Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



コンサート本番♪


いよいよ、竹山さんに声をかけていただいた、老人ホームでのコンサートの当日がやってきました..

前の晩は、やっぱり不安でどきどき...「ほんとにわたし、ちゃんと出来るだろうか(>_<)。みんなの足を引っ張ったらどうしよう」って緊張しちゃって..

2時集合、とうかがっていたので、1時半に仕事から抜けさせてもらって、車で15分ほどのところにあるKS園というところに向かいます..
(専務、お昼過ぎたあたりから、「まだええんか?そろそろ行った方がええんちゃうか?早めに行っておけ♪」って心配して下さるのです*⌒m⌒*
ありがとうございます〜(>_<))

園についてから、場所がわからずにウロウロ〜* ̄◇ ̄*..(広くて落ちついた雰囲気のキレイなところでした〜♪)..

親切な職員の方々に案内していただいて、やっとみんなのいる5Fにたどりつきました♪
(途中でアルトを吹いておられる方と一緒になれて心強かったのだ〜♪ d(⌒o⌒)b♪)

エレベーターの中では職員の方が、
「あちこちで演奏会されてるのですか?(^^)」「今日は何曲くらいして下さるのですか?♪(^^)」「リコーダー、ってどんな楽器なのですか?」等々、質問して下さって、楽しくおしゃべり〜
(「えっとですね〜* ̄◇ ̄;*..いや〜私はですね..」と答えられない質問もたくさんありましたが〜^−^;A)

下の廊下を歩いているときから、車椅子に乗っておられるおばあさんや、手すりにつかまってそろそろ歩いておられるおじいさん、等々たくさんのお年寄りの方と出会って、
「楽しんでもらえる演奏が出来るといいな〜(>_<)」っていう思いがどんどん強くなってきます..

5Fのみんなのいる控え室からはリコーダーの音が聞えてきて..「ひゃ〜、合わせ練習、今からまだ出来るんだ♪」と少しホッと♪ d(⌒o⌒)b♪

今日は前回の合わせの時より若干バス3本の音が合わない気がして...むむむ−_−;..
管を抜いたりさしたり..ちょっと私、神経質になっているかも..?

コンサートさせていただくホールにみなさんが集まってくださるのに時間がかかるそうで、
この合わせ練習、40分くらいみっちりと出来ました♪ d(⌒o⌒)b♪良かった〜♪

コンサート前の緊張、っていう雰囲気はあるのだけど、決してピリピリせず、
なんていうのか、ふわん、と暖かななごやかな、のんびりした楽しい空気の漂う待ち時間でした♪
ここのアンサンブルさんも素敵な方達なのだ〜♪q(^-^*q)(p*^-^)p

そして、いよいよ開始時間....「さ〜、やるぞ〜♪」ってカーテンの後ろを通って、
席を作って下さっている会場に入ると...人・人・人..ホールには
何十人ものおじいさん・おばあさんがこちらを向いて座って待って下さっています..
車椅子に座って来て下さっている方もたくさん(>_<)

(わ〜..わざわざここに集まってもらって..この方達の時間をいただいて聞いてもらう演奏..良いものが出来ますように(>_<))
なんて思ってしまいます...

さっきの合わせの時に指導・指揮のHさんと打ち合わせた出の合図..ソプラノトップの人が合図して..
この時、緊張が一転、みんなの「さあ、吹こうっ♪」っていう思いがひとつに溶けた気がしました♪♪ d(⌒o⌒)b♪

ほんとに不思議です..わたしは練習に参加させていただいたのはこないだの1日だけ..
何度も合わせた曲ではないのに..「ここはこんな感じで..」っていうのが、
何度も合わせた曲のように自然に頭にのぼってくるの..なんでだろ〜

そして、二曲目の《七つの子》を吹き始めた時....;−;もう、どうしようかと思ってしまいました...

《七つの子》の耳に馴染みのあるメロディが流れた途端、会場のあちこちから一緒に歌って下さる声が聞えてきて(>_<)..

「わあ、ほんとに一緒に歌って下さるんだ〜(>_<)..あ、なんかこの声、可愛がってくれた亡くなった祖母そっくりの声だ...よく似てる〜..」
なんて思いながら吹いてると、どうしたわけか急に泣きそうになってしまって..

会場中からこちらに向かって聴こえてくる歌声に、演奏しているわたしの方がじ〜ん、となってしまったのです..

涙がこぼれてきそうで...「うをうを、泣いたら吹かれへんがな* ̄◇ ̄*..どうしたにゃ、私」とあわてました..
吹きながらこんな気持ちになってしまったの、初めての経験なのです...
昔、導入指導していて小学生の子ども達が可愛い声で歌ってくれた時とはまた別の、心の深いところからわき上がってくる熱いものを感じてしまいました。
(コンサートが終わってから椅子や譜面台を片付けている時、指導のHさんが声をかけて下さったのです〜♪ d(⌒o⌒)b♪
「今日はありがとう」って...嬉しかったのにゃ〜♪で、「泣きそうになりまして;−;」って言ったら、
「そうでしょう〜、ね〜?わたしも♪」とおっしゃったのがうれしかったのですにゃ〜♪
「わたしが泣いてどうする^−^;、って思いながら吹くのですよ〜」って♪わあわあ♪一緒だ〜♪ d(⌒o⌒)b♪)

その後の歌(曲)もずっと歌って下さる方や手拍子して下さる方、じ〜、とじっくり聴いて下さる方、、、、

こんなに「うんと楽しんでもらえますように」「この思いが届きますように(>_<)」って心をこめて吹けたこと、、、初めてなんじゃないだろうか、わたし..

そういえば、いつも気になる自分の出来不出来とか..覚えてないもの...

でも、合わせの時、ちょっとバラバラだった曲が本番はものすごくぴったり全員で合わさったのは覚えてる〜(☆−☆)♪
(「やっぱり集中力やね〜♪」って終わったあと、みなさまおっしゃってたので、ほんとに本番の時、すごくあってたんだにゃあ〜♪)

わたしは気がつかなかったのですが...最後の曲の時、泣いて下さっていた方もいらしたのだそう...

う〜;−;...なんか...すっごく嬉しい時間でした..なんと表現したらいいのかわからないのだけど..ほんとに「吹かせていただいて..ありがとう〜(>_<)」って叫びたいような気分...

今日はHさんもなのですが、みなさまで声をかけて下さったのです..「今日はありがとう〜」って..うるうる;−;
(もしかして...どなたかがこの日記を読んでいらして..気を使って下さっているのでは* ̄◇ ̄;*と少し心配なのですが..)
でもでも、嬉しかったですにゃあ〜〜〜〜♪わたしの方こそ、ほんとにほんとにありがとうございます(>_<)
こんなに素敵な時間を..吹く場所をいただいて..一緒に吹かせていただけて...ほんとに感謝しています。

「良かったらこの次も一緒に」って言って下さったのがまたまた嬉しくて〜♪ d(⌒o⌒)b♪

「はい♪もう、ぜひぜひ(☆−☆)♪どうぞよろしくお願いします〜(>_<)」とわたしからもお願いしてしまいました。

ほんとに...ありがとうございました(>_<)...なんともいえず、素晴らしい時を過ごさせていただきましたのにゃ(>_<)

神谷先生にいつも教えていただいてきたこと...「聴き手に愛情を感じて」っていうのがどういうことなのか、初めて体感できたような気がするのです...
(もっと深いところで感じて自分の演奏が出来るようになるのにはまだまだなんだけれど..)

演奏して...それを喜んでもらえるの、って...なんて幸せな素敵なことなのだろう...ありがたいことなのだろう(>_<)

もっともっとがんばらなくては〜♪って、今、心から思うのですにゃ〜♪


2003年06月23日(月) No.4 (リコーダーアンサンブル)

Meet with..♪


ドキドキ..ドキドキ...

今日は、先週竹山リコーダーさん(奥さま)がお電話下さって、
「23日に本番があるのだけど、出れなくなってしまって..ピンチヒッターで出てくれませんか?」
と声をかけて下さった、某リコーダーアンサンブルさんの
本番前最終練習日でした♪

声をかけて誘ってくださった、というのがすごく嬉しくて(>_<)..
それに、何よりアンサンブルできる機会が増える、というのはほんとにほんとに嬉しいのですにゃ♪♪ d(⌒o⌒)b♪

で、仕事中の時間なんだけども、せっかくだから(>_<)♪♪ d(⌒o⌒)b♪、と
職場に無理をお願いして、今日と月曜日、半日ずつお休みをいただきました。
(専務、主査、主任..職場のみなさま(>_<)、わがまま聞いて下さって..ありがとうございます〜;−;)

朝10時半からの練習なので、まずは職場に寄ってリッキーを放りこむ..* ̄◇ ̄*
「おはようございます〜♪リッキー、よろしくお願いします〜♪リッキー、お利口にしとくんやで〜* ̄◇ ̄*」(私)
「おお、おはよう〜♪リッキー、よう来たな〜♪」(主査)

なんか、保育園に子どもを預けている気分...*⌒m⌒*♪

職場と同じ区内で活動していらっしゃるアンサンブルさんなので、
練習場所も職場から車で数分なのですにゃ♪ d(⌒o⌒)b♪

実はゆうべは少し胃が痛くなったくらい、緊張...

だってさだってさ..せっかく声をかけていただいたのに..役に立てなかったらどうしよう(>_<)
かえって邪魔になるんだったらどうしよう(>_<)、明日、ちゃんと吹けるのだろうか、って...不安で〜...

練習会場に着いて、部屋の場所を調べて階段をあがる...ドキドキ..ドキドキ..

と、会場に着いた途端に竹山さんの奥さまがにっこり迎えて下さりました♪ d(⌒o⌒)b♪

他のメンバーの方も、なんか前から知っているような気がするのはどうしてなんでしょか♪ d(⌒o⌒)b♪
とっても親しみやすい感じで...あっという間に緊張がほぐれてしまいました♪

テナーを、とお聞きしていたのだけど、やっぱりバスでお願いにゃ♪と言っていただいて
ホッ、と嬉しくなります(テナーはまともな楽器持ってないんですのにゃ〜;−;)
バスは竹山さんの奥さまが全音のを持ってきて下さっていました♪
(それに何よりバスは吹きなれているのにゃ〜♪ d(⌒o⌒)b♪)

わたしを入れて13人♪バスは3人。結構大きなアンサンブルです♪

指導のHさんがいらして、合奏練習開始〜〜〜

バスの音程が他の2人の方と合うのかどうか、が何より心配だったのだけど、
不思議なことに気になる場面はほとんどなく、ぴったし♪と合ってる感じで..
嬉しかった〜♪ d(⌒o⌒)b♪

月曜日の本番は、老人ホームでのボランティアの演奏♪ということで馴染みのある
歌達をどんどん何曲も、12時過ぎまで練習練習♪
(おじいさん、おばあさんはきっと声をあわせて歌ってくださるハズ、と
もっともっとゆっくりめに、って練習するの、楽しかったです〜♪)

ほんとに、音を合わせるの、って..音楽って..楽しい〜〜〜(>_<)

そして..今日何よりも感じたこと...リコーダーをやっている方って
ほんとにみんな、いい人ばっかりだ〜♪♪o(^-^o)(o^-^)o

きのうまでは全然知らない方ばかりなのに..この親近感はなんでなのでしょう♪

楽しかった〜〜〜(>_<)

声をかけていただいて..誘っていただいて、ほんとに感謝しているのですにゃ♪
ありがとうございました(>_<)

月曜日♪がんばらなくっちゃ〜〜〜♪ d(*⌒o⌒*)b♪ワクワク♪


*今日はひとつ...直さなくちゃ(>_<)、と思っているわたしの悪い癖をご紹介します..

どうしても不安になってしまうのです...合わせていると..

「これでいいのかな..もしかしたら..呼ぶんじゃなかった、って後悔されているんでは..;−;
音、浮いてないかな...」って...

そして、横で曲のあと、しん、って考えこまれていると、
「 ̄− ̄;...うう、もしかしてわたしのバスが良くなかったんじゃ..」
なんて思ってしまう...

わたし自身は、と〜っても合わせていて楽しくてたまらないだけに..
冷静に客観的にみてどうなんだろう..ほんとは邪魔してるんでは..
っていう不安をどうしても感じてしまう...

吹いてる時は夢中で、「ここはもっと下を響かせてからふくらませていこう〜♪」とか
音楽のことしか考えないで楽しめるんだけど...終わると途端に不安になってくる..

これは、前に神谷先生に教えていただいた、「その場に立ち止まってしまう」悪い悩み方、感じ方だと思うのですにゃ..

不安になるのなら、その分、そこで考えこんでないで、もっともっと練習して
もっと良い演奏が出来るように(>_<)、もっと周りといつでも
ぴったり合わせていける演奏が出来る自分になるように..
努力していけばいいんだよね♪

そして、何より、楽しむことを..こんなに合わせることを楽しい、って思える自分がいることも..大切にしていかなければ(>_<)

...と思うのです*⌒−⌒*(...てなんか、よくわかりませんが...^−^;)

不安な緊張感と合わせる楽しさ...

リコーダー、って.....わたしにとっては、吹く以外にも、たくさんの成長したいものを教えてくれるのですにゃ〜♪♪

でも、やっぱり、ほんとにほんとに楽しい時間でした♪

*バスリコーダー、出来たら吹きなれてる楽器がいいなあ(>_<)、と夢笛のももにゃに
お願いしたら快諾♪してくれたので、
(もう3年越し借りっぱなしなのですにょ..* ̄◇ ̄*)
月曜日は吹きなれたももにゃのバスで出れますのにゃ♪

ももにゃん、ありがとう〜〜〜♪ d(⌒o⌒)b♪

2003年06月20日(金) No.3 (リコーダーアンサンブル)

2回目〜♪(*^-^*)


今日は、神谷先生の指導・指揮なさる、カルチャーセンターでのリコーダーアンサンブルのある日♪
2回目の参加です〜♪q(^-^*q)(p*^-^)p

....*T−T*また、高速、降りるところを間違えたにゃ..しくしく..−_−(涙)
遊びに行く時は間違えたことないとこなのにな〜..−_−?

*****

部屋に入るなり..なんだか前回よりも人が多くなっている気が* ̄◇ ̄*?(気のせいか?)

それにしても、どの方も気軽に話し掛けやすい雰囲気を漂わせておられるのはどうしてなんでしょか〜♪♪ d(⌒o⌒)b♪

* ̄− ̄*?曲目、ってここに書いていいのかな〜?

まず最初に合わせたのが、schmelzer(1623-1680)7本のリコーダーのためのソナタ?(っていう名前かにゃ〜?)

むむむむ、音が合わん〜〜〜〜T−T;...
自分のリコーダー、暖まってくるまで低い目なのだ、ということに初めて気づきました。
(この曲の間中、気持ち悪かったにゃ(>_<))

そして、シックハルトの曲を今日はみっちり丁寧に吹きこんだり、「夏が近い〜♪ d(⌒o⌒)b♪」と《ビーチコンバー》という最近ぽい曲をやったり〜
(この、《ビーチコンバー》って気持ち良かった〜♪面白いのですにゃ*⌒m⌒*)

あ〜っ、という間に時間はあと30分;−;、というところに..
(この頃には気にしないでも全体の音がしっくり、と溶け合ってるの..不思議なのだ〜(☆−☆))

その後にやった、ホルボーンやダウランドの曲達..音が溶け合ってきてるので、気持ちいいこと〜(>_<)

どの曲をやってる時だったか、ほんの一瞬、ひとつ、ふたつの音だけなのですが、
え?パイプオルガン?(☆−☆)?というような響きを感じたところがあって、
「うわわわわ〜(☆o☆)」と思ってしまいました。

もし、すべての音があんな響きで吹けたら...鳥肌たつくらい気持ちいいんだろなあ〜* ̄◆ ̄*♪

「最後に流すよ〜」と、前回にもやった、バッハの復活祭オラトリオからのシンフォニア、と管弦楽組曲第1番の序曲を...

(*>_<*)うわわんうわわん、バッハ、ってほんとに好き!!!組曲一番の序曲、って..ほんとに綺麗だよな〜(*☆−☆*)
                   何度吹いても飽きません〜♪ d(⌒o⌒)b♪
これをリコーダーアンサンブルで吹けるにゃんて...神谷先生の編曲、ほんとに素敵なのだ〜o(^-^o)(o^-^)o

今日は、前回よりも時間を短く感じました...あっという間だった〜(>_<)

*前でお手本で吹かれる神谷先生のリコーダー...今日は特にソプラノの音に、ピクピクっと耳がダンボになりました(☆−☆)!!

なんて柔らかに軽やかに響くんだろ〜(*>_<*)

あれ、確かフェールの黒檀といっておられたやつかにゃ?別のやつかにゃ?

「わたしのも育てたら、あんな音で吹けるかな〜(☆−☆)」と、
今、特にソプラノを吹くのが楽しくて楽しくて、
柔らかな明るく響く音を目指して練習してる時なので..あんな音でいつか吹けるかも〜、と嬉しい目標が〜♪ d(⌒o⌒)b♪

*同じパートが数人、というのはここでだけできる体験なのですにゃ..(元々、一人一パート、というのが好きなのだにゃ〜)

今日初めて気づいたこと...

吹き方、感じ方があんまりにも違うと、
なんか枷をはめられてて、動きたいのに動けない、動く気がないのに勝手に動かされてしまう、みたいなすごい不自由な感覚になる..
まあ、これは前から想像できていたこと...(だから小人数アンサンブルが好きだったんだけども..)

ところが!!..ふたり、、3人、、が同じパート吹いてても、吹きたい音楽が
合わさったような感じになれた時..
ひとりで吹くのでは味わったことないような、のびやかな感じ..世界がひろがったような感じ..があるのです〜(☆−☆)
「うわ〜、なんだろ、これ?気持ちいいにゃ〜(☆o☆)」とびっくり!!♪ d(⌒o⌒)b♪しました〜♪

アンサンブルの形態によって..いろいろな喜びがあるのだなあ、と...面白いのですにゃ〜(☆o☆)♪

今日は、もっともっと吹きたい気分〜(>_<)


2003年06月10日(火) No.2 (神谷先生カルチャー)