Home 音楽室 掲示板等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



本番前グループレッスン♪


あさって、6日(日)はいよいよ秋山滋先生門下生の発表会♪KiKiも吹かせていただく本番演奏の日です♪

で、今日は直前の最終確認レッスン?の日でした♪

なぜかこの連休中は体がだるく−−;、、なんとかベッドからひきはがして準備、、、、ズルズル、と体ひきずる感じで出発!

でも時間は充分早めに出たので、珍しくも30分早く到着♪d(⌒o⌒)b♪でした。るりるり♪
(後から入ってこられたKiKiメンバー、、3人とも私の顔見るごとに口々に「あらっ、今日は早い〜」と驚かれるので−−;、、、いつもそんなに遅いのですね、私、、と改めて自覚、、しくしく、、)

*****

ザッとですが、プログラム通りに、"水仙""野薔薇""フーガの技法No.4""ラ・ゴロンドリーナ"、と通して、アドヴァイスいただきながら見ていただき、
最後にもう一度、フーガの技法までの三曲を通して聴いていただき、、

一番印象に残ったアドヴァイスが、今日・明日どうするという問題ではなくこれからの長期的な課題として、と前置きして教えて下さった、KiKiの音色の問題。

特に、のどかな明るい曲であるはずの"水仙""野ばら"を吹いてる時に、えらく暗い音色になってしまっているのだそうです。気づいてなかった〜* ̄◆ ̄;*

でも、そう指摘されるとなんとなくわかる気がしました。確かに(>_<)、、この二曲、軽い簡単な曲?のハズなのに難しいのです。吹くの、一番難しい気が(>_<)
で、各パートまだまだ迷いがあるし、何よりまだ「これでいいのかしら?」「教えていただいた吹き方はこれかしら?」と模索しながら吹いている感、があります。自分達の曲になっていない、というのか、まだ「こう吹きたい」というところまで来ていないというのか、、

そんな迷い、逡巡する思いが音色に出てしまっているのかも(>_<)

後から吹いた"フーガの技法"では、こんなにカッチリした、むしろ暗い音色でも合う曲なのに、さっきの花二曲よりも明るい音になっているのだそうです。

(☆-☆)そっか、、フーガの技法、は4人とも大好きで、どちらかというと迷いなくのめりこんで吹いているのです。「こんな感じで吹きたい」というのも合わせれば合わせるほどどんどん自然に湧いてくる感じで、、、、それがやっぱり明るい音色になっているのでしょうか、、

それにしても不思議♪音楽、って、音、ってこんなに精神状態が現れてしまうのですね。

あと、個人的には、「む−−;、こ、これはかなりヤバイ−−;」とあせりまくりでした−−;
(特に前述の花二曲〜、、この二曲はバス吹くのですが、、)

練習が全然入っていない自分、を痛感、、、うう、ほぼ初見状態のような感じ(イメージが湧いてこないというのか)で吹いています−−;、、これはいかんのだ、、今日・明日、とちょっとがんばらなければ(>_<)

でも、逆に、合わせる喜び(特にフーガの技法〜♪それに花二曲もゴロンドリーナも♪)も改めて感じたりしました。

あさっての本番、、集中して楽しく吹きたい、、、もうあとわずかですが、個人練習がんばらなければ、と思いつつ、レッスン終わって帰路についたのでした。

秋山先生、ありがとうございました♪d(⌒o⌒)b♪

*****

で、先月からなのですが、今月も、、、とにかく経済状態がかなり悪化している私のお財布−−;、、しくしく、、だって医療費がかさんでるんですもの┯_┯、、、それに、痛いのが辛くてそのストレスか?* ̄◇ ̄*?少額とはいえ、いろいろとストレス買いしてしまったり−−;(やっと落ち着いてきたのですが、、あうう、今月さえ乗り切れば〜、、(>_<))

なので、今日も時間かけて、行きも帰りも高速使わず下道で往復したのでした。。案外早く行けるのだ(☆-☆)♪。。でもやっぱり疲れきります−−;しくしく、、

もう限界〜@_@、と思いつつなんとか家に帰り着き、、まずはバッタリ、と仮眠、、他のことは何も出来ませんでした−−;

夜遅い時間にやっとこ起き出して、そこから晩御飯の買出しに。今日は簡単に、サラダだけ作ってあとは山かけ蕎麦作りました♪(熱い方を〜♪美味しかったです♪d(⌒o⌒)b♪)

バスリコは昼間吹いてしまったので、練習したいと思いつつ今夜は我慢、、本番の練習はフーガの技法の一箇所の練習、のみ、がんばってみました。
(膝使う音が一度だけ出てくるのですが、普段だと軽々何も考えずに出来るのに、レッスンの時、変に意識してしまってスムーズに吹けなかったのですね、、これは本番も危ないかも、と−−;)

それ吹いた後、定番の練習〜♪392Hzのトラヴェルソから♪

リコーダーの後にトラヴェルソを吹くと、最近、鳴らなくなってきています。。。うう、これでは今度のアンサンブルの時に困るのだ−−;、、なので、練習でも、リコーダーの後に吹く、というパターンも取り入れてみようかと。。

それでもフーガの技法の一箇所吹いてみただけなので、今日はごく普通に鳴ってくれたかも、、もう少しリコーダー吹き込んでからトラヴェルソの練習、というのもしないとな〜−−;
(それにしてもどうして鳴りにくくなるのか−"−;、いつも不思議でたまりません(>_<))

結構調子良く♪クヴァンツの100の練習曲から見開き1ページ、カプリスのNo.9、と吹き、「これは毎日の少しずつの積み重ねだなあ」と思いつつ、415Hzスティンズビィに持ち替えてもう一度カプリスNo.9を吹く、、

うう、392Hzオトテールの練習をする期間が長くなればなるほど、415Hzスティンズビィが吹きやすくなってくる気が(☆-☆)。。。これ、"大リーグ養成ギプス"みたいなものなのでないかしらん* ̄◆ ̄*♪

楽器の大きさ自体が、持ったときに「軽っ♪小さっ♪」とコンパクトに感じて指が動かしやすいし、、音はもちろん鳴らしやすいし、、、それだけオトテールに苦労しているのですね、私−−;、、もう少しでいいからましに吹けるようになりたいなあ、、

とっても機嫌良く、テレマンの無伴奏ファンタジーNo.10(今日もきのうと同じくNo.10を♪)に移りました。

(☆-☆)、、なんて吹きやすいんだ〜。練習が楽しいんだ〜♪

つい、何度も繰り返して練習、、きのうとなんでこんなに違うんだろう−−?、、湿度?うむ〜、、まだまだムラがありますね、、困ったものなのだワン、、

楽しくトラヴェルソの練習した後、またまたリコーダーに移ります♪415Hzアルトで♪

楽譜なし、の基礎練習のあと、やっぱりブッケを吹いて(一番やりたくない気のするのをやるのが正解かと−−;)、それから曲の練習♪

きのうも吹いてみてひっかかった、テレマンのトリオソナタの部分部分をさらって、クヴァンツのトリオソナタも重点的に練習、、BWV.528、は集中して練習、、、、最後にバルサンティのソナタNo.5、も〜♪

@_@どれももっと練習したい〜♪

でも、久しぶりにこうして曲を仕上げよう、と集中して練習する期間、、とても楽しいなあ、と思います♪d(⌒o⌒)b♪

それにしても体の基礎から作っていかねば、、、音出し、が出来てる時と出来てないときと、、自覚できるだけに、、すぐに出来てない音になるのが気になります−−;、、しっかり、思う通りの音出しで吹けるととても嬉しく&気持ち良いのですが、、、し、しんどい〜@_@

自然にいつもこの吹き方で出来るように、、がんばろう(☆-☆)♪
2007年05月04日(金) No.201 (グループレッスン)