Home 音楽室 掲示板等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



"福祉祭り"コンサート♪


*詳しい曲目等を《演奏会の記録》に載せてあります♪d(⌒o⌒)b♪

******ブログより*******


* ̄◇ ̄*いや〜、、、びっくりしましたのら〜、、、* ̄◆ ̄*あ゛〜ん、びっくりした、、でもすっごいいい修行させていただきました(* ̄◆ ̄*)/はぅぅぅぅ♪過ぎてみれば、面白かったかも♪♪

*****

本日は、朝から鶴見区にある老人保健センターにお出かけ♪♪TBさんと二人だけのコンサート、デュエットコンサート、だったのです。

TBさんのお知り合いの方がこの施設の関係者の方なのだそうで、TBさんのウワサきいて依頼してくださったのだそうです。

で、TBさんも私も、何度かさせていただいたことのある、《老人ホームでの訪問コンサート》、、お客様は、おじいさん・おばあさん、だと思い込んでいたのですね、、、TBさんも、いつもそんなコンサートされてるので、特にいろいろリサーチしたりされなかったみたい、、

まず、「ここか?」と思っていた老人ホーム、、ではなく、そこから少し離れた介護老人保健センター、が会場でした。

今日は《ふくしまつり》というのが開かれてるらしく、、花で飾り立てられた看板、にぎやかにテントにお茶とか用意してあって、色とりどりの風船とか、、で、なぜか行き交うのは元気一杯な子ども達、お父さん、お母さん、、、

* ̄◆ ̄*????あれ?これは?なあに??

そうなのです、、入所しておられるおじいさん・おばあさん、のご家族の方対象のお祭りだったのです。。それと、近所の方々対象の、かな、、、とりあえず、、、お客さまの年代が、、想定と違〜う〜@_@;

控え室も何もないので、到着してすぐに演奏、とお聞きしてたので、午前10時半〜開演、、で午前10時過ぎに到着♪玄関でTBさんが待っててくださいました♪d(⌒o⌒)b♪おはようございます〜♪

玄関入ってすぐ左にある小さなお部屋が会場です、、、が、、ちょうど、10時半前までは、小さな子ども達対象に、手遊びの講習会開かれてました。

* ̄◇ ̄;*もう少し違う曲を用意した方が良かったのでは、、、しかも、、ちゃんとこの部屋、ピアノがあるじゃんか〜、、、ピアノ伴奏の曲も出来たのになあ、、しまった−−;

TBさん:「すみません−−;。リサーチ不足でした−−;」、、cherry:「いえいえ* ̄◆ ̄*♪、、ていうか、、お客様、来てくださるんでしょか、、−−;?」

どうやら、前に何度かさせていただいた訪問コンサートのように、施設に入所しておられる方が一同に集まって、そこでさせていただける、のではなく、、お祭り(後から見てまわったら、向かいの部屋ではゲーム、奥の部屋ではバザー、等々ほんとににぎやかなお祭りでした(☆-☆))のイベントの一つ、として、講和室では午前10時半からリコーダーのコンサート、とプログラムにあるだけで、、、お客様は、気の向いた方だけがフラッと入ってこられて、気にいらなければまたフラッと出て行かれる、という形みたい、、、、

ひゃゃゃゃ@_@;、、もっと子どもさんに喜んでもらえる曲もいれればよかった、、もう少しハデな曲も入れればよかった@_@;、、、ていうか、、ほんとにほんとに聞いてませんよぉ、この状況、、* ̄◇ ̄;*

そんな中、鍵盤が持っていけない、ということで、急遽TBさんが見つけてFAXして下さった簡単な二重奏の楽譜から、どれをどの楽器でやるか決めて、、3曲追加することに決めました。

「山の音楽家」
「野ばら」
「マルセリーノの歌」

ふむむん、、、で、客寄せ?に急遽、《ドラえもんの歌》を講和室の入り口付近で演奏することに。
(ちょっぴり恥ずかしかったけど〜* ̄◇ ̄*、、吹き始めたら、通りすがりの子どもが「うわっ(☆-☆)」ってびっくりしてくれて喜んでくれて、ちょっと嬉しかったかも♪d(⌒o⌒)b♪)

さて、、午前10時半です、、、講和室にはだ〜れもいません* ̄◇ ̄*、、、初めての、「お客様ゼロ」のコンサートか?、、と覚悟してたら、表と館内放送でアナウンスしてくださいました。

「皆様、午前10時半から、講和室で、リコーダーのすごい先生方がコンサートをしてくださいます。興味のあられる方はどうぞ講和室へお越しください」

* ̄− ̄;*って、、、えっと、、そのアナウンスは、、どうなんでしょう−"−;???、、JAROに通報されても知りませんにょ、、、

とりあえず、とっても元気そうなおじいさん、おばあさま、子どもさん連れたお父さん、とチラホラ、と3〜4人入ってきてくださいました♪d(⌒o⌒)b♪わ〜い♪

「とりあえず始めましょう♪」

と、、もうこうなったら、心こめて吹く、どころではなく、、−−;、、TBさんと二人で練習してる気分で、サンマルティーニから始めます。。。

お客様、嬉しいことに、リコーダーの音聴いてさらに入ってきてくださいました♪d(⌒o⌒)b♪

客席の半分以上埋まったかな?、、

で、、、でもですね、、やっぱり、途中で出て行ってしまわれる方ももちろんいらっしゃいます┯_┯。最終的に、お二人、いや、三人、か、、出て行ってしまわれたの、覚えてますのにゃ(> <)。。吹きながら、

「あ〜、つまらなかったのですね(> <)、ごめんなさいにゃ〜(> <)」

と申し訳なかったり、、プログラムの選択誤ったか、と後悔したり、、そんな雑念まじって落ち着かない演奏してしまったかも、、、(> <)。今思い返すと、、そんなこと気にしないで、もっと集中して心こめて吹きたかったなあ、、、

でも、一人、一番最初に入ってきてくださったおじいさんがね、、(☆-☆)途中で、フッと席を立たれたので、

「┯_┯、わ〜、この方も帰ってしまうんだ〜」と寂しくなっていたら、帰るんではなく、一番の前の席に移動してきて、座りなおして、じ〜っ、と身を乗り出して聴いてくださったのです。。。うにゃあ、めちゃ嬉しかった〜┯_┯

こういう時の、曲目に関係なく人を惹きつけられるような演奏、、出来るようになりたいです。。

*****

プログラムも半ばになってくると、落ち着かない気分もいつのまにか吹き飛んで、、今、聴いて下さってる方に心こめた演奏をお届けしたい、と心から思えるようになってきておりました。

それでもやっぱり、「退屈されてるかなあ、、曲が悪かったかなあ、、」なんて吹きながら考えてしまったのですが−−;

テナー二本で吹いたグリーンスリーブス、あたりからが一番心残りなく吹けた、、かな?こんな曲で退屈されるんじゃないか(> <)?と考えるのじゃなく、曲の良さを引き出せる演奏すればいいんだ、と考え転換できて、演奏に力入れられた、というのか、、

でもでも、《浜辺の歌》は、、今いちな演奏してしまった〜┯_┯、、、しっかり心こめて歌いたい、と思った分、練習の時の柔らかさが出せないで、気合いだけ入って固い音で吹いてしまいましたん−−;しくしくしくしく、、ごめんなさい。。

一曲一曲終わるごとに、みなさま、拍手してくださるのが、嬉しい半面、どこか申し訳ない気持ちがあって、、、うむ、、自分達で選んだプログラムに自信がなくなってしまった時の私の悪いくせです−−;

でも、そんな風に思いながらも、曲終わるごとに、皆様のお顔見ながらニッコリ、とお辞儀できるようになったのは、私にしては進歩かも?、、優しく、ニッコリ、と微笑み返してくださる方がほとんどで♪ちょびっと嬉しかったかも♪

超簡単な楽譜、とはいえ、本番で初見、ということになってしまった、《山の音楽家》《野ばら》《マルセリーノの歌》、、短いし、ソプラノ二重奏、というほんとに単純な曲なのですが、、
(どっちのパート吹くのか簡単にささやきあったのが意思疎通できてなくて、二人で上のパートを同時に吹いてしまったくらい初見でした* ̄◇ ̄;*うはは。)
これは、吹きながらとっても気持ちよくて(☆-☆)、お互い初見、という緊張感がよかったのかしらん?、、繰り返し記号ないんだけど繰り返す、なんて合図送られて応じたり、、中々スリリングで楽しい経験でした♪ソプラノ二本、だけど、吹きながらハーモニーが綺麗〜、と思えたところもあったし、下パート吹きながらこんなに単純な楽譜でこんなに楽しく思えるなんて〜♪綺麗に聴こえてたら良いのだけどな〜(> <*)

で、最後のレイエのソナタは、、、この曲はもう開き直り、です。。たぶん、ご存知の方はいらっしゃらないであろう、マイナーなバロックの曲、、これはもう、練習の時みたいに思い切りのめりこんで吹くしかないな、みたいな、、

思い切りゆったり、と息吸い込んで吹き出して、、、第一楽章・第二楽章、と吹かせていただきました。繰り返しはしなかった方が良かったかもな〜−−;、、
でも、第二楽章の後半、、、TBさんがノッてこられたのを感じました。すごくエキサイティングな自由な演奏されて、それについてくのが楽しかった〜(☆-☆)、とこれは演奏する側の喜びでした、ごめんなさい。。こういう時、って聴いて下さっている方にはどう聴こえるのだろう?、、やっぱり、演奏しながらエキサイトしている状態、の方が、聴いて楽しい演奏なのかしら、、、うむ、、どうなんだろう、、

皆様、こんな、退屈なハズの曲なのに、じっくり、と聴いててくださって、申し訳ないながら、とっても嬉しかったです。。

ありがとうございましたのにゃ(> <*)

ちょうど時間は午前11時、、30分いただいた時間ぴったり♪に終わりました。この後は《腹話術師》さんが来られる、ということで、すぐに退場〜♪

講和室の一番後ろで楽器をしまっていたら、一番後ろに座って聴いて下さってたおばあさんが、

「楽器は小さな頃からしておられるんですか?」等質問してくださっておしゃべりできたのが嬉しかったのです♪d(⌒o⌒)b♪

ふむ、、、、なんだかあまり「喜んでいただけた」と思えないコンサートだったかも、、でも楽しかったかも、、何より、お客様が演奏の途中で自由に出入りできる、でも奥まった場所、という状態でコンサート、って初めてだったかも?、、もう、あのプレッシャーときたら−−;、、はわはわ、いい修行になりましたのにゃ。

まあ、、TBさんとの二回のリハも楽しかったし♪良い勉強になったし♪♪、、こういう時はもっと開き直って、用意した曲を雑念なく、魅力引き出して吹けるようになりたいなあ、、、

お聴きくださったみなさま、ありがとうございました(> <*)。ほんの少しでも、楽しい一時を過ごしていただけていると良いのですが(> <)

、、、でもやっぱ、知り合いには聴かれたくなかったかも〜* ̄◇ ̄*、、、などとなぜか思うのであった、、−−;
(リハの時は、「みんなに聴いて欲しいな〜(☆-☆)」なんて思えたのになあ、、、−"−、、うう、、)

2006年07月02日(日) No.160 (友人と♪)

TBさんと♪訪問コンサート最終リハ♪


伊丹でのP.A.P.S.本番を終えて、、、下道で43号線を飛ばすと、案外早く大阪市内に入れます♪

午後5時から、の約束なのでアセっていたのですが、午後4時半過ぎにはチェンバロハウスさんに到着♪d(⌒o⌒)b♪よかった〜♪♪

チェンバロハウスさんはほんとに感じのいい素敵なレンタルスペースなのです(☆-☆)。早め着いても、いつも先にお部屋に入れてくださいます。で、ゆっくりと譜面台二台組み立てて楽器出して、と準備しているとTBさんも到着〜♪♪よろしくお願いしますm(..*)m♪

こないだの12日(月)に合わせた曲、、の前にまず、せっかくチェンバロやピアノを弾かせてくださるところなので、TBさんのリコーダーと私がチェンバロ弾いたりピアノ弾いたりして、いろいろ合わせてみました♪

うむ、、あまり今度やるのにいい曲はなかったです、、でも楽しい♪d(⌒o⌒)b♪

そこで、真面目に(?)練習始めることにして、合わせ開始♪

・サンマルティーニのアルトリコーダー二本のためのソナタの第一楽章(有名なやつ、ではないので、これは何番?調は一緒かな?軽やかな気持ちいい曲です〜♪)
・神谷師匠編曲の、神谷さんがいつもストローコンサートでソプラノリコーダーで吹かれる曲、《口笛ポルカ》
 ソプラノ二本でもアルト二本でも吹けるようになっているのですが、今回はアルト二本で♪
・同じく師匠編曲集(?)より、ヘンデル《調子の良い鍛冶屋》‥アルト二本で♪
・同じく   々     、グリーンスリーブス‥‥アルト二本で♪
・同じく   々     、星影さやかに♪‥‥‥アルト二本で♪
・わかめさんの下さった楽譜より、「茶つみ」‥‥ソプラノ(cherry)、アルト(TBさん)、で♪
・      々       、「浜辺の歌」‥‥ソプラノ(cherr)、アルト(TBさん)♪
・レイエの二本のリコーダーのためのソナタ集、より二短調ソナタの第一・第二楽章
 ‥アルト二本で♪

《ふるさと》と《七つの子》は、鍵盤伴奏で良いのがあるらしく、でも今日は持ってくるの忘れられたそうで* ̄◇ ̄*、当日合わせ、ということに〜♪
(*後日、鍵盤楽器を持っていけない(車では会場には近寄れない)ことがわかり、リコーダー二重奏での楽譜探し中です−−;。どなたかお心あたりあったら教えてくださいませ〜┯_┯))

******

TBさん、、、前回の合わせの時からちょっと練習入れられたそうです、、、はい、さすがです* ̄◆ ̄*、、吹きながら、「うっ、こ、これは、、必死で吹かないとついてけない〜(> <)」と、、かなり本気&必死モード、、

特に、サンマルティーニの二重奏ソナタに口笛ポルカ、調子の良い鍛冶屋、レイエのソナタ、あたりが、、はぅ、、私、これも練習しなあかんかったんやんか@_@、、 
 
ただ楽譜を吹いているのではなく(って当たり前ですが、、)、ふんわり、と柔らかく、気持ちよく心に響いてくる音楽、、そんな音、音楽についていこうとすると、一人でレッスンの曲の練習してる時よりももっともっと心こめて、、心も使わないとついていけません。。

でもでも、、、気持ちいい〜(☆-☆)、、なんて充実感感じるんだ〜♪♪

一通り合わせてから、細かなところをもう一度、、後、楽器の編成考えつつ、、

《星影さやかに》はテナー二本で合わせることにしました♪

私、今までね、、アルト二本、とかソプラノとアルト一本ずつ、とか、、、高音部楽器の二重奏だけで、こんなに気持ちよく演奏できるなんて、、「これはもしかして楽しんでいただけるんでは‥」と思える演奏ができるなんて、、想像したことなかったのです。

小学生の頃から、ソプラノの音重ねると音がビービー言うのが嫌いで嫌いで、、(あの時は子どもが吹くのだから仕方なかったのですが、、)、大人になった今でも、あまり、高音部の二重奏、って好きではない、と思い込んでいました。

今回の曲も、「アルト二重奏、よりも、アルトとバス、の方がよくないですか〜?」と、私、箱リコーダーも持っていってたのです。

が、、、一度、アルトとバス、で合わせてもらったのですが、、、アルト二本、の方がきれいにハモルし、なんだか響きが広がって綺麗なのはどうしてなの〜(☆-☆)??

途中、一度だけ「でも、ビービーたまに言って気持ち悪い時が〜* ̄◆ ̄;*」と言うと、「あ^^;、よしっ、それではっ」と、音程合わせモードに入って下さったのかにゃ?それ以降、ビービへー言う瞬間は一度もなかったのです(☆-☆)。。

何より、、、ほんとにアルト二本だけ、とかソプラノとアルト一本ずつ、という少ない編成なのに、、どうしてこんなに響きが広がっていくの〜?(☆-☆)、、なんて気持ちいいんだろう、、高音リコーダー二本だけでこんな演奏できるなんて、、、驚きなのだ、、感激なのだ、、(☆-☆*)

TBさんは、大学時代はグリークラブで鳴らした方なので、その辺のこと、声楽の話して教えてくださいました。ほんとに、心と音が合わさった時、、本来の本数の何倍もの響きが出て、数だけ多いアンサンブルよりはるかに豊かな響きになること、、、

(☆-☆)うん♪、、(☆-☆)うん♪、、めっちゃ、今日、実感させていただきましたのにゃ♪感激しましたのにゃ♪(☆-☆*)♪

そんな話もしてから、最後にもう一度、プログラム全部通してみます、、、通しながら、ふ、と感じたことを口にされるのですが、、

・サンマルティーニのソナタでは、私が一瞬だけ「ここの曲の組み立てはどうしてこうなってるん?−−?」と思いつつ吹いてたところがあって、
「ここだけなんかもたつくねんな〜−−;」、、と的確にそこを指摘されてびっくり〜、、ひゃあ、やっぱり演奏に出てしまってるのですね* ̄◇ ̄;*、、、やっぱ、私、迷うとダメなんだなあ、、−−;

そこは、自分のパートの進行だけ見てるとわかりにくかったのですが、掛け合いであることを意識して、上下のパートを一つの音楽としてとらえると、とっても吹きやすくなりました(☆-☆)♪
(同じようなところが、レイエのソナタにもあって、そこもすぐに指摘されてしまいました^^;。。なんか、、わかりやすい演奏してるんだろか、私、、−−;)

・口笛ポルカ、も吹けば吹くほど、軽やかに吹かれるTBさん(☆-☆)、、それに沿って吹くのの気持ちいいこと〜o(^−^o)(o^−^)o

・《調子の良い鍛冶屋》、は私、要練習、です−−;。がんばらねば♪

そしてそして、今日、一番感激したのが、《浜辺の歌》でした(☆-☆)。

さっき合わせた時も、まあまあ良かったのです、、、が、何か首をかしげておられます、、

「ボク、、、この曲、すっごい好きやねんけどな−−??」と、、

ハッ、として、、(さっきは音楽としてどう吹くか、に気を取られていたので、、)、、

「もう少しゆったりめにして、メロディ出して歌ってみますか?」(私)
「うん、、さっきのでも別に良かってんけど、、まあ、やってみましょう♪」(TBさん)

と、吹いてみたら、、、掛け合いとか細かなこと考えず、ひたすら、旋律が自分のパートに来た時に、心をこめて歌って吹いたら、、、(☆-☆)あらあらあら♪これはもしかして、、すっごくいいんでは、、、(☆-☆*)、、と思える音楽になった気がしました♪d(⌒o⌒)b♪うわわわ、、、感じ方がこんなに変わるんだなあ(☆-☆)、、すごいなあ、、♪

「(☆-☆)いいやんいいやんいいやん〜♪よ〜し、これでいこう〜♪」(TB&cherry)

本番が楽しみ〜o(^−^o)(o^−^)o

・レイエのソナタ、は「これはも〜っともっとゆったり、と吹くんちゃうかな〜?」と言われて、、

で、思い切りゆったり、と吹くとかえって吹きやすい、、吹きにくくなるかと思っていたのですが、、なんて吹きやすく、とらえやすくなることか(☆-☆)♪
(そういえば、3年前、bingoさんと合わせたときも、私の感じるのが速過ぎて、もっとゆったり、と言われた気が〜−−;)

で、第二楽章は、「これはね〜、、ボクも気をつけてるねんけど、、日本人はすぐに《はぁぁぁあ〜(演歌調に)》と吹いてしまうねんけど、、それすると、聴いてる人はしんどいねんよね〜^^;」と、、言われて、またまた、ハッとしました(> <*)。そそそそ、、私、いつもお師匠様に
「もうええって、っていいたくなる吹き方しないこと」「暑苦しく吹かないこと」、、を教えていただくのだった、、、アレ、なのです(☆-☆)。

何もせずにただ感じたままに吹き上げるの、って、、吹く側は楽なのですよね、、でも、それだと、暑苦しい、押し付けがましい音楽になってしまうのです(> <)

ちょっと、体を大きく開いて支えてたもって、、出したいところを少しおさえ気味にして、溜める感じで、、ポーン、と吹く、、と、、吹くの、すごくしんどいのですが、、爽やかな音楽になる気が、、、ていうか、いつもレッスンで教えていただいてるのに〜(> <)

そこに気をつけて第二楽章を通します、、、、♪聴き良い音楽になったかもo(^−^o)(o^−^)o

これ、、、きのうのコンサートの時、忘れてたんでは、とふと心配になったり−−;、、んんんむむむ、、

とりあえず、、《ふるさと》と《七つの子》はまだなのですが、、7月1日(日)の訪問コンサート、、がんばれそうな見通しがついて♪

ふ、と時計見ると、一時間半経っておりました。

「こんなところかな〜?♪ではでは、本番がんばりましょう♪(それまで個人練習がんばりましょう♪)」

と、練習終わり〜♪♪TBさん、ありがとうございました♪d(⌒o⌒)b♪

午後5時〜午後7時まで部屋をお借りしてたので、あと30分あります♪もう、遊ぶような楽譜もなかったし、リコーダーは@_@もう限界です、、というくらい吹いてたので、TBさんに先に帰っていただいて、7時まで、なんとなくチェンバロ弾いて遊びました♪

*それにしても、、よく体力もったものなのですにゃ、、、リハの合間にTBさんが、

「でも、本番の後で練習とは、、体力あるよな〜^^;」と言われたのですが、、、ほんとに、、自分でも、体力的にはもう、何かの限界点を越えてるような気がしてたのですが、、

楽器持って楽譜開いてその前に座ると、、途端に頭も体も、シャキッとなって冴え渡ってくるのを感じるのですね(☆-☆)、、今日、何度もそんな瞬間がありました♪。。。よっぽど、笛吹くのが好きなんですよね、私、、* ̄◆ ̄*〜♪、、と我ながら、、思ったことでした。

******

「あ〜、、始まる前はどんなにしんどいかと思ったけど、、なんだか過ごしてみたら、すっごく楽しくて充実した一日だったなあ(☆-☆)」

と嬉しく、充実感かみしめつつ帰宅、、、家に帰ると、もう8時をまわっていました。

そこから、主人と廻るお寿司を食べにいって、もっかい家に帰ると、9時過ぎ〜♪

せっかくテレビでやってる《TRICK〜劇場版〜》が観たかったのだけど、、、もう限界です−−;、、

もし起きれたら、トラヴェルソも吹きたい、PCつけてメールの返信書いたり日記書いたりレス書いたりしたい、と思いつつ、、、、いったんベッドに入ると、翌日月曜日の朝、仕事に行く時間まで起きれませんでした、、、、

燃え尽きた?がんばった土・日だったかもo(^−^o)(o^−^)o、、、充実した土・日でした♪

これからもがんばるぞ〜♪
2006年06月25日(日) No.159 (友人と♪)

"ほわっと古楽器"コンサート♪


*****この日のブログとほぼ重なりますが、字数制限でブログには書けなかった細々したこともあちこちに書いております〜♪*****



さあっ、いよいよ今日は待ちに待った、、心こめて練習積んできた"ほわっと古楽器シリーズ"コンサート、いよいよ当日(☆−☆)!

朝7時にすっきり起きて(今回は結構よく眠れました♪)お風呂に入って、、入りながら「今日はどんな一日になるかなあ」とか思いつつ、、

準備整えて出発〜♪♪
(一つだけ忘れ物、、、−−;う゛う゛、、デジカメ持って出るのを忘れてしまいましたん、、−−;いつもミルパパに写真撮ってもらうのに、、演奏会ニュースが今回は写真なし、になってしまいますのん┯_┯しくしく、、)



リハーサルは午前9時半からです♪入口のところでちょうどチェロのNさんとバッタリ♪中に入るともうチェンバロのSさんも流離の古楽器吹きさんも用意しておられました♪おはようございます〜♪d(⌒o⌒)b♪

......まず合わせたヴィヴァルディの"フォリア"、、、あれ?なんだかずいぶんとゆっくりだなあ、、そっか、今日はまったり気分なんだね〜、じゃあ合わせますね* ̄◆ ̄*〜、と思いつつ吹いたのですが、どうもそうではなかったようです。。

この時、流離の古楽器吹きさんは「@_@どうしてこんなにみんなテンションが低いんだ〜、テンポが遅すぎる〜」と、同じく「?−−?」と思っておられ、チェロのNさんは「わ〜、なんだか自分、今すごくテンション高くなっちゃってるけどどんどん弾いちゃっていいのかな〜」とおさえておられ、チェンバロのSさんは「本番に備えて気力温存♪」と少し控え気味に弾いておられたのだとか、、人の感じ方、って面白いなあ、と思いました♪

いったん通した後、お互いの気持ちの流通すると、今度はしっかり合ってくるのがまた不思議です♪

さて、、フォリアの後は、ビガリアのソナタを先にしちゃう?と古楽器吹きさんに言っていただいて(いつもさりげなくフォローしてくださってる気がするのだ、、ありがとうございます〜(>_<))、♪d(⌒o⌒)b♪は〜い♪とビガリアのソナタのリハ♪

前回のリハではあまりに突き詰めてやりすぎて反省、だったのと、きのうまでの個人練習である程度覚悟(?)が決まっていたので、
「今日はサラッと流す程度でお願いします〜♪」とまず宣言?* ̄◆ ̄*

「^^;そうしましょうね〜、こないだはなんかみんなでおかしかったよね♪」とNさんもSさんもニコニコと応じて下さって、「やっぱりあのリハはヘンだったのか* ̄◆ ̄*」と再認識〜^^;あはは。。

でもでも、、今日は本番前ですが、、お願いしたいことがあったのです* ̄◆ ̄*。あれから二週間、ほぼ毎日吹くうちに、繰り返しの後の装飾がどうのこうの、という気持ちがゼロになって(なんでそんな小さなことが気になっていたのか−−?)、どんどん吹いてると、どうしても、前のリハで《繰り返しなし》でお願いした第2楽章と第4楽章が、繰り返しもいれて吹きたくてたまらなくなっていたのです。。

「本番当日に繰り返しとかの変更はありですか〜?* ̄◇ ̄;*」とやっぱり繰り返しもしたい、とお願いしてみると、Nさんが「をを♪それはまた積極的な♪」とニコッとして下さってお二人とも快く楽譜に書き込んでくださいました♪d(⌒o⌒)b♪それで嬉しくなってやる気がさらに増していくcherry〜♪♪

サラッと通して、、普通、本番、って一人で練習してる時よりも緊張して、吹きにくいというイメージなのですが、ををを(☆−☆)、このシッカリ、と下から支えていただく安心感・心地良さといったら、、やっぱりプロの方ってすごいなあ、と改めて思いました。

続けて、古楽器吹きさんのソロソナタ達やファルコニエッリのフォリア、Nさんのチェロソナタ、Sさんのチェンバロ独奏、そしてアンコール曲の合わせ、、アっという間に開場時間に〜、、




これは、いつも心づくしの差し入れをして下さるうつみんさんが下さったとっても可愛いお花です♪d(⌒o⌒)b♪

うつみんさん、いつもありがとうございます┯_┯。

午前11時半に開場して、、私達4人はいったんお店の外に出て、ミスタードーナツで軽食食べつつおしゃべりしたり精神統一したり、、しておりました。

午後1時半開演!なので、1時前にお店に戻ると、mixiやこのブログでお世話になっている一気通貫さんが来て下さっていました(☆-☆)♪わ〜わ〜♪マスターに「あの方が○○さんですか?」とお聞きして、、、奥様と一番前の席に座っていらっしゃいました♪

遠いところからわざわざいらして下さったのです(>_<*)。もう有り難くて嬉しくて、、でもちょびっと緊張したりして、、なのです〜* ̄◆ ̄*♪

一気通貫さん、本当にありがとうございました♪お会いできたこと、おしゃべりさせていただけたこと、奥様にもご挨拶させていただけたこと、そして、、私の拙い演奏を聴いていただけたこと、、とってもとっても嬉しかったです。ありがとうございます(>_<*)。
実はもっとゆっくりおしゃべりもさせていただきたかったのですにゃ。今度機会がありましたらぜひ〜♪d(⌒o⌒)b♪

5月にチェンバロハウスさんで一緒に遊んでいただいた、しましまふわりすさんやK原さん(K原さんは10日のKiKiコンサートにも来て下さってたのです〜♪ありがとうございます(>_<))、もうお一人、同じリコーダーアンサンブルの○○さん、も来て下さいました(☆−☆)。うわわん、感激、、ありがとうございますのにゃ〜(>_<)

またお会いできて嬉しい〜♪o(^−^o)(o^−^)oと手を取り合っておしゃべり♪♪

きのう、「急に予定が空いて、コンサート行けるようになったから行くね〜♪」とメールくださったKiKiのyえさんも〜♪♪来て下さって、お顔見て、急に緊張が溶けていくような安心感に包まれたりして♪d(⌒o⌒)b♪るんるん♪

名古屋から流離の古楽器吹きさんのお弟子さんやお友達も何人もいらしてました(☆−☆)。

うつみんさんと同じアルモニコメンバーのkazuさまも〜♪来て下さいましたのにゃ(>_<)、ありがとうございます(>_<)

あと、チェンバロのSさんのお弟子さん達、、等々、、お客様のお顔見てると、嬉しいのと、「果たしてしっかり演奏できるのか(>_<)」という緊張感と、、本番前独特の大好きな気持ちが高まっていきます。(今日は生まれて初めてソロソナタ吹かせていただく、ということでかなり緊張感のが大きかったかも−−;)。

今日は後から後悔しないでいいように、、皆様にご挨拶してまわったら、この方達に聴いていただける(☆−☆)、という嬉しい気持ちが高まって、がんばろう♪ってかなりテンションあがってきた気がしました♪(もちろん胸の動悸も高まっておるわけです、、、ふわふわしまりすさんが、着替えて髪とかして歩いてきた私に、ふっ、と「cherryさん、顔がちょっぴりこわばってますよ〜^^;」と声かけて下さって、ハッとしたり^^;えへ♪)

仕事が長引いて、今日は行けないかもしれない┯_┯、と悲しいメールを入れてきてた主人も、かなり仕事無理してくれたらしく、開始前に間に合って来てくれました♪d(⌒o⌒)b♪やった〜♪♪



〜〜コンサートの曲目等は《演奏会の記録》にアップしております。見てくださいね♪〜〜

本番、というのはいつもそうですが、、思いがけずアッサリ始まって、、そしてアッという間に終わってしまうのですね。。でも、今日は、どの曲も結構必死だったせいか、、結構、《今、吹いてる、合わせている♪聴いていただいている〜♪》という実感と吹き終わった感慨?でいっぱい、、アッという間に終わった、というよりは《あ〜、終わった、、がんばった(>_<*)。。がんばれた?♪d(⌒o⌒)b♪》という充実感に包まれた気が、、しています。実際に聴いて下さった方にどう届いていたのか、はわからないのですが(>_<)

オープニング、、流離の古楽器吹きさんの軽い挨拶の後、すぐに始めた《ファルコニエッリ》の《フォリア》、、きつい吹き方してしまったかも、なのですが、、わたしなりにかなりのめりこんで吹けたつもりなのですにゃ、、

流離の古楽器吹きさん、練習する暇がない、ない、と言いながら、どのコンサートでも、本番で一番素敵な演奏されるのがすごい、いつもちゃ〜んと本番ではツボおさえた演奏される、ちゃんとそこに持っていかれる、というのはやっぱりすごい方だなあ、と思いますのにゃ(☆−☆)。

今日も、ソロソナタ、どれも素敵でした♪(個々の曲や楽器についてのちょびっと詳しい解説等も《演奏会の記録》に書いておりますので、、のぞいていただけると嬉しいです〜♪)

Sさんの弾かれたチェンバロの小品も、すっごく楽しそうに弾かれるのが印象的で、うっとりするうちにアッという間に終わってしまった気がしました。

そしてそして(☆−☆)、わたしがビガリアのソナタ吹く直前に弾いて下さったN友さんのチェロソナタ〜♪♪

うっとりりん、、その前から、フォリアで最初に出番が終わって、次の出(後半になります、ビガリアのソナタです(>_<))を待つ間から他のプログラム聴いては、その音楽に自然にウットリ、と身も心もゆだねる感じで、
「あれこれ思い悩むのやめよう、、今はここに満ちてる音楽に身も心もゆだねて、、そんな中で吹かせていただこう(☆−☆)」と思っていたのですが、N友さんのチェロソナタ聴いてたら、この後すぐに出番、というドキドキも忘れてしまうくらい、N友さんの音楽の世界に惹き込まれて、雑念忘れてしまいました♪

そしてその気分のまま、、かなり集中したまま吹けたような気がする、、ドキドキのビガリアのソナタ、、、流離の古楽器吹きさんが、さりげなく、緊張感の取れる気取らない紹介してくださって、ふふ♪とか笑ってたら、さらにリラックス〜♪
(あれはもしかしたら、私の気持ちほぐす狙いもあってしゃべってくださった内容かも* ̄◆ ̄*♪と思っているのですが、、*⌒−⌒*♪)

吹き始めて、まず一安心* ̄◆ ̄*♪?、、自分の演奏が出来そうな気がする、、そのまま集中して吹けそうな気がした、、

この時、今までにないくらい、N友さんやSさんの実力、というのか、揺らがない通奏低音、どんどん支えて押し上げて気持ちを集中させて下さる、そんなお二人と合わせていただいてることに、今流れてくる低音に、、すごい頼もしさを感じて、暖か〜な嬉しい思いに包まれて吹かせていただいておりました。

第三楽章をね、第二楽章のテンションおさえて、ゆったり、とメヌエットらしく吹きたかったのですね、、呼吸も気持ちも、、
そう思ってたので、第二楽章の後、呼吸と心をメヌエット用に?整えて吹きだしたら、リハでは「メヌエットなのでもう少し速く感じてるんです〜」と速めに合わせていただいてたのに結構ゆったり、と吹き出しておりました。。
永友さんが一瞬、あ、とこっちを見てくださったのもわかったのだけど、ゆったり吹きたい気分で、、そのまま合わせていただいてしまいましたん、、でも、お二人ともちゃ〜んと私の吹きたい気持ちにぴったり、と寄り添って合わせてくださったのです(☆-☆)、、ご苦労おかけしてすみませんのにゃ−−;。
でもでも、ほんとに吹いてて幸せでたまりませんでした♪
(後でお聞きすると、あの時一瞬「これは誰のせいで遅くなったのか?」と思って顔見てくださったそう。もし、私がもっと速く吹きたい、と感じていたら、そこで修正してくださったのだろな、、プロの方、って、永友さん、澤さんって素敵、と思ってしまいました(^^*))

。。。。正直に言うと、、今日のビガリアのソナタ、、、あれ以上の演奏は、今の私では出来ません−−;、、、それは、決して、良い演奏、ベストの演奏が出来た、という意味ではなく、、もっと余裕持って吹きたい、、ほんとは、お師匠様がいつも聴かせてくださるような、もっと暖かな音楽、そ〜っとくすぐるような音楽、、そんなんを奏でてみたい、、もう少し別の演奏が出来たかも、等々思うのですが、、いや〜、、やっぱり、白状すると、あの本番、という状況でする演奏、、今の私ではあれが限界です、、必死でした、、(ちょっとカッチリ、そして暑苦しく吹きすぎてしまった気もするのですが)

何より、N友さん、Sさん、としっかり本番でも呼吸合わせたアンサンブル出来た気がするのが嬉しくて♪(気のせいかもしれませんが。。)

それだけに、、客観的な出来はともかくとして、、、自分的にはとても充実感感じさせていただいて、、一歩前進できたような気がしています。

その後吹かれた、古楽器吹きさんの、ウィンナオーボエのソロソナタ、古楽器吹きさんの吹くウィンナオーボエの奏でる音、音楽、リハの頃からず〜っと「いいなあ(☆−☆)」と思っていたのですが、やっぱり、そんな中でも本番が一番♪素敵な演奏されます。このあたりが、プロとアマの違いだなあ、と、、そんなこと思いながら聴いておりました♪

そして最後に、ヴィヴァルディの「フォリア」を全員で〜♪♪

このフォリア、、気持ち・テンションがぴったり揃った気がしました。それだけに、もしかしたら、客観的にはどうだったか、わからないのですが、、

最初のリハの時から、今回はなぜか迷いなく、「合わそう」と無理に思うのでなく、自然に、自分の吹きたい音楽吹きながらぴったり合っていく気がしたアンサンブル、、本番でもそのまま普通に、むしろ本番ならでは、のテンションで♪合わせられたのが嬉しかった〜♪♪少しでもお客様にもそれが届いてましたように、、、

アンコールいただいて、古楽器吹きさん編曲のカッチーニのアヴェ・マリア、をまたまた4人で演奏させていただきました♪

チェロのゆったりした旋律、リコーダーとオーボエも旋律とオブリガートを次々に吹いて、チェンバロがキラキラ和音弾いてくれて、、とっても美しい曲なのです(☆-☆)。本番いれても3回目?という少ない合わせだったのですが、、本番が一番キレイに、気持ちもノッて♪出来たかもo(^−^o)(o^−^)o

暖かい拍手いただいて、、、とうとう、こんなに準備してきたコンサート、、終りです〜。。終わっちゃった、、、


〜ここでちょっと、《演奏会の記録》から引用です〜
 
練習して練習して、、、それでも本番ではやはり思うように吹けないところもありますが、、それよりも、練習積んだ成果?も感じさせていだたけました。
(ビガリアのソナタの第4楽章の繰り返し前のあたりでね、「指がもつれる〜@_@)と思った箇所があったのです、、が、、出てきた音は楽譜通りの音、、だったのです(☆-☆)。二回も♪
頭で考えられなくても指が勝手に動いてくれてる。。。あ♪これが、神谷さんがいつも教えて下さってる
「指にまかせて」という状態なのかしらん、、なんて、本番で経験できて嬉しかった〜♪のですにゃ♪もちろん、他でちょっと納得できない申し訳ないところがありましたが、そこは練習の時からやはりまだ未完成、というところだったので、、ほんとに練習、って大切なのだ〜(☆-☆))

何より、信頼しあう(?私の場合はサポートしていただいてるのですが)仲間とのアンサンブル、それを今、出来ている、という心地良さ、、もしかして、聴いて下さってる方にもちゃんと伝わっているかも♪と思える喜び、、そんなものを感じたコンサートでした♪

〜〜〜




今回、「そろそろ、ソロソナタにも挑戦してみたら〜^^♪」と、ソロソナタに挑戦させて下さった流離の古楽器さんに、まず、お礼言いたいのですにゃ♪

流離の古楽器吹きさん、ほんとにほんとに、ありがとうございます〜♪d(⌒o⌒)b♪いろんな意味でとっても良い経験積ませていただきました(> <*)。
そして、一緒に合わせてくださった、Sさん、N友さん、、(☆-☆)ほんとに感激の時間でした。ありがとうございました(>_<*)♪

そして、そして、もちろん!!聴いて下さったみなさま〜♪(☆-☆)!ありがとうございましたのにゃ(>_<)。

いつも、いつもコンサートのたびに思います。こうして、来て下さって、暖かく聴いて下さる、、そんな皆様のおかげで、吹かせていただけるのだなあ、と。。。どうやってこのご恩に報いたらいいのだろう(> <)、って、、

もっと精進して、次は「あ♪前回からずいぶんがんばったな♪」なんて思っていただける演奏目指してがんばりますので、、また、良かったら聴きにきてくださいませ〜♪♪ほんとにありがとうございました♪

*ふわふわしまりすさんはじめ、K原さん、○○さん、がとても暖かな笑顔で「良かったよ〜」っておっしゃって下さって、すっごく嬉しくホッとなったのです。。
yえさんはとても嬉しそうに「良かったよ〜、私、嬉しかったわぁ♪」とおっしゃって下さって、こないだのKiKiのコンサートの時も、私が慣れない司会(曲の説明)したのを「とっても落ち着いていて、私、誇らしいような気がしたのよ〜♪(*^^*)」っておっしゃって下さって嬉しかったのですが、今日も♪
「なんだか、聴いてると嬉しくてね♪」って言ってくださったのが、なんか自分の肉親に誉めていただいたような安心感と嬉しさで、、、とっても嬉しかったのです〜♪(それだけに、もしかすると甘い基準で聴いてくださったのかも〜* ̄◆ ̄*〜♪)

うつみんさん、kazuさまとは、演奏後の食事、ということで隣り合わせでお好み焼き食べれたし♪d(⌒o⌒)b♪

一気通貫さんも(> <)、遠いところを、ほんとにほんとにありがとうございました♪
「楽しかったです(^^*)。来て良かったです♪」とニッコリおっしゃってくださったのが嬉しくて┯_┯、(気休めだったのかもしれませんが(> <))、、ほんとに嬉しかったのです。ありがとうございました♪

みなさま、ほんとにありがとうございました♪♪



帰ると、くったり心地良い疲労感、、、さぞぐっすり眠れるだろう、と思ったのですが、思いの他−"−、、脳が興奮しているのか?、、、いつまで横になっても眠れない、、そんな夜でした。。

つい、ロードオブザリングなど観てしまいましたよ、、* ̄◆ ̄*〜♪
2006年06月24日(土) No.157 (友人と♪)

介護老人保健施設での演奏に向けて♪


*****ブログより*****

10日ほど前のことです。。西日本点在アンサンブルでご一緒させていただいているTBさんからのメールが携帯に舞い込みました♪

「7月2日(日)に介護老人保健施設で演奏する依頼をいただいたのですが一緒に吹きませんか〜?」

という、とってもとっても嬉しいお誘いのメールでした♪d(⌒o⌒)b♪

(☆-☆)もちろんもちろん♪その頃ならコンサートも終わって一息ついてる頃だし♪(☆-☆)すっごくやりたい分野のコンサートだし♪ぜひにぜひにお願いします〜♪と二つ返事でお願いして、、

今回は二人だけ、二重奏で、おじいさん・おばあさんに喜んでいただけそうな曲を探す、ということで期間いただいて曲探し♪
(わかめさんにずいぶんとたくさん教えていただいてお世話になりましたのにゃ(☆-☆)。いろんな留意点とかもとっても参考になりました。わかめさん、ありがとうございます〜♪d(⌒o⌒)b♪)
で、今日、とりあえず曲合わせ、様子見、の第一回の練習日となりました。
(第一回、といっても、あと、本番直前に最終練習してそれで臨むのですが、、)

場所は私の事務所を午後5時から貸してもらって(ドキドキしつつ頼んでみたら思いの他快く貸してくださった専務、早めにいらっしゃったTBさんにも親切に対応してくださって嬉しかったのだ〜o(^−^o)(o^−^)oありがとうございました♪)、仕事後に練習タ〜イム♪♪

土・日、と酷使してしまった(どちらの日もとってもお利口に気持ちよく鳴ってくれました(☆-☆)。ローちゃん、Fehr君、ありがとう〜♪)リコーダー達を休めたい、と思ったので、今日はヤマハのプラ管スケルトンソプラノとアルトはやっぱりFehr君(^^:)持っていきました。(テナー、バス、はまあ使うことになってから持っていこう、と。。)

5時少し前から練習開始♪とりあえず用意してみた曲を全部通して、「これは○♪」「これはボツにしましょう^^;」「これは〜、、△ね、とりあえず、、」と決めていきます。

わかめさんの教えて下さった「浜辺の歌」がすっご〜く良かった〜(☆-☆)。後、「茶摘」も♪二重奏でこんなに楽しい曲があるなんて(☆-☆)、と感激でした。どちらもぜひしよう♪ということに♪
(「追憶」はTBさんのお好みに合わなかったようでボツとなりました^^;。面白かったんだけども、、)

以前(去年の2月ですね〜)、やはりTBさんと、あの時は中学校でのコンサート、これも二人で二重奏したのですが、その時の楽譜を持ってきてくださってたので、そちらも全部通してみます。

これはサンマルティーニ以外は全部、お師匠様が編曲なさった二重奏で、上も下も中々楽しく、聴いていただく曲としてもよく出来ているのです〜(☆-☆)

「口笛ポルカ」‥‥これは速めに吹くとかなり楽しいかも♪○、です♪
「調子のよい鍛冶屋」‥‥たぶん、ブラヴェの二重奏曲集から編曲なさったのかな?すっごく楽しく出来ています♪○♪
「グリーンスリーブス」‥‥バス二本でやったらいいかも(☆-☆)♪○♪
「星影さやかに」‥‥これもテナーとバス、くらいでやってみよ〜♪d(⌒o⌒)b♪

もう一曲、サンマルティーニのソナタ(有名じゃない方)の第一楽章ももう一度やることに♪軽い感じでふわん、と吹いてみたら中々良い感じだったので〜♪

他にもう一曲、以前、Bingoさんと静岡でのコンサートで、バスリコで二重奏させていただいて中々良かった気のする、レイエ・ド・ガンのソナタa-moll、も吹いてみました。(バス二重奏するといいんですよ〜♪と私が持っていったのです)。
「これ、キレイでいいやん〜(☆-☆)」と気にいっていただけて、るるるん♪

今日はアルト二本で合わせたのだけど、アルトでも感じいいかも(☆-☆)♪

というか、、TBさんの吹かれるの、柔らかく力抜いた感じで、私も久しぶりに力抜いて柔らかく、私の一番好きな感じで吹いて、、ああ、やっぱりこの吹き方、好き♪コンサートには合わないかも、なんだけど、こういう吹き方するのもいいよなあ(☆-☆)♪、と吹きながら和んでおりました。
(フレスコバルディは、本来ルネサンスリコーダーで吹く曲、ということでかなり固い、トランペットの雰囲気・吹き方要求された曲だし、
マルチェロの協奏曲も南イタリアの明るい雰囲気出すために、もっと明るく、もっと明るく、そんな風に柔らかく上品に吹いては(感じてては)ダメ〜、と、かなり吹き上げないといけなかったし、
もちろん、フォリア等の今度のコンサートのイタリア物達も、かなり激しい感じ方・吹き方がぴったり合う気のする曲達なので、ここのところ、優しくふんわり、という吹き方する曲、なかったのですね。。うにゃ、すっごく久しぶりな気がした(☆-☆)、、たまにはこういうのもいいよな〜♪♪)

それと♪(☆-☆)、、ですね。。。。去年にサンマルティーニのこの二重奏曲合わせていただいた時は、どう吹きたいか、っていうのがあまり湧いてこなくて、ただ楽譜吹いてただけだったような、、今日は吹きながらどんどん、フレーズが浮き彫りになって見えて、からんだり応答したり、っていうのが最初から見える気がする、、
レイエのソナタも、数年前にBingoさんと合わせていただいた頃はただただ、吹くのに必死だったような覚えがあるのだけど、なんだか今日は、すっごく曲がよく見える、、自分がどう吹きたいのか、TBさんのリコーダーにどう応答したいのか、が明確に湧いてくるのです。

もしかしてもしかして、、、以前より少〜しだけ、前に進めているのでしょうか(☆-☆)、私?、、だったら嬉しいんだけどなあ、、単に、前にやったことあるからだったりして−−;

まあ、でも、、、なんとなく以前吹いた時との自分の感じ方の違い、もっとたくさん感じて吹けるようになっているのを感じて嬉しくなってしまいました。

*****

一応、用意した曲で良さそうな、「○」つけたのはこのくらいです♪そこそこ揃ったかも♪

あと、一緒に歌ってもらえるような童謡系もなんとしても入れたいね〜、と、今度はわかめさんが貸してくださった童謡集をパラパラめくって、、、私的には、どうしても入れたいのが「七つの子」「ふるさと」でした。あと、「蘇州夜曲」も入れたいのですよね〜、、二重奏にするの難しいかなあ、、

「七つの子」と「ふるさと」は、TBさんがメロディに副旋律をつけてきてくださることになりました♪d(⌒o⌒)b♪わああい♪

ざっと軽く(何曲かは3回くらい通してみましたが♪)合わせただけですが、当日のプログラムがしっかり決まって安心した〜♪どの曲も良さそうに仕上がりそうで嬉しい〜o(^−^o)(o^−^)o

あとは個人練習しっかりして、最後の合わせに持ち込みましょう♪ということで本日の練習会はお開きです♪

あ〜、なんかすっごい楽しかった♪無事に曲も決められて、満足感があるのが良いのかな?♪吹くのも楽しかったです〜♪♪

*****

案外、早く練習が終わったので、晩御飯の買い物して帰宅、、、が、頭は元気(どちらかというと最近ずっと高揚しているのです^^;)でも、やはり体力がもう限界なようで−−;

ご飯の後、フラフラ、と眠り込んだらもう起きれませんでした−−;

今日は出来たら、415Hzアルトで、基礎練習と明日のレッスンの練習(−−;結局全然出来てないじょ〜┯_┯お師匠様ごめんなさい。。)したかったのだけど、、、無理でした┯_┯

まあ、たまには休まないと、、、、ってレッスン前日に休んでどうするんだ−"−;、、

でも、久しぶりに自分らしい吹き方思い出した気がして、明日のレッスンではそんな吹き方また教えていただけそうな気がして、、楽しみなのです。

リコーダー、っていろんな吹き方できるから、難しい、、けど面白いですよね♪


2006年06月12日(月) No.156 (友人と♪)

最終合わせ♪


*****ブログより*****

さあっ、今度は、6月24日(土) 午後1時半開演、豊中にありますお好み焼き工房"ほわっと"さんでの
"思い切りイタリアン"コンサートです♪

今日は、二回目にして最後の合わせ、ドキドキ、、あんまり練習積めなかった気が、、、

とにかくがんばるしかないぞ、と、、朝から滋賀県に行ってきました〜♪

*****

ゆうべはさすがにぐっすり、朝、目覚ましが鳴るまで爆睡でしたのにゃ♪d(⌒o⌒)b♪♪目覚ましが鳴って、、ムクッと起き上がって、朦朧としたまま準備準備、、お化粧ちゃちゃっと済まして飛び出します。

♪d(⌒o⌒)b♪10時45分、の集合に無事間に合いました♪

今日の練習は、、、最初にやったファリコニエッリの「3声のためのフォリア」は、かなりじっくり出来て手ごたえもしっかりあったような気がします(☆−☆)。後は本番、いかに今日と同じように気持ちをのめりこませていけるか、、、かなあ?

その次に、流離の古楽器吹きさんがソロソナタを合わせたところで、お昼休憩〜♪

おにぎりを買っていっていたのですが、にゃんと、チェンバロ奏者のSさんが、そうめんを作っていて下さったのですにゃ。(☆−☆)お〜いしかった〜♪♪

彩りにお庭の緑のもみじを取ってきたのを添えてくださってるのがとても風流で、、しかもしかも、麺がひとつかみずつ取りやすいように小さく分けて盛り付けてくださってるのがなんともいえない風情のあるこまやかな心遣いで(わたし、いつもそんなんしたことないんですもの〜)、感激しつつお〜いしくいただきました。

Sさん、ご馳走様でしたのにゃ〜♪d(⌒o⌒)b♪

*****

お昼ご飯の後は、「先にやる?」と言ってもらって、朝からかなりドキドキしていたので、先に済まさせてもらっちゃおう、とビガリアのソナタの合わせ〜。

最初に合わせた時、「これならなんとかいけるかも(☆−☆)?いけるかな?いけるかも?」と勝手に、少し充実感感じて嬉しくなっていました。

が、、はわはわ(☆−☆)、、チェンバロのSさんもチェロのNさんも、そんなんでは全然立ち止まらず(って当たり前ですね^^;)、、、どんどんアイデアや疑問点出してくださるのです。

「ここはこんな和音進行だから、ここをもう少し何か感じたい、というか私は感じてやっています」とか
「ここをこう吹いたらどんな感じになるでしょう。やってみてもらっていいですか?」
「ここはどんな感じに思って吹いておられますか?」ってたずねてくださって合わせて下さったりとか、、

とても丁寧に、私がどう吹きたいのか、を尊重しつつ、どんどん新しい見方・感じ方提示してくださるの〜(☆−☆)

「わあ、それ面白そう(☆−☆)。。そっか♪ちょっと吹いてみていいですか?」と試してみたり、「ん〜−"−、今ひとつつかめませんね−"−」と悩みこんだり、、

なんだかアッという間に時間が経ってしまって、、、まだ他の曲も合わせてないというのにずいぶんと時間取ってしまいました−−;

帰りの車の中で反省していました。私がも〜っと、「ここはこんな感じでこうしたい」としっかりとした確固としたもの持っていたら、それを言ったらきっとそれに合わせてくださったのだろなあ、と。ふよふよと頼りなかったので、あんなに時間かけていただいてしまったのでは、、ごめんなさい〜┯_┯

でもでも、、とても充実した合わせ練習させていただきました。時間たくさんとっていただいてごめんなさい。ほんとにほんとにありがとうございました。

最後、時間がなくて、しっかり詰めなかった第一楽章、やっぱり、テンポは合わせの時に決めたあのテンポで、それで最後にチラッと出ていた荘厳な感じではなく、やっぱりイタリアンなので、カンタービレにうんと歌うように吹いてみたいです〜♪って、当日の最終合わせの時に言ってみるつもりなのですにゃ♪
(☆−☆)あと二週間、、うんと練習がんばれそうです(☆−☆)♪

*****

今日、早めに集合したのは、流離の古楽器吹きさんが、夕方ご用があって、3時半には帰らないといけないからなのです。。。なのに、もう3時前、、、ううう┯_┯ほんとにごめんなさい。

「^^;ちょっと時間押し気味で〜す」と冗談ぽくおっしゃってたけど、申し訳なくてたまりませんのにゃ┯_┯ビガリア、もっと短く仕上げれば良かったです。ほんとにごめんなさい。

そこから駆け足で、みなさまのソロソナタ(何種類もあるのですよ〜♪d(⌒o⌒)b♪)をザッと合わせて、最後にヴィヴァルディの「フォリア」を一度だけ流して、、最終合わせは終りとなりました。

フォリア、、最初のテンポ取れなかったのが不安だにゃん、、最後の方ももう一度合わせたかった┯_┯、当日の合わせでつかむしかあるまい、、でも、当日の合わせで気分盛り上げてそのまま本番、というのもいいかもしれない、、、、ていうか、、、ビガリアで時間取ったせいです、、ほんとにごめんなさい┯_┯しっかり出来てる自信もなくて、「じゃあこれで♪」と切り上げる勇気がなかったのでする、、ほんとにありがとうございました。

はう、、それでも、一度だけ通したフォリアも、前回よりもなんだか出来上がってる気がしました。前回よりも楽譜が全体的に見える気がした、というのか。。

後は、本番当日の合わせ、ですね。。。。それまで、家で一人で出来ること、全部仕上げておきます〜(☆−☆)/
最後、駆け足になってしまったけど、、なんだか、もしかしてもしかして、聴いて下さる方にうんと楽しんでいただけるんでは(☆−☆)、なんて明るい気分になった合わせでした。

あと二週間、、、がんば〜o(^−^o)(o^−^)o

*****

朝、行きの車の中でもたいがい眠くて死にかけていました。。(ゆうべはよく寝たのに〜)

きのう、おととい、と実は風邪気味で、喉が痛くてたまらなくて、くしゃみ・鼻水がひどかったので、おとといからずっと風邪薬で押さえておりました。おかげで、きのうは意識朦朧、、ちょっと頭ハッキリしてなかったのでした−−;

今日の合わせでそんな朦朧とした状態は困る、と思い、本日は薬は我慢、、その代わりに、くしゃみが〜、、ううう、、どちらか一つしか選択できないなんて−−;

薬飲んでないのだから、そこまで眠くならなくてもいいのに、、、帰りの車の中では、もうほんとに眠たくて、、このまま死ぬのかと思うくらに眠たかったのです^^;

で、家に帰ってすぐに就寝−−z、、、、ひたすらスコスコと眠って目が覚めると9時、でした。

今日の晩御飯は主人が作ってくれるので、安心してこんなにたくさん眠れたのですにゃ♪ありがと〜♪d(⌒o⌒)b♪

夜は時間はあるんだけど、どうもこれ以上リコーダーの練習する気力は湧かなくて、トラヴェルソだけ練習〜♪

カプリス3曲、テレマンの無伴奏ファンタジー、久しぶりにブラヴェのソナタOp.3-2、と吹いてみました。最初のうちは調子悪かったのだけど、ひたすら力抜いて鳴らそうとしないことを意識したら、あら不思議、、逆にちゃんと鳴ってくれるようになります。。。鳴らない時、ってどうしても吹き込んで鳴らそうとしてしまうのですが、それだとどんどん鳴らなくなっていく、、鳴らすことから意識離して、ただただ自然に力抜いて吹き込むと鳴ってくれる、、、

不思議な楽器です♪

明日は、7月2日(日)に介護老人保健施設でのボランティア演奏に誘っていただいたTBさんと、初練習、仕事の後で合わせていただくのですにゃ♪

リコーダーまるけで嬉しい毎日〜♪体力がもつように、睡眠しっかり取らねば、、

2006年06月11日(日) No.155 (友人と♪)

ほわっと合わせ♪


*****ブログより******

(☆-☆)うをををを、、めちゃめちゃ濃くて充実度200%のリハでした。

今日は、6月24日(土)に豊中のお好み焼き屋さん"ほわっと"で開く"思い切りイタリアン"コンサートの合わせなのです。

朝から滋賀県まで、、、チェンバロ奏者さんのおうちに集合〜♪お久しぶりです〜o(^−^o)(o^−^)o

*****

@_@うを〜、すごい集中力が必要なのだ、、すごい精神力が必要なのだ、、

流離の古楽器吹きさん、チェンバロ奏者のSさん、チェロ奏者のNさん、、三人とも、専門に音楽勉強されて、私などとは比べ物にならない音楽経験積んでこられた方、毎日プロ活動しておられる方、、、そんな方々と一緒に吹かせていただくのは、もうほんとに精一杯背伸びして、自分の持ってるすべての力を総動員して、、自分の中の出せる限りの感受性ひろげてアンテナ張り巡らせて、自分に出来うるギリギリいっぱいの表現を笛で表す感じ?、、あまりに必死で余裕がなくて、頭の中ではいつものように言葉で考えるのでなく、もう、本能で吹くことしか出来ない部分も出てきたりして、、

はぅ、、一曲吹き終わるごとにくったり+_+、、全力出しきった感じになります。。それでも「もう一度通してやってみよう♪」「ここはこんな感じでどう?♪」「ここはこうしたら?」とどんどん出されるアイデアが面白くてやってみたくて(☆-☆)またまた必死で挑戦したり、、

私なんかにできるのか、とすごい緊張感なのですが、、、なんて、、なんて面白いのでしょう(☆-☆)、なんて充実しているのでしょう(☆-☆)、、

出来るギリギリまで、というよりも自分自身にそれ以上のこと求めて必死に体をのばす、というのは普段滅多に体験できないことなのです。しかもそれを否応なしに求められる、突きつけられる状況、というのは、ほんとにすごい緊張感でプレッシャーで、、なのですが、、めちゃめちゃ楽しい〜♪♪

う〜んと、、《楽しい》と書くとなんだか語弊がありますね* ̄◆ ̄*、、決して楽しむ余裕はないのですが、、この、力一杯、精一杯、自分の限界まで必死で力を振り絞っている、、という充実感、心地良い疲労感、、なんて表現したらいいのかなあ、、力が届かなくて泣きそうになる瞬間もあるというのに、、一度味わったら病み付き、、になってしまいそうな(☆-☆)、、

プロの方の演奏が、私達には到底真似できない、大きな隔たりがあるのは当たり前だなあ、と今日、つくづく思いました。

だって、私が今日させていただいたような経験・思いを毎日のように、いえ、もっと大変な経験を日常茶飯事にこなしておられるのですものにゃ、、そりゃ〜、違うハズです(☆-☆)。。

普段の練習が、いかに楽してるものか、、も痛感、、です。今日、みなさまの音楽に届くように、と必死で吹いてたら、体全体のしっかり疲れたこと、、いつもこんな吹き方しなくっちゃ〜* ̄◆ ̄*、、体だけじゃなくて、心だっていつもこのくらい疲れるくらい精神力使わなくっちゃダメじゃん、と。。

*****

ファニコリエッリのフォリア、、ソプラノリコーダー二本とチェロ・チェンバロ、という編成なのですが、これ(☆-☆)、、とってもいい感じになりそうです。吹いてると体が熱くなって、どんどん前に進んでいきます。。
もう一つ、ヴィヴァルディのフォリアも♪今日みたいに入り込んで吹ければ、すごくエキサイティングな曲にできそうな(☆-☆)♪

合わせ、って言っても、探り合い、みたいなことは一切しないでピタッと合ってしまうのですね、プロの方って(☆-☆)。
どんどん、感じたままに自分の音楽を出していって、その上で、細部の吹きたいイメージを打ち合わせて、、、そしたら、それぞれの出したい音楽が立体的にからんでいく感じ、、、私の吹くリコーダーもそこにからめていただける、というのが激しく喜びだったりします♪

流離の古楽器吹きさんの吹かれるソロソナタ(ウィンナオーボエやルネサンスフルート、リコーダー、での)数曲も、チェロのソナタもすっご〜く魅力的だし(☆-☆)、、当日は、きっと皆様に楽しんでいただけるコンサートになると思います♪d(⌒o⌒)b♪

みなさま、良かったらぜひぜひ♪

6月24日(土)、午後1時半開演、於:"ほわっと"(大阪府豊中市桜の町6-10-3 T'sビル2F Tel:06-6855-8303)

にお越しくださいませ〜♪♪

*****

−−;私にとっての一番のネックは、、ビガリアのソナタですね−−;、、、しくしくしくしく┯_┯、、ソロソナタ吹かせてもらう・聴いてもらえるなんて生まれて初めてなんじゃないのか?、、しかも豪華にチェロ・チェンバロ(それもプロの方の〜(☆-☆))通奏低音付きで、、なんて(☆-☆)、、

うう、、やっぱりやっぱり、合わせの時は、ちょびっと萎縮、、してしまいました−−;いかんなあ、、表現したいことが固くなってしまって出てきてくれない感じ、、、何か型の中に入り込んでしまった感じ、、、うううう、、指もやっぱりボロボロで、、もっと思い切って、迷いも振り切って吹ければ良いのになあ、、

せっかく吹かせていただけるというのに、、なんてもどかしいのだ、、、流離の古楽器吹きさんが見かねて−−;、「ちょっと、、レッスンしていい?^^;」とポイント教えてくださいましたじょ。

*これ書いてるのは、4日日曜日の夜中、なのですが、正直、合わせから帰ってきて一日目は、

「やっぱり無理┯_┯、、ビガリア、吹けないよ〜」とすごく弱気な気持ちでいました。夜になっても練習始めるのが気が重かったくらいです。。

ところが(☆-☆)、いざ、ビガリアのソナタ開いてみたら、楽譜の見え方が合わせの前と全然違うことに気づきました。それになぜか、「よしっT−T、がんばるぞっ」とえらく前向きな気分で練習できてしまった、、、うむ、、もしかしたらダメ出しされるかもしれないけど、、せっかくいただいた機会、、今週全力で練習して、次回の合わせの時、後悔しないですむようにしますのだ(☆-☆)。

今週、、、土曜日がKiKiのコンサートの本番、KiKiの曲もリコオケの曲もしっかり練習したいのだ、、、でもでも、翌日曜日が、次の(そして最後の)"ほわっと"コンサートの合わせなのだ、、、うにゅ、、練習、がんばるぞ〜(☆-☆)!!

*****

帰りの車の中、「やっぱり、命削って演奏する、、くらいのことしないと聴いてもらえる演奏ってできないよなあ」と、考えていました。いえ、他の方はそんなことしないでもいけると思うのですが、私の場合は、そこまでしないと、ダメだと思うのですね。。

そんなこと考えてしまったくらい、充実した、濃い、思い切り必死で吹いた合わせでした。疲れたけど、、気持ちいい(☆-☆)、、こういうことを平気でこなせるような音楽体力を養いたいです。

帰ってきたら、もうぐったり@_@、、、晩御飯の後、仮眠してトラヴェルソだけ吹くつもりが、どうしても起きれず、結局夜中まで一気に眠ってしまいました。@_@疲れきってたんだにゃ〜。でもでも、充実した一日でした♪

明日、日曜日は、KiKi合同コンサートの時のリコーダーオーケストラの合わせ&KiKiのグループレッスンです♪

2006年06月03日(土) No.151 (友人と♪)

病院コンサート♪


朝起きたら、心配していた雪は積もっていませんでした。良かった〜(>。<)、、が、気温の低いこと* ̄◇ ̄;*、、か、風が冷たいじょ、、ほっぺたが痛いやん〜;−;

コンサートは午後2時からなので、比較的ゆったり、と過ごして、、

お昼ちょうど、12時頃に会場入り〜♪
(吹かせていただく病院の8Fにあるレクリエーションルーム、、とってもキレイで広々した空間で、笛の音がよく響く素敵な場所なのですにゃ〜♪眺めもいいし(☆-☆)
エントランスも廊下もそうなのですが、この病院さんは"病院"という雰囲気があまりなく、暖かな明るい雰囲気にあふれているのです。。去年うかがった時はちょうど娘が原因不明の病気で地元大阪で入院中なのを置いてきてたので、
「ここに連れてきて転院させてやりたい(>_<)」と心から思ったものでした。)

もうキレイに椅子を並べて下さっていて、前にはちゃんと私達が演奏する舞台もセットして下さっています。

譜面台並べて、、一通り吹いてみる、、、実はこのときが一番緊張したかも^^;。なぜか少し指まで震えたりして、こんなんで本番どうなるんや〜(>_<)、という感じ、、が、少し吹くうちに曲の中に気持ちが入り込んで、すぐに変な緊張が溶けてホッ♪

一通り吹いた後は、コンビニに連れていってもらってお昼ごはん調達したり♪アルグレイティいただいてほっこり寛いだり、、と、あっという間に2時前、、本番開始です♪



詳しくはまた改めてmyHPの《演奏会の記録》に書かせていただこうと思うのですが、、

一言で言うと、"本当に楽しかった(>_<*)!!"、、吹きながら、4人で音楽を紡ぎだしている、音を重ねている手応え、喜びを感じて、それをお届けしているのがまた大きな喜びで、、みなさまに聴いていただけてるのも嬉しくて、、

舞台、といってもビール箱(^m^)をいくつも並べて、そこに白い布をきれいにかけて下さっている手作りの舞台で、聴いて下さっている方ととても位置が近いのがまた嬉しく、
吹きながら、楽譜のすぐ向こうに見える、聴いて下さってる何人もの方に「楽しんでいただけてますように(>_<*)」って願いこめながら吹けた気がして、、

自分自身の演奏で言うと、なぜか小節ずれたり* ̄◇ ̄;*、しっかり吹けなかったところもあったりして、正直言うと悔しい部分も多々ありました。。
(とくにブランデン6番の第三楽章の後半の難しいところなんてもうボロボロでしたのにゃ;−;。もっともっと練習しなければ(>_<)。後、本番の集中力、、もっと練習の時みたいに思い切り入り込めるようになりたい(>_<))

でも、そんな個人の見栄?的な出来不出来はどうでもいいや、と思えてしまう、この充実感、幸せな気持ち、、はどこから来るのかな?

みんなの気持ちがひとつになって音楽を奏でられた、届けられた、、そしてそれをしっかり受け止めてもらえた、、そんな思いを感じさせてもらえたからなのかも?

どの曲も、本番が一番よく合っていい演奏が出来たのでは?なんて思えるくらい、、だったのです♪
(本番ならでは?の事故もほんとにたくさんやらかしたのですよ−−;、、でもそれよりも届けられたのでは?と思える全体の音楽の出来は結構良かったかも、と思えるのが嬉しくて、、)

吹いてる途中もどんどんお客様が入ってきてくださるのも、嬉しかったんだにゃ〜♪

アンコールの時、お辞儀するのに立っていたのですが(演奏は座ってしていたのですにゃ)、wat392さんが「このまま立ったままやろう♪」と急遽、譜面台のばして立ったまま演奏、、

この時は今までよりもっと、座っておられるみなさまのお顔が見えて、横ではwat392さんもKさん、baroque_oboeさんもすごくノリノリで吹いておられるのも感じ取れて、、なんだかうるうるきてしまいました。

今日のbaroque_oboeさんのMCも、、「少しでも楽しんでいただけたら(>_<)」っていう私の気持ちを代弁してくださるような部分があって、ホロっとしたし、、

アンコール三曲吹かせていただいた後は、にゃんと、病院の方からプレゼントをいただきました(>_<*)

可愛い男のコがね〜、一人一人に包みを持ってきてくれて、渡してくれたの〜♪嬉しかったぁ*⌒o⌒*♪
(家に帰ってから開けると、とっても柔らかな色合いのストールでした〜(☆-☆)♪ほんとに嬉しかったのだ、、ありがとうございますのにゃ(>_<)。大切にします〜*⌒−⌒*♪)

演奏、って、ほんとに聴いてくださる方あってのものだなあ、とまたまた心から実感しました。
今日のコンサートは最初から、座って待っていて下さってる方々のお顔がとっても優しい笑顔に見えて、何も考えずにひたすら心をこめて吹けた気がします。。

去年も思ったけど(>_<)、、吹かせて下さってありがとう(>_<)、聴いて下さってありがとう(>_<)、少しでも、楽しんでいただけてたら嬉しいのですにゃ(>_<)、、、ほんとにほんとにありがとうございました♪

吹いたこちらの方がすごい幸せな気持ちにさせていただいて、、帰ってきましたのにゃ♪



2年半前にリコーダーが縁でHPで行き来するようになった坊ちゃん(原田)さんが、近くに住んでおられる、ということで来て下さっていました♪
(初めてお会いできておしゃべりもさせていただけて嬉しかったのです〜♪)

また、演奏後に見せてくださったた〜くさんのアンケート用紙には、い〜っぱい♪嬉しくなる言葉が書かれていて、、これも感激でした(>_<)
(や〜、プログラムに感想書くところがあるとは知らなかったので〜* ̄◇ ̄*、、演奏中、何人かの方が下を向いては何か書き込んでおられるの、
「一体何をチェックしておられるんだろう* ̄◇ ̄;*」とちょっと気になっていたのですにゃ* ̄◆ ̄*、、アンケート書いて下さってたんだあ♪)

どの書いて下さってた言葉も「うるうる;−;」と嬉しくなるものだったのですが、
「20日間、病室しか歩く場所がなく悶々としていたけど、さわやかな気持ちになれました」って書いて下さってたり、
80歳になるお母様が、あまり音楽とか聴かない方だけど身を乗り出して聴いて下さっていた、というお話や、バッハにとても感動しました、って書いて下さってたり、、と、「わわ〜(>_<)、ほんとに、、少しでもお役に立てたのかな、、喜んでいただけたのかな、、」って、読ませていただきながら、安心したり心から嬉しくなったり、、していました。

もっと、、もっと修練積んで、もっと楽しんでいただける演奏が出来るようになりたいな〜、がんばろう(☆-☆)、と、、思いつつ、嬉しい気持ちで大阪に帰ってきましたのにゃ♪d(⌒o⌒)b♪

クリスマスコンサート、、wat392さん、呼んでくださってありがとう〜(>_<)♪みなさま、本当にありがとうございました♪


2005年12月18日(日) No.182 (友人と♪)

福岡入りしています♪


ただ今、北九州でーす。めちゃめちゃ寒いです(×_×)
写真は、晩ご飯に連れていっていただいた、名物なラーメン屋さんのラーメン♪
細麺であっさりトンコツ味でおーいしかったーです。(*^o^*)。
2005年12月17日(土) No.183 (友人と♪)

クリスマスコンサート in S病院♪


+_+とにかくさぶいさぶい、、、、駅降りたら吹雪いてるんですもん、、@_@、、福岡、さぶいよ〜+_+

本日(17日)は、いよいよ、明日(18日)の病院コンサートに備えて、福岡入りしております♪d(⌒o⌒)b♪

福岡、といっても端っこの方なので、ほとんど北九州、、になるのだそうです。=福岡よりも寒いのだそうです+_+

メンバーの一人Oさんは今日は下関で午後7時からコンサートされてるので、こっちに合流できるのは午後10時以降、ということで、私もかなりゆったり時間過ごしてから出発♪

ほぼ同じ時間に着きました♪d(⌒o⌒)b♪

先に到着しておられた松江のKさんと、地元のwat392さんが車で駅まで迎えに来て下さって(寒い中ありがとうございます(>_<))、いざ4人で宿舎へ〜♪

っとその前に♪d(⌒o⌒)b♪腹ごしらえ、ということで、とってもおいしいラーメン屋さんに連れていっていただきましたo(^−^o)(o^−^)oおいしかったぁ♪♪



@_@なんでだろう、、、もう、眠くて眠くて体からズルズルと力が抜けていく、、、

泊めていただく宿舎に着いたのが午前0時過ぎ、、午前1時過ぎまで少しおしゃべり、、楽器組み立てて、ざっと一通り合わせ終わったのが午前2時過ぎ、、コックリコックリコックリコ、、、吹いてる間はさすがに目が冴えてきますが、、それ以外はとにかく瞼が重たい=_=や〜ん、眠たい〜、、

去年うかがった時は、吹き始めたのが午後9時頃だったのに午前3時半くらいまでいろいろ吹いて遊んだ覚えが、、、今年はなんでこんなに体力ないんだろう−−???ほんとに眠くてたまらにゃい〜、、、

Oさんも、本番こなしてこられたばっかりでかなり疲れておられました。
(下関はもっと吹雪いてたのに、お客さんが100人くらい来てくださったのだそうです(☆-☆)。お話聞くだけで、素敵なコンサートだったのが伝わってきました♪)

「もう今日は集中力が限界です〜」ということで、本日の最終合わせはザッと全部の曲を通してみただけ、、、でも、なんだかいい感じですのにゃ♪

後は明日、、いよいよ本番です♪d(⌒o⌒)b♪

2005年12月17日(土) No.121 (友人と♪)

東京へ♪


8月に、《静岡音楽館 AOI》の講堂で開かれる、夢笛in静岡コンサート、、、去年、夢笛の常時活動から離れさせてもらった後も、このコンサートの第2部、ゲストが次々演奏する♪というコーナーで
Bingoさんと二人で415Hzで何か吹かせてもらお〜(☆o☆)♪という話だけはずっと続いておりました♪
(去年、だいぶ早いうちから約束してたんだもん〜o(^-^o)(o^-^)o)

冬頃から「曲、何にしましょう〜?」とメールで相談しつつ、テレマンやクヴァンツ、ブラヴェ、etc.の楽譜を送りあって、、、夢笛のみんなも、どんどん進むコンサートの準備の間中、「桜さんとこには10分な〜」と時間を確保してくれて(>_<)、、(ありがとにゃ〜(>_<))

さてさて、、、、いよいよ8月の、、夢笛メンバー、おせつさん、静岡のmonoさん、ゆめ♪さん、横浜のえり姉さま、MIORIさん、もしやさん、うさぎ♪さん、、等々、みんなと(☆−☆)♪♪久々に会える日が近づいてきております。。。

* ̄◇ ̄*せめて一回は、、、合わせ練習せねば、、、、それより先に、、曲決めねば* ̄◆ ̄;*、、、とアセるわたし達、、、

ほんとは、、、春休みかGWに東京に遊びに行きがてら、練習してもらう約束していたのです〜〜〜、、、が、、、わたしのお財布事情が悪くなって〜−−;、、行けなくなっちゃったの;−;

で、7月中にはなんとしても行くのだ(>_<)、って決めてたの、、、ボーナスも出ることだし〜♪ d(⌒o⌒)b♪

Bingoさんのご都合の良い日が7/10、ということで、東京に行くのはこの日に決定♪♪
(Bingoさんが所属なさっている《たまの音楽家》さんとこにもとっても遊びに行きたかったのですが(>_<)、、今回はひたすら節約旅行のため、日帰りにしました、、、、次、、うかがう時にはほんとにほんとに遊びに行かせていただきたいのですにゃ〜;−;)



行きの飛行機は、朝6時45分関空発!(安いのだ、この便、、、帰りも夜遅いめのにしたからうんと安く行き帰り出来るのだ* ̄◆ ̄*♪)

大阪は夜中から雨がざーざー降ってて、「移動するのに不便やん〜;−;」と思いつつ、アルミ製の軽〜い折りたたみ傘をつめて出かけたのだけど、、、東京に着いたら、なんとカラッと晴れてて、、、嬉しくなりました♪ d(⌒o⌒)b♪

Bingoさんが「羽田空港からうんと近いところ〜」と探して下さった、今回の練習会場は京急線川崎駅からすぐのところです。。。羽田から電車でほんの10数分〜〜♪

が、昼からしか取れなかったので(>_<)(って、でも、こんな間際に取れただけで奇跡なのです〜(☆o☆)♪ちょうど出来あがったばかりのホール&練習室、でまだ知られていないのが良かったみたいなの〜(☆o☆)♪Bingoさん、ありがとうございますのにゃ〜(>_<))
Bingoさんと待ち合わせた11時、にはまだまだうんと間があります、、、
(椅子を見つけるたびに座って休みながらゆっくり、と時間かけて行ったんだけど、羽田に着いたのが7時55分、、、で川崎駅には8時半に着いてしまったぁ、、、、)

「後、2時間半、、、何しようかなあ、、、」と思いつつ駅前をうろうろ、、、
(たぶんあるだろう、とネットカフェを探しておりました〜♪。。。と、、ををを、発見* ̄m ̄*!!これで2時間半、楽に過ごせる〜♪
...体力さえあったらね〜−"−、、、銀座のヤマハとか〜、、、行きたいとこ一杯あったし、、、もっと有意義に時間使えたんだけど〜−−;、、、でも今日は体力温存第1で〜、、、)

インターネットしたり飲み放題のコーラやスープ、コーヒー飲んだり、ふっかりソファでうとうとしたり、、、個室(今回のとこのは少し狭かったぞ* ̄◆ ̄*)で遊んでると時間が足りないくらい。あっという間に、そろそろ待ち合わせの駅に向かった方がいい時間に〜♪♪



駅の改札で無事、Bingoさんと合流した後、練習室を借りられる1時まで、お茶&お昼ご飯を〜〜〜♪ d(⌒o⌒)b♪
(いろいろたくさんお話出来て楽しかったのですにゃ〜♪)

そして案内していただいた練習会場は、、、、出来あがったばっかり、、ピッカピッカで真新しい建物の匂いがして、、、、わぁぁぁぁ、めちゃ素敵(☆o☆)♪こんなところで練習出来るにゃんて、、、う〜れしいぃぃぃぃ〜♪♪

http://www.kawasaki-sym-hall.jp/
(ミューザ川崎シンフォニーホール、というところですのにゃ♪)

↓この豪華にゃ練習室をご覧下さい(☆−☆)、、、二人で吹くのに、、椅子が30脚ほどあるお部屋で、、、とっても響きも良くて、、幸せだったあ〜(☆o☆)♪




まずはとっても楽しみにしていた、Bingoさん自作の笛を吹かせていただいたり、わたしの竹山さん柘植アルト@象牙マウントを吹いてもらったり、、
(Bingoさんの笛、ブレッサンらしい柔らかな音〜(☆−☆)♪自分で作られるなんて、実物を目の前にすると、ほんとにすごいなあ、と、、感激でした〜(>_<))

わたしの笛も〜♪♪「(☆−☆)美しい〜♪」って言っていただけて、、めちゃ嬉しかった〜*⌒m⌒*♪♪

で、練習練習です♪4時半まで3時間半だけ、、なの、練習出来る時間(>_<)。。。

・テレマンのデュエット集から(有名じゃないやつ、カノンでもないやつ)、、6番(結構いい感じ〜(☆o☆)♪)
・ブラヴェのトラヴェルソ用の二重奏曲を移調したもの、、から一番
・神谷先生にお借りした、以前バスリコ二本で吹いてとっても素敵だった曲(>_<)(これは上パートと下パートの動きに差がありすぎる、ということでボツに〜(>_<))
・レイエのソナタ a-moll (これ、バスリコ二本で吹くと結構いい感じかも(☆o☆)♪)
・Bingoさんが持ってきて下さった曲集から、ノードのソナタ d-moll
・オトテール ミュゼット

等々、、、、少しずつお話しながら、、、吹いて吹いて、、、*⌒m⌒*うわあ♪めちゃ楽しいなあああ〜♪♪

*今日はひとつ(>_<)!Bingoさんのおかげで、、、こないだのレッスンで神谷先生にいつもより深く気づかせていただいて、それから少し考え続けていたことを、、、うん(>_<)、やっぱりそうなんだ♪って、、更に深く得心することが出来ました♪

ノードのソナタ、、、最初上パート吹かせてもらって、、、わたし、って初見で吹いてて、16分音符が黒く連なるところが出ると、、今まで、どうしてもスポーツ的な興味でとらえてしまってたみたい、、、−−;
「わっ♪面白そう〜♪吹けるかなっ♪」みたいな感じで、、、、、(今日、やっと自分でそれに気づきました、、、−−;)

だから、たとえパラパラ吹けても、、、音楽的にはとっても聴きずらい吹き方してたと思うの〜(>_<)(聴いてもらう心、という意味でも(>_<))

が、、、、上下交代して、Bingoさんがそこを吹かれるとね、、、、(☆o☆)同じテンポなのに、、同じ速さなのに、、、なんかゆったり、のびやかで、、素直で変な思い入れがない感じ、っていうのかな〜、、とても落ちついてて、気持ち良く聴けるのです、、、衝撃受けました。。

いつも、WEB上でお話していて、Bingoさんから伝わってくる優しい感じ、、、そのままな感じ、、、
(この時、いつも神谷さんに、「速い楽章がせわしなく聴こえる」って指摘していただいてる点も、「そっか(>_<)、そら、わたしの演奏、せわしないわ〜(>_<)」って、、、とっても実感できたのです。。。やっとわかった、というのか(>_<)、、)

うにゃあ〜、、、、、吹き方もなんだけど、、、吹く心持ち、、ってほんとにこんなに大切なんだなあ(>_<)、、、



で、結構順調に練習が進んで、本番で吹く曲も気持ち良く決まりました♪
(ノードのソナタ(これ(☆o☆)♪気にいっちゃったんだにゃ♪)、レイエのソナタ、オトテールのミュゼット、と〜♪)

Bingoさんが上を吹いて下さった方が断然気持ちがいいので♪(☆−☆)♪
「え、ボクが上ですか〜、、、、、*T−T;*」
とおっしゃるのにどの曲も上パートを押しつけてしまいましたのにゃ、、ごめんにゃさい* ̄◆ ̄*
(でも、絶対にその方が気持ちいいアンサンブルになりますのにゃ〜(☆−☆)♪)

で、決まった曲を何度か通して、、、通して、、、、♪ d(⌒o⌒)b♪本番もなんとかこんな感じでいけるといいな〜、と♪♪るるん♪

時間、足りないかと心配していたのだけど、、、、ちょこっと遊びたい気分がウズウズするくらい、、うまい具合に進んだ気が〜♪q(^-^*q)(p*^-^)p♪

「ちょっとトラヴェルソも吹いてみます〜?* ̄◇ ̄*♪」
とBingoさんがおっしゃって下さって、ここから少〜しだけお遊びタイム〜♪

Bingoさんはトラヴェルソ吹きさんでもあるので、、、わたし、ここ何年か全然吹いてないというのに、、2週間ほど前から少しだけ練習再開したトラヴェルソも持っていっておりました♪少しでいいから合わせれたら嬉しいなあ、と思って〜♪

と、、、、持ってきて下さってて開かれた楽譜は、、、うわあ、懐かしい、、、昔トラヴェルソでもレッスンで見てもらったことあるオトテールの二重奏だ(フレンチクレフのこの楽譜、、、懐かしいのだ〜(☆o☆)♪)、、(リコーダーではついこないだ見ていただいてボロボロだった覚えが* ̄◇ ̄;*)

.......−−;ごめん、、、、下のG♯やA♯が、、、咄嗟に指使いが出てこないくらいさびついているわたし、、、とどの曲も忍耐強く合わせてくださりましたのにゃ、、、、わたしは久しぶりのトラヴェルソデュエットでうんと楽しくて嬉しかったのですが〜。。。。つき合わせてごめんなさいにゃ〜。。。ありがとうございましたのにゃ♪ d(⌒o⌒)b♪♪

*⌒m⌒*めちゃめちゃ楽しいなあ〜♪♪と思ううちに、、、あっという間に時間が過ぎて、、、ふ、と時計を見ると、もう4時15分!@_@わ〜、、、

で、本番ですることに決めた曲をもう一度だけ通して、、、練習室の中を片付けて係員さん呼んで、、、、今日の練習会はもう終わりなのですにゃ〜(>_<)、、、名残惜しい〜。。。

ほんとに、、、、とっても楽しい時間でした。東京に来て良かった〜♪って、、心から思ったの〜♪

Bingoさん、ありがとうございました(*>_<*)....とっても楽しかったです〜♪ d(⌒o⌒)b♪

8月の本番も、、、、どうぞよろしくお願いします♪(>_<)



ここは練習室やホールのタイムテーブルがね〜、、、電光式なの(☆o☆)、、、



《ユニット桜》、、、、、* ̄◆ ̄;*Bingoさん、まさかこの名前そのまま使ってくださるとは、、、うはは♪♪

で、JR使って帰られるBingoさんと駅前でお別れして〜、、、(ありがとうございましたのにゃ〜♪ d(⌒o⌒)b♪)

くったり疲れてたので、まっすぐ空港に向かって飛行機の時間まで休むつもりだったのですが、、、川崎駅前、って面白そうなお店がたくさんあるのだ(☆o☆)、、、、好きそうな服がありそうなお店とか、、雑貨屋さんとか、、、

飛行機の時間まで3時間以上あるので、、、、つい、この後、ふ〜らふ〜ら、とお店まわりをしておりました。。(バスリコと荷物持って〜* ̄◆ ̄*♪)

空港に着いたらもう足が上がらないくらいしんどかったのだ−−;体力がもう少しあったら、、、ヤマハとかもほんまに行きたかったのになあ−"−;

でも、、軽くサラダ食べて体休めて、、、、その後、まだおみやげとか見てまわる元気があったの、、、わたし、って一体、、−"−

が、最後は空港の椅子でくったりんこ、と眠ってしまいましたにゃ、、思わず、、−−;

で、9時前の飛行機で帰阪〜〜〜♪♪

体は疲れたけど、、、、楽しく実り多い1日でした〜♪ d(⌒o⌒)b♪


2004年07月10日(土) No.58 (友人と♪)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15][16]