Home 音楽室 掲示板等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



湘南トラヴェルソオフ♪


いよいよ、、CCメールで相談を重ね、当日の進行表・プログラムまで組んでいただき、準備してきた"湘南トラヴェルソオフの会"当日です。

今回は、"前々からお世話になっている山形のflautoshiさんとお会いする、アンサンブルしていただく"、というのが目的の一つ、
そして今回のオフのきっかけとなった、中間地点?にあたる関東は湘南海岸にある
チェンバロの輸入代理店さんのギャラリーに集まらせていただき、
もうお一方、flautoshiさんが声かけたら乗り気になって下さり、今回のオフの推進力となってくださったKさん始め地元の笛吹きの皆様、チェンバロ弾いて下さる皆様、ギャラリーを快く貸してくださるNさんご夫妻さんにお会いさせていただき、いろんな音楽を聴かせていただいたりアンサンブルさせていただく、というのがもう一つの目的♪でした。
(このギャラリーさんのオーナーNさんがflautoshiさんのブログに「良かったらいつか拙ギャラリーでもお集まりください」と書いて下さったのがすべの始まりだったのでした♪
「ぜひぜひ(☆-☆)」とアッという間に(といっても5ヶ月ぬくぬくと計画を温めていたのですが♪)実現したのです♪d(⌒o⌒)b♪)

flautoshiさんのお友達である関東のKさんが幹事となってくださり、チェンバロの方やお仲間の笛吹きの方等に声かけてくださり、会場の大きさの都合で"大体10人前後"と決めた参加人数、、ちょうど11人集まりました♪
(直前に倒れられ、不参加となってしまった山形のチェンバロ・リコーダーのTさんとお会いできなかった&アンサンブルさせていただけなかったのが残念で寂しくてたまらなかったのですが┯_┯、、)

明け方4時出発、のハズが準備に手間取り、午前5時出発でした。

ひたすら西名阪・東名阪・東名道を爆走♪♪途中、富士山が見えてくると、嬉しくて嬉しくて、どんどん近くクッキリ見えてくる富士山見てると疲れが吹っ飛びます♪

「(☆-☆)をわあ、あれが伊豆半島?」なんて言いつつ、普段馴染みのない、でも名前はよく知っている地名に嬉しくなったり♪(おのぼりさん丸出しです〜* ̄◇ ̄*♪)

結局二回ほど休憩しただけでミルパパが全部運転してくれ、高速降りてからも、教えていただいていたおかげでとってもわかりやすい道(ここでも茅ケ崎・湘南・江ノ島等の標識にワクワクでした(☆-☆)♪)を突っ走り、会場に着いたのはちょうじお昼過ぎ、でした。

予定では午前11時に着きたかったので(>_<)、自分達的には一時間の遅刻、です┯_┯

会場への道を間違えたりしてウロウロしていると、道まで迎えに出てきてくださったギャラリーオーナーのNさん、穏やかな笑顔が印象的なとっても優しい方で、ワクワク感が高まります。

会場に案内していただいて、、ドキドキ、と入ると、、あれ?、、全然緊張感が漂わない私、、どうしたのだろう−−?、、にっこり、と皆様笑顔で迎えて下さったのがあんまり自然で前からのお知り合いのようで、、入った瞬間に馴染んでしまった気がしました♪d(⌒o⌒)b♪

*****

ちょうど皆様、お昼ご飯を食べ終わられたところで、元々お昼ご飯は食べない方が良いくらいなわたし&ミルパパ、挨拶もそこそこに、そのまますぐに始まったアンサンブルの会に参加〜♪

Kさんが綿密に用意して下さっていたプログラム、あらかじめ吹きたい曲をエントリーしてアンサンブルの相手もお願いして、という形だったので、それにそってどんどん、と進みます♪

・まずはチェンバロの方の独奏♪♪目移りして、どれもじ〜、と見つめたいいつくものチェンバロに囲まれた空間で、、白地に金で模様の入った二段チェンバロで、、(☆-☆)チェンバロ、っていいな〜、なんて素敵な音、音楽なんだろう(☆-☆)、とまずウットリ、、ラモーのクラブサン曲集から弾いてくださいました♪

・続いて、トラヴェルソでヘンデルのハレソナタ〜♪(☆-☆)うわうわ、、なんだか皆様プロみたいなのですが、、こんな中に混ぜていただいていいのか、私、、と少し不安に、、でもウットリ、でした♪

・次はもうバルサンティ、、リコーダーで吹かせていただくソロソナタです。。きゃ〜* ̄◇ ̄;*!!

でもでも、不思議なことに、こんなに「すごい(☆-☆)」と感じる方に囲まれているのに、なぜか緊張せず、吹くことに集中、、楽しく吹かせていただけたのです。ニコニコと聴いて下さる皆様の表情のおかげ?雰囲気のおかげ?
吹きながら「次はこう(☆-☆)」とどんどん思いが自由に広がる感じで、、すっごく楽しかった(>_<)
(わたしの415Hzリコーダーはやはり吹き始めが特に音程が不安定、、どうしても定まらずせっかく合わせてくださるチェンバロと合わず、、それが気になりましたが(>_<)。妙な音程で吹いてごめんなさい−−;
でもぴったり、と合わせて楽しく吹かせてくださったチェンバロのHさん、ありがとうございましたのにゃ♪d(⌒o⌒)b♪)

ここまでが415Hz♪今日はなんと贅沢なことに二つチェンバロを並べ、一方は415Hz、もう一方は392Hzに調律していただき、どちらの世界も楽しむ、という豪華版バロックピッチの世界なんです(☆-☆)♪

ここから392Hzの世界に♪

・ブラヴェのトラヴェルソのみのデュエット曲♪

この曲は392Hzではなく、無伴奏なので、なんと403Hzのトラヴェルソ二本で(☆-☆)!どわぁ、こんなん生で聴かせていただけるなんて♪
(それもすごい貴重なお宝トラヴェルソの音、、聴かせていただきました(☆-☆)♪)
403Hz、って、、392Hzとも415Hzとも違ってなんともいえない魅力、、

この頃、やっと、チェンバロ等の通奏低音の便宜用に決められたピッチ、415Hz、392Hzではなく、トラヴェルソが本来一番よく吹かれていたらしいピッチ、410Hzや403Hz、等で復元された(本来のピッチ?)トラヴェルソ、が見直されてきているらしいのですが、、その訳がとてもよくわかった気がしました。403Hz、、いいなあ、、私も欲しいなあ、、(☆-☆)

このあたりから順番がどんどん変更になったので、順不同なのですが、

・392Hzでのオトテールの組曲、フィリドールのトリオ、415Hzでのテレマンのメトーデッシュゾナーテン、CPE.バッハのソナタ、等々、まるでコンサートに来ているかのような素晴らしい演奏を聴かせていただきました。

cherryは、KさんとクヴァンツのトリオソナタC-Durを合わせていただき(吹きながらまるでレッスンしていただいてるような勉強になりましたのにゃ(>_<)。それに楽しかった〜♪♪)、flautohiさんとは懸念のBWV.528、を私リコーダー、flautoshiさんトラヴェルソ、Hさんチェンバロ、で合わせていただき(す〜ごく吹きながら幸せでした。気持ち良く吹かせていただいてありがとうございます♪)、
思いがけず遊びに来られていた、こんなに早くお会いできると思っていなかったchontoさんとテレマンのトリオソナタ合わせていただいたり(いきなりの初見でしたのに楽しくいっしょに吹いて下さってありがとうございますのにゃ〜♪)、
初見大会では、チェンバロのHさんに誘っていただいてバルサンティのソナタNo.2を吹いたり、同じくHさんに誘っていただいてchontoさんとトリオソナタ吹かせていただいたり♪楽しかった〜♪d(⌒o⌒)b♪


そうそう、初見大会での、フレンチクレフをヴォイスフルートでソプラノ読みして一音上げる、という超難技駆使して吹いて下さったchontoさんのヴォイスフルートもとっても素敵でした(☆-☆)♪トラヴェルソとトリオ吹かれたのも♪

ミルパパは、皆様のトラヴェルソがあんまり素晴らしいので、すっかり気後れしてしまった−−;、私の代わりに、私がエントリーしていたボワモルティエのチェンバロ付きの392Hzでのトリオ、、3本のトラヴェルソのやつ、を吹いてくれました。私よりも初見がこんなに苦手だったのか、ミルパパ−−??、、落ちまくり、、で申し訳なかったのです、、ミルパパもいきなり吹かせてごめんにゃ〜┯_┯

あと、ヴァイオリンで、トラヴェルソのOさんと合わせていただいたCPE..バッハのトリオソナタやテレマンのソナタも、、ミルパパ、苦戦しておりました。
(帰り、「あんなにみんなすごいって知ってたらヴァイオリンなんか持ってくんじゃなかった〜(>_<)」と悔やんでおりましたのにゃ。)

でもでも、Nさんのご好意で、ギャラリーに展示されているバロックトランペット、ミュンクビッツのナチュラルトランペットを試奏させていただき、テレマンのトランペット協奏曲の第一楽章まで吹かせていただき♪(今日、欠場になってしまわれたTさんのピンチヒッター役でプロチェンバリストのSさん、も参加してくださっていたのです(☆-☆)。そしてその方がチェンバロ弾いて下さる、という豪華バージョンでした♪)、
参加者の方の滅多に見られないオリジナルのトラヴェルソも見せていただき(☆-☆)♪とても楽しんでくれたようです♪d(⌒o⌒)b♪

最後の方に駆けつけてきてくださったKnさんのトラヴェルソがまた凄かった(☆-☆)、、ものすごい衝撃でした。こんなに自由自在に吹けるものなの〜?、、うう、、、

*****

休憩時間をはさんでゆっくりアンサンブル楽しむハズが、「さあ、休憩です〜」との声の後すぐに鳴りだす音*⌒m⌒*♪

結局どんどん吹いて、初見大会でも他の曲をどんどん聴かせていただいて吹かせていただいて♪

午後7時〜打ち上げのレストランに移動、ということで午後6時半前に終わったのですが、、、もうア〜ッという間に過ぎてしまった、楽しい夢のような時間でした。

最後は締め括りにプロチェンバリストのSさんがチェンバロ独奏聴かせてくださり、しかも二曲弾いて下さったうちの最後の曲は昔から大好きな"神秘の防壁"!!

(☆-☆)、、コンサートとして、聴かせていただくためにだけでも、来た甲斐が十二分にあった湘南遠征でした。なのに楽しくアンサンブルもさせていただいてもう最高〜o(^-^o)(o^-^)oな土曜日の遠足でした♪

皆様ともっともっとお話したい、と思いつつ(>_<)、、明日の朝早くからミルパパは自治会の仕事があるので、今日はこれでお暇なのです┯_┯、、

またお会いできる日を、アンサンブルしていただける日を夢見つつ、、今日は皆様、本当にありがとうございました(>_<*)

お世話くださったKさん、Nさん、奥様、flautoshiさん、ありがとうございました♪
通奏低音を素敵に弾いて下さったHさん、Tさん、Sさんも♪トラヴェルソ聴かせてくださったYさん、Oさんも〜♪そしてそしてchontoさんも♪ありがとうございましたのにゃ♪d(⌒o⌒)b♪

*****

帰り、、ギャラリーのNさんが見送ってくださいました。とても手に入れやすそうな価格帯の可愛らしいチェンバロも発見♪「今度これ、買う(☆-☆)」なんて思い決めて、、ミルパパはナチュラルトランペット、自作とどんな風に違うのかよ〜く実感できて、、

帰り道はるんるん♪と一日の楽しかった思いを語り合いつつ帰宅、、午後7時前に湘南を出、今度は私が運転♪ミルパパは後ろで睡眠〜。

途中、休憩したり晩御飯食べたりしながら、やっぱり日帰りはしんどいかも@_@と思いつつ、なんとか家に着くと、もう午前3時過ぎ、、でした。往復22時間の旅、だったのですね〜。過ぎてみるとアッという間だけども、、とても濃く、楽しい一日でした♪d(⌒o⌒)b♪

バッタンキュー、と寝るハズがなぜかその後楽しくPCつけていろいろ書いていたので、そんなに疲れていなかったのかにゃ?、、

ほんとに楽しい一日でした♪d(⌒o⌒)b♪
2007年05月12日(土) No.203 (リコーダーアンサンブル)