Home 音楽室 掲示板等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



リコーダー合宿最終日♪♪


不思議なもので、合宿が終わってすぐの頃よりも時間の経った今の方が、だんだん、と鮮明に思い出してくる気がします。

ゆうべ!合わせていただいた曲達のことも前に書いたときよりいろいろ思い出してきました♪(ので書き足し〜)

たくさん合わせていただいてめっちゃ幸せだった(☆-☆)、バッハのトリオソナタ集やwatさん編曲の数々に加えて、、
tama9さん、SRQのSさん、wat392さん、満太郎さん(この時はまだいらっしゃらなかったのだっけ(> <)?)、とで夜中まで合わせていただいてとっても嬉しかった曲の一つ、に
SRQのSさん編曲、の憧れの"リベルタンゴ"がありました(☆-☆)。。メロディのとこ吹かせていただいて嬉しかったなあああ。。

あと、何の曲の時だったか、横で聴いておられるSRQのSさんが、リズム取るのに「こんな感じだよ〜」と振りつけてくださるのが、(編曲・いつも演奏しておられる積志さんの曲だけに♪)すっごい嬉しかったっけ♪

あと、満太郎さんがメールで教えてくださいましたんにゃ♪(11/9)
満太郎さんが出してきてくださったラテンな曲はその名も"ラテンアメリカ組曲"というのでした(☆-☆)。情熱的な曲で、これもメロディパート吹かせていただくのが楽しくてたまらなかった〜(> <)

そうそう、トリオの時、tama9さんと私でアルト吹きつつ、バス吹いて下さるwat392さんが目にうつって、「やっぱりwat392さんのバス吹かれてるの、格好いい〜(☆-☆)」と惚れ惚れしたのも思い出しました♪(これは福岡古楽祭の時にもつくづく思ったのですにゃん♪)



さてさて、、そんな楽しかった吹き倒しの夜も明けて、、、、今日は合宿三日目、、いよいよ今日で終わりです、、終わってしまいます、、なんだか寂しい┯_┯

朝は8時までぐっすり、と眠りました♪

皆様の朝ごはんが8時〜、なので、ご飯の後で帰られる方々の送迎は8時半過ぎでいっかな〜?
とゆっくり、と支度して、、もうパジャマも化粧水等もここで使うことはないのでカバンにしまって、、撤退準備、、ほんとに名残惜しい(> <)

笛以外の荷物は先に車に積んでおこう♪と荷物もって駐車場の方へ〜、、

管理棟にはもう、朝帰られるへいやーさん&辻_KENさんがおられるのが見えました。(お待たせしてごめんなさい(> <))

なぜか、ハナちゃん・hirokoさんもいらっしゃって、わかめさんも交えておしゃべり〜♪

おしゃべりしつつ、4人おられる朝帰られる方の送迎車の相談を。わかめさんの車、修理してちゃんと走れるハズ(> <)、なのでテストもかねて?わたしの車+わかめさんの車、でお送りすることになりました。
(どっちも軽なので3人までしか乗せられないのだ〜)

もうお二人、かなこさんとhandelさんは、大セミナー室で「7'sリコーダー」を通奏低音付きで演奏、というすごい楽しげなことされてるご様子です(☆-☆)。いいなあいいなあ、聴きたいなあ♪

どうせ分乗していただくのなら、先にお二人を送っていきましょう、と、しばしおしゃべりした後に(へいやーさん・辻_KENさんとこの時お話できて嬉しかったです♪)、まず私が先にお送りすることに♪

道にちょっぴり自信がなく−−;、、そういえば、きのうミルパパがすごいわかりやすい地図をセミナーハウスの方からもらってきてたのを思い出して(☆-☆)、ちょっと管理棟に寄って、地図をいただいてきました。

ををを(☆-☆)、駅までめちゃわかりやすいよん♪しかも係りの方が説明しつつ目印まで書き込んでくださいました♪
もう一枚いただいて、わかめさんに目印付きの方をお渡しして♪これで二人とも駅までOK♪なハズ〜♪d(⌒o⌒)b♪
(実は、地図では行き止まりなところでちょっと行き過ぎましたが* ̄◆ ̄*)

道場駅まで、、15分ほど、、車の中でもへいやーさん・辻_KENさんとおしゃべりできて良かったのですにゃ♪d(⌒o⌒)b♪

お名残惜しいですが、、さようなら〜┯_┯、、とお見送りしてUターン♪

ちょっとだけ道がややこしい気がしたので、急いで帰って、わかめさん達がまだ出発してなかったら、これでもう道は覚えたので、私がもう一度車で来よう、と急いでセミナーハウスに戻ったのですが、もうわかめさんの車がな〜い(> <)

わ〜ん、かなこさん・handelさんにご挨拶できなかった〜┯_┯残念なのだ。。



いったん自分の部屋に戻って、今度は楽器持って、、本格的にチェックアウトです。忘れ物がないか確認、、、最後に部屋見回した時、ほんとに名残惜しかったです。
ほんとにほんとに、、、楽しかったんだ〜*⌒−⌒*♪

楽器一式もって、よいしょよいしょ、とセミナー室へ、、、みんな、今頃何してるのかな?♪

さすがに、きのう・おととい、と好きなだけ、たっぷり、と合わせていただいたおかげか、、いつものように"吹きたい吹きたい"というよりはもっとのんびりした、「あ〜、楽しかったなあ*⌒−⌒*」というかなり満足した気分、、*⌒−⌒*ふ〜♪

と、セミナー室の入り口のところにtama9さん達がたむろっておられました。

「しんどそうー^^;、、だいじょぶ?^^;」とtama9さんに声かけていただいて、あれ?元気なつもりなんだけど、、しんどそうなんだ* ̄◇ ̄;*とびっくり、、うん、そういえば少し寝不足気味かも−−?(寝不足です)

中では、あちらこちらでまだまだアンサンブルしておられました♪みんな元気なのだ〜♪

中は満員?なので、そのままセミナー室前のベンチで、tama9さん達とカルテット〜♪(えっとこの時は、、tama9さん・SRQのSさん・私・Bierfassさん、でしたか(> <)?うう、思い出せない(> <))
とりあえず、積志さん編曲のJ.C.バッハの曲吹かせていただいて楽しく&面白かった覚えが♪

とこうするうちに、わかめさんが送迎から帰ってこられました♪

全員セミナー室に集合〜♪

部屋をチェックアウトして鍵を返してください〜、等の指示のあと、またまた自由にアンサンブルできる時間に♪

ここで、満太郎さんが声かけてくださいました(☆-☆)

ゆうべwat392さん達とでやったブランデンブルクの4番をもう一度しませんか〜、って(☆-☆)うわわいうわわい♪

「もちろん〜(☆-☆)」とバス出してたら、どうやらゆうべは私、バスではなくアルト2を吹いていたらしく(そういえばそうだ−−;これをバスで吹いたのは前の本番の時だ−−;、、だいぶと頭が朦朧としているのかも、、)

んっとね、、どんな編成だったのかな、、
tama9さん:アルト1、私:アルト2、wat392さん:ソプラノ、SRQのSさん:テナー、満太郎さん:グレバス、Siskoさん:バス、、でしたか?抜けてたらごめんなさい〜(> <)、、、

そして吹いたブランデンブルク4番全楽章、、、うう、まだダメだ−−;、、頭のエンジンがかかってないよぉ、、、ゆうべはもう少しマシに吹けた気のする第一楽章、、指がどうしても頭で思うように動かなくてもどかしくてたまりませんでした┯_┯、、しくしく、、ここまで、目が感じとった楽譜と指が連動してくれないの、初めてかも┯_┯、、うをををん、、

実は、この朝、こたけっちさんに来年コンサートを一緒に、ととても嬉しいお誘いいただいて感激だったのです♪
が、こんな出来では首になってしまう−−;、と妙にアセったりなんかして、、

うう、「もう最後なのに┯_┯、こんなに素敵な方達と一緒に吹ける、それも大好きな曲吹ける最後の時間なのに」と勿体なく思ううちにも進む曲、、、第一楽章は最後まで不満足な出来でしたん−−;

第二楽章、、ゆっくり、と吹いて、だんだんと目覚めてきたらしい頭・心・指、、とっても好きな第三楽章♪やっとこのあたりで、心こめて思い切りのめりこんで吹けた気が♪♪楽しかったあぁぁぁ♪d(⌒o⌒)b♪
(もっかい第一楽章やり直したかった〜* ̄◆ ̄;*)

ゆうべも見事に魅せて下さったwat392さんのソプラノ@ヴァイオリンパート、今朝も第一楽章も第三楽章も素敵に吹いてくださいました(☆-☆)。やっぱ何度聴いても素敵なのだ♪
それに、tama9さんのアルト1、と音色合わせたいつもりで、音楽もからみあいたいつもりで吹くの、、楽しかったなあ(☆-☆)。休んでる小節を数えるのまで楽しかったっけ♪
バス・テナーも最強の方が吹いて下さったので、下からうんと支えていただく感じで、、、うにゃあ、もっかい吹きたい(> <)、と急にまた、吹きたいモードに入ってしまいました。

*にゃんと、ハナちゃんがデジカメで録画してくださってました(☆−☆)。





「素敵だったよぉ〜」、、♪d(⌒o⌒)b♪第一楽章を思うように吹けなくて、若干落ち込み気味の私に笛吹きドジさまがかけてくださったお言葉です。笛吹きドジさんの言ってくださり方、ってゆうべも感じたのですが、不思議に心に嬉しくしみこんできます。しみこんで胸の中で暖かく広がる感じなの(☆-☆)
今朝のこの時も、この一言のおかげで、一瞬反省モードにはいりそうだったのが、フッと楽しい気分に持ち直してしまいましたのにゃ。笛吹きドジさま、ありがとうございます〜♪



この後は〜、、思い思いに散らばって、またまたちょっとだけアンサンブルタイム♪でした♪

私はのんびり、と楽器直してから、日向ぼっこがてら、またまたセミナー室外のベンチで、今度は聴衆モードになって、Bierfassさん・こたけっちさん達の吹かれるトリオを聴かせていただいたり♪d(⌒o⌒)b♪
通りかかったwat392さんがかついでおられた珍しいドルチァン(☆-☆)をを♪で通奏低音吹かれてのアンサンブル聴かせていただいたり♪
(ちょっと吹かせていただきましたん(☆-☆)♪、、、難し〜−"−;
でもこれがあれば、憧れのヴィヴァルディのファゴットとリコーダーのトリオソナタが出来るんじゃない?(☆-☆)わくわく♪今度楽譜お送りしちゃおう♪とひそかにわくわくしたり。)

wat392さんのツィンクとこたけっちさんがドルチァン吹かれてのソナタ、なんて面白いのもありました〜♪d(⌒o⌒)b♪

そして、去年からBierfassさんと「合わせてくださいね〜」と楽しみにしていた、ベルガマスカ、を、、ここでやっと合わせる機会が〜(☆-☆)

風で楽譜が飛ぶので、ちょうど音の途切れたセミナー室に入って。。

*そうそう、外にいる間、セミナー室からはとても素敵なハーモニー、、パッヘルベルのカノンを8フィート編成で吹いてらしたんです(☆-☆)。
譜面台や楽器取りに入るたびにうっとり聴かせていただきました(☆-☆)。
(あれ?あの時確かバス取りにいって何か曲も吹いたな、私、、何吹いたっけ−−??)

で、セミナー室で、Bierfassさんとソプラノ二本でベルガマスカを〜♪

これもすごい楽しかった〜o(^−^o)(o^−^)o、、もう一回吹きたかったですん♪

でも、春にヴァイオリン二挺で聴いて、「わあ、春の陽射しが見える(☆-☆)」と思ったあの雰囲気は出せなかったなあ、、、もっかい挑戦したい〜



ちょうど吹き終わったところに、わかめさんが戻ってこられました。全員集合♪

をを、わかめ委員長たらすごいのだ(☆-☆)。もう会計報告をしてくださいましたにょ♪

黒板にちゃんと明細書き出して、、、すごい金額、、すごい出費、、こんなに立て替えてくださってたんですね(> <)、、ありがとうございます(> <)

ありがたいことに、黒字会計となりました(ご参加の皆様には会計報告ページを作りますのでお待ちくださいませ〜)♪楽譜を送付してくださったりコピーしてくださった方々に雑費をお返ししたり、等の会計処理をここで少し〜。

そして、、、会計も終わり、、とうとう、、、楽しかった楽しかったリコーダー合宿in神戸、終わりです。。。

みんなで片付け片付け、、12時までにセミナー室は元通りのきれいな状態にして開けなければなりません。

椅子・譜面台・テーブル、、片付けて、わかめさんの持ってきてくださったクラヴィノーバ(初日に宿泊棟に運ぼうとしたら、階段の向きが急すぎて持ち込めなくて残念なのだった(> <))を車に戻してくださる方々もいて。。

全員で片付けると、アッという間でした。

今度は管理棟に移って、ロビーで、もう一度抽選会です♪
(きのう、私がだしそびれてしまった譜面台4台もここで抽選させていただきました(> <)。ほんとにごめんなさい。)

なぜか、チョコやキャンディもあるる(☆-☆)、、わ〜い♪

キャンディの袋をいただきました〜♪d(⌒o⌒)b♪

全員に景品がいきわたったところで、、今度こそほんとのお開きです。

満太郎さん・USO爺さん・こたけっちさんご夫妻・ygrさん・Ortizさん・kazuさん・Siskoさん、とバスで帰られる方を、車組でお見送り〜、、、
ほんとに、ほんとに名残惜しかったなあ(> <)、、、ほんとに楽しかったなあ(☆-☆)、、



この後は、車組で、ガストに集合してお昼ご飯食べました♪d(⌒o⌒)b♪
(この時、初めて?ハナちゃん達とわいわいとゆっくりおしゃべりした気が♪)

最後にそれぞれの車に乗り込むのに、近くに止めておられたみなさまに挨拶、、wat392さん、tama9さん、わかめさん、とがしっ、と握手交わしておられるの見て、ふっ、と感激しておりました。いいなあ、男の人って。。(で、真似しして私もわかめ委員長に握手してもらったにゃ♪へへ♪わかめさん、ほんとにほんとにお疲れ様でした。たくさんお世話になりましたのにゃ。ありがとう〜(> <*))
wat392さんとは「また会う機会あるもんね♪」とお話して嬉しくなったり、、
笛吹きドジさま・啓ちゃんの車がどこにあるのか、見当たらずご挨拶できなかったのが残念なのですにゃ┯_┯

みなさま、ほんとにほんとにありがとうございました。

ものすごく濃く、幸せな三日間でした。

たくさん笛を吹けたのも嬉しかった&幸せだったし、
「リコーダー好きな人ってこんなにもみんないい人ばっかり〜(☆-☆)」と何度も心から思わせていただいた経験・時間、、それもすごく嬉しかったのです、、

はぅ、、前回もでしたが、今回はいっそう♪この合宿はずっと大切にしたい思い出になりそうです♪
ありがとうございましたのにゃ〜♪♪



帰り道、、ああああ♪楽しかったなああああ*⌒−⌒*と、なんともいえない充足感に包まれて、ドライブするのは、なんともいえず嬉しい気分でした。

ミルパパからは「そろそろ解散した〜?わかめさんの車、どうやった〜?」と心配する電話が入りました。
家に帰ると、いつもより家中キレイにしてくれてて、洗い物までしてくれてる最中だったミルパパ、、、うにゃあ、ありがとぉ〜♪d(⌒o⌒)b♪

この後は、ぐっすり、と夜8時過ぎまで熟睡、、、晩御飯は外食〜、、

そしてまた熟睡、、、

さすがにこの日は、笛の練習は、しようと思いませんでした^^;。

それにしても楽しかった〜(> <*)。でした♪d(⌒o⌒)b♪
2006年11月05日(日) No.181 (友人と♪)

リコーダー合宿二日目♪


☆きのうの日記、晩御飯の後は楽しい"自己紹介タ〜イム♪"があったのを書き忘れておりました。
きのうの日記に色を変えて書き込んだので見てね〜♪d(⌒o⌒)b♪



さて!合宿第二日目の朝です♪7:40過ぎには目が覚めました(寒くてさ* ̄◇ ̄*)。目を開けるとともに、ガスファンの存在に気がついて、速攻ON!!あああ、なんだ〜、ぬくくできるんじゃん〜* ̄◆ ̄*

わかめさんはもう起きておられるかにゃ〜?と携帯に電話してみたら、出てくれて、ホッ♪おはようございま〜す♪

管理棟の方にお願いしたら、大セミナー室はすぐに開けていただける、とのことで(ありがとう〜♪)早速、管理棟へ、、、、朝早いのに、もうセミナーハウスの方々がお仕事してらっしゃって、即、開けてくださいました♪
(この合宿期間中は、職員の皆様にもずいぶんと良くしていただきました。何をおたずねしに行ってもとても親切に応対して下さって、とても気持ち良く過ごさせていただいたのです。ありがとうございましたのにゃ〜(> <))

大セミナー室にもなかったらどうしよう┯_┯、と心配していた、着替えやら化粧品だの石鹸だの、、ありましたありました。やっぱ、ゆうべここに置き忘れてたんだね〜−−;私のバカ、、

係りの方にお礼言って、わくわく♪と部屋に戻り、、あああ、嬉しい。やっと顔が洗える♪着替えが出来る♪
(朝の冷たい水道水では顔洗いたくないので、ゆうべのうちにいろいろ考えて、ちょうど設置してあった電動ポットでお湯沸かして食器洗いの蓋にお湯溜めて洗いましたん。。。^^;)

この合宿期間中、私だけ、朝ごはんは抜き、にしてもらっておりました。だって普段食べないし、何より夜更かし予定なのでギリギリまで寝てようかと、、、ヘヘヘ。。

なので、ゆっくり、と身支度して、、午前9時前、さあ、大セミナー室へ〜♪もうみんな集まってるかなあ?午前は"小アンサンブル"だよ〜♪♪

実は、今回の合宿、、二ヶ月くらい前から直前までは、すっかりスタッフ気分であれこれ心配したり相談したり、、いつのまにか自分が楽しむ気分というのがどこかに消えてしまって、来る前は、
「とにかく来て下さった全ての方に楽しんでいただけますように(> <)」「無事に終わりますように(> <)」「やることなくてつまらなくなる方が出ないようにしなければ(> <)」とかそんなことしか考えていませんでした。
まさか、自分が楽しめる、なんて夢にも思わなかったのです。。

それが、きのう着いて即楽しくアンサンブルして、、、もう二日目のこの時点で、いつのまにかすっかり最初の気負いを忘れ、楽しみまくっている私、、
これはひとえに、合宿中の事務を全てスムーズに一人で進めてくださったわかめさん、そして参加してくださった皆様一人一人のお心遣いのおかげだと思うのです。

だって、、合宿掲示板にも書いたけど、、合宿中、ず〜っと漂っていたムード、、"リコーダーが好き""合わせるのが好き"、っていう気持ちだけじゃなくて、、「みんなで楽しくしていこう」「なんでも手伝いますよ〜、いつでも使ってくださいよ〜」「僕らの合宿♪」っていう、なんて表現したらいいのでしょう、、包み込むような、暖かく支えてくださる、優しい雰囲気、、そして自発的に皆様一人一人でこの合宿を盛り立てていこう、と思ってくださるのが伝わってくる雰囲気、、
もう、ほんとに暖かくて、、おかげで、合宿直前までの緊張がアッという間に溶けて、安心しきって、楽しく楽しく参加させていただけたのでした。
(その分わかめさんは、いろいろ大変だったと思います(> <)。ほんとにお世話になりましたのにゃ。ありがとう〜(> <*))

私がちょっと立ち止まっていると、すぐに「どうしたん?何か手伝おうか」と近寄って話しかけてきて下さった皆様、、ほんとにほんとに、ありがとうございます(> <)
忙しく飛びまわって下さるわかめさんが不在で、ん−−;と一人で決めかねて困った時にすぐに相談に乗ってくださったBierfassさん、満太郎さん、Wat392さん、とても心強かったのです♪ありがとうございます♪

さて、、、今日の私の任務は

・小アンサンブルで練習されるけど晩御飯前に帰ってしまわれる7人の方の代打を探して、コンサートの時の代打をお願いすること
(これはBierfassさんと相談しつつスムーズに進められました♪
快く引き受けて下さった皆様、ありがとうございましたのにゃ♪)
・代打の方と小アンサンブルグループの皆様での練習時間の確保
・コンサートの後に帰られる4人の方の足の確保♪
(私がお送りしますから、と引き受けたのですが、お一人増えたので、軽自動車で乗せられるのは3人まで、なので、もう一台探さないと、なのでした(> <))
・明日の朝一で帰られる方々のお名前チェックと時間のチェック♪
・わかめさんの故障してしまった車を、安心して帰れるように修理してもらうこと
(これは、ゆうべ、晩御飯の時に啓ちゃんとわかめさんが話してるの横で聞いてて、ハタ!と思いついたのです。
うちにはかなり頼もしいJAF@ミルパパがいることを* ̄◆ ̄*♪
速攻、主人(ミルパパ@JAF)に電話して、今日、仕事が終わり次第来てもらうことになっておりました♪)

だよ〜ん♪後はひたすら吹くの楽しむだけなのだ〜* ̄◆ ̄*♪♪



午前9時過ぎ、、大セミナー室にはもう、ポツポツ、と人が集まってらっしゃいました。
(そういえば朝起きた時、8時前にはもうリコーダーの音がどこからかしていました(☆-☆)。なんて素敵な環境なの〜♪)

まずは、朝9時過ぎのバス&お車で到着される、今日から参加の方達の受付〜♪
あ、たまきさん♪ななさんだ〜♪ふわふわしまりすさんにをを、坊ちゃんさん♪あ、ハナちゃん、うつみんさん、hirokoさん、うえでんさんっ♪ヘンリーさんにてんげるさん♪よっしーさん〜♪等々、等々、、どんどん、と皆様到着♪

今日は40人以上の参加人数、、なのです(☆-☆)、、すごいなあああ♪

小アンサンブルは9グループに分かれて、、あらかじめ希望を出していただいた曲にそって、メンバーを決めさせていただき、それぞれ課題曲を決めて練習します♪
(このグループ分けや曲決め、楽譜の分配、は最初私がやりかけて、一人ではどうにも決めかねてどんどんと日が経っていくのを見かねて、その後を全部Bierfassさんが引き受けてしてやってくださいました。
とてもスムーズに、午前中、密度の濃い練習をそれぞれに楽しめ、また、コンサートではみんなで楽しく演奏できたの、Bierfassさんのおかげなのですにゃ〜。合宿前からの様々な準備、、ほんとにほんとにありがとうございました(> <))

私は憧れの8フィートでの"わが青春は過ぎ去り"グループです♪d(⌒o⌒)b♪るんるん♪めちゃ楽しみだったの♪

テナー(ソプラノパート)が笛吹きドジさん、私がバス(アルトパート)、こたけっちさんがグレバス(テナーパート)、満太郎さんがコントラバス(バスパート)、、という私以外は最強の?メンバーです♪わくわくわくわく♪

B1、を使わせていただいて、、よろしくお願いしま〜す♪と早速練習始めました♪

お昼ご飯の午後12時まで、、、もうみ〜っちり、と、、めちゃめちゃ濃い時間でした(☆-☆*)♪

最初に一度通したときはなんとなく、「8フィートなのに、もっと音が溶けてもいいのに?」と思えたのが、何度か合わせるうちにどんどん、と溶けてきて、、
そして、なんとなく控えめに吹いてしまっていたバス、、もっともっと出て、と言われて一生懸命魂こめて吹いたら、どんどん、と音楽がからむようになって、、
笛吹きドジさんが、引っ張り役としてどんどん、と音楽的な指導(といっても「ボクはここ、こうしたいなあ」ととても柔らかく♪)をして下さり、満太郎さんもこたけっちさんもどんどん、と音楽的な意見・アイデア出してくださり、、いつのまにか、一曲心をこめて通すとくったり、と心地良く疲れる状態になっているのに気がつきました。
をを、これは、レッスンや本気の(?)個人練習の時の疲れ方と同じだ、、今、かなり必死で練習しておるようです、私、、、やっぱりこうでなくっちゃあ(> <)

とにかく夢中で吹きました。。笛吹きドジさんのテナー、合いの手をちゃんと入れないと吹きにくい、と言われたところがあり、そこのバスの合いの手が何度そのつもりで吹いても上手くいかなかったり、、(上手くいった時の嬉しかったこと♪)、自分で思っている以上にもっともっと前に出て吹いた方が良いところが何箇所もあり、、

ふぅぅぅ、この小アンサンブルの練習時間、、なんと濃く、楽しかったことでしょう♪

途中、「休憩に〜♪」と満太郎さんが出してきてくださった、ボワモルティエの四重奏曲をバス4本で吹いたのも楽しかった〜o(^−^o)(o^−^)o
次に出してきてくださった、テレマンの協奏曲?をバス4本で吹いたのも(☆-☆)♪めちゃ楽しい〜♪
(あんまり楽しいので、「これ、何も言われなくてもアンコール曲として吹いちゃおう♪」ということに*⌒m⌒*♪わぁぁい♪
とても楽しい第二楽章だけ、、、うを、バスで吹く第一パート、、一人で速いパッセージで出るのでちょっぴし緊張です* ̄◇ ̄;*、、練習しなくちゃ。)

お昼の時間にはまた、わかめさんが各棟を「お昼の時間ですよ〜」と呼びにまわってきてくださいました。(放っておくとたぶん、時間忘れて吹いてる私達なので−−;、スケジュールを管理してくださる方大変なのだ、、←一応スタッフ−−;)



お昼ご飯〜♪は、うつみんさん達と同じ席で楽しくおしゃべりしつついただきました♪♪

さあ(☆-☆)、、いよいよ、、楽しみな楽しみなリコオケの時間が近づいてまいりました♪(☆-☆*)

元々は、一パートを何人もで吹く、という編成のリコーダーアンサンブル、ってあまり興味もてない私なのですが、今回のリコオケだけは別♪なのです。

なにせやる曲が、好きでたまらないモーツァルトの"レクイエム"♪♪
wat392さんが「こんな曲どうでしょう?」と編曲してくださったときにはあんまり嬉しくて目を疑いましたもの。
「えっ(☆-☆)、、この曲、リコーダーで吹けるの?、、一体どんな感じに?(☆-☆)」と。。
その後、軽い曲も、ということでCareyの"At the Circus"も8パート用に編曲しなおしてくださって、それも吹くことに。こちらも楽譜を見ると、元曲にはなかった細かな音符がたくさん増えていて、、楽しそうなのです(☆-☆)♪わくくくわくくく♪♪

リコオケは午後1時から♪

大セミナー室に、またどんどん、と人が集まってきます。。椅子を並べて譜面台も並べて、、、42人いらっしゃる、という今日のリコオケ、、一体どんな音が出るの?と準備の時点でワクワク♪

いよいよリコオケ練習が始まり、、、私は自分のパートは特に決めず、人数の少なそうなところに入るつもりだったのですが、結構どこもちゃんと揃っています。
う〜ん、、どこにしよう?、、最初はテナー1にしようかと思ったんだけど、、結局、面白そうだし人数も2人だけみたいなので、とソプラノ2、に入れていただきました♪
こたけっちさん、そして2年ぶりにお会いできて嬉しかった西日本点在アンサンブルのラーミアさん♪と三人で一緒に吹けたのも嬉しい時間でした♪
(印刷してこられてない方がいらっしゃったら役に立てるように、とどちらの曲も楽譜を全パート印刷して持っていったらば、結構皆様持っていってくださったのがお役に立てた気がして嬉しかったのにゃん♪習慣で職場の破棄紙使ってしまったので裏に妙な印刷があるのが気になるのですが−−;)

ここで、大セミナー室に見知らぬ方々が入って来られました。

???と思ったらば、にゃんと、「ええっ?リコーダーでレクイエム?それはぜひ聴きたいです」と、たまたま来ていらっしゃった某弦楽合奏団の方々が見学に来て下さっていたのでした。きゃ〜、ギャラリーさんがいらっしゃるなんて緊張するやん〜。。

早速、その方達を「写真撮影係り」に任命するわかめ委員長* ̄◆ ̄*♪(さすがです♪)

まず、、、、憧れの"レクイエム"、、入祭唱?というのですか?最初の曲から、、編曲してくださったwat392さんの指揮・指導で、、全員笛構えて、、大好きな出だし、、、音だしていきます、、、、

(☆-☆*)うわうわうわわ、、ゆうべ、ちょびっとだけカンニング、と10人くらい?で合わせた時も「あ♪これはにゃんて素敵な(☆-☆)」と思いましたが、42人で合わせるレクイエム、、、最高です。

ソプラノパートは1・2合わせると8人くらいいるのに、全然うるさくないの、、小学校の頃はリコーダー、って合奏すると音がうなるのが嫌いでたまらなかったんだけど、、、こんなに人数がいるのにうならないの、、どうして〜(☆-☆)?

バスパートがまた、なんとも豪華なのですよ〜(☆-☆)♪コントラバスが2本、グレートバス数本にバス数本、、そしてかなこちゃんが弾いてくれるオルガン音色での通奏低音♪

wat392さんが編曲してくださったレクイエムは抜粋で6曲、なのですが、どれも最高に素敵でした。
(あああ、もう一度合わせたい、、もう一度wat392さんの指揮で吹きたいなあ(> <)、と今だに思います。(11/7記))

どの曲も、歌詞の意味等交えつつ、元曲のイメージも伝えてくださりながら細かく丁寧に指導してくださいました♪
「そこは歌詞の意味が違ってきて、金管で高らかに出るところなのでもっとガラリと雰囲気変えて〜」「そこはもっと出ていいですよ〜。いくら吹いてもうるさくないですから大丈夫♪」「そこからは優しく〜」等々、わかりやすい説明の後で、吹く時には身振りで思い切りそんな気分になれるように指示してくださるのに合わせて一生懸命吹くのが、、、、ほんとにオーケストラの一員になったようで、楽しくてたまりませんでした。
(元々、指揮に合わせて一生懸命吹く、というのが好きでたまらない私、、ほんとに至福の時間でした。しかも、自分が今奏でている、そしてみんなで合わせているのは大好きな曲なのですもん(☆-☆)、、うう、なんて幸せな時間だったんだろう、、)

Requiem・Allego、と練習した後はこの二曲を続けて吹いて、、

Dies irae、、ヴァイオリンパートであるソプラノ2、の連続16分音符の厳しいこと〜、、膝使う音もしょっ中出てくるのだ* ̄◆ ̄*
これはもう、こたけっちさんとラーミアさんにお任せ、です♪でも、必死で吹くの、楽しかったなあ♪
周りの音が分厚くて最高に気持ちよいのだもん♪

Lacrymosa、、「感受性の豊かな人なら最初の数小節で泣いてしまう曲です」とwat392さんがおっしゃいましたが、まさにそんな曲、、私はこの曲と今回の編成にはなかったんだけどConfutatis maledictis、はどうしても映画「アマデウス」の場面が浮かんできてしまいます。
Lacrymosa、は最後の棺を運んでく場面でかかるんですよね、確か、、リコーダーでこれを吹けるの、、嬉しかったなあ(> <)

そして、最後にDomine Jesu、を、、、

もう(> <)、、これ吹きながら泣いてしまいそうになっていました。
この胸にせまってくる熱い感動の思いはなんなのでしょう?、、
Domine Jesuの後半、、他のパートの方の胸震える旋律に合わせて刻みを入れるところ、、涙がこぼれおちそうで、目頭熱くなりながら吹いていました。

wat392さんの指揮がまた素敵なのです(☆-☆)。ひたすら心をゆだねて、ひたすら指揮に合わせて思いを重ねて吹きたくなる、、そんな感じ、、、
きっと吹いてる皆様もそうだったのではないでしょうか?

吹きながら、ふ、と見回して、、今まで経験したことのない人数、たくさんの方、それも日本全国のあちこち、遠いところからも来てくださった方々が、、リコーダーが好き、という思いだけでここに集まった42人が、、今、同じ曲を思いを一つにして吹いている、みんなの気持ちが一つの音楽になっている、、、そんな事実にも感動していました。

もうほんとに泣けました(> <)。何度か合わせて、、その度に泣きそうに感動していました。

リコオケ、、なんと素敵だったことでしょうか。この曲をこの人数で、wat392さんの指揮で吹いた、この日の思い出、、一生の宝物になりそうです♪

休憩はさんで、今度はCareyの"At the Circus(これもwat392さん編曲バージョン)"を♪

こちらも楽しかった〜(☆-☆)♪♪何度か合わせたことある曲だけど、こんなに大人数でやるのに適した曲になるとは♪

ファンファーレから、道化師の曲、ブランコ乗り、パレード、と、、どれも楽しくてたまりませんでした。
ブランコ乗りの曲のワルツのノリが、やっぱり指揮者さんの指示なさるの、素敵にのりやすかったですにょん♪
そしてなんといってもパレード〜♪♪この曲も吹いてて感動してしまいました(> <)

はぅぅぅ、、午後1時〜二度ほど休憩しつつ〜午後4時半まで、、

なんて、なんて濃く楽しい時間だったことでしょう(> <)

このリコオケの成功は、wat392さんが素敵に編曲してくださった&素敵に指揮・指導してくださったおかげなのですにゃ(☆-☆)。
(そして素晴らしく心をひとつにして吹けた全員のおかげと思いまする〜♪)
素晴らしく素敵な時間をありがとうございました♪



さてさて、、、楽しくリコオケしつつ、、わたしとわかめさんは入り口を気にしてたまに目をやっておりました。

ミルパパ@JAFさんがそろそろ到着する頃だったので、、

ちょうどリコオケが終わる頃にドアが開いてミルパパの姿発見♪

あ♪とわかめさんが飛んでいってくださったので、ひとまずそれは置いておいて、、

ここでBierfassさんと相談して、コンサートのための小アンサンブルの代打の方との練習を今から晩御飯の時間までしていただくことにしました。
この時までにお姿の見えない笛吹きドジさん以外の代打のお願いはもう済んでいたので、みなさまに練習のお願いして一安心♪

よし、これで安心して後はミルパパのところへ様子見に行けるぞ、とわたしも駐車場へ〜。

着くと、わかめさん・ミルパパ・ゆゆさん、とおられました♪

わかめさんは気を遣ってずっとミルパパの横にいてくださるのですが、大セミナー室では、わたしも何度かわかめさんにしか答えられない質問されてたので、わかめさんはここではなく大セミナー室にいた方がいいのです。
で、ここは任せていただくことにして、わたしとミルパパで車のところに残ります。
(この時、夕飯前に帰ってしまわれる予定の┯_┯ゆゆさんと少しおしゃべりできたのが嬉しかったのですにゃ♪
夕方のバスで帰ってしまわれるたまきさんや坊ちゃんさんとも挨拶できたし♪oguriさんともお話できたし♪るん♪)

車の修理の補助?、はある程度慣れているcherry、、指が、手が汚れる〜、と文句言いつつ手元照らしたり部品や工具取ったり、、うまく直るといいんだけど(> <)

どんどん、と暗くなっていく初冬の夕方です、、寒いよぉ@_@

6時過ぎ頃に、原因がわかって、対処法もわかったので(注意深く、わざわざ自分の車のバッテリーにつないで通電して動くか確かめるミルパパ、、この辺の用心深さが私とは激しく違いますね* ̄◆ ̄*)
とりあえず、いけそうです♪後は必要な部品を買いに走ってつけるだけ♪

で、ミルパパが部品を買いにいったので、私はいったん大セミナー室に戻りました。

私の晩御飯は、一生懸命修理してくれたミルパパに食べてもらおう♪と晩ご飯は食べにいかないことにして、セミナー室でアンコール?曲のテレマンの練習などしつつ時間が過ぎるのを待ちました。
(一日飛び入り参加してくださった島田さんも晩御飯食べないのでセミナー室にいてくださったので心強かったのですにゃ。)

晩御飯食べ終えて、皆様が戻ってきます♪わ〜い♪d(⌒o⌒)b♪寂しかったじょ♪

7時からはいよいよ、合宿締めのコンサート、です♪(☆-☆*)わくくく♪

わかめさんからは、買い物から戻ってきたミルパパに会った、との連絡いただいて、晩御飯食べるところに案内しに行って、、あとは部品の取り付けだけなので、一人でしてくれるみたい、、私、コンサートあるから後よろしくねん♪とお願いして* ̄◆ ̄*、またセミナー室に戻ります♪

夜にお送りしていく車も、うつみんさんが引き受けてくださって、4人一度にお送りできることになりました♪d(⌒o⌒)b♪ホッ♪

ここで、やっとめぐりあえた笛吹きドジさま♪直前なのに代打お願いしてしまってごめんなさい(> <)。引き受けてくださってありがとうございましたのにゃ(> <)



そして7時に始まったコンサート〜♪♪

楽しかった(☆-☆)、、、ここまで楽しいとは思わなかった、、いえ、楽しいのはわかっていたのですが、、こんなに感動するとは(☆-☆)。。

・フーガの技法(UNAさん・SRQのSさん・啓ちゃん・ふわふわしまりすさん)

・リコーダーオーケストラ
 〜At the Circus〜
 〜レクイエム抜粋(6曲)〜
  (この時は本番らしく一切の声がけなしで指揮者のアクションだけで開始
  、、ドキドキしました。昼間よりもっと感動したかも(> <*)。素敵だった〜♪)
 昼間のリコオケの時もでしたが、終わったあと、全員で拍手しつつ、、ほんとに感動していました♪

・A little Latin(Bierfassさん・oguriさん・島田さん・カナさん)
・我が青春は過ぎ去り+テレマン協奏曲(笛吹きドジさん・cherry・こたけっちさん・満太郎さん)
・カクテルズ(辻_KENさん・hirokoさん・わかめさん・kazuさん)
・ファルコニエッリのフォリア(Siskoさん・ほまきちさん・Ortizさん)
・ホルボーン曲集(うつみんさん・笛吹きドジさん・USO爺さん・ななさん・ヘンリーさん)
・オルガンコラール集(ほまきちさん・handelさん・tama9さん・へいやーさん)
・ベルガマスカ(wat392さん・Ortizさん・Bierfassさん・かなこさん)
・マヨネーズ二番+ピタゴラスイッチ(うえでんさん・ygrさん・ななさん・ハナちゃん)
・アラブラーヴェ(SRQのSさん・shizuさん・てんげるさん・wat392さん)

。。。。(☆-☆*)、、とにかく、聴かせていただいてるのがめちゃめちゃ楽しかったです♪

笛吹きドジさんが隣で聴いておられて、つくづく、と
「楽しいなあ(> <*)。み〜んなほんとにリコーダーが好きなんだよね〜♪」
とおっしゃったのが心に残っています。
そうなんですにゃ(☆-☆)。吹く側も聴く側も、リコーダーが好きでたまらない、今のこの場にいるのだけで楽しい、、そんな雰囲気にあふれていました。それであんなに楽しかったんたかなあ♪
(どの演奏も、素敵な演奏でしたし(☆-☆*))

コンサートが終わり、、さて、次はお楽しみ抽選会です♪d(⌒o⌒)b♪

この日のこの抽選会のために、みなさま、た〜くさんの豪華な景品を提供してくださっていました(☆-☆)

素敵なミニ和太鼓やCD(お宝的なCDから聴いてみたいCD、楽譜付きCD、といろいろ♪)、譜面台、お菓子、ワイン、手作り絵本、株主優待券、etcetc..
ミルパパもミニチュアリコーダーを一本、このために製作してくれたので出品しましたん♪

どんなくじ引き方法にするのかな〜、と思っていたら、わかめ委員長、すごいのだ♪ちゃんと考えてきておられました♪

「これ、欲しい人♪」と手を挙げてもらって、当たりを一枚だけ、絵柄決めておいて、人数分のトランプを一人ずつにひいてもらう、というもの。ををを(☆-☆)、すごい、時間がかからないし公平な気がする♪

どんどん、どんどん、と商品がなくなり、、ミニリコはうつみんさんの手に〜♪(自分の出した景品は、誰もいらなかったらどうしよう┯_┯、と心配なのですが、たくさん手を挙げていただいてすっごく嬉しかったのですにゃ(> <))

私は、たまきさんが出品して下さったミニ絵本が欲しくて手を挙げたらゲットさせていただきました♪
ひとつ何かもらったら、もう手を挙げてはいけないのに、ミニ和太鼓がどうしても欲しくて(サンバのリズム叩く練習したかったんですにゃ、、それと息子が喜ぶだろなあ、と思うとつい、、ついつつつつ−−;)手を挙げてしまったらね、にゃんと抽選にも当たってしまったの、、ごめんなさい−−;
あんまり申し訳なくて、ミニ和太鼓をもらいそこねた、てんげるさんに、たまきさんのミニ絵本をプレゼント(と、ミニ和太鼓はしっかり持って帰るのだった、、)

大セミナー室は午後9時に鍵を閉めないといけないのですが、この抽選会が終わってちょうど9時数分過ぎ、、時間もぴったり、に終わったイベントでした♪
(時間が余ったら飛び入りコンサートもしたかったんだけどなあ、、時間なかったなあ(> <))

ミルパパはとっくに修理を終えて、抽選会の時にはセミナー室に入ってきて後ろで見ててくれたようです。
お開きになるとすぐに、「一応走れるようにしたで〜」と伝えに来てくれました。ありがとぉぉぉ〜♪d(⌒o⌒)b♪

わかめさんとミルパパと三人で車のところへ〜。これで上手く走れるといいのですが(> <)

ワン達の世話してもわらないといけないので、ミルパパ、何のおもてなしも出来なくて申し訳なかったのだけど、、帰るのだ〜、、明日にゃ♪ありがとにゃ♪



さて、、合宿最終日の夜の部の始まり始まり〜o(^−^o)(o^−^)oです。

ゆうべは4時半まで起きてたので、眠たいハズなんだけど、、夕方には確か眩暈がしてたんだけど、、なぜか元気な頭&体、、、私は体弱いのではなかったのか−−?体力ないのではなかったのか−−???

とりあえず、元気に吹けそうでうれしい〜♪♪

さっき、セミナー室を出るときに、笛吹きドジさんが「良かったら辻_KENさんと三人でトラヴェルソ三重奏を」と声かけてくださっていたので
「ぜひぜひ(☆-☆)」と、お呼びいただいたB-5棟に向かいます。楽しみ〜(☆-☆)

と、そこにヘンリーさん&てんげるさんが通りかかりました。

ヘンリーさんは、今回、滅多にない機会なのでどうしてもやりたい曲があるのですが、とずいぶん前からおっしゃってくださっていたのです。

たくさん上手な方がいらっしゃるから、夜ゆっくりしていっていただけるんなら絶対に出来ますよ〜♪とお返事していたので、その曲"アルジェリアのイタリア女"?の11重奏版、はどこに行ったら出来ますか〜、と聞かれ、、とりあえずB-1棟にたくさん集まりそうなので、B-1棟へ〜、とお答えして、私はB-5棟へ、、

B-5棟に着いたら、Bierfassさん・Ortizさん・Siskoさん、だったかな?へいやーさん?−−?で初期バロックのソプラノ二重奏+バス、を演奏しておられるところでした。
この時代のこの曲のこのノリ、、この方達のようには中々出来るものではないと思いますのにゃ(☆-☆)。
笛吹きドジさん、辻_KENさん、と「次はトラヴェルソの三重奏ね〜」という感じで順番待ち、、と、そこにヘンリーさん達が、
「B-1棟ではtama9さん・wat392さん・満太郎さん達がトリオやっておられて11重奏はできそうにないので、もうあきらめて帰ります〜」と伝えに来てくださいました。

そんな、勿体ない〜、、せっかくの機会なんだし(> <)、とお引止めして、、だってここにももう8人集まってるんだし、あと3人揃えばできるじゃないですかにゃ(☆-☆)。と思うまにSQRのSさんも来られた〜、わ〜い、あと二人♪

お呼びして、皆様に集まっていただきましょう(☆-☆)、とwat392さんに電話してみたら、電波状態の悪いセミナーハウス、、外に出てなんとかかけれたのに、あちら側が電波受けれない、、「おかけの電話は、、」とアナウンスが流れます。。しくしく、、

たまたまそこにおられたわかめさんが、「みなさんをお呼びしてきましょう♪」と呼びにいってくださいます。

すぐに来ていただいて(お呼びたてしてすみませぬm(..*)m)、tama9さん、wat392さん、handelさん、満太郎さん、と増え、これで出来るではありませんか〜(☆-☆)やたっ♪

そして11人で初めて合わせた"アルジェリアのイタリア女"、、、めちゃめちゃかっこよく、楽しい曲でした(☆-☆)♪面白〜い〜♪♪
私は特に、難しいところが隣で一緒にアルト1・2と吹いたtama9さんとほとんどユニゾン?だったのか?とにかく心強〜い♪安心感で吹きやすかった〜♪

エキサイティングでノリの良い素敵な曲でした。ヘンリーさん、吹かせてくださってありがとうございます〜♪♪この11重奏、楽しかったなあo(^−^o)(o^−^)o

吹き終わって、、ヘンリーさん・てんげるさんはお疲れ(きのう、定期演奏会済ませてこられたところなのでした(> <))なのでもう帰られる、とおっしゃいます。名残惜しいですが(> <)、、また〜。

こんなけの大人数だとできる曲限られてるかな〜?次は何するかな〜?別の棟に行ってみるかにゃ〜?等々思ってると、wat392さんが「モーツァルトのトリオしませんか〜?」と声かけてくださいました♪
わ〜い(☆-☆)、やるやるやる〜♪♪あれ、まだ第二楽章合わせたことないし(☆-☆*)。わくわく♪

で、B-5では何か始まりそうだったので、トラヴェルソ三重奏もしばらく出来そうにないし、とB-1棟に移動〜♪♪

ちょうど辻_KENさんもB-1棟におられました♪d(⌒o⌒)b♪あと、USO爺さんと〜♪

そこで、USO爺さんと辻_KENさんに聴いていただきながら、tama9さん・wat392さんとトリオ三昧させていただいたの、、楽しく&嬉しかったのでした(☆-☆)。

大好きなバッハのトリオソナタ集、、これはおととし、北九州で病院コンサートさせていただいた時にも夜中に合わせさせていただいたのですが、オルガンソナタの中でもとりわけ好きな曲をリコーダー三重奏に編曲してくださってるものなのですにゃ(☆-☆)、、何回吹いても気持ちいい、、好きだ〜、この曲達♪
tama9さんもwat392さんもめっちゃ素敵に吹いて下さるし(☆-☆)、、それに合わせてバス吹かせていただくの幸せ〜♪

結局、モーツァルトの楽譜が見つからず^^;、モーツァルトのトリオは出来なかったのですが、トリオ三昧♪楽しかった〜(> <*)

だいぶと合わせて時間もだいぶと経った頃、今度はBierfassさんがB-5棟から呼びにきてくださいました。
loveshubertさんが、今回の合宿用に、と渡してくださった"ピアノとフォルテの‥‥"(なんだったけ−−?)をするのに一人足りないのでどなたか〜、というお呼びかけ〜。

tama9さんも行かれたし、wat392さんも行かれたみたいだし、、私も行こうかといったんは歩きかけたのですが、、、、@_@やっぱ無理、、B-5まで笛全部持って歩くのは、もう無理、、@_@、、と思い直して、B-1棟に戻りました。(だってそろそろ体力限界かも?歩くのしんどいんだもん〜+_+)

戻ると、ちょうど辻_KENさんがノート片手にUSO爺さんに何か講義していただいてるみたい、、一緒に聴かせていただこう〜♪d(⌒o⌒)b♪
(それが終わったらトラヴェルソ合わせましょう、という話もしていたのですが、この夜は結局合わせていただく時間がなく(> <)、、それがとても心残りなのです┯_┯)

三人で楽器のことやリコーダーのこと等々、おしゃべり、、、、楽器吹かないで、こうやって音楽のお話するのも楽しい時間の過ごし方なんだなあ(☆-☆)、なんて新たに発見しておりました♪

そうこうするうち、行かれたと思ってたwat392さんがなぜか部屋の奥から出現したり(あれ〜* ̄◆ ̄*?びっくりしたぁ)、楽譜見せていただいて、「うう、これ、すごくしたい(☆-☆)」という楽譜たくさん発見したり(☆-☆)、、
ちょうどそんな時にtama9さんも戻ってこられて、今度は憧れのバッハの"音楽の捧げ物"のトリオソナタをアルトで吹かせていただきました。うにゃあ、幸せなのだ♪d(⌒o⌒)b♪

SRQのSさんも入ってこられたので、ギャラリーモードなのを説得?して次は四重奏〜♪
これまたwat392さんの編曲されたドヴォルザークの"弦楽四重奏曲アメリカ"、、めちゃ面白い(☆-☆)、、難しいけど* ̄− ̄;*、、でもバスだから一番まし〜。楽しいぞ、これ♪

満太郎さんも帰ってこられて♪d(⌒o⌒)b♪、五重奏の曲したんだっけ?、、とにかく、最後の方でやった、これもおととしの病院コンサートで吹いたバッハのブランデンブルク協奏曲第四番、、を今度はアルト2で吹かせていただいて、、これも気持ちよくて楽しかった(> <*)
おととしも感動したのですが、wat392さんのソプラノでのヴァイオリンパート、すごいのです(☆-☆)。。久しぶりに聴かせてもらった〜♪
第三楽章がまた大好きなフーガ形式?の曲、、バッハの曲は普段でも、吹いてると生きてる喜びを感じるのですが、今日も格別に幸せに思いつつ吹きました♪るんるんるん♪
tama9さんの吹かれるアルト1、と感じ方とか合わせる感じで吹くのがまた楽しくて♪♪

そっから何吹いたんだっけ〜?、、、2時過ぎまで、、今夜も夢のようにたくさん吹きまくり、、でした♪

笛吹きドジさんも入ってきてくださって♪きのうみたいに明け方まで吹きたかったなあ、、

でも、楽器がそろそろ抜けなくなっているのに気づいて、、うう、ちょっと酷使しすぎ−−?

頭もそろそろ限界?、、と今夜はお開きにすることに、、、うにゃあ、そうですよね、もっと吹きたいけど、、眠たいしなあ、、

皆様、一緒に吹かせていただいてありがとうございましたm(..*)m。とっても幸せでしたのにゃ♪

それにしても、、、一緒に吹かせていただいてて、ああ、なんて私は下手くそなんだ(> <)、もっともっと練習せねば−−;、というのも痛感しました。
ほんとに−−;、毎日練習しててこれかい、みたいな、、はぅ、情けないのだ、、
(ほんとのところどころ、楽しく心解放して音楽にひたって吹ける瞬間があり、、全部通してそんな風に吹けるようになりたい〜(> <))

練習方法ももっと工夫して精進せねば、、、また遊んでいただけるように、がんばらねば〜(> <*)と思いつつ、お開き〜、、

宿泊棟B-3に戻ると、ちょうどkazuさんが出てこられるところで、こちらではhandelさんと二重奏されてたそうです。うにゃ、お聴きしたかった〜(> <)

まだもう少し吹きたいような気がしつつ、、寝る準備して、今夜もポットのお湯で顔を洗い、、、合宿最後の夜、、ガスファンでぬくぬくにした部屋で、
「そういえば晩御飯食べてないっけ?、、あんまりお腹空いてないけど、、」とおやつにもってきてたじゃがりこカリポリしつつ部屋を見回して、、
「もう明日で合宿も終わりか〜、、、楽しかったなあ(> <)」と感慨にふけっていました。

明日は朝は、4人の方を駅にお送りするのだ♪(抽選会の後、お名前と時間(全員同じ時間で良いこと)確認できて、この件もホッと安心しておりました♪)。そういえば、わかめさんと相談しそこねたけど、、車、もう一台確保できるかにゃ?ダメだったら二回行けばいっか♪と決めて、、さて、就寝です。。

お休みなさ〜い♪


*合宿三日目に続きます〜♪
2006年11月04日(土) No.180 (友人と♪)

リコーダー合宿第一日目♪


今からちょうど一年と二ヶ月前ほど前に始まった、"リコーダー合宿in神戸"プロジェクト?♪

ヤフーのリコーダー掲示板で、過去二回開かれた"リコーダー合宿"、、トピ主のloveshubertさんが企画して下さって、二回目の関ケ原での合宿には私も初めて参加させていただきました。
(これが三年前〜♪この時の感激の思いを三年前のアンサンブル日記の10月のところに綴っておりまする。どうぞご参照下さいませにゃ♪)

「また、ああいう合宿、どなたか企画して下さらないかしらん」と思うこと二年、、とうとう♪わかめさんが「合宿しましょう♪」と名乗りをあげてくださいました♪(これが冒頭に書いた一年と2ヶ月前のことです♪)

私も今度は何かお手伝いしたくて、何も出来ないけれど、出来る限りのことさせて下さい。とスタッフの一員にしていただいて、、おかげ様で、ただ参加させていただくのよりももっと前からたくさん関わらせていだたいて、よりたくさんの喜びをいただきました。

8月には、わかめ委員長&神戸地元対策課のはにーとーすとの皆様とプチ合宿(打ち合わせ)も楽しく行いました。

何より、大好きなWEBいじり?で準備のお手伝いさせていただくのが楽しくて♪

そして、、、ついに、というかとうとう、というのか、やってきた合宿日、、11月3日(金・祝)〜5日(日)、、、ドキドキ、と行って参りました♪d(⌒o⌒)b♪



我が家は高速道の入口のすぐ近くにあるため、高速道に乗って、、渋滞がなければ、合宿所である神戸市立セミナーハウスまでは、約1時間半、で到着できます。

で、連休初日の渋滞を見越しても、一時間半、に一時間足して、二時間半前に家を出ればいいんじゃないか、と、、計画してました。

大体、出ようと思ってる時間より15分ほど遅く出てしまうことが多く−−;、、
今回は特に、ゆうべ、合宿に持ってく物の準備してたら、突然、首と肩がぐしっ!と痛くなり、右側向いたり、左手を下に下げたりすると痛くてたまらない、、なんて状態になり−−;、中々準備が出来ずに、はぁはぁ、と言いつつ準備したので、、結局家を出たのは、午後1時集合の二時間少し前、午前10時40分過ぎ、でした。

。。。。高速に乗ると、《摂津北〜西ノ宮北口25km渋滞》の表示が、、、うそぉん* ̄− ̄;*、、25kmとか、、ありえへんやろ、、うそぉん、、┯_┯;

気ばかりあせるのですが、車進まず−−;、、しくしく、、早めに着きたいのに、、

そこで、携帯にわかめさんからTelが入ります。にゃ、にゃんと、車のトラブルで、一時間半ほど遅れそう、とのこと、、おりょ* ̄◇ ̄*!これはなんとしても、私がちゃんと集合時刻には到着しなければっ

時計にらみっこしつつ、走れるところは爆走、、渋滞ではハラハラ、、

と、12:11、、wat392さんからお電話〜♪、、ん?と車かけれそうなあたりに行ってかけなおします。。「着きましたよ〜♪」うをを、watさんてば早い〜♪私も早く着きたいよん(>_<)

でも、おかげで、わかめさんからさっき頼まれた
「管理棟に行ってセミナー室の鍵を開けてもらって、セミナー室で皆様を待つ」
という任務をwat392さんにお願いできてしまい、、ちょっと急く心が楽に(早く合流したくて余計に気の逸る部分もありましたが♪)なりましたのにゃ♪助かりました♪d(⌒o⌒)b♪

続いて、間髪いれずに今度は満太郎さんから「着きました」メールをいただきました♪(皆様、お早いのだ〜(☆-☆)、ああ、私も早く着きたい(>_<)とまた急く心、、)

「どこで待ってたらいいですか〜」と聞かれるのに、自信もって?
「wat392さんがセミナー室開けてくださってる頃ですのでそこで皆様でお待ちください〜」とお返事できました♪(ありがとうございます(^_^*))

宝塚越えたあたりから、急に渋滞が解消しはじめ、、スイスイ、と進み出します、、この渋滞さえなければなあ−"−;

西ノ宮北口のインター降りたら、ほんとに5分ほどでセミナーハウスに到着♪できました♪時刻は午後1時15分、、嬉しい、やっと、いよいよみんなと合流できる〜♪



セミナー室に入ると、もう何人かいらっしゃって(遅くなってしまいごめんなさい(>_<))、リコーダー出して吹いたりしておられます♪

懐かしいお顔もあれば、まだ、お名前とHNの一致しない方もおられて、ドキドキ♪

さて、、わかめさんが到着されるまで、受付や部屋の割り振り等、出来ません。ので、まずは何か合わせましょう〜♪と満太郎さん・wat392さんと相談し(こういう時、頼れる方がいて下さって嬉しい、頼りないスタッフcherryなのでした、、)、満太郎さんが声かけて下さって、まずは今来ている方全員で、掲示板で話題になった吹奏楽の有名な曲、ホルストの第一組曲のリコーダー版、を合わせます♪

ををををを(☆-☆)、、リコーダーでこんなん吹けるなんて幸せ、、と、来て速攻、吹く喜び、合わせる喜びにひたれてしまいました♪d(⌒o⌒)b♪るんるん♪

その後も、全員で合わせられる曲を楽しく合わせるうちに、わかめさん到着〜♪
(途中、車の故障で大変な思いされただろうに、ずいぶんあせって来られただろうに、物腰柔らかくすぐに幹事役遂行してくださいましたのにゃ♪)

そこで受付開始♪お手伝いさせていただいて、会計したら、来られた方全員と言葉を交わせることになって、嬉しかったのです♪d(⌒o⌒)b♪

あ、tama9さんだ♪SRQのSさんも♪Bierfassさん、お世話になりました(>_<)、あ、USO爺さん♪笛吹きドジさん♪れおんはるこさん♪ラーミアさん♪ゆゆさん〜♪と懐かしいお顔見て嬉しくなったり、初めてお会いする方々と嬉しくご挨拶したり♪わかめさんとちょっと打ち合わせしたり、、アッ、という間に、今夜泊まられる方々が揃いました♪

チェンバリストのかなこさんが弾いて下さる用にわかめさんが自宅から運んできて下さったクラヴィノーバをみんなで運んだり等々の準備のあと、鍵をもらってそれぞれ部屋に荷物を置きに♪その後は晩御飯の時刻午後6時、まで思い思いに好きに合わせます♪

今回の合宿も前回と同じく、宿泊棟がB1〜B5まで5棟あり、そこでも吹けるので、思い思いに居合わせた方同士で小アンサンブルして遊べます♪
大セミナー室は朝9時〜夜9時まで連日借りているので、そこではチェンバロとの415Hzアンサンブルが出来ます♪

この合宿では本当にあちこちで吹きまくり、吹き倒して遊んでいただいて(☆-☆)、ちょっと順番が定かでないのですが−−;

晩御飯をはさんで、、、晩御飯前には確か、満太郎さん・笛吹きドジさん・ほまきちさん達とCareyや楽しい曲中心のアンサンブルしていただきました♪満太郎さんが、今まで吹いたことない曲どんどん出してきてくださるのでた〜くさん楽しく合わせていただきました(☆-☆)
わかめさんが「6時ですよ〜、晩御飯です〜」と呼びにまわってきてくださるギリギリまで吹き倒させていただきましたのにゃ♪

晩御飯の時は啓ちゃん、笛吹きドジさん達と楽しくご飯いただいたのでした♪

晩御飯の後からは、大セミナー室にして"自己紹介タイム〜"でした♪全員で輪になって座って、わかめ委員長発案♪の一人ずつ、前の人の名前足して、その前の人の名前足して、と自己紹介していくやつ、、これ、必死にお名前覚えるので、いいですね〜♪d(⌒o⌒)b♪
この時点で、参加人数は27人、でしたでしょうか。。明日はなんと1.5倍の42人が揃うのだ、とわかめさんにうかがって、びっくりり〜(☆-☆)
そんな大勢でリコオケ出来るんだ(☆-☆)、楽しみ〜♪
自己紹介タイムが終わって、自由時間、好きにあちこちで合わせましょう、タイムです♪d(⌒o⌒)b♪

この時間は、まず大セミナー室で、れおんはるこさん・かなこさんとクヴァンツのトリオソナタをトラヴェルソと合わせていただいたり、テレマンのリコーダーソロソナタ吹かせていただいたり、ソロソナタ聴かせていただいたり♪
笛吹きドジさん(リコーダー素敵でした〜(☆−☆))・wat392さん(私と一緒にトラヴェルソ吹いてくださいましたのにゃ♪d(⌒o⌒)b♪)ともかなこさん通奏低音と合わせてテレマンの四重奏曲d-moll合わせていただいて楽しかったぁ♪(☆-☆)

通奏低音を独り占めしてはいかんのにゃ、と他の方呼びに宿泊棟に行ってから、そこにそのまま合流させていただいて、またまたたくさんどんどん合わせていただいて♪(居合わせた皆様、ありがとうございました(☆-☆)♪)

9時に大セミナー室を閉めてからも、各宿泊棟それぞれからリコーダーの音が響いてきます♪
私ももちろん♪混ぜていただいて、どんどん、どんどん、と吹き倒し、、させていただきました。(どこに混ぜていただいたのだったか−−?)

ちょこっ、と「明日のカンニングね〜♪」とwat392さん達と大勢で明日のリコオケでやるレクイエムを合わせてみて、「(☆-☆)をを、いいやん♪」と感激したのはよく覚えておりまする♪この時はこたけっちさんと一緒にソプラノ2を吹かせていただいてました♪

あれこれ合わせるうちに、いろいろと人が入れ替わり、メンバーも入れ替わりします♪

どんどん、どんどん、と合わせていただいて(☆-☆)、、夜もかなり更けた頃、wat392さんが、某有名な四重奏曲集(素敵な曲ばかりなんだけど、譜めくりが大変(>_<))をぜ〜んぶ、パート譜におこしてきてくださったのを出してきてくださいました♪(☆-☆)にゃんとぉ♪
この時のメンバーは確か、笛吹きドジさん・満太郎さん・wat392さん・私、だったのか−−?うう、もっとたくさんいらっしゃった気が、、(ちゃんと覚えてなくてごめんなさい−−;)
バロック集から何曲も吹かせていただいたり、モーツァルトのオペラアリア集とか、、吹くうちに寝に行かれる方、ちょっとのぞきに来てくださる方、別の棟に移動される方、とまたまたどんどんメンバーが変動して、この棟に最後まで残ったのがwat392さん・笛吹きドジさん・USO爺様・啓ちゃん・私♪(でしたよね−−?)
5人で午前4時半まで♪吹きまくりでした♪d(⌒o⌒)b♪いろ〜ん曲、合わせられて楽しかったなぁぁぁ♪

明日に備えてそろそろ寝ましょう、と言われてもまだ吹きたいくらい、、でも明日に備えて寝なければ♪とるんるん♪と自分の部屋に戻りました。皆様、おつきあいいただいてありがとうございました(☆-☆)♪



さあ、お化粧落として着替えて寝ましょう(今朝お風呂に入ってきたので、お風呂は入らなくて良いのだ* ̄◇ ̄*)、と部屋に戻って愕然@_@、、
あれ〜?着替えの入ったリュックは〜?ソープや化粧品の入ったカバンは〜?、、、確か車からは持って降りたハズ−−?

!!!+_+あそこだ、、大セミナー室だ、たぶん、、、あそこは明日の朝まで施錠されてしまってるぞ、、

┯_┯のぉぉぉぉぉ、、、、着替えれない、、パジャマがない、、顔も洗えないよん、、、┯_┯まさかぁ、

しくしく、と自分の間抜けさ加減にほとほとあきれつつ、あきらめて−−;、朝一番にわかめさんに電話して、大セミナー室の開く時間聞いて、集合時間までに顔洗って着替えればいっか、と、、着のみ着のまま、、とりあえず、ベッドに入りました。

三田の山奥はやっぱり寒いです@_@、、ふるふるふる、、と震えつつ、電気アンカがあったのでそれ、コンセントにいれて抱きつきつつ、
「なんでこんなに寒いのに暖房がないんだぁ┯_┯」
と震えながら朝まで少し仮眠、、、

*翌朝、8時前に寒い寒い、と震えつつ目が覚めました。。@_@???目の前に(部屋のすみに)大きなガスファンヒーターが、でで〜ん、と設置してあるのがまず目に飛び込んできました。

−−;、、、ゆうべ、どうして気がつかなかったんだろう?、、あの寒かった三時間はなんだったのだ−−;?、、しくしく、、

さあ♪二日目の始まりです〜♪二日目は、とっても楽しみな小アンサンブルにリコーダーオーケストラにコンサート、とお楽しみてんこもりな一日です♪わくわくo(^−^o)(o^−^)o

*リコーダー合宿二日目に続きます*
2006年11月03日(金) No.179 (友人と♪)

くるみ割り人形♪(P.A.P.S.練習♪)


****ブログと同時書き込みです****

アルモニコさんやP.A.P.S.さんメンバーの
ハナちゃんのブログにて、カルチャーセンターの神谷先生上級リコーダー教室で、
《くるみ割り人形》がとりあげられていたお話が書かれていました。

ちょうど、こないだのKiKiの練習で、S部さんとOさんが、もうひとつ所属しておられる老舗のアンサンブル♪の去年のコンサートでやったことがあって難しかった〜(>_<)、というお話うかがって

「わ〜、いいなあ、あれ、やりたいなあ(☆-☆)」と思ったところだったので、

「をを、カルチャーでも?いいなあ、、、ってP.A.P.S.でするんだあ。いいなあ(☆-☆)」

なんて思ったのでした。

思いながら読んでて、ふ、と気がつきました。12月のP.A.P.S.の御座敷−−???、、、(☆-☆)それはもしや、クリスマスコンサート?私も呼んでいただいている?(☆-☆)わくわくわく♪

わくくっ、となったちょうどその次の日にK藤さんからメール着信〜♪d(⌒o⌒)b♪

《12/12のコンサートは大丈夫ですか〜?来週音だし&練習したいのですがこちらの予定はいかがでしょう?》

というものでした。(☆-☆)12/12(火)に老人保健施設かにゃ?でクリスマス会で吹かせていただける、というお話、7月から手帳にマークして楽しみにしていたのです♪d(⌒o⌒)b♪わ〜いわ〜い♪

で、今日はその音だし&練習日なのでした♪お昼からK藤さん宅へ〜o(^-^o)(o^-^)o

*****

リコーダーカルテット用に編曲された《くるみ割り人形》(5曲かな?)、は三年前の思い出の関ケ原リコーダー合宿で、到着してすぐに混ぜていただいた初見大会でバスリコで吹いてとても楽しかった、楽しい思い出の詰まった曲です。ちょっと個人的に思い入れがあるの♪d(⌒o⌒)b♪

また吹けるのも、4人できっちり、と練習できるのも本番で吹けるのも、、、嬉しいなあ(>_<)

随時結成アンサンブルなP.A.P.S.、今回のメンバーは、K藤さん・ハナちゃん・たまきさん・私、の4人です。
K藤さん、ハナちゃん、たまきさん、はお三人とも神戸カルチャー教室の神谷先生クラスにも入っておられて、息があっておられる気がする。。。一人いきなり混ぜていただいて溶け込めるかなあ(>_<)?と少し心配、、

・序曲(これは一部分だけ〜)
・行進曲
・こんぺい糖の踊り
・トレパック
・花のワルツ

5曲、とりあえず順に合わせてみて、、、うう、嬉しいo(^-^o)(o^-^)o憧れのくるみ割り人形組曲だよぉ〜o(^-^o)(o^-^)o

と、吹けるのが嬉しすぎて、しっかり指がまわらないところもあるくせに、ついつい、耳で聴き覚えのあるテンポで吹こうとしてしまいました−−;反省、、ごめんなさい。
次回は、もっとゆっくりめのテンポから4人でしっかり合わせる練習して積み上げていきたいです〜(☆-☆)♪

個人練習もがんばろっと♪(☆-☆)/

特に、"くるみ割り人形の行進曲"、はお師匠様がいつもストローとリコーダーで、コンサートで吹かれる曲なのです♪で、ソプラノリコーダー、あんな感じで吹きたいなあ(☆-☆)、と頭の中ではお師匠様の吹くソプラノリコーダーの音、曲がくるくるまわっているのですが、、どうもあの流れるような柔らかさ、が、、初見だと吹けないよぉ(>_<)
今度のレッスンでちょっと教えていただこう〜o(^-^*o)(o*^-^)o、っと♪♪(練習もがんばります〜(>_<*))

なんとかいけそうかにゃ〜♪d(⌒o⌒)b♪ということで5曲とも本番で吹くことに決まり?♪♪やたっ♪

とても効果的な、ただ吹くだけでない企画もK藤さんからお聞きして、もうわくわく(☆-☆)です。楽しみ〜(>_<*)

もう一度流して吹いてみて、、(この時はトレパックとか、さっきちょっと話し合ったことを生かそう、と張り切りすぎてさらに速く吹いてしまいました−−;。ごめんなさい。もう少し落ち着いて吹ける性格になれないものかしらん−"−;)、今日のところは"くるみ割り人形"はここまで♪後は個人練習がんばって次回の練習です♪

続いて、クリスマスなので、クリスマスらしい賛美歌やクリスマスの歌をいろいろ合わせてみました。

K藤さん、山のようにいろいろな候補曲を用意して下さっていました(☆-☆)。しかも、曲ごとに、ソプラノ・アルト・テナー・バス、のお決まりの編成変えて、テナー・バス・グレバス・コンバス、にしたり、とほんとにアイデア豊富に出してくださるのです(☆-☆)

今日はコントラバスだけないので、エレクトーンで代用♪

久しぶりにテナー吹けて嬉しかったなあ(>_<*)♪低音のアンサンブル、好きだなあ(☆-☆)

朝、「ニーノ〜テナー、まで持ってきてね〜♪」とメールいただいてたので、重たいバスはいいんだ♪と持っていかなかったのですが、持ってきていたら、バスパートも吹いてみたかったです(>_<)
(ハナちゃん、今度はバスも持っていきますので今日代わりに吹いて下さったやつ、ちゃんと吹きます〜♪良かったらテナーも吹いてくださいにゃん♪)

それにしても、、初見なせいか、普段一緒にあまり合わせない4人なせいか、、、というよりむしろ、土曜日に聴かせていただいた積志RQさんの音が、理想の音、として鮮明に耳に響いているせいなのかも♪(>_<)?

どの曲ももう一息、今ひとつ、ピタッとはまらない気がして、「どうしたらいいかな〜(>_<)」と考えながら吹いていました。
合わない、のではなくて、合っているし、吹いてるのがとっても楽しいんだけど、もう一つ、何かが足りない感じ?(>_<)

全員初見状態だったし、私は速め速めに吹いてしまったし(>_<)(ごめんなさい〜(>_<))、、個人練習&アンサンブル練習、もっと積んだらもっと溶け合ってくるかしにゃん(☆-☆)
(実際、くるみ割り人形、は一度めに合わせた時より、二度目、少しだけ吹いた三度目、とどんどん良くなってくる気がしました。次の合わせ日が楽しみでなりません〜(☆-☆))

*****

練習の後は、とっても美味しいコーヒーに、美味しい和菓子(ゆず風味とお芋風味のめちゃ美味しいやつ〜(☆-☆))、すっごい美味しい、有名なロールケーキ(これもすっごい美味しかったのですにゃ(☆-☆))、とお茶会まで♪
(ご馳走様でしたm(..*)m)

ギリギリまでいて下さったたまきさんが帰られた後も3人で40分ほどお邪魔させていただいていたような、、

楽しい練習会でした♪d(⌒o⌒)b♪

次回の練習日までに、練習がんばっておきま〜す♪次の練習も本番も、楽しみだなあ(☆-☆*)

*****

帰りは、いつもなら一般道(下道)通って節約して帰るのですが、今日は急ぎの用がいろいろあったので、珍しく帰りも高速で帰りました。

にゃんと早く家に着くのだ(☆-☆)

でも家は素通りして、駅まで出かけて、合宿用のお買い物いろいろしておりました♪久しぶりにご飯以外の買い物したら、えらい時間かかった上に疲れた−−;はぅ、、でも充足感〜♪

帰ってからご飯済ませて、、、仮眠したかったのだけど、この頃えらく調子の悪いcgi置いてるサーバーが今日もおかしいのに気づいて−"−;む〜、、

大体、サーバーの移転するのに、事前に連絡がない、というのはどういう訳なんだろう?落ちて問い合わせてその次の日にやっと「移転中なのでしばらく我慢を」なんてメールが来るなんておかしいのでは、、む〜−"−

結局、あれこれしてたらアッという間に午後11時過ぎ、、、眠た〜い@_@

ちょうど帰ってきた息子のご飯の準備して、ちょっとおしゃべりしてから、笛の練習開始♪(また駆け足だよ〜ん−−;)

トラヴェルソから♪

カプリス3曲+No.3の重点練習♪。。今日は若干、きのうまでほどの調子良さではない気がします。これは一体何の加減なんだろう−−??

こういう時は深追いしないこと、と思いつつもついつい追及してしまう、、

テレマンの無伴奏ファンタジー、は本日はNo.9、でした♪いんでぃさんが一番好きかも、とおっしゃってた曲だなあ♪と思いつつ吹く、、、これ、なんともいえないいい味のある曲なのですが、やっぱりちょっぴし難しいかも(>_<)

でも吹きたくて何度も吹いてしまいます、、、あううん、今日もリコーダー吹く時間が減っていくのだった、、

リコーダーは今日もモダンピッチアルトの慣らし吹き&練習、に絞ることにして。

ロングトーン、楽譜なしの基礎練習、楽譜ありの基礎練習は、きのう吹けなかったシュテープスとギースベルトを吹くことにしました。(二日に分割してどうする−−;)

昼間のP.A.P.S.の練習の時、シングルで吹きたいのに思う雰囲気で吹けなかったところがあって、今日はちょっとタンギングの練習に時間割いてみました。

この間から、トラヴェルソの方では、「これがd'dlld'dllかしら?」とちょっと自分で思うタンギングの練習をしているのです。
やっぱり、トラヴェルソで喉を使うダブルタンギング、というのはあまりにお行儀悪く思えて−−;(私の個人的な、それも今の時点での単なる思い込みです。リコーダーもずっと、シングルでなくっちゃ、と思い込んでいたのが、今ではダブルも有り、だと思っているので♪)
で、クヴァンツの本研究?しつつ練習しているのですが、どちらかというとフラッターぽい?舌の動きかなあ?なんて、、違うか〜−−?(でも、確かにそんな感じでd'dlld'dllと吹くとダブルより速い動きで吹ける気がしたりして、、)

が、それはリコーダーではやっぱり上手くいかなくて。。こちらはまたちょっと違う気が、、う〜ん、難しいなあ、、

等々、いろいろ思いつつ練習♪ギースベルトの77の練習曲、の後は、その次の15の練習曲から、大好きなアルマンドを吹いてみました♪

バルサンティのソナタNo.3の練習も大急ぎで♪(でも落ち着いて何回か吹けました。きのうよりもう少しつかめたかも(☆-☆))

午前1時前に練習終了、、、ちょっと時間オーバーしすぎか、、ごめんなさい−−;
2006年10月31日(火) No.176 (友人と♪)

福岡古楽音楽祭最終日(> <)♪


アッという間に、、、もう音楽祭最終日となってしまいました。

楽しいことは、、なんて時間の経つのが早いのでしょう、、、なんて充実した濃い三日間だったのでしょう、、

この日は、家に帰ってきてからゆっくり、とブログにこの日の記録を書けたので、ブログに書き足す形で、、進めまする。。

*写真は、この日の朝、ホテルから出て歩き始めて、、そして振り返って撮った写真です。。前日の台風で木の枝が折れて、右手には強風で吹き飛ばされた看板が落ちておりまする、、


*****当日のブログより*****

(途中、色の違うところが新たに書き足してある部分です♪他にもちょこちょこ書き換えてありますが)

アッ、という間に最終日になってしまいました、福岡古楽音楽祭、、楽しかったなあ(> <)、、なんて楽しく濃い時間を過ごさせていただいたことでしょう♪

来年も絶対にまた来る〜(☆-☆)、と何度も決心しました。



朝は8:40集合!で、9:30からいよいよ本番♪のコンサートの練習することにしておりました。

結構早めにスッキリと目が覚めてゆったり準備してゆっくりお出かけ♪ホテルを出る時はもうチェックアウトです。。名残惜しい(> <)、、ホテルから会場への道を歩きながらもなんかきのうやおとといが懐かしい感じ、、ほんとに楽しかったのだなあ、と思い返しつつ、、

きのうの台風で街路樹の枝がところどころ折れていたり、大きな看板が吹き飛んで落ちてるの見ながら、ひぇぇぇ、と歩いてると前をtama9さんが歩いてました♪おっはようございます〜♪d(⌒o⌒)b♪

tama9さん、すごいカジュアルな服装だよ* ̄◇ ̄*、、私、一応コンサート仕様でドレスっぽい服装にしてきたけど、、とそのあたり突っ込みつつ会場へ〜♪(ちなみにこの後登場されたwat392さんは、リコオケで吹かれるのもあってか、黒のシャツに黒の上着・下、と決めておられました。お二人並んだら微妙な雰囲気の差がなんだか微笑ましくてついつい一人で微笑んでしまいました* ̄m ̄*)

wat392さんが来られるまでちょっとだけ個人練習できました。。。この期に及んで−−;、、まだス〜っと出来ない箇所がたくさん、、というかむしろ出来なくなってきてる気が−−;

wat392さん来られてすぐにコンサート会場横に控え室に移動してリハ〜♪

ふう、、指がまわらなくて情けないのですが┯_┯、、でも♪音楽する気持ち、この曲の雰囲気、歌うこと、なんかは三人でぴったり合わせていける気がしました(☆-☆)、、わくくわくくわくく♪吹きながら、

「あ〜、この曲この三人で合わせられるこの幸せな時間は、今とあと本番だけか〜(> <)」

と、それがとても名残惜しくて。。tama9さんのトップは心地良く柔らかなのにめちゃめちゃかっこいいし(☆-☆)、wat392さんのグレートバスは、合わせるたびに横目・横耳?で動きや音にウットリ心奪われてしまうかっこよさなのです。。この曲、なんかすご〜い大好きな曲になってしまいました♪

そしていよいよ、の本番♪

今回、一度もヘンな緊張はしないですみました♪なにしろ、とても頼りがいのある心強いお二人が引っ張ってくださるのです♪何も考えないでただ心澄ませて、心のままに吹けばいいんだもん♪(ここいうポジション、って好きかも* ̄◇ ̄*♪)。。。ただ、、指まわりが情けないので、せっかくの素敵なパッセージでとちってしまうのがほんと情けない┯_┯、、どうしてこんなに、同じ人間なのに技術が違うんだぁぁぁぁ* ̄− ̄*!!!
(帰ったら、一から練習しなおして、少しでも近づけるようにがんばるぞ、とこの三日間で何度も誓いました。)

古楽コンサートの朝一番、はかなりお客様が少ない、と聞かされていたのですが(実際に、オープニングを、もう少し人が集まってから、と5分遅らせてくださったくらい、、)、舞台脇からのぞいていると、少しずつお客様が増えて♪わ〜い、嬉しいなあ♪d(⌒o⌒)b♪

とにかく心こめていつも通り、息を、音楽をぴったり合わせて吹けるように、と、、いつもコンサートではいろいろいらないこと考えてしまう私なのに、この時は純粋に、三人で合わせるのが楽しくて喜びで、舞台で三人で吹けるのが嬉しくて、、珍しく(?)純粋に音楽のことだけ考えて吹けた気がします。

練習で何度かつっかかったところは120%とちってしまい−−;、、自分一人に関しては第一楽章なんてほんととても不本意な出来だったのですが┯_┯、tama9さんのトップは輝いてたし♪(とちりまくった、と嘆いておられましたが* ̄◇ ̄*うそぉん)wat392さんのグレバスもいつものことながら、とっても素敵でしびれたのだ〜(> <)♪
舞台の上で、大好きなパッセージ吹くのに喜び感じれること、ってあまりない気がするのですが、ほんとに吹きながら幸せでした♪

第三楽章は、練習の時からうんと面白くて楽しくて、、三人でからんで心合わせて、、吹くごとに見えてくるものがあって、本当に好きになってしまった楽章なのですが、これは結構うまくいったんではないかな〜o(^−^o)(o^−^)o、、と、、思うのですが、、いかがだったでしょう(> <)?



古楽コンサートは12時半まで、でこの後ずっと聴かせていただいたのですが、(☆-☆)世の中にはこんなに素敵な演奏される方がこんなにいらっしゃるのですね(☆-☆)、と改めて目からうろこ、、すごい刺激・勉強になりました(> <)。私ってなんて下手くそなんだ−−;、、もっとがんばるぞ〜(☆-☆)♪


個人的には、"ボアグラース"?さんのトップ吹かれてた方のリコーダーの音がとても心地良くて心に残りました。
(柔らかで自由な、とっても素敵な演奏でした〜(☆-☆))

「あの方はきのうの山岡さんのレッスンの時に一緒に聴講しておられた方?−−?
夕方、台風がどこあたりに来てるか聞いたときに"ほら、あそこあそこ* ̄◆ ̄*"と冗談飛ばして下さってた方?−−?」

と思いながら聴いてたのですが、たぶんそうみたい♪d(⌒o⌒)b♪

あと、井上佳代さん(大阪でプロ活動しておられるリコーダー奏者さんです〜♪)のソナタも素晴らしかったのだ〜(☆-☆)

*もちろん、他の方々の演奏もそれぞれに心に残っておりまする(> <)

あと、女声合唱聴きつつ、「わあ(☆-☆)、これ、やりたい〜」としばし本気で歌がやりたくなってしまいました。こういう初期バロックの女声合唱できるところ、大阪でないかしらん(☆-☆)、、やりたい〜(> <)

コンサートには、ずっとメールのやり取りしながら一度もお会いする機会のなかった"もず"さんや、最近親しくならせていただいた"ほるこ"さん、前に病院コンサートにも来てくださった"坊ちゃん"さん、といった、WEBの友人が来てくださいました♪

お会いできて、お話もできて嬉しかったです〜(> <*)。ありがとうございました\(*⌒◇⌒*)/



コンサートの後、しばらくもずさんやほるこさんとおしゃべりさせていただいてから♪

さてさて、、今からね、wat392さん、tama9さんと、《打ち上げ(?)昼食会@うどん屋* ̄◆ ̄*》なのです♪d(⌒o⌒)b♪るんるん♪

この打ち上げの時に、wat392さんがおっしゃってくださった言葉、

「上手とか下手、とかじゃなくて、三人の心が合わさった音楽、みたいなのを感じてもらえたからこそ、《良かった》って言ってくれる人がいたんじゃないか」(何人かおっしゃって下さったそうなのです〜(☆-☆))

って。

とちった、とか関係なく、そういう、聴いて下さっている方に伝わるものをこの三人で生み出せた、のが良かった、ってニッコリおっしゃってくださったのがとても心に響いて嬉しかったのでした。(かなり表現は違ったかも?(> <)♪)
ちょっと自分の不甲斐なさ責めモードに入りそうだったのが一気に、ホッとなりました♪

だって、その、三人で生み出せたもの、っていうのは、私も感じられた気がして、、ちゃんと三人で音楽作り出せていた気がして、、

三人でちょこっと来年の話も♪d(⌒o⌒)b♪出来たのも嬉しくて〜o(^−^o)(o^−^)oるるるるるる♪来年も絶対来る♪でまた合わせていただくのだ〜♪それまでにもっと修行して今よりも出来る限り前に進んでおきます(> <)



10Fのブースに戻る時に、、「祭りが終わるのはさびしいね〜」とtama9さんがつぶやかれました。。。

ほんとに(> <)、ほんとに、"お祭りが終わってしまった"、という、うんと楽しかった、ちょっと切なさ?の残る楽しいお祭りでした、、祭りの終わりでした♪

ほんとに楽しかったです(> <*)。トラヴェルソのレッスンでも得がたいこと山ほど教えていただいたし、、

何より三人でじっくり練習して煮詰めていったあの時間が、濃くて、、楽しかったなあ(☆-☆)、、合間合間のお話聞かせていただけた時間も楽しかったぁ(☆-☆)、、知らないリコーダー吹きさんとちょっと知り合えた?のも嬉しい〜o(^−^o)(o^−^)o

本当に楽しい楽しい三日間でした♪

会場に戻ったら午後3時半くらいまで、しばしおしゃべりしたりゆったりしたり、、してから解散、、ほんとに、ほんとに楽しく幸せな濃い三日間をありがとうございました(> <)

帰りは、もずさんが「電話してね」とおっしゃってくださっていたので電話して待ち合わせ♪

博多駅まで電車で一緒に来て下さって、たくさんおしゃべりできました♪d(⌒o⌒)b♪(かっこーさんにもお会いできて感激でした〜♪d(⌒o⌒)b♪)

こんなに楽しいなんて思わなかった福岡古楽音楽祭、、、、来年も絶対に♪来ます〜♪


2006年09月18日(月) No.170 (友人と♪)

福岡古楽音楽祭第二日目♪


福岡古楽祭第二日目♪、、、いよいよ本日は、ドキドキの有田正広さんにトラヴェルソレッスンしていただく日です(> <)

ゆうべ、午後11時過ぎから寝て、、、にゃんと目覚ましかけてた午前8時50分まで、、ぐっすり熟睡でした* ̄◇ ̄*(寝すぎやろう、、)

気分爽快、ぱっちりと爽やかに目覚めて♪準備して、いざ、会場へ〜(☆-☆)♪

ホテル⇔会場、が私にとってはちょっときつい距離なので、夜までホテルには戻らない予定で、必要なもの全部持って出発♪

まずはあいれふ10Fの受付までいって、登録します♪tama9さんのブースにいっておはようございます〜♪と顔だけ見せてから、いざ、クレモナ楽器さんへ、、
(有田さんのレッスンだけ少し離れたところにあるクレモナ楽器さんで行われるのでした。)

私がレッスンしていただくのは午前10時半〜11時半、、一番バッターです。

ぜぃぜぃ、、台風が近づいてきてるので、雨がパラパラ、、風も少々、、、クレモナ楽器さん、ちょびっとだけ遠いよぉ@_@;はぅ、、(普通の人にしたらほんとにちょっとの距離なのですが−−;、、うう、もう少し体力養わないとなあ、、)

ドキドキ、、ドキドキ、、、とレッスン会場到着、、、まだ10時前でした♪

一番バッター、ということは少し早めに着いても音だしさせていただけるかも?♪と思って早めに行ったのですが、すぐにお部屋に入れていただいて、ゆっくり、と音だしさせていただけました♪

トラヴェルソ、、、私にとっては、心の状態がすぐに音に現れてしまう、コワイ楽器です(> <)、、今日もきっと緊張して音、ちゃんと鳴らないハズ、と覚悟していったのですが、このレッスン会場、、(☆-☆)うわわわうわわわ、めちゃめちゃ音がよく響く〜♪

あんまりよく音が響いてくれるので、急に自分が上手になったような気分になります* ̄◆ ̄*、、、普段、響きがほとんどない自分の部屋で練習してるからなあ、、こういうところで吹くと嬉しくてたまらなくなる、、

おかげで、10時半まで、いつもより調子良い感じで練習できて、、、この後のレッスンもとても集中して、、大切なことたくさん教えていただける感動の時間となりました(☆-☆)♪うう、感激の時間だった〜♪
(こちらは、レッスン日記に少しだけ書こうかと思っておりまする(☆-☆)/)

*****

午前11時半、にわくわく♪とレッスン終えて(ありがとうございました(> <)♪)、
その後は、オトテールを持ってこられた若い男の方のレッスンが30分、
毎年自作のトラヴェルソを持ってこられている、というFさんの時間が30分、、、午後1時から合わせ練習の約束しているので、早めに戻っておかなくては、と思いつつ、、どちらも興味深くて、そのまま聴講させていただいておりました。

お昼の部はそこで終わって、有田先生も下に行ってしまわれたので、そこでクレモナ楽器さんとはお暇を、、、Fさん、いろいろ教えて下さってありがとうございました♪d(⌒o⌒)b♪

。。。この時点で12時半過ぎです、、急いで早く戻らないといけないのだ、、、ちょっぴりアセりつつ、アセアセ、とあいれふ10Fに戻ります♪

頭の中は、中々リコーダーモードに切り替えられないくらい、今教えていただいたトラヴェルソのこと、教えていただいたたくさんの内容、、、等々があふれている感じで、まだドキドキと感動中で、、ちょっと落ち着かない気分、、、はぅ、トラヴェルソ、好きだにゃあ(☆-☆)♪

感動に包まれたまま、tama9さんのブースに到着♪♪wat392さんはまだ来ておられません。。あれ?

ブースはもちろんリコーダーを試奏もするところなので、音だしOK、、なのですにゃ、、で、今回、かなり甘えさせていただいて(> <)、ここで個人練習なと、、たくさんさせていただいておりました(ありがとうございました(> <))。

横に座らせていただいて、せっせと個人練習〜、、、tama9さんは私より高音域たくさんな難しげなパートをこちらもせっせと個人練習〜♪、、ううう、出来ないところが出来てこないぞ−−;、、悔しいなあ、、と吹いてる間にだんだんと頭が切り替わって、リコーダーモードに〜♪今日の合わせもがんばるぞ〜(☆-☆)♪♪

、、、、と、、、午後1時近くになってもwat392さん来ない、、、今日の合わせ会場は、隣の会館の《楽屋B》です。。

「もしかして、、、現地集合、ということはないですよね?* ̄◆ ̄;*?」

ふ、と不安になって質問、、「^^;う、もしかしたらそうやったかも・・・」とtama9さん、、、えええっ* ̄◇ ̄;*!!、と念のために携帯開いてみる、、と、、orz、、うわ〜、ごめんなさい。。
12:38にwat392さんから着信+メールが来てた〜、、、「練習会場、もう開いてますよ〜」って、、、うわ〜、うわ〜、ごめんなさい(> <)
(レッスン中、マナーモードにしてて、そのままだったのです┯_┯)

あわてて二人で練習会場へGo〜、、、あと20分は余分に練習できたのになあ(> <)、、今回、練習時間確保、の面で何度かこうやって足引っ張った気がするぞ、、ほんとにごめんにゃあ┯_┯



申し訳ない思いで、ちょっと身の縮まる気分だったのですが、そういうことはすぐに忘れさせてくださる穏やかなwat392さんなのでした。。(^^*)

で、《楽屋B》、で早速練習開始♪

きのう、合わせて気持ちがぴったり合ったところ、、ちゃんと今日も合っている気がします*⌒−⌒*♪

個人的にとちってしまう情けないところは別として−−;、、きのうよりももっと音楽的にまとまってきた気がする〜(☆-☆)、、

少しずつ、余裕?も出てきて、吹きつつ、どんな吹き方しておられるのか、感じ取るだけでなく、味わうこともできるようになってきました。

やっぱりwat392さんが吹くグレバス、、、音楽も吹いてる姿も格好いいよぉぉぉ(☆-☆)、、一緒に吹いててゾクゾクしてしまいます(☆-☆)、、、

第一楽章の70小節〜、グレバスがパラパラサラサラ、となんともかっこいいフレーズ吹くのに合わせてアルト1・2で同じ音型で盛り上げるところとか88小節〜、アルト1、が私のすごく好きなパラパラ難しいフレーズどんどん吹いてグレバスがそれを盛り上げていくのに、アルト2が和声の下を支える感じ?で刻みいれるところとか、、もう、好きでたまりません。吹いてると生きている喜びをつくづくと感じてしまいます。

tama9さんとp、f、と息合わせてパ・パ・パ、と入れるところも好きだなあ、、(☆-☆)、、

とにかく、、この曲も、三人で合わせられること自体も、、好きで好きで楽しくてたまりません。

この音楽祭の期間中の練習、、、そんな喜びや幸せな思い感じつつ、一方ではともすればとらわれそうになる劣等感と戦う時間でもあったのですが(なにしろあちこちで自分の至らなさを痛感してしまうので−−;)、、、本当に濃い、アンサンブルする深い喜びを味合わせていただいた時間でした(☆-☆)♪

お昼の合わせの時間は、30分間だけでした。1:30〜は、同じ場所《楽屋B》で、山岡重治さんのリコーダーセミナー(個人レッスン)があるのです。

山岡さんが入ってらして、生徒さんはwat392さん♪なので、そのまま聴講させていただきます♪♪



この、聴講させていただいた時間も、ものすごい刺激いただきました(☆-☆)。

wat392さん、すごい〜♪、、すごい方なのは知っていたのですが、、あんなにすごい方だ、というのはこの時間に再認識させていただいた気がします。

表現したい、内からあふれるものが、あんなにほとばしって、レッスンでむしろそれを抑えるように言われる方、って初めて見た気が。。。

そしてそして、それをちょっと抑え気味にされたら、、、山岡さんが「うん♪すごい。もう、プロフェッショナルですね(^^)」とおっしゃられた、コンサートで聴かせていただくような演奏(☆-☆)、、、うううん、、ほんとにすごい、、あんなにいつも物静かで穏やかな方だけど、内にはあんなに豊かな、表現したいものを持っておられるのですよね、、、やっぱり私とは違う訳だなあ、と変な納得してみたり、、

タンギングの指導されてるのがまた、興味深くて勉強になりました。

そして最後に吹かれた曲がめちゃめちゃかっこいい〜(☆-☆)、、、なんていい曲なんだ(☆-☆)、、(山岡さんも「これ、いい曲だね〜」と感心しておられました(^^))。。

−−?あれ?この曲、知ってる気がする、、と何回目かに聴いて、ふ、と気がつきました。うわ〜、これは、、、−"−;トラヴェルソで毎日吹いてるカプリスに出てくる、かなり嫌いなNo.42、、さんではありませんか、、、これ、って、、こんなにいい曲だったの(☆-☆)?、、吹き方、フレージング、タンギングのとりかた、感じ方、でこんなに聴き応えある曲になるの?、、ともうびっくり、、、まん丸目になって聴かせていただきました。
(帰ったら、果たしてあんな風に吹けるものなのか挑戦してみよう、とこの時思ったのですが、、、やっぱ出来ないよ〜−−;、、)

(☆-☆)すごいなあすごいなあ、と思ううちにwat392さんのレッスンが終わり、さて、次はそのままtama9さんのレッスンです♪d(⌒o⌒)b♪ふふふふ、こちらも楽しみ〜o(^−^o)(o^−^)o(もちろん聴講させていただきたく、、♪)

tama9さんはヴォイスフルートでバッハのソナタを♪(☆-☆)うわあ、気持ちいいなあ(☆-☆)、、、こちらもコンサートで聴かせていただくような演奏です。。。

「うん♪徳永さんが上手なのはもうボク、知ってるからね〜(^^)、、何も言うことありません(^^)」(山岡さん)

。。。。* ̄◇ ̄*これはレッスンて言うのか?、、、

よくご存知な同士のお二人のやりとりを見せていただくのはかなり楽しかったです。ちょこちょこ、と小さなアドヴァイスだけしておられました♪

んで、第一楽章の次に速い楽章も吹いて下さるのかとワクワクしていたら、tama9さんたらいきなり、明日やる三重奏の曲K.310を取り出しておられます。。。

「これをね^^;、どう吹いたらいいかとか聞こうと思って」って、、わあわあ、これは興味深々なのですにゃ(☆-☆)わくわく♪

しかもしかも、山岡さんが一緒に吹いてみておられるのは、私の吹くパート、アルト2、ではないですか♪(☆-☆)うわわ、これは勉強になるのだ(☆-☆)♪

と、ここでオーボエのHさんがとても困ったお顔でのぞかれました。。。

「あのう、、この部屋、二時半からオーボエのレッスンをするハズなのですが、、」

あう、ごめんなさい* ̄◆ ̄;*、、tama9さんのレッスンは急に入った予定だったので、お部屋がしっかり取られていなかったのでした。

急いで部屋を交代して、《楽屋C》に〜♪

第一楽章をtama9さん・山岡さん、のお二人で通されて、、「難しいな〜、これは^^;」と山岡さんびっくり、、ねねね、難しいんですよぉ* ̄◇ ̄;*

こちらも少しアドヴァイスされて、「面白いんじゃないですか〜♪聴きたいなあ、これ(☆-☆)」と言っていただいて、tama9さんのレッスンも終わりです〜♪、、、と思ったらwat392さんがにゃんと

「もし良かったら、三人で吹くの聴いて何かアドヴァイスいただけませんか^^」

と、、、え?、* ̄◇ ̄;*なんですとっ?、、、

今まで気楽に聴講させていただいてたのが、急に山岡さんの前で吹くことになってびっくりドキドキ、、ひゃああ、、、でも嬉しいかも。。

と、第一楽章・第三楽章、と聴いていただきました。

相変わらず私は第一楽章がしっかり吹けないでとちるところ多々、なのです−−;、、、でも、、ほんとにこの三人で吹くのはどんなシチュエーションでも心地良く、何か安心で、いつも「がんばって集中して吹くぞ(☆-☆)」と無心に思える気がします。。この時もいつも通りに吹けたので自分でびっくり、、それにしても自分だけゴマメのような気分がどこかするのだけども、、それでも、アンサンブルしている、心を合わせれている、という気がして、、何度合わせても楽しい〜(> <))

「この編曲、売れるん違う〜?」と山岡さん♪私、でしょ?でしょ?(☆-☆)、と心の中で勝手に嬉しくなっておりました(^^)♪

まあ、、あちこち不安なところも多々、ですが面白い、聴き応えあるよ、と言っていただいて、、よ〜し、と安心してやる気に燃えてきた三人?♪d(⌒o⌒)b♪



この後、wat392さんはリコオケの練習に〜♪わたしはあいれふ10F、tama9さんのブースに寄せていただいて、しばし休憩〜、、

と言いつつ、せっせと個人練習したり、あちこちのぞいたり、、ゆったり過ごさせていただきました♪

すぐにこちらもご自分のブースに戻ってこられた山岡さんがなぜか、ちょうど今tama9さんが一生懸命練習していたK.310のフレーズをサラサラ、と吹かれます* ̄◇ ̄*

「それは嫌味ですか^^;」(tama9さん)
「いや〜、難しいよな〜、これ−−;、、普通にはしない形だよね〜」(山岡さん)

そんなやりとり聞いてるのがなんとなく嬉しかったりして。。

そうこうするうちに午後4時半、、ブースのすぐ横にあるホールで開かれる、有田正広さんの講演会"拝啓、モーツァルト様"の時間となり、たくさん人がやってこられました。。

合わせ練習するかもしれないし、と私は講演会聞く予定ではなかったのですが、tama9さんが「聴いておいで」と何度も薦めてくださります。
朝、教えていただいたんだから、講演会も聞かなくちゃ♪とも♪

で、背中押されるようにして、、ついフラフラと会場に〜。

が、、会場見渡してもさっきリコオケから帰ってこられてたwat392さんが見当たりません、、、ということは、、お二人とも外で待っておられるんではないのか−−???、、ここで私だけ講演会聴いていては練習できないんじゃないのか?と、すごい気になって気になって、、、うううむむむ、、

そうこうするうちにお話が始まって、、有田さん、フォルテピアノまで弾いて下さって、楽譜や手紙を例に、モーツァルトがとても身近に感じられる、愛情持ってしまうようなお話をしてくださいました。
最初のうちは落ち着かなくて外が気になって、、だったのですが、、いつのまにか、明日演奏するのがモーツァルトの曲であることがとても嬉しく、、愛情こめて吹きたい、、そんな気持ちになっていました。

後ろの席に朝、お世話になったFさんがおられて、また少しお話できて嬉しかったのです♪d(⌒o⌒)b♪

でもやっぱ気になってたので、講演会終わるとすぐに退席、、、ドア開けたら目の前のブースにやっぱりお二人ともおられるやん* ̄◇ ̄;*

「やっぱり私、講演会聴いてたらあかんかったん違うんですか〜┯_┯、、ごめんなさい〜」

途中、「練習したいなあ、、、呼びに行こうか?」なんて話しておられたそうな、、、ほら〜T◇T、、でも最後まで聴きたいやろうから、と待っててくださったのだそうです、、、ありがとうございます┯_┯うるうる、、

ちょうど時間は、午後6時。。。夜7時から開演の《親密な会話》室内楽コンサート、を今度はwat392さんが聴きにいかれるので、それまで三人で合わせ練習できます♪d(⌒o⌒)b♪

一時間弱、、、みっちり、じっくり、と合わせ練習しましたよぉ♪d(⌒o⌒)b♪

第三楽章の最後のフレーズの手前で、一瞬ためる時間をつくろう、、と何度かやって、不思議にピタ、とはまる時があって、気持ちよさにワクワクしたり、、まだまだ「ここはこう感じてるんですが」「ここはどうする?こういうのは?」等、どんどんアイデア出して下さるお二人、、何度合わせても飽きません、、というかもっと個人練習積んでもっともっと合わせていたい気分です。。

よし!これで後は本番前にちょっと合わせたら、、本番、いい演奏できるかも〜?という雰囲気になって練習終了です♪
後はいかに個人的にとちる部分をしっかり練習して吹くか(> <)、ですね、、、気分的にはしっかり合わせられてる気がするので。。

午後7時、、wat392さんがコンサートに行かれた後は、少し離れたところに行って個人練習(> <)!とにかくしっかり吹きこなしたい、、もっと前からこういう必死な練習積んでおけば良かったんだよなあ−−;、と思ってももう間に合わないのだ−−;

しまいにとうとう、指が限界、、、右手が痛くて痛くて楽器を保持できないくらいに疲れてきてしまいました−−;、、、ううううむむむむ、、、まだまだ出来てないんだけど−−;、、、仕方あるみゃい、、と、、楽器しまって、、個人練習もこれで終わり〜、、、後は明日の本番あるのみ、です。。
がんばろ〜♪、、ていうか、、この大好きな曲、三人で合わせられるの、明日の本番で終わりか〜、とちょっと名残惜しくなっていました。

*そうそう、三人で合わせ練習していたこの時間、、ちょうど福岡に台風13号が近づきつつありました。夕方からビルの外の風吹きすさぶ風景眺めては、みんなで「ひぇぇぇぇ」と言っていたのですが、
なんと、、「うう、さすがにこれだけ一日中吹いてると眩暈がする〜@_@」と思ってたら、違ったのでした。。10Fなので、ビルがゆ〜らゆ〜ら、と揺れているのです、強風で、、きゃああん、、揺れるたびにこわかった〜+_+

tama9さんのブースで遊んでいたら、コンサートの休憩時間にはwat392さんも来られて談笑したり台風の様子うかがったり、、、

と、コンサートの休憩時間終わり、、と思ったら、係りの方が「コンサート、中止にします」と連絡しに来てくださいました。

そんなに台風、近くにおるんや(> <)、、う〜む、ホテルまで無事に戻れるのだろうか、、、

コンサートに来ておられるたくさんの方も、この台風の中、ちゃんと帰っていけるのだろうか、、wat392さんなんて車で来ておられるのに大丈夫なのかにゃ、、等思いつつ、、もうブースも閉めていいので、全員で帰ることに〜。

幸い、風はすごいのですが、雨は降っていなかったので、一時はびしょぬれになるのも覚悟したのですが、とりあえず物にぶつからないで帰れたら無事に帰れるかも、と♪

あいれふの正面玄関は、強風のためか締め切りになっていて、通用門のようなところから出ました。wat392さん、車で帰るの、お気をつけて〜┯_┯

ホテルが同じ方角なのは、CDのブース出しておられた○○さんとtama9さん、私、の三人、、で、風すごくて目が開けられないくらいの中、きゃあきゃあ言いながら歩いて帰りました〜。。。晩御飯は、お店自体開いてないので、途中コンビニに寄って調達!幸い、食べるのものが結構まだあったので買いこんで、また風の中、ホテル目指して〜。。

tama9さんのホテルのがあいれふから近いのだ(微妙にほんの徒歩2分分くらい?)、、、来年は私もこっちにしようかな?
(次の日に、「以外とね〜、安江さんて歩き不精^^;」とwat392さんに言いつけておられた* ̄◇ ̄*ので、どうも普通の人よりかなり歩くのをいやがっていたようです、私、、、え〜、ちょっと感想を言うただけやで〜、だってしんどいんだもん、、そんなに文句言ってたのかしらん−"−;、、いかんなあ、、来年までに体力養って、ふん♪ふん♪と長距離歩ける体になっておきたいなあ、、)

*****

帰るとまたまた早い時間、、、わ〜、暇だ@_@、、練習も出来ないしパソコンもないし、、、−−;うううむ、暇だ、、

とりあえず、コンビニで買ってきたパンや春雨スープ作って食べて、、今夜はゆっくり、とお風呂に入って、、ちょっとテレビつけて映画観たりして、、、外は、台風の目に入ったのか、案外静かです。。

午後11時半、、、就寝、、、、もう明日は最終日、帰る日なのですね、、、早かったなあ、、、楽しかったなあ、、、本番、がんばろ〜♪とか思いつつ眠りにつきました♪

★福岡古楽音楽祭最終日に続きます〜♪
2006年09月17日(日) No.169 (友人と♪)

福岡古楽音楽祭一日目♪


ドキドキの、、前からずっと興味があって行きたくてWEBでいつも見守っていた、毎年9月に開催される"福岡古楽音楽祭!!"
いよいよ第一日目です(ってほんとはゆうべがオープニングコンサートなのですが)。

大阪から新幹線で福岡へ〜♪

去年は、バルトルド・クイケンのトラヴェルソレッスンに申し込んではみたものの、
申し込んだのが遅すぎて枠がいっぱいでキャンセル待ち、、で結局行かなかった古楽音楽祭、、

今年こそ!迷わず早めに申し込んで有田正広さんのトラヴェルソレッスン受けるんだ(☆-☆)、と決心しつつ、、中々申し込めない、決心つかない* ̄◇ ̄*、、
そんな私の背中を押してくれたのは、西日本点在アンサンブルでご一緒させていただいている北九州のwat392さん♪そして浜松のリコーダー製作家tama9さん♪でした♪

tama9さんやwat392さんとアンサンブルできるなんて(☆-☆)、三人で古楽コンサート(音楽祭のプログラムの一つで、土曜日と月曜日に半日ずつ開かれるのです♪)に出れるなんて♪

お二人とアンサンブル出来る、というのは、私にとって、別に古楽祭じゃなくても福岡まで遠征してしまう大きな喜びです♪

もうこれは行くっきゃないでしょう♪♪

しかも、「三人で古楽コンサートに出られるんならそれで十分だ〜、、トラヴェルソはまだまだ初心者すぎるし、今年は見送ろう* ̄◆ ̄*」なんて消極的モードだった私なのに、
tama9さんが「で、レッスンの枠は取れましたか?」としきりに心配してくださるので、、ついにこちらも決心ついて、、申し込んでみたら、にゃんと運のいいことに今年は枠がまだ空いていたのです(☆-☆)。。わ〜わ〜わ〜♪一時間枠で申し込んじゃったo(^−^o)(o^−^)o

はぅ(☆-☆)、、練習日記にも毎日書いていたのですが、wat392さんがこのコンサートのために三重奏用に編曲してくださったモーツァルトのピアノソナタK.310、は私にとってかなり難しくて−−;(それでもお二人のパートはもっと難しいのだ−−;、簡単なパートいただいてるのになあ、、)、
毎日必死で練習して、、難しいけど、でもでも合わせるのが楽しみでたまらなくて♪メールで音楽的な解釈の相談等いろいろしながら、ほんとに楽しみでたまらなかった音楽祭(というより、やっと三人で合わせられる機会♪)、、いよいよ今日なのですにゃo(^−^o)(o^−^)oわくくく♪わくくく♪



午後5時から会場の練習会場を押さえてくださった、とのことで、5時前に音楽祭会場である"あいれふ"のホール10Fに集合♪のハズでした。

。。。。┯_┯ごめんなさい、、博多に4時23分頃到着♪博多から会場のある赤坂駅までは地下鉄でほんの数分、、ちょうど5時前に着けるハズが、、「あ♪着いた」と思ったら空港でした、、反対方向の地下鉄に乗っておりました−−;、、しくしく、、

やっと10Fロビーに着いたのが5時5分くらい?かな〜?、、、(☆-☆)音楽祭、ってこんなところでこんな感じでやってるんや(☆-☆)、と、ずっと憧れていただけに、もうキョロキョロしてしまいます。。

が、、お二人がいな〜い〜┯_┯、、どこにいるんだろう、、探してるうちにボードに練習場所の時間割り貼ってあるの発見して、《楽屋C》が練習場所なのもわかったのだけど、、、

ウロウロしたあげくに携帯に電話してみたら、携帯から聞こえてくる声、、「うしろ、うしろ^^;」、、、あれ?後ろ振り返ったら結構目の前にwat392さんがいらっしゃいました^^;びっくりり〜。。ていうか、こんにちは♪遅くなってごめんなさい〜┯_┯
(それにしても、、今までどこにいらしたのだ〜* ̄◆ ̄;*?、、そこはさっき探したところなのだ−−??)

そこは、tama9さんがリコーダーを出展しておられるブースでした♪わわ、tama9さんもいらっしゃった〜♪d(⌒o⌒)b♪
(さっき、そこ見たとき、いなかったよ〜?┯_┯?、、、変だな変だな、、)

とりあえず、無事に会えて、ホッ♪d(⌒o⌒)b♪

6時までしか練習会場借りてないので、とにかく急いで別館にある《楽屋C》に〜。。(時間ないのにほんとに申し訳ないのです┯_┯)



《楽屋C》、でドキドキ合わせた初練習、、、一体どんな感じになるのだろう(☆-☆)、と想像しつつずっと一人で練習してきたK.310、、こんなにかっこよいなんて(☆-☆)、、三人しかいないのに音にこんなに厚みがあるなんて(☆-☆)、、、と、自分が吹けないのはひとまず置いて、、ちょっとひたすらウットリ嬉しくなってしまいました。

******これはこの日のブログ、ホテルからメールで書いたもの〜♪*****

今、ホテルでゆったり休憩中です。
5時からドキドキの三人での初合わせでした…(☆_☆)こ、こんなに素敵な曲になるとは(☆_☆)、、、wat392さんとtama9さんのおかげで、えらいかっこよく吹けてる気が…
これは個人練習、もっと頑張らねば、、、、、もう少しがんばりたいぞー♪
会場移して、少しトラヴェルソの練習もさせてもらって…♪
そのあとはじっくりパート練習♪なんだか師匠にレッスンしていただいてる時のようなワクワクでした。

なんとかなりそう?なので本日の合わせはこれくらいにして後は個人練習♪で、明日のお昼からまた合わせることにー♪

(☆_☆)がんばるぞー(☆_☆)

もう吹きたくて吹きたくてたまりません♪

あ、その前にドキドキのレッスンもあるのだ(☆_☆)わくく♪

*******ここまで〜*******


ほんとに、、なんともいえない楽しい夜の練習でした♪

6時まで、何度か打ち合わせしつつ合わせた後は、場所変えて、、少し明日のトラヴェルソの個人練習までさせていただいて♪

その後、wat392さん(@コンサート聴きに〜♪)が帰っていらっしゃるまでtama9さんとせっせとパート練習したり♪。。。なんか、、tama9さんの吹いてるalt1、、すごいパートなんですけど* ̄◇ ̄;*、、楽譜のぞいてのけぞりそうになります、、ひぇぇ、、

ううう、、それにしても、、私の簡単な方のパートですら、、私、指がまわらない(> <)、、改めて、自分の基礎技術のなさ、音楽的にいかに物を言いたいか、というあふれてくるような中身がない、ことに情けなくなります−−;


*この時間帯に、、、この古楽祭でのもう一つの楽しみ、tama9さんのアルトリコーダー@モダンピッチを何本か試奏させていただきました♪
竹山さんとこのアルトも欲しいのだけど、徳永隆二さん製作、のリコーダーもいいなあ(☆-☆)、と前から(何度か吹かせていただく機会があって(☆-☆))思っていたのです。

(☆-☆)うわ〜、これ!これ、すっごいいい♪というのが一本あって、、、値段お聞きしてびっくり、、、そんなに安くていいのですか、、というお値段です。。(カタログに載っているので興味のある方は見てみてくださいにゃ〜。)

このリコーダー、握り締めたまま離せなくなりました。。。これ、、私のモダンピッチのアルトリコーダーさんは、このコにする〜(☆-☆*)

*⌒−⌒*という訳で、、アルトリコーダーさんゲットォォ♪です♪ケースにいれていただいて、大切にカバンにしまいこみました♪わ〜いわ〜い、ありがとうございます〜o(^−^o)(o^−^)o


コンサートの間はそうやって練習したりウロウロしたり、中々楽しい時間なのです♪d(⌒o⌒)b♪

大好きなS.P.E.S.の楽譜ばっかり、アントレの方かな?が出展しておられて、わくわく(☆-☆)で漁って、前から欲しかったバルサンティのソナタ集もゲットです♪

有田さんがフルート四重奏曲吹かれる時だけホールの前に行って、モニターから聴こえてくる音に耳澄ませたり* ̄◇ ̄*、、ああ、中で聴きたかった、、コンサート、聴くことにした方が良かったかも(> <)、なんて後悔したり、、

*****

wat392さんがコンサート終わって戻っていらしてから、もう一度三人でちょっとだけ練習〜♪♪

「ここで少しルパートしたいなあ、、おかしい?」「いや、そこはむしろあっさりいった方がいいかも?」
「ここで少しためて、改めて出る感じでするのは?」「あ、いいかも、それ♪」
「ここは歌わないで怪しくごにょごにょ吹く方が効果的かも〜?」「やってみる♪、、あ、感じわかった♪」等々、、、

お二人ともとても穏やかな方なのです。で、とても穏やかになごやかに、でも表現したい熱いものがたくさんあふれてくる感じで、どんどん、どんどんとアイデア出してくださるのです(☆-☆)。
(私はひたすら、「ををう、なるほど(☆-☆)、それいいかも♪」「ふん♪ふん♪そんな吹き方もあるんだ、それも面白いかも〜?」「あ〜♪納得♪♪」なんて聞き入っていました(^^)。そしてそのアイデア通りに吹いてみよう、と一生懸命気持ち傾けるのがすごく気持ち良かった〜(> <))

何度か繰り返して合わせるうちにだんだん、と見えてくる形、、出来上がってくる音楽、、、

ぴたっ、と気持ちと心を添わせて吹こう、とするのがとても幸せな時間でした♪

第三楽章、、、細部のタイミングとか、ためるところとか、、、だんだん合ってくるのが快感だったにゃあん(☆-☆)♪



出来によっては、練習場所がなくなった後はカラオケ屋さんででも夜中まででも、と言っていたのですが、どうやら、後は今夜各自個人練習しっかりして、明日の合わせでもう一度練習することにしても良さそう♪♪d(⌒o⌒)b♪、、という訳で、、思いの他早めに今日は解散〜♪

明日までに個人練習、がんばります(☆-☆)/
(後、楽譜の切り貼りもしなくっちゃ♪)

*****

会場のあたりは晩御飯食べるところがほとんどないのが難なのだそうです、、、tama9さんとテクテク歩き回ったのだけど、ほんとに飲み屋さんしかないのだった−−;、、、仕方なしに小さな料理屋さんで晩御飯〜♪♪

tama9さんとお別れして、自分のホテルに着くと、寝るのにはまだかなり早く思える時間でした、、、わ〜、暇だ〜−−;、、、

まずは楽譜を作り直して♪、、うっかり、チェックインの時にホテルの人に「笛吹いていいですか?」なんて聞いてしまって断られてしまったので(聞かないで吹けば良かった−−;)、練習は出来ないので、音なしで指の練習だけちょっとして、、後はシャワー浴びてから携帯から日記書いたり、、

う〜ん、、まだ午後11時半だよ−−;、、、まあ、今日はこのまま眠れそうなくらい疲れてるっぽいし、、、寝るか〜、、、、

*午後11時台に寝るなんて私の生活時間帯ではないことなので、、なんか不思議だったのですが、そのままぐ〜っすり、と朝まで熟睡でした*⌒−⌒*♪楽しい楽しい第一日目が過ぎていきました♪

明日は朝からトラヴェルソのレッスンだよ〜(☆-☆*)ドキドキ、、

★《第二日目♪》に続きます。。。
2006年09月16日(土) No.168 (友人と♪)

"福祉祭り"コンサート♪


*詳しい曲目等を《演奏会の記録》に載せてあります♪d(⌒o⌒)b♪

******ブログより*******


* ̄◇ ̄*いや〜、、、びっくりしましたのら〜、、、* ̄◆ ̄*あ゛〜ん、びっくりした、、でもすっごいいい修行させていただきました(* ̄◆ ̄*)/はぅぅぅぅ♪過ぎてみれば、面白かったかも♪♪

*****

本日は、朝から鶴見区にある老人保健センターにお出かけ♪♪TBさんと二人だけのコンサート、デュエットコンサート、だったのです。

TBさんのお知り合いの方がこの施設の関係者の方なのだそうで、TBさんのウワサきいて依頼してくださったのだそうです。

で、TBさんも私も、何度かさせていただいたことのある、《老人ホームでの訪問コンサート》、、お客様は、おじいさん・おばあさん、だと思い込んでいたのですね、、、TBさんも、いつもそんなコンサートされてるので、特にいろいろリサーチしたりされなかったみたい、、

まず、「ここか?」と思っていた老人ホーム、、ではなく、そこから少し離れた介護老人保健センター、が会場でした。

今日は《ふくしまつり》というのが開かれてるらしく、、花で飾り立てられた看板、にぎやかにテントにお茶とか用意してあって、色とりどりの風船とか、、で、なぜか行き交うのは元気一杯な子ども達、お父さん、お母さん、、、

* ̄◆ ̄*????あれ?これは?なあに??

そうなのです、、入所しておられるおじいさん・おばあさん、のご家族の方対象のお祭りだったのです。。それと、近所の方々対象の、かな、、、とりあえず、、、お客さまの年代が、、想定と違〜う〜@_@;

控え室も何もないので、到着してすぐに演奏、とお聞きしてたので、午前10時半〜開演、、で午前10時過ぎに到着♪玄関でTBさんが待っててくださいました♪d(⌒o⌒)b♪おはようございます〜♪

玄関入ってすぐ左にある小さなお部屋が会場です、、、が、、ちょうど、10時半前までは、小さな子ども達対象に、手遊びの講習会開かれてました。

* ̄◇ ̄;*もう少し違う曲を用意した方が良かったのでは、、、しかも、、ちゃんとこの部屋、ピアノがあるじゃんか〜、、、ピアノ伴奏の曲も出来たのになあ、、しまった−−;

TBさん:「すみません−−;。リサーチ不足でした−−;」、、cherry:「いえいえ* ̄◆ ̄*♪、、ていうか、、お客様、来てくださるんでしょか、、−−;?」

どうやら、前に何度かさせていただいた訪問コンサートのように、施設に入所しておられる方が一同に集まって、そこでさせていただける、のではなく、、お祭り(後から見てまわったら、向かいの部屋ではゲーム、奥の部屋ではバザー、等々ほんとににぎやかなお祭りでした(☆-☆))のイベントの一つ、として、講和室では午前10時半からリコーダーのコンサート、とプログラムにあるだけで、、、お客様は、気の向いた方だけがフラッと入ってこられて、気にいらなければまたフラッと出て行かれる、という形みたい、、、、

ひゃゃゃゃ@_@;、、もっと子どもさんに喜んでもらえる曲もいれればよかった、、もう少しハデな曲も入れればよかった@_@;、、、ていうか、、ほんとにほんとに聞いてませんよぉ、この状況、、* ̄◇ ̄;*

そんな中、鍵盤が持っていけない、ということで、急遽TBさんが見つけてFAXして下さった簡単な二重奏の楽譜から、どれをどの楽器でやるか決めて、、3曲追加することに決めました。

「山の音楽家」
「野ばら」
「マルセリーノの歌」

ふむむん、、、で、客寄せ?に急遽、《ドラえもんの歌》を講和室の入り口付近で演奏することに。
(ちょっぴり恥ずかしかったけど〜* ̄◇ ̄*、、吹き始めたら、通りすがりの子どもが「うわっ(☆-☆)」ってびっくりしてくれて喜んでくれて、ちょっと嬉しかったかも♪d(⌒o⌒)b♪)

さて、、午前10時半です、、、講和室にはだ〜れもいません* ̄◇ ̄*、、、初めての、「お客様ゼロ」のコンサートか?、、と覚悟してたら、表と館内放送でアナウンスしてくださいました。

「皆様、午前10時半から、講和室で、リコーダーのすごい先生方がコンサートをしてくださいます。興味のあられる方はどうぞ講和室へお越しください」

* ̄− ̄;*って、、、えっと、、そのアナウンスは、、どうなんでしょう−"−;???、、JAROに通報されても知りませんにょ、、、

とりあえず、とっても元気そうなおじいさん、おばあさま、子どもさん連れたお父さん、とチラホラ、と3〜4人入ってきてくださいました♪d(⌒o⌒)b♪わ〜い♪

「とりあえず始めましょう♪」

と、、もうこうなったら、心こめて吹く、どころではなく、、−−;、、TBさんと二人で練習してる気分で、サンマルティーニから始めます。。。

お客様、嬉しいことに、リコーダーの音聴いてさらに入ってきてくださいました♪d(⌒o⌒)b♪

客席の半分以上埋まったかな?、、

で、、、でもですね、、やっぱり、途中で出て行ってしまわれる方ももちろんいらっしゃいます┯_┯。最終的に、お二人、いや、三人、か、、出て行ってしまわれたの、覚えてますのにゃ(> <)。。吹きながら、

「あ〜、つまらなかったのですね(> <)、ごめんなさいにゃ〜(> <)」

と申し訳なかったり、、プログラムの選択誤ったか、と後悔したり、、そんな雑念まじって落ち着かない演奏してしまったかも、、、(> <)。今思い返すと、、そんなこと気にしないで、もっと集中して心こめて吹きたかったなあ、、、

でも、一人、一番最初に入ってきてくださったおじいさんがね、、(☆-☆)途中で、フッと席を立たれたので、

「┯_┯、わ〜、この方も帰ってしまうんだ〜」と寂しくなっていたら、帰るんではなく、一番の前の席に移動してきて、座りなおして、じ〜っ、と身を乗り出して聴いてくださったのです。。。うにゃあ、めちゃ嬉しかった〜┯_┯

こういう時の、曲目に関係なく人を惹きつけられるような演奏、、出来るようになりたいです。。

*****

プログラムも半ばになってくると、落ち着かない気分もいつのまにか吹き飛んで、、今、聴いて下さってる方に心こめた演奏をお届けしたい、と心から思えるようになってきておりました。

それでもやっぱり、「退屈されてるかなあ、、曲が悪かったかなあ、、」なんて吹きながら考えてしまったのですが−−;

テナー二本で吹いたグリーンスリーブス、あたりからが一番心残りなく吹けた、、かな?こんな曲で退屈されるんじゃないか(> <)?と考えるのじゃなく、曲の良さを引き出せる演奏すればいいんだ、と考え転換できて、演奏に力入れられた、というのか、、

でもでも、《浜辺の歌》は、、今いちな演奏してしまった〜┯_┯、、、しっかり心こめて歌いたい、と思った分、練習の時の柔らかさが出せないで、気合いだけ入って固い音で吹いてしまいましたん−−;しくしくしくしく、、ごめんなさい。。

一曲一曲終わるごとに、みなさま、拍手してくださるのが、嬉しい半面、どこか申し訳ない気持ちがあって、、、うむ、、自分達で選んだプログラムに自信がなくなってしまった時の私の悪いくせです−−;

でも、そんな風に思いながらも、曲終わるごとに、皆様のお顔見ながらニッコリ、とお辞儀できるようになったのは、私にしては進歩かも?、、優しく、ニッコリ、と微笑み返してくださる方がほとんどで♪ちょびっと嬉しかったかも♪

超簡単な楽譜、とはいえ、本番で初見、ということになってしまった、《山の音楽家》《野ばら》《マルセリーノの歌》、、短いし、ソプラノ二重奏、というほんとに単純な曲なのですが、、
(どっちのパート吹くのか簡単にささやきあったのが意思疎通できてなくて、二人で上のパートを同時に吹いてしまったくらい初見でした* ̄◇ ̄;*うはは。)
これは、吹きながらとっても気持ちよくて(☆-☆)、お互い初見、という緊張感がよかったのかしらん?、、繰り返し記号ないんだけど繰り返す、なんて合図送られて応じたり、、中々スリリングで楽しい経験でした♪ソプラノ二本、だけど、吹きながらハーモニーが綺麗〜、と思えたところもあったし、下パート吹きながらこんなに単純な楽譜でこんなに楽しく思えるなんて〜♪綺麗に聴こえてたら良いのだけどな〜(> <*)

で、最後のレイエのソナタは、、、この曲はもう開き直り、です。。たぶん、ご存知の方はいらっしゃらないであろう、マイナーなバロックの曲、、これはもう、練習の時みたいに思い切りのめりこんで吹くしかないな、みたいな、、

思い切りゆったり、と息吸い込んで吹き出して、、、第一楽章・第二楽章、と吹かせていただきました。繰り返しはしなかった方が良かったかもな〜−−;、、
でも、第二楽章の後半、、、TBさんがノッてこられたのを感じました。すごくエキサイティングな自由な演奏されて、それについてくのが楽しかった〜(☆-☆)、とこれは演奏する側の喜びでした、ごめんなさい。。こういう時、って聴いて下さっている方にはどう聴こえるのだろう?、、やっぱり、演奏しながらエキサイトしている状態、の方が、聴いて楽しい演奏なのかしら、、、うむ、、どうなんだろう、、

皆様、こんな、退屈なハズの曲なのに、じっくり、と聴いててくださって、申し訳ないながら、とっても嬉しかったです。。

ありがとうございましたのにゃ(> <*)

ちょうど時間は午前11時、、30分いただいた時間ぴったり♪に終わりました。この後は《腹話術師》さんが来られる、ということで、すぐに退場〜♪

講和室の一番後ろで楽器をしまっていたら、一番後ろに座って聴いて下さってたおばあさんが、

「楽器は小さな頃からしておられるんですか?」等質問してくださっておしゃべりできたのが嬉しかったのです♪d(⌒o⌒)b♪

ふむ、、、、なんだかあまり「喜んでいただけた」と思えないコンサートだったかも、、でも楽しかったかも、、何より、お客様が演奏の途中で自由に出入りできる、でも奥まった場所、という状態でコンサート、って初めてだったかも?、、もう、あのプレッシャーときたら−−;、、はわはわ、いい修行になりましたのにゃ。

まあ、、TBさんとの二回のリハも楽しかったし♪良い勉強になったし♪♪、、こういう時はもっと開き直って、用意した曲を雑念なく、魅力引き出して吹けるようになりたいなあ、、、

お聴きくださったみなさま、ありがとうございました(> <*)。ほんの少しでも、楽しい一時を過ごしていただけていると良いのですが(> <)

、、、でもやっぱ、知り合いには聴かれたくなかったかも〜* ̄◇ ̄*、、、などとなぜか思うのであった、、−−;
(リハの時は、「みんなに聴いて欲しいな〜(☆-☆)」なんて思えたのになあ、、、−"−、、うう、、)

2006年07月02日(日) No.160 (友人と♪)

TBさんと♪訪問コンサート最終リハ♪


伊丹でのP.A.P.S.本番を終えて、、、下道で43号線を飛ばすと、案外早く大阪市内に入れます♪

午後5時から、の約束なのでアセっていたのですが、午後4時半過ぎにはチェンバロハウスさんに到着♪d(⌒o⌒)b♪よかった〜♪♪

チェンバロハウスさんはほんとに感じのいい素敵なレンタルスペースなのです(☆-☆)。早め着いても、いつも先にお部屋に入れてくださいます。で、ゆっくりと譜面台二台組み立てて楽器出して、と準備しているとTBさんも到着〜♪♪よろしくお願いしますm(..*)m♪

こないだの12日(月)に合わせた曲、、の前にまず、せっかくチェンバロやピアノを弾かせてくださるところなので、TBさんのリコーダーと私がチェンバロ弾いたりピアノ弾いたりして、いろいろ合わせてみました♪

うむ、、あまり今度やるのにいい曲はなかったです、、でも楽しい♪d(⌒o⌒)b♪

そこで、真面目に(?)練習始めることにして、合わせ開始♪

・サンマルティーニのアルトリコーダー二本のためのソナタの第一楽章(有名なやつ、ではないので、これは何番?調は一緒かな?軽やかな気持ちいい曲です〜♪)
・神谷師匠編曲の、神谷さんがいつもストローコンサートでソプラノリコーダーで吹かれる曲、《口笛ポルカ》
 ソプラノ二本でもアルト二本でも吹けるようになっているのですが、今回はアルト二本で♪
・同じく師匠編曲集(?)より、ヘンデル《調子の良い鍛冶屋》‥アルト二本で♪
・同じく   々     、グリーンスリーブス‥‥アルト二本で♪
・同じく   々     、星影さやかに♪‥‥‥アルト二本で♪
・わかめさんの下さった楽譜より、「茶つみ」‥‥ソプラノ(cherry)、アルト(TBさん)、で♪
・      々       、「浜辺の歌」‥‥ソプラノ(cherr)、アルト(TBさん)♪
・レイエの二本のリコーダーのためのソナタ集、より二短調ソナタの第一・第二楽章
 ‥アルト二本で♪

《ふるさと》と《七つの子》は、鍵盤伴奏で良いのがあるらしく、でも今日は持ってくるの忘れられたそうで* ̄◇ ̄*、当日合わせ、ということに〜♪
(*後日、鍵盤楽器を持っていけない(車では会場には近寄れない)ことがわかり、リコーダー二重奏での楽譜探し中です−−;。どなたかお心あたりあったら教えてくださいませ〜┯_┯))

******

TBさん、、、前回の合わせの時からちょっと練習入れられたそうです、、、はい、さすがです* ̄◆ ̄*、、吹きながら、「うっ、こ、これは、、必死で吹かないとついてけない〜(> <)」と、、かなり本気&必死モード、、

特に、サンマルティーニの二重奏ソナタに口笛ポルカ、調子の良い鍛冶屋、レイエのソナタ、あたりが、、はぅ、、私、これも練習しなあかんかったんやんか@_@、、 
 
ただ楽譜を吹いているのではなく(って当たり前ですが、、)、ふんわり、と柔らかく、気持ちよく心に響いてくる音楽、、そんな音、音楽についていこうとすると、一人でレッスンの曲の練習してる時よりももっともっと心こめて、、心も使わないとついていけません。。

でもでも、、、気持ちいい〜(☆-☆)、、なんて充実感感じるんだ〜♪♪

一通り合わせてから、細かなところをもう一度、、後、楽器の編成考えつつ、、

《星影さやかに》はテナー二本で合わせることにしました♪

私、今までね、、アルト二本、とかソプラノとアルト一本ずつ、とか、、、高音部楽器の二重奏だけで、こんなに気持ちよく演奏できるなんて、、「これはもしかして楽しんでいただけるんでは‥」と思える演奏ができるなんて、、想像したことなかったのです。

小学生の頃から、ソプラノの音重ねると音がビービー言うのが嫌いで嫌いで、、(あの時は子どもが吹くのだから仕方なかったのですが、、)、大人になった今でも、あまり、高音部の二重奏、って好きではない、と思い込んでいました。

今回の曲も、「アルト二重奏、よりも、アルトとバス、の方がよくないですか〜?」と、私、箱リコーダーも持っていってたのです。

が、、、一度、アルトとバス、で合わせてもらったのですが、、、アルト二本、の方がきれいにハモルし、なんだか響きが広がって綺麗なのはどうしてなの〜(☆-☆)??

途中、一度だけ「でも、ビービーたまに言って気持ち悪い時が〜* ̄◆ ̄;*」と言うと、「あ^^;、よしっ、それではっ」と、音程合わせモードに入って下さったのかにゃ?それ以降、ビービへー言う瞬間は一度もなかったのです(☆-☆)。。

何より、、、ほんとにアルト二本だけ、とかソプラノとアルト一本ずつ、という少ない編成なのに、、どうしてこんなに響きが広がっていくの〜?(☆-☆)、、なんて気持ちいいんだろう、、高音リコーダー二本だけでこんな演奏できるなんて、、、驚きなのだ、、感激なのだ、、(☆-☆*)

TBさんは、大学時代はグリークラブで鳴らした方なので、その辺のこと、声楽の話して教えてくださいました。ほんとに、心と音が合わさった時、、本来の本数の何倍もの響きが出て、数だけ多いアンサンブルよりはるかに豊かな響きになること、、、

(☆-☆)うん♪、、(☆-☆)うん♪、、めっちゃ、今日、実感させていただきましたのにゃ♪感激しましたのにゃ♪(☆-☆*)♪

そんな話もしてから、最後にもう一度、プログラム全部通してみます、、、通しながら、ふ、と感じたことを口にされるのですが、、

・サンマルティーニのソナタでは、私が一瞬だけ「ここの曲の組み立てはどうしてこうなってるん?−−?」と思いつつ吹いてたところがあって、
「ここだけなんかもたつくねんな〜−−;」、、と的確にそこを指摘されてびっくり〜、、ひゃあ、やっぱり演奏に出てしまってるのですね* ̄◇ ̄;*、、、やっぱ、私、迷うとダメなんだなあ、、−−;

そこは、自分のパートの進行だけ見てるとわかりにくかったのですが、掛け合いであることを意識して、上下のパートを一つの音楽としてとらえると、とっても吹きやすくなりました(☆-☆)♪
(同じようなところが、レイエのソナタにもあって、そこもすぐに指摘されてしまいました^^;。。なんか、、わかりやすい演奏してるんだろか、私、、−−;)

・口笛ポルカ、も吹けば吹くほど、軽やかに吹かれるTBさん(☆-☆)、、それに沿って吹くのの気持ちいいこと〜o(^−^o)(o^−^)o

・《調子の良い鍛冶屋》、は私、要練習、です−−;。がんばらねば♪

そしてそして、今日、一番感激したのが、《浜辺の歌》でした(☆-☆)。

さっき合わせた時も、まあまあ良かったのです、、、が、何か首をかしげておられます、、

「ボク、、、この曲、すっごい好きやねんけどな−−??」と、、

ハッ、として、、(さっきは音楽としてどう吹くか、に気を取られていたので、、)、、

「もう少しゆったりめにして、メロディ出して歌ってみますか?」(私)
「うん、、さっきのでも別に良かってんけど、、まあ、やってみましょう♪」(TBさん)

と、吹いてみたら、、、掛け合いとか細かなこと考えず、ひたすら、旋律が自分のパートに来た時に、心をこめて歌って吹いたら、、、(☆-☆)あらあらあら♪これはもしかして、、すっごくいいんでは、、、(☆-☆*)、、と思える音楽になった気がしました♪d(⌒o⌒)b♪うわわわ、、、感じ方がこんなに変わるんだなあ(☆-☆)、、すごいなあ、、♪

「(☆-☆)いいやんいいやんいいやん〜♪よ〜し、これでいこう〜♪」(TB&cherry)

本番が楽しみ〜o(^−^o)(o^−^)o

・レイエのソナタ、は「これはも〜っともっとゆったり、と吹くんちゃうかな〜?」と言われて、、

で、思い切りゆったり、と吹くとかえって吹きやすい、、吹きにくくなるかと思っていたのですが、、なんて吹きやすく、とらえやすくなることか(☆-☆)♪
(そういえば、3年前、bingoさんと合わせたときも、私の感じるのが速過ぎて、もっとゆったり、と言われた気が〜−−;)

で、第二楽章は、「これはね〜、、ボクも気をつけてるねんけど、、日本人はすぐに《はぁぁぁあ〜(演歌調に)》と吹いてしまうねんけど、、それすると、聴いてる人はしんどいねんよね〜^^;」と、、言われて、またまた、ハッとしました(> <*)。そそそそ、、私、いつもお師匠様に
「もうええって、っていいたくなる吹き方しないこと」「暑苦しく吹かないこと」、、を教えていただくのだった、、、アレ、なのです(☆-☆)。

何もせずにただ感じたままに吹き上げるの、って、、吹く側は楽なのですよね、、でも、それだと、暑苦しい、押し付けがましい音楽になってしまうのです(> <)

ちょっと、体を大きく開いて支えてたもって、、出したいところを少しおさえ気味にして、溜める感じで、、ポーン、と吹く、、と、、吹くの、すごくしんどいのですが、、爽やかな音楽になる気が、、、ていうか、いつもレッスンで教えていただいてるのに〜(> <)

そこに気をつけて第二楽章を通します、、、、♪聴き良い音楽になったかもo(^−^o)(o^−^)o

これ、、、きのうのコンサートの時、忘れてたんでは、とふと心配になったり−−;、、んんんむむむ、、

とりあえず、、《ふるさと》と《七つの子》はまだなのですが、、7月1日(日)の訪問コンサート、、がんばれそうな見通しがついて♪

ふ、と時計見ると、一時間半経っておりました。

「こんなところかな〜?♪ではでは、本番がんばりましょう♪(それまで個人練習がんばりましょう♪)」

と、練習終わり〜♪♪TBさん、ありがとうございました♪d(⌒o⌒)b♪

午後5時〜午後7時まで部屋をお借りしてたので、あと30分あります♪もう、遊ぶような楽譜もなかったし、リコーダーは@_@もう限界です、、というくらい吹いてたので、TBさんに先に帰っていただいて、7時まで、なんとなくチェンバロ弾いて遊びました♪

*それにしても、、よく体力もったものなのですにゃ、、、リハの合間にTBさんが、

「でも、本番の後で練習とは、、体力あるよな〜^^;」と言われたのですが、、、ほんとに、、自分でも、体力的にはもう、何かの限界点を越えてるような気がしてたのですが、、

楽器持って楽譜開いてその前に座ると、、途端に頭も体も、シャキッとなって冴え渡ってくるのを感じるのですね(☆-☆)、、今日、何度もそんな瞬間がありました♪。。。よっぽど、笛吹くのが好きなんですよね、私、、* ̄◆ ̄*〜♪、、と我ながら、、思ったことでした。

******

「あ〜、、始まる前はどんなにしんどいかと思ったけど、、なんだか過ごしてみたら、すっごく楽しくて充実した一日だったなあ(☆-☆)」

と嬉しく、充実感かみしめつつ帰宅、、、家に帰ると、もう8時をまわっていました。

そこから、主人と廻るお寿司を食べにいって、もっかい家に帰ると、9時過ぎ〜♪

せっかくテレビでやってる《TRICK〜劇場版〜》が観たかったのだけど、、、もう限界です−−;、、

もし起きれたら、トラヴェルソも吹きたい、PCつけてメールの返信書いたり日記書いたりレス書いたりしたい、と思いつつ、、、、いったんベッドに入ると、翌日月曜日の朝、仕事に行く時間まで起きれませんでした、、、、

燃え尽きた?がんばった土・日だったかもo(^−^o)(o^−^)o、、、充実した土・日でした♪

これからもがんばるぞ〜♪
2006年06月25日(日) No.159 (友人と♪)

"ほわっと古楽器"コンサート♪


*****この日のブログとほぼ重なりますが、字数制限でブログには書けなかった細々したこともあちこちに書いております〜♪*****



さあっ、いよいよ今日は待ちに待った、、心こめて練習積んできた"ほわっと古楽器シリーズ"コンサート、いよいよ当日(☆−☆)!

朝7時にすっきり起きて(今回は結構よく眠れました♪)お風呂に入って、、入りながら「今日はどんな一日になるかなあ」とか思いつつ、、

準備整えて出発〜♪♪
(一つだけ忘れ物、、、−−;う゛う゛、、デジカメ持って出るのを忘れてしまいましたん、、−−;いつもミルパパに写真撮ってもらうのに、、演奏会ニュースが今回は写真なし、になってしまいますのん┯_┯しくしく、、)



リハーサルは午前9時半からです♪入口のところでちょうどチェロのNさんとバッタリ♪中に入るともうチェンバロのSさんも流離の古楽器吹きさんも用意しておられました♪おはようございます〜♪d(⌒o⌒)b♪

......まず合わせたヴィヴァルディの"フォリア"、、、あれ?なんだかずいぶんとゆっくりだなあ、、そっか、今日はまったり気分なんだね〜、じゃあ合わせますね* ̄◆ ̄*〜、と思いつつ吹いたのですが、どうもそうではなかったようです。。

この時、流離の古楽器吹きさんは「@_@どうしてこんなにみんなテンションが低いんだ〜、テンポが遅すぎる〜」と、同じく「?−−?」と思っておられ、チェロのNさんは「わ〜、なんだか自分、今すごくテンション高くなっちゃってるけどどんどん弾いちゃっていいのかな〜」とおさえておられ、チェンバロのSさんは「本番に備えて気力温存♪」と少し控え気味に弾いておられたのだとか、、人の感じ方、って面白いなあ、と思いました♪

いったん通した後、お互いの気持ちの流通すると、今度はしっかり合ってくるのがまた不思議です♪

さて、、フォリアの後は、ビガリアのソナタを先にしちゃう?と古楽器吹きさんに言っていただいて(いつもさりげなくフォローしてくださってる気がするのだ、、ありがとうございます〜(>_<))、♪d(⌒o⌒)b♪は〜い♪とビガリアのソナタのリハ♪

前回のリハではあまりに突き詰めてやりすぎて反省、だったのと、きのうまでの個人練習である程度覚悟(?)が決まっていたので、
「今日はサラッと流す程度でお願いします〜♪」とまず宣言?* ̄◆ ̄*

「^^;そうしましょうね〜、こないだはなんかみんなでおかしかったよね♪」とNさんもSさんもニコニコと応じて下さって、「やっぱりあのリハはヘンだったのか* ̄◆ ̄*」と再認識〜^^;あはは。。

でもでも、、今日は本番前ですが、、お願いしたいことがあったのです* ̄◆ ̄*。あれから二週間、ほぼ毎日吹くうちに、繰り返しの後の装飾がどうのこうの、という気持ちがゼロになって(なんでそんな小さなことが気になっていたのか−−?)、どんどん吹いてると、どうしても、前のリハで《繰り返しなし》でお願いした第2楽章と第4楽章が、繰り返しもいれて吹きたくてたまらなくなっていたのです。。

「本番当日に繰り返しとかの変更はありですか〜?* ̄◇ ̄;*」とやっぱり繰り返しもしたい、とお願いしてみると、Nさんが「をを♪それはまた積極的な♪」とニコッとして下さってお二人とも快く楽譜に書き込んでくださいました♪d(⌒o⌒)b♪それで嬉しくなってやる気がさらに増していくcherry〜♪♪

サラッと通して、、普通、本番、って一人で練習してる時よりも緊張して、吹きにくいというイメージなのですが、ををを(☆−☆)、このシッカリ、と下から支えていただく安心感・心地良さといったら、、やっぱりプロの方ってすごいなあ、と改めて思いました。

続けて、古楽器吹きさんのソロソナタ達やファルコニエッリのフォリア、Nさんのチェロソナタ、Sさんのチェンバロ独奏、そしてアンコール曲の合わせ、、アっという間に開場時間に〜、、




これは、いつも心づくしの差し入れをして下さるうつみんさんが下さったとっても可愛いお花です♪d(⌒o⌒)b♪

うつみんさん、いつもありがとうございます┯_┯。

午前11時半に開場して、、私達4人はいったんお店の外に出て、ミスタードーナツで軽食食べつつおしゃべりしたり精神統一したり、、しておりました。

午後1時半開演!なので、1時前にお店に戻ると、mixiやこのブログでお世話になっている一気通貫さんが来て下さっていました(☆-☆)♪わ〜わ〜♪マスターに「あの方が○○さんですか?」とお聞きして、、、奥様と一番前の席に座っていらっしゃいました♪

遠いところからわざわざいらして下さったのです(>_<*)。もう有り難くて嬉しくて、、でもちょびっと緊張したりして、、なのです〜* ̄◆ ̄*♪

一気通貫さん、本当にありがとうございました♪お会いできたこと、おしゃべりさせていただけたこと、奥様にもご挨拶させていただけたこと、そして、、私の拙い演奏を聴いていただけたこと、、とってもとっても嬉しかったです。ありがとうございます(>_<*)。
実はもっとゆっくりおしゃべりもさせていただきたかったのですにゃ。今度機会がありましたらぜひ〜♪d(⌒o⌒)b♪

5月にチェンバロハウスさんで一緒に遊んでいただいた、しましまふわりすさんやK原さん(K原さんは10日のKiKiコンサートにも来て下さってたのです〜♪ありがとうございます(>_<))、もうお一人、同じリコーダーアンサンブルの○○さん、も来て下さいました(☆−☆)。うわわん、感激、、ありがとうございますのにゃ〜(>_<)

またお会いできて嬉しい〜♪o(^−^o)(o^−^)oと手を取り合っておしゃべり♪♪

きのう、「急に予定が空いて、コンサート行けるようになったから行くね〜♪」とメールくださったKiKiのyえさんも〜♪♪来て下さって、お顔見て、急に緊張が溶けていくような安心感に包まれたりして♪d(⌒o⌒)b♪るんるん♪

名古屋から流離の古楽器吹きさんのお弟子さんやお友達も何人もいらしてました(☆−☆)。

うつみんさんと同じアルモニコメンバーのkazuさまも〜♪来て下さいましたのにゃ(>_<)、ありがとうございます(>_<)

あと、チェンバロのSさんのお弟子さん達、、等々、、お客様のお顔見てると、嬉しいのと、「果たしてしっかり演奏できるのか(>_<)」という緊張感と、、本番前独特の大好きな気持ちが高まっていきます。(今日は生まれて初めてソロソナタ吹かせていただく、ということでかなり緊張感のが大きかったかも−−;)。

今日は後から後悔しないでいいように、、皆様にご挨拶してまわったら、この方達に聴いていただける(☆−☆)、という嬉しい気持ちが高まって、がんばろう♪ってかなりテンションあがってきた気がしました♪(もちろん胸の動悸も高まっておるわけです、、、ふわふわしまりすさんが、着替えて髪とかして歩いてきた私に、ふっ、と「cherryさん、顔がちょっぴりこわばってますよ〜^^;」と声かけて下さって、ハッとしたり^^;えへ♪)

仕事が長引いて、今日は行けないかもしれない┯_┯、と悲しいメールを入れてきてた主人も、かなり仕事無理してくれたらしく、開始前に間に合って来てくれました♪d(⌒o⌒)b♪やった〜♪♪



〜〜コンサートの曲目等は《演奏会の記録》にアップしております。見てくださいね♪〜〜

本番、というのはいつもそうですが、、思いがけずアッサリ始まって、、そしてアッという間に終わってしまうのですね。。でも、今日は、どの曲も結構必死だったせいか、、結構、《今、吹いてる、合わせている♪聴いていただいている〜♪》という実感と吹き終わった感慨?でいっぱい、、アッという間に終わった、というよりは《あ〜、終わった、、がんばった(>_<*)。。がんばれた?♪d(⌒o⌒)b♪》という充実感に包まれた気が、、しています。実際に聴いて下さった方にどう届いていたのか、はわからないのですが(>_<)

オープニング、、流離の古楽器吹きさんの軽い挨拶の後、すぐに始めた《ファルコニエッリ》の《フォリア》、、きつい吹き方してしまったかも、なのですが、、わたしなりにかなりのめりこんで吹けたつもりなのですにゃ、、

流離の古楽器吹きさん、練習する暇がない、ない、と言いながら、どのコンサートでも、本番で一番素敵な演奏されるのがすごい、いつもちゃ〜んと本番ではツボおさえた演奏される、ちゃんとそこに持っていかれる、というのはやっぱりすごい方だなあ、と思いますのにゃ(☆−☆)。

今日も、ソロソナタ、どれも素敵でした♪(個々の曲や楽器についてのちょびっと詳しい解説等も《演奏会の記録》に書いておりますので、、のぞいていただけると嬉しいです〜♪)

Sさんの弾かれたチェンバロの小品も、すっごく楽しそうに弾かれるのが印象的で、うっとりするうちにアッという間に終わってしまった気がしました。

そしてそして(☆−☆)、わたしがビガリアのソナタ吹く直前に弾いて下さったN友さんのチェロソナタ〜♪♪

うっとりりん、、その前から、フォリアで最初に出番が終わって、次の出(後半になります、ビガリアのソナタです(>_<))を待つ間から他のプログラム聴いては、その音楽に自然にウットリ、と身も心もゆだねる感じで、
「あれこれ思い悩むのやめよう、、今はここに満ちてる音楽に身も心もゆだねて、、そんな中で吹かせていただこう(☆−☆)」と思っていたのですが、N友さんのチェロソナタ聴いてたら、この後すぐに出番、というドキドキも忘れてしまうくらい、N友さんの音楽の世界に惹き込まれて、雑念忘れてしまいました♪

そしてその気分のまま、、かなり集中したまま吹けたような気がする、、ドキドキのビガリアのソナタ、、、流離の古楽器吹きさんが、さりげなく、緊張感の取れる気取らない紹介してくださって、ふふ♪とか笑ってたら、さらにリラックス〜♪
(あれはもしかしたら、私の気持ちほぐす狙いもあってしゃべってくださった内容かも* ̄◆ ̄*♪と思っているのですが、、*⌒−⌒*♪)

吹き始めて、まず一安心* ̄◆ ̄*♪?、、自分の演奏が出来そうな気がする、、そのまま集中して吹けそうな気がした、、

この時、今までにないくらい、N友さんやSさんの実力、というのか、揺らがない通奏低音、どんどん支えて押し上げて気持ちを集中させて下さる、そんなお二人と合わせていただいてることに、今流れてくる低音に、、すごい頼もしさを感じて、暖か〜な嬉しい思いに包まれて吹かせていただいておりました。

第三楽章をね、第二楽章のテンションおさえて、ゆったり、とメヌエットらしく吹きたかったのですね、、呼吸も気持ちも、、
そう思ってたので、第二楽章の後、呼吸と心をメヌエット用に?整えて吹きだしたら、リハでは「メヌエットなのでもう少し速く感じてるんです〜」と速めに合わせていただいてたのに結構ゆったり、と吹き出しておりました。。
永友さんが一瞬、あ、とこっちを見てくださったのもわかったのだけど、ゆったり吹きたい気分で、、そのまま合わせていただいてしまいましたん、、でも、お二人ともちゃ〜んと私の吹きたい気持ちにぴったり、と寄り添って合わせてくださったのです(☆-☆)、、ご苦労おかけしてすみませんのにゃ−−;。
でもでも、ほんとに吹いてて幸せでたまりませんでした♪
(後でお聞きすると、あの時一瞬「これは誰のせいで遅くなったのか?」と思って顔見てくださったそう。もし、私がもっと速く吹きたい、と感じていたら、そこで修正してくださったのだろな、、プロの方、って、永友さん、澤さんって素敵、と思ってしまいました(^^*))

。。。。正直に言うと、、今日のビガリアのソナタ、、、あれ以上の演奏は、今の私では出来ません−−;、、、それは、決して、良い演奏、ベストの演奏が出来た、という意味ではなく、、もっと余裕持って吹きたい、、ほんとは、お師匠様がいつも聴かせてくださるような、もっと暖かな音楽、そ〜っとくすぐるような音楽、、そんなんを奏でてみたい、、もう少し別の演奏が出来たかも、等々思うのですが、、いや〜、、やっぱり、白状すると、あの本番、という状況でする演奏、、今の私ではあれが限界です、、必死でした、、(ちょっとカッチリ、そして暑苦しく吹きすぎてしまった気もするのですが)

何より、N友さん、Sさん、としっかり本番でも呼吸合わせたアンサンブル出来た気がするのが嬉しくて♪(気のせいかもしれませんが。。)

それだけに、、客観的な出来はともかくとして、、、自分的にはとても充実感感じさせていただいて、、一歩前進できたような気がしています。

その後吹かれた、古楽器吹きさんの、ウィンナオーボエのソロソナタ、古楽器吹きさんの吹くウィンナオーボエの奏でる音、音楽、リハの頃からず〜っと「いいなあ(☆−☆)」と思っていたのですが、やっぱり、そんな中でも本番が一番♪素敵な演奏されます。このあたりが、プロとアマの違いだなあ、と、、そんなこと思いながら聴いておりました♪

そして最後に、ヴィヴァルディの「フォリア」を全員で〜♪♪

このフォリア、、気持ち・テンションがぴったり揃った気がしました。それだけに、もしかしたら、客観的にはどうだったか、わからないのですが、、

最初のリハの時から、今回はなぜか迷いなく、「合わそう」と無理に思うのでなく、自然に、自分の吹きたい音楽吹きながらぴったり合っていく気がしたアンサンブル、、本番でもそのまま普通に、むしろ本番ならでは、のテンションで♪合わせられたのが嬉しかった〜♪♪少しでもお客様にもそれが届いてましたように、、、

アンコールいただいて、古楽器吹きさん編曲のカッチーニのアヴェ・マリア、をまたまた4人で演奏させていただきました♪

チェロのゆったりした旋律、リコーダーとオーボエも旋律とオブリガートを次々に吹いて、チェンバロがキラキラ和音弾いてくれて、、とっても美しい曲なのです(☆-☆)。本番いれても3回目?という少ない合わせだったのですが、、本番が一番キレイに、気持ちもノッて♪出来たかもo(^−^o)(o^−^)o

暖かい拍手いただいて、、、とうとう、こんなに準備してきたコンサート、、終りです〜。。終わっちゃった、、、


〜ここでちょっと、《演奏会の記録》から引用です〜
 
練習して練習して、、、それでも本番ではやはり思うように吹けないところもありますが、、それよりも、練習積んだ成果?も感じさせていだたけました。
(ビガリアのソナタの第4楽章の繰り返し前のあたりでね、「指がもつれる〜@_@)と思った箇所があったのです、、が、、出てきた音は楽譜通りの音、、だったのです(☆-☆)。二回も♪
頭で考えられなくても指が勝手に動いてくれてる。。。あ♪これが、神谷さんがいつも教えて下さってる
「指にまかせて」という状態なのかしらん、、なんて、本番で経験できて嬉しかった〜♪のですにゃ♪もちろん、他でちょっと納得できない申し訳ないところがありましたが、そこは練習の時からやはりまだ未完成、というところだったので、、ほんとに練習、って大切なのだ〜(☆-☆))

何より、信頼しあう(?私の場合はサポートしていただいてるのですが)仲間とのアンサンブル、それを今、出来ている、という心地良さ、、もしかして、聴いて下さってる方にもちゃんと伝わっているかも♪と思える喜び、、そんなものを感じたコンサートでした♪

〜〜〜




今回、「そろそろ、ソロソナタにも挑戦してみたら〜^^♪」と、ソロソナタに挑戦させて下さった流離の古楽器さんに、まず、お礼言いたいのですにゃ♪

流離の古楽器吹きさん、ほんとにほんとに、ありがとうございます〜♪d(⌒o⌒)b♪いろんな意味でとっても良い経験積ませていただきました(> <*)。
そして、一緒に合わせてくださった、Sさん、N友さん、、(☆-☆)ほんとに感激の時間でした。ありがとうございました(>_<*)♪

そして、そして、もちろん!!聴いて下さったみなさま〜♪(☆-☆)!ありがとうございましたのにゃ(>_<)。

いつも、いつもコンサートのたびに思います。こうして、来て下さって、暖かく聴いて下さる、、そんな皆様のおかげで、吹かせていただけるのだなあ、と。。。どうやってこのご恩に報いたらいいのだろう(> <)、って、、

もっと精進して、次は「あ♪前回からずいぶんがんばったな♪」なんて思っていただける演奏目指してがんばりますので、、また、良かったら聴きにきてくださいませ〜♪♪ほんとにありがとうございました♪

*ふわふわしまりすさんはじめ、K原さん、○○さん、がとても暖かな笑顔で「良かったよ〜」っておっしゃって下さって、すっごく嬉しくホッとなったのです。。
yえさんはとても嬉しそうに「良かったよ〜、私、嬉しかったわぁ♪」とおっしゃって下さって、こないだのKiKiのコンサートの時も、私が慣れない司会(曲の説明)したのを「とっても落ち着いていて、私、誇らしいような気がしたのよ〜♪(*^^*)」っておっしゃって下さって嬉しかったのですが、今日も♪
「なんだか、聴いてると嬉しくてね♪」って言ってくださったのが、なんか自分の肉親に誉めていただいたような安心感と嬉しさで、、、とっても嬉しかったのです〜♪(それだけに、もしかすると甘い基準で聴いてくださったのかも〜* ̄◆ ̄*〜♪)

うつみんさん、kazuさまとは、演奏後の食事、ということで隣り合わせでお好み焼き食べれたし♪d(⌒o⌒)b♪

一気通貫さんも(> <)、遠いところを、ほんとにほんとにありがとうございました♪
「楽しかったです(^^*)。来て良かったです♪」とニッコリおっしゃってくださったのが嬉しくて┯_┯、(気休めだったのかもしれませんが(> <))、、ほんとに嬉しかったのです。ありがとうございました♪

みなさま、ほんとにありがとうございました♪♪



帰ると、くったり心地良い疲労感、、、さぞぐっすり眠れるだろう、と思ったのですが、思いの他−"−、、脳が興奮しているのか?、、、いつまで横になっても眠れない、、そんな夜でした。。

つい、ロードオブザリングなど観てしまいましたよ、、* ̄◆ ̄*〜♪
2006年06月24日(土) No.157 (友人と♪)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14][15]