低いまま吹いてしまったりしてしまいます、、、

む〜....−"−...

こないだのレッスンで言われたばかりの、「何かあると引っ込んでしまう」「リーダーシップがない」...まさにそんな欠点が前面に出てしまったような今日の練習、、、、
うううう、、、、なんだか後悔〜.......−"−;
(そういうモードに入ってしまうと、自分の演奏がみんなの足を引っ張っているのでは、、、とひたすら思えてしまって、ほんとに消極的になってしまうのですにゃ〜(>_<))

いかんなあ.....* ̄− ̄;*....もっと迷いなく吹けるようになりた〜い(>_<)

それでも、何度か聞きあいながら合わせるうちに、キレイな響きに〜♪ d(⌒o⌒)b♪
こういう時、リコーダーの合奏、ってほんとに不思議だな〜(>_<)、って思うのですにゃ♪

次回は秋山先生が指導に来られる日なのだそうです♪きゃ〜、楽しみなようなこわいような(>_<)。。。ドキドキ。。。

♪ d(⌒o⌒)b♪次はもっと迷いなく吹くのだ〜♪♪
2003年12月12日(金) No.20 (リコーダーアンサンブル)

神谷先生カルチャー♪


今年最後になります、神谷先生のカルチャーセンターでのアンサンブルの日でした♪ d(⌒o⌒)b♪



.........10時過ぎに部屋に入ると、ズラッとみなさん並んで、もう座っておられる〜。。。
神谷先生も指揮スタンバイ、、、

ぎょ〜、、、、、、* ̄− ̄*!!!と急いで楽器を組みたてて席に〜

.....今日はね、、、、たまきさんが、「クリスマス会で演奏する"アルルの女-メヌエット"を聴いて下さいませんか〜」という
とっても嬉しいメールを下さってて、5分早めに着いて聴かせていただくハズだったのです。。。。

でも、今朝カルチャーセンターのある場所にたどりつくまでにあったことはあまりここには書きたくないのだ.....
あったことを認めたくないというのか、、、、思い起こすとイヤな気分になるので、誰にも話さないで忘れきってしまいたい、というのか、、、、ううううむ−"−...
(今日お会いした人のうち、たまきさんにだけ、こそっと事情をお話して謝ったのでした。。。
たまきさん、約束してたのにごめんなさい〜(>_<))

あのトラックのおっさん運転手め〜....−"−+
なんで朝から(それも大好きな神谷先生のカルチャーセンターのアンサンブルに向かってる途中だというのに;−;)
見ず知らずの野郎人間にどつかれなあかんねんにゃ〜;−;
しかも、怒鳴り返すのに、どうしてわたしは咄嗟に「いい加減にして下さいよっ!!」なんてしっかり敬語を使ってしまったのであろうか...−"−は〜。。。。

う、つい日本語が乱れているのにゃ。。。。お許しをををを...

*「影響受けまい(>_<)」「こんなことで楽しい気分だいなしにされてたまるかぁぁ」と思ったのだけど、、、
今、思い返すと、なんとなくのめりこんで楽しめなかったの、、、、
しっかり影響受けてたのかも(>_<)。。。。や〜ん。。。

ささ、気分をかえて〜♪♪

それでも、楽譜とリコーダーを持って席に座るとやっぱりやっぱり、ワクワクるんるん♪してしまいます♪ d(⌒o⌒)b♪

今日の最初の曲はホルボーン♪《The Tears of the Muses》と《Muy linda》♪(好きにゃ〜o(^-^o)(o^-^)o)

うにゃ、でも実は、寝起きの頭にホルボーンのリズムとるのは少しきついのであります* ̄◆ ̄*
(神谷さんに何度か指導していただきながら合わせるうちに、最初入りこめなかったのが、いつのまにか気分がリコーダーに集中しておりました♪ d(⌒o⌒)b♪)
大勢で合わせると、ほんとにホルボーンの曲、っていいなあ〜(☆−☆)♪♪

次は、前回に初めて合わせた《O PRAISE THE LORD Thomas Tomkins》♪
(今日は、「絶対にどの曲かで機会とらえてバス吹いてみたいのにゃ〜♪ d(⌒o⌒)b♪」とバスリコも持っていってたのですが
なかなか「は〜い♪バス吹きたいですにゃ〜♪」と言い出すきっかけがつかめませんのにゃ* ̄◇ ̄*..
この曲も、バスが一本足りなかったので、チャンスだったのだけど〜。。。何度か腰が浮きかけたのだけど〜。。。
「あ、でもソプラノの一番吹かなくていいかにゃ?(>_<)?それにこのパートすっごく楽しいしにゃ〜」なんて迷ってるうちに機会を失してしまいました〜
(でもこの曲のソプラノ、とっても楽しいから、ま、いっか〜♪ d(⌒o⌒)b♪と♪)
にゃ♪でも次はどの曲かでバスリコも吹いてみた〜い(☆−☆)♪♪)

前回、何度合わせても汚かった最後の和音がなぜだか今日は綺麗〜♪なんでかにゃ〜?ミ^・−・^ミ??

でもでも...うううむ、、、前回指導していただいてあんなに綺麗になった記憶があるのに、、なんだか違〜うの〜T−T;

と、細かく細かく指導してくださいます♪

やっぱり、この曲、面白い♪♪♪うまく合った時のあちこちの響きがすっごく好きです♪♪*⌒−⌒*♪♪

で、次はクリスマスの曲、ということで《なんと美しい御子 作曲:ミヒャエル・アルテンブルク》という新曲を〜♪
(結局、今日はずっとソプラノに居座っててしまいました* ̄◇ ̄*..家で練習してる時も、4種類のリコーダーのそれぞれが楽しくて、吹き始めるとそのままその楽器を吹いてたくなってしまうのです、、、
次はアルトもバスも吹くのにゃ〜♪♪)

この曲はなんだか自由に動けなくなってしまった感じですごい吹きにくかった〜(>_<)
(それでも、神谷さんが一言・二言、と注意してくださるたびに吹きやすくなるのが実感できて、最後の方は気持ち良かったのです〜♪)



なぁ〜んと、もう12時に〜!!...にゃ〜、時間のたつのってなんて早いのでしょうか(*>_<*)

るるる*⌒−⌒*♪でもでも、今日は終わってしまうの、あまり残念ではなかったのでした♪
だって、この後、レッスンしていただけることになっているのですもの〜♪♪るんるんるんるん♪

「にゃ〜♪終わったのにゃ♪次はレッスンしていただける時間〜o(^-^o)(o^-^)o」
と、楽しい&嬉しい時間がまだ続くのが嬉しくて♪ふふふ♪と幸せな気分で後片付けを〜♪



ほんとなら、始まる5分前にお会いして聴かせていただくハズだった《アルルの女》を、この後、たまきさんが聴かせてくださりました♪
(「ごめんなさい〜(>_<)」と言うわたしに
「いえ〜♪いつも通りの時間に来ただけですから〜(^^)」ととても優しい笑顔でおっしゃって下さるたまきさんに、心がスッと楽になれましたのにゃ。。。
たまきさん、ありがとうございます〜;−;)

みなさまが帰られるのを待って〜...と、うつみんさんとK崎さんも来られて、一緒に聴かせていただくことに〜♪ d(⌒o⌒)b♪

たまきさんが吹いて下さった《アルルの女から "メヌエット"》...とっても素敵でした(☆−☆)♪
誰もいなくなったカルチャーセンターの部屋がまた、音が素敵に響いて、、、木のぬくもりがストレートに伝わってくる暖かな音楽、、、
それに、3人が、じ〜、て聴いてる前で吹かれるの、ってすごいことだなあ、と思いますのにゃ(>_<)(わたしならきっと緊張しまくりですぅ(>_<))
とっても気持ち良く刺激的な時間をいただきましたのにゃ♪♪ d(⌒o⌒)b♪

ありがとうございます〜(>_<)♪♪

たまきさん、クリスマス会コンサートのご成功、お祈りしています〜。・:*:0★,。・:*:0☆



今日はね〜*⌒_⌒*、、、、、突然、、すごくわたしとは思いきり縁遠いハズの言葉を使ってK頼さんが誉めて(?)下さったのも、めちゃ嬉しかったのですにゃ♪
横で聞いておられたほかの方は「え゛っ* ̄◇ ̄*ど、どこが?」とびっくりしておられましたが。。。⌒m⌒;
たとえ誤解でも* ̄_ ̄*...今まで言ってもらったことない言葉なんだもん。。。外見にはコンプレックスがあるもので−−;..
はぁ〜、嬉しかったなあああ♪♪
(あ、そだそだ♪たまきさんも、わたしが先週美容院に行った変化にすぐ気づいて下さって嬉しかったのですぅ♪ d(⌒o⌒)b♪)

ありがとうございます〜o(^-^o)(o^-^)o



さてさて♪♪午後2時から♪今度は神谷さんのおうちでレッスンしていただけるのですにゃん♪

張り切って車に乗りました〜♪♪

*次、カルチャーセンターのアンサンブルは来年までないのです〜(>_<)
また、大人数で、神谷さんに指導していただきながら、合奏出来るの、とっても楽しみです♪
2003年12月09日(火) No.19 (神谷先生カルチャー)