Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



守安功先生レッスン♪


これはレッスン日記の方に書く話題なのかも?と思いつつこちらにも♪(レッスン日記にもまた改めて書きます♪)

この日は9月に初めてレッスンしていただいた守安功さんに2回目にレッスンしていただけた日でした。

せいあいパイパーズ&せいあいバロックでいつも一緒に吹いている小栗さんも今回は参加され、いつもお世話になっているれおんはるこさんやそのお友達で前に守安先生のレッスン受けておられたUさんも参加されることに。

アイルランドのバロック音楽をアイリッシュフルートのつもりでトラヴェルソでたくさん吹かせていただいたり、リコーダーでイングリッシュグラウンドをたっぷり教えていただいたり。個人でソロで見ていただいたり全員で合奏したり。

目からウロコなことばかり、音楽する楽しさをまたまた何倍にもしていただいたり、今までと意識を180度変えていただいたりすごく納得のアドヴァイスをたくさんいただいたり。

ととてもパワフルでエキサイティングな刺激をいただいた一日でした。この一日でずいぶんと自分の音楽が変わったような気がして嬉しくなった一日でした。楽しかった〜♪
2014年11月06日(木) No.440 (グループレッスン)

KiKiグループレッスン♪


練習日記と同時書き込みです♪

お仕事休み日ですが、KiKiのみんなでアンリュウリコーダーギャラリーさんにうかがって、秋山先生にリコーダーアンサンブルのグループレッスンをしていただく日でした♪

朝は早起き〜♪息子を送っていき、、その時点で1時間しか寝れていなかったので−−;、フラフラ、と帰ってきて朝ご飯食べてから二度寝、、

実はこの日、前回の秋山先生のレッスンの後、今日のレッスンまで、集まって練習できる日がなく、

「じゃあ、15日のレッスンの前の時間は?」「あ、それいいかも♪」「そうしましょうそうしましょう♪」

ということを決めておりました。先月、秋山先生のおうちを出たところで4人でそんな相談をして、わざわざ秋山先生のところに戻り、アンリュウリコーダーギャラリーさん、午前中は空いておられるかどうか尋ねたみたのでした。

それを−"−;、、、なんと、、どうしてなのか、、あろうことか、綺麗サッパリと忘れてしまっていたんです−"−;、、、私のアホ〜、、

おとといあたりに「レッスンは〜、、2時45分からだったよな〜♪」と手帳見て確認♪

前日ゆうべにはOさんが「明日はよろしく〜♪練習がんばらないとと思っています。」ってメールくださったのに、「2時45分からですよね♪ちゃんと行きますよ〜(^^)」と思い(メールいただいてるのに気がついたのが夜遅くで、携帯に返信するのには遅すぎたので返信は出来なかったのでした)。。。

で、この朝も「2時45分、、ということは〜、、1時まで寝れる〜♪フフフフフフ* ̄◆ ̄*♪」と嬉しくベッドにもぐりこんだのでした。。

ほんとはね、、午前11時集合、って約束していたんじゃないか〜、、どうして忘れきっていたのでしょう、私、、−"−;

1時に目覚ましかけてかなりぐっすり寝ていたのですが、途中、2回、友人フォルダのどなたかから携帯にお電話〜♪(携帯の電話帳、友達フォルダに入っている方からの電話は"フレンズ"が鳴ります♪)

「なんか、、鳴ってる−−?、、誰だろう?」とウトウト思った記憶はあるのですが、目を覚めして電話に出るまでにはいたらず、、

で、午後0時過ぎ、、少し意識が戻ってきて、「さっきの電話って誰かなあ、、気になるなあ、、、、、、、、」と寝ながら考えていて、、ハッ* ̄◇ ̄*!!!!と気がついたのでした。

まさか、、まさか、、今日は確かこの前、朝から集まって練習する、って約束したんだったんでは?、、、うぎゃあああ〜、、うわあああああ、、ごめんなさい(>_<)

即、ビクッと飛び起きて電話見たらば、着信はやっぱりOさん&竹山さん〜。きゃああ、ごめんなさい(>_<)

即、Oさんに電話、、すると、いつもながらニコニコ優しい笑い声で応答してくださいます、、ううう、ごめんなさいごめんなさい(>_<)

ここでびっくり、、にゃんと、yえさんも午前中の練習のこと、きれいさっぱり忘れておられて、今までS部さんとOさんのお二人でじっくり練習されてたのだとか、、

大丈夫だから、2時45分のレッスンに間に合うように来てね〜♪と優しく言っていただき、、うう、ほんとにごめんなさい(>_<)。で、yえさ〜ん┯_┯、、仲間がいて嬉しい、、二人もいないなんて申し訳ないけど、、ちょっと、ホッとしたりもしておりました^^;

*****

ギョ!としたら完全に目が覚めたのでそのまま起きて準備〜♪かなり時間に余裕もって出たのですが、今度はお腹が痛くて−−;、、む〜、今週、お腹が痛いのです、、まさかミルパパの何かが伝染ったのでは−−?

なんとかアンリュウさんに到着♪S部さん、Oさん、少し早く着いておられたyさん、と笑顔で迎えて下さります。うう、ごめんなさい〜(>_<)。そしてそして、いつもありがとうございます♪

S部さんは、「同じことしてくれて嬉しい♪」と心からの笑顔でおっしゃって下さります。Oさんも♪

そういえば、前にお二人とも同じことされた日があったような?、、、良かった良かった(^^;)ほっ♪

と楽しくおしゃべりするうちに、レッスンの時間〜♪秋山先生のところへ♪


〜レッスン〜

もう今日でレッスンは終わり。次は5/6の発表会本番です。細かな事務連絡(リハの時間等)の打ち合わせもしたり、プログラムの順番が決まったり、、ドキドキ〜o(^^*)o

で、今日も楽しくそしてうんと参考になるレッスン、していただきました♪

*一曲目*** フーガ c-moll (バッハ)

これは最初合わせた時から、前回のレッスン時よりもピタリと合って感じられ、自由に歌えた気のした曲♪

先生にもお褒めいただきました♪d(⌒o⌒)b♪

ただ、なんだか全員息があがってしんどそう、と、、、ドキッ、、確かに、、なんだか息がうわずっていたような、、どっしり感がないような、、指摘していただいた初めて自分で気がつきます^^;

原因は、ドキドキして吹くから、というか、「これでいいかなこれでいいかな?」みたいな精神状態で吹くから〜。

どっしり、と構えて、、うんとゆったり朗々と歌う気持ちで、、、テーマもかけあうところももっともっと歌って、、

どんどん、どんどん、とのびやかに吹けるようになってきて、吹いてて気持ちの良いこと♪心地良く疲れること〜♪

二回目、吹き終えるとクタクタになっていました(^^)♪なかなかいい出来かも♪d(⌒o⌒)b♪?

*この曲は、どこがどう、ではなくとにかく曲へのアプローチをしっかり考えること♪


*2曲目*** When Shall the SunShine(レーンフーツ編)♪

一回目、ノリノリで吹けた♪と思ったのですが、なんと、全然揃ってなくてバラバラ、うるさい、とのご指摘〜* ̄◇ ̄*きゃ〜、、

「皆さん、自我に目覚めてこられたから^^;。目覚めてそれぞれ好きに吹きすぎ〜♪」と^^;

自由に吹こうとしすぎてたかも^^;

で、この曲はもうひたすらに脱力、、ジャズっぽく〜、なんていつのまにか力んでしまっていたので、とにかく脱力〜、、すると不思議に合うんです(☆−☆)。そしてジャズの雰囲気、煙草の煙のたゆたうような、お酒の場のような、、雰囲気になる〜(☆−☆)♪面白いなあ♪

またまた、フランス物に通じるお話もしていただいて、そういえばオトテールのレッスンでも、ひたすら力抜くように言われるっけ♪とまたまたピン♪ときて嬉しくなったり(^^)♪

力抜いて抜いて、、ジャズの力の抜き方、って慣れてない分難しいかも、、すぐに力むというか朗々と歌おうとするというか、、バッハとは全く逆、別の吹き方するので、曲と曲の間の切り替えが難しいかも、と切り替え方の相談して笑い転げたり〜♪


*3曲目** "わたしのお父さん" (積志さん編)

前回のレッスンでいただいたアドヴァイスに添い、うんと自由にソプラノは歌わせていただきます(^^)。揺れて揺れて、走ったりのばしたり、頂上で留まったり♪まるで何回も合わせたみたいにピタリ、と合う4人〜(☆−☆)♪気持ちいい〜♪

プッチーニならでは、な雰囲気になるコツを教えていただいたり、息継ぎの場所を相談したり♪これもいい感じに仕上がってきたかも♪d(⌒o⌒)b♪


等々、、た〜くさんアドヴァイスいただいて、笑いつつ吹きつつ、、楽しいレッスン時間は過ぎていきました。

終わった後はお茶タイム〜♪コーヒーいただきつつ、少しだけおしゃべり♪

今日はほんとにごめんなさいでした(>_<)。yえさんもOさんからの電話受けたとき、

「今、どこ〜?」って聞かれたのでびっくりして、

「どこ?って、、、家に決まってるじゃない〜^^;、、、、、^^;、、、^^?、、、、!!!!* ̄◇ ̄*!!」

となられた話うかがって嬉しくなったり(^^;)♪

KiKiメンバーだけで、直前にもう1回集まって練習しよう♪と相談して(今度は忘れません〜♪)から解散、です。

今日はほんとにごめんなさい。そしてありがとうございました♪d(⌒o⌒)b♪

*帰りは某様にいただいたギリシャ旅行のおみやげ、ピスタチオを食べつつ帰宅〜。めっちゃ美味しかったです(☆−☆)♪


2008年04月15日(火) No.232 (グループレッスン)

KiKiレッスン&譜面台ケース♪


*練習日記の前半と同じ書き込みです*


5月6日にあるプチコンサート(秋山先生門下のアンサンブル団体の集う発表会〜♪)、、に向けて、、アンサンブル"KiKi"の4人で、秋山先生のおうちにうかがってグループレッスンしていただく日でした♪♪

朝は、その前にまず、、早起きして息子を送っていきます♪

かなり早い時間=帰ってから出かける前にもう一眠りできる、なので、仕事休み日の朝早い送っていくのは大歓迎〜♪

帰ってきて、、まだ眠くてたまらず、またまたグッスリ、、* ̄◆ ̄*♪それでも目覚ましかけた時間の30分前にはスッキリ、と目が覚めました。

今日のレッスンは午後2時から〜♪今日は!初めて迷わないで、秋山さんのおうちにたどりつけた気が(☆−☆)♪フフフフ* ̄◆ ̄*♪迷わないで着けるとなんと、我が家から一時間かからないこと発見〜♪

珍しく時間が余ったので、車の中で少し時間をつぶしてから、「皆様もう来ておられるのだろうか−−?わたしは30分前からここにいるけど、、もしそれより前に来ておられるとしたら、、」と、心配になり、15分前にチャイム鳴らして入れていただいてしまいました。早めだったのに、、ごめんなさい。
(でもそのおかげで、可愛い可愛いワンコわんと遊べて、可愛い&楽しかった〜♪d(⌒o⌒)b♪)

ほんとに珍しく私が一番に到着していたのでした。皆様、5分ほどあとに到着♪こんにちは〜♪d(⌒o⌒)b♪

ここで!レッスンの前に(☆−☆)、、こないだ、S部さんが私のために作ってくださった、譜面台ケースを下さいました(☆−☆)、、うるうる、、なんて嬉しいのでしょう、、うるうる、、大感激、、ありがとうございます(>_<)



るんるんるんるんo(^-^o)(o^-^)o上の三枚の写真が拡大図です(^^*)♪

私が猫の"ダヤン"好きなのを知ってくださっていて、そのダヤンに少し似せて彫ってくださった猫、、しかもちゃ〜んとリコーダーを手に持って掲げている可愛らしいにゃんこ、、なんて嬉しい模様彫ってくださるのでしょう、、、それに細部の作りの細やか・丁寧でしっかりしていること、、



嬉しくて嬉しくて、あちこちの日記に書いているのですが^^;、ファスナーの取っ手には、名前入り〜♪(裏側はちゃんと苗字が彫ってあり、フルネーム入れて下さっています(☆-☆))

うるうる、、S部さん、ほんとにほんとに、、ありがとうございます(>_<)。大切にします〜♪♪

*KiKiが出来てすぐの頃に4人お揃いで作って下さった譜面挟み兼譜面隠し、、↓



これもとっても素敵な自慢のアイテムなのですが(^^)、これの色が確か、今日いただいた譜面台ケースの猫にゃん部分と同じ生成りの皮の色でした。

革は年が経てば経つほど、良い色になってくるので、、と生の色で作って下さったのでした。今、こうやって見比べてみると、、(☆-☆)ほんとに♪少し飴色っぽく、よい色になってきている気が♪

あれからたくさん一緒に吹かせていただいた時間やコンサート、、そんないろんなことを思い出して、ふと嬉しくなっていました。この譜面台挟みをいただいた時に、

「これの色がうんと変わっていい色になって、、それまでずっと一緒に吹けるように」っていう願いもこめて、、いただいたのを覚えています(^^)。ちゃんと色が変わってきてるなあ、、なんて♪

この色がもっともっと飴色になるまで、、そして、今日いただいたケースの猫ちゃんがどんどん深みのある飴色になるまで、、ずっと一緒に吹けていますように♪♪(^^*)

*****

そして、レッスン〜♪♪今日は秋山先生の愛犬ボビーワンがずっと同じ部屋で聴いていてくれました(^^)。4人にちょうど囲まれた形の足元でぐっすり寝たり、座ってみたり、一人一人のところに遊びに来てくれて、手をかけてのびあがってきてくれたり♪

うう、めちゃ可愛い〜*⌒m⌒*♪♪背中の模様が、シェルティというより、何か他の可愛らしい動物を思い出させる気がしてずっと考えていたのですが、、さっき、思い当たりました。ボビーわん、背中がなんとな〜くスカンク模様なんです。それがまた一段と可愛い原因なんだ〜♪♪

見ていただいたのは、

・バッハ "フーガ c-moll"(積志RQさん・baccoreさん編曲)
・When Shall the SunShine? (ルッキ・レーンフーツ編曲)
・わたしのお父さん (積志RQさん・Sさん編曲)
・カヴァレリアルスティカーナより (藤田隆先生編曲)

です♪d(⌒o⌒)b♪

フーガはまず、みっちりじっくりと、、そして、まず原型をカッチリと仕上げていだたいたあとは、バッハだからといって真面目に吹く必要はないこと、リコーダーアンサンブルならでは、の聴いていただいて楽しい吹き方出来ることを教えていただき、嬉しく楽しく吹けるようになった気がします。

もっと歌えるところ、逆に抑えた方が効果的なところ、そこから盛り上げていって、終止形は結構大げさに〜、、等々、細かく細かく見ていただきました。

前回見ていただいた時よりずいぶんと良い感じに吹ける気が〜♪d(⌒o⌒)b♪


・When shall… は、ジャズでも活躍しておられる秋山先生ならでは、な、ジャズの乗り方、感じかた、歌い方、等、いろ〜んな比喩・例えをしていただきつつ、笑い転げつつ、ドキッと突っ込んでいただきつつ、教えていただきました。

「皆さん、根が健康だから* ̄◆ ̄*」(秋山先生談)と言われてしまう私達、、、つい、つい、ノッてくると健康的に跳ねてしまったり、朗々と歌ってしまったり* ̄◇ ̄;

そこをなんとか、ジャズの退廃的?な雰囲気で吹けるように、歌えるように、、煙草をくゆらせて、ウィスキーのイッパイも飲みたくなるような雰囲気が出るように、、と、ゆっくりで練習させていただいたりあれこれあれこれ、、

難しいのですが、ほんの少しでもコレ、出来たかも♪と思えると、、めちゃめちゃ楽しい&面白いです*⌒m⌒*。ハマりそうかも♪♪

教えていただいて歌っていただいて、リズム部分を手で拍子取っていただくと、不思議に私達でもなんとな〜くジャズっぽく出来る気がします。乗せていただいて、ズーダズーダズーダズーダ、と吹けると、同じ音型なのに跳ねないで地を這う感じで吹けるのが面白い&気持ちいい〜(☆−☆)、、

と、少しずつ形になりつつある"When Shall…"なのでした♪

ここまでで、レッスンの時間はほとんど過ぎている気がして、ここで小休憩、、おみやげ話等々たくさん聞かせてくださいました♪

なんとなく、ここでレッスンも終わりのような気がして、いったんは気が緩んでいたのですが、、あと二曲、合間に吹く小休止?用の軽い曲を選んでいただかなくてはなりません。

で、"わたしのお父さん"と"カヴァレリア…"を、アドヴァイスいただきながら両方、聴いて&教えていただきました。

・"わたしのお父さん"は、、吹きながら、どうしてもその場に固まっているような、どうしても進んでいない不自由さを感じながら吹いていたのですが、もっと自由に揺らして、テンポは速めにしたらどう?とアドヴァイスしていただいて、その通りに振っていただいて吹くと、なんと乗りやすくて吹きやすい、歌いやすいこと〜♪

・カヴァレリア…、は逆に、「それ、吹くんやったらテンポ、倍ですよ^^;」と指摘いただきました、、そうやったんや−−;

で、もっと落ち着いたテンポでゆっくりゆっくり、、ひたすら美しく歌う、、、こっちも、このテンポのが吹きやすいかも(☆−☆)

私のソプラノがそろそろ限界で、かなり固い音でしか吹けないのが残念でたまらず、、なんとか柔らかく、、と苦闘してみたのですが、上手く吹けませんでした−−;

一応、"わたしのお父さん"採用〜♪♪で、最後にもう一度見ていただいてアドヴァイスいただいて、、、

コンサート前にあと1回、レッスンしていただいて、そしたらいよいよコンサートです〜♪o(^−^o)(o^−^)o

今日一日でずいぶんと形になってきたような気がします。

それにしても、アンサンブルのみんなで教えていただきながら、その通りにしよう、と必死で感性研ぎ澄ませる時間、、好きでたまりません。

私は、せいあい吹笛隊やこないだのALKアンサンブル(^^)、そして西日本点在アンサンブルのように、前日にいきなりパパッと合わせて、緊張感漂ううちに、それぞれの力量&感性精一杯のところで勝負♪アンサンブル本番♪というのも死ぬほど大好き♪ほんとに好きで好きでたまらないのですが、
逆に、KiKiのように、じっくりじっくり、何ヶ月もかけて熟成させていく、という形も全く違う意味で楽しい、別の深い喜び・楽しさを感じます。(去年は西日本点在アンサンブルでもそちらの喜びも感じられて嬉しかったのでした♪)

どちらの形も、、楽しい楽しい思いを味合わせていただけて、ほんとに幸せだなあ、恵まれているなあ、と改めて感じたレッスンでした(^^)

秋山先生、そしてKiKiメンバーの皆様、今日もありがとうございました♪そしてS部さん、素敵な素敵なケースをありがとうございます。大切に、、ケースだけでなく、作ってくださるS部さんやメンバーとの関係も、、大切に、ず〜っと大切にできるといいなあ、と思いました。ありがとうございます♪

*****

2008年03月25日(火) No.231 (グループレッスン)

KiKiグループレッスン♪


**ブログと同時書き込みです**

公休日♪

朝は、梅田まで研修に出かける息子を少し遠い方の駅まで送っていきました♪

今夜は前の職場にいた子と食事会、と晩御飯いらないらしいので、きのうたくさん作った豚汁余ってるし、じゃあ晩御飯はうんと簡単でいいな〜(☆−☆)

帰ってから、もう少し、ギリギリの時間まで寝て(眠くて眠くて−−;)、11時に起床、、今日は午後から地元のリコーダーカルテットKiKiのグループレッスン、5/6の合同コンサートに向けて秋山滋さんにレッスンしていただく日です♪♪

ぼー、としつつとりあえず準備〜、、、楽譜、楽器、と揃えてるうちに頭がスッキリしてきました(^^)

今日のレッスンは午後1時から〜、、、つい二日前にデルソーレ大阪さんのコンサートにうかがったばかりなので、秋山先生のおうちのあたりはもうよくわかってるのだ(☆−☆)♪前回も前前回も迷って迷って遅刻してしまったけど、今日は大丈夫(☆−☆)♪と早めに出発♪

予定とおり、1時20分前には住宅街に着いておりました。この交差点を左にあがったら、、あとは歩いても数分のところに秋山さんのおうちがあるハズ、、なのです。20分あったら車でくるくるまわっても大丈夫、見つかるハズ、と〜、、、

くるくる、、、、くるくる、、、バック、、くるくる、、バック、、くるくる、、、、秋山先生のおうちがない〜┯_┯???

時計が1:01になってしまい−−;、、あきらめて出発点のここからすぐ♪なハズ┯_┯な交差点の次の筋、ここで曲がる、というのをハッキリ覚えてるハズなところに戻ってOさんの携帯にTel...、、誘導していただきました。(またまた、すみませんすみません┯_┯)

「そこを右に〜」「、、ですよねToT?さっきも右にちゃんと曲がったんです┯_┯」

「次を左に〜」「、、でよね┯_┯?何回もこことおってるんです、、」「で、そこに、、」

えっ* ̄◇ ̄;*???うそぉ〜、、、、その曲がった道からさらに左か右に曲がったところ、なんだとばかり、、なぜか間違えて覚えこんでいました−−;、、、曲がってすぐ、のところに、、ちゃんとおうちがありました。いや〜ん、さっきから何回も前通ってたのに〜ん┯_┯、、いや〜ん、、

*****

なんとか、5分過ぎくらい?に到着、、でした。いつもすみません(>_<)

で、早速レッスン〜♪♪5月6日に、秋山先生にグループレッスンしていただいているリコーダーアンサンブルが何団体か集って、合同のコンサートを開くのです♪そのコンサートのときに演奏する曲を見ていただきます♪

というか、KiKiの練習、前回集まったのはもう去年のこと、12月、、あれからもう一ヶ月以上経っています^^;。いつもなら事前に一度集まって自分達で練習してから見ていただくのですが、今回はもうぶっつけ本番!ドキドキ〜、、

まず、積志さんTさん編曲のバッハのc-mollフーガを♪

(☆−☆)をををを!!としっかり覚えておきたいヒントをた〜くさん、いただきました。この曲、かなり練習しないといけないようです−−;

でも、少しずつ、少しずつヒントいただきながら吹いてくと、、どんどん曲の雰囲気が変わっていくのが体感できて面白いなあ(☆−☆)、、すごい手応え感じます♪

何より、、S部さん・yえさん・Oさんの素敵に吹いて下さること、、、あまり家練習しないまま臨んでしまった私−−;、、最初は良かったのですが、その後、教えていただくことや感じ方をそんな風に感じよう、という方に注意が向くと、途端に指、簡単なところで間違えてしまったり、、しておりました−−;、、すみません〜(>_<)、、心は音楽のことだけ感じた状態で、頭で考えなくても指が動く状態にしておかなくては。

ビート感やジャズのお話がすごく面白く&そのお話のあと、ぐぐっと曲が変わった気がして、、感激でした(☆−☆)

じっくり、フーガ見ていただいた後はもう1曲、ルッキのWhen Shall the Sunshineも見ていただきました♪♪

これは、思いがけず、最初に通した後、「いいんちゃいます〜(^^)?もうこのままでもいいくらい♪」なんてお褒めの言葉いただいてびっくりするKiKi4人〜♪♪* ̄◆ ̄*!!(でも確かに、吹きながら自分がノリノリになってくるの感じてすごく楽しかったのです♪)

12月の練習の時は、何かあまりに拍にぴったり収まりすぎててヘンかも?と思った覚えがあるのに、、今日はノリノリ〜♪これ、アルトパートとか特に、こないだせいあい吹笛隊で吹かせていただいて、すごく難しいのを体感したところなので、、見事に吹いて下さる他の三人の皆様、すごく練習してきて下さってるんでは、、、うう、私一人、ちゃんと家練してなくて申し訳なかったのです┯_┯。この曲も細かなところで、ノリノリになったり、秋山さんが教えて下さる感じ方で吹こうとすると指間違える、なんてことが多々〜、、いかんのだ−−;、この曲もしっかり家練しなければ。

褒めてくださった後、もっと良くなるように、と細かくあれこれ、曲の順を追って教えてくださいました。

とにかく、健康的に、健全に、明るく爽やかに吹いてしまう私達* ̄◇ ̄*、、随所で「もっと不健康に」「もっとひきずってだらしなく」なんて、今まで目指してきたのと正反対の吹き方、避けてきた吹き方をわざとするところがあって、もう斬新で斬新で、、逆に難しかったりします−−;
(↑この、今までタブーとして避けてきたことをやる、というのを余裕もって楽しんでやれるようになってくるともって楽しくなるのでは、と教えていただいて目から鱗でした(☆−☆)。面白そうです♪)

しかし、、−"−;、、いつものとおり、ただ自分の感じたままに、吹きたいように表現して吹くと、、すぐにバロックっぽい、そして明るく健全な吹き方してしまうのですね、、、細かく「そこも勝手にはねない〜^^;」「そこはもっとダーダーダー、ってひきずって」「音程保たないで下げて」なんて、いつも吹くのとほんとに反対のことするの、、これ、いつか自然に感じて出来るようになるかしら?、、今は四苦八苦です^^;

なんとも楽しく面白いレッスンでした。秋山先生、ありがとうございます〜♪♪

*コンサートの時の曲の話、、あと、オトテールのソナタも吹きたかったのですが、プログラムとしてそれでは重たすぎて聴いてる方も疲れるだろうし、別の軽い曲の方がいいのでは?ということで、別のうんと軽い曲を探すことになりました。何がいいかなあ(☆−☆)?

この後、続けて個人レッスン受けられるS部さんにお暇して、外でOさん・yえさんとお別れして、、来週、また、今度は自分達だけの練習です♪また来週〜♪♪

*****

下道使っても、西宮から道が空いている時間帯だと2時間で帰れるのですね〜(☆−☆)。感激〜♪

軽く晩御飯の買い物して帰るとまだ午後5時過ぎでした♪

ご飯炊いてから少しPCで急ぎの返信だけ書いて(メールはほんとに書くのに時間がかかってしまい、、文章考えてるとどんどん時間が経ってしまうのです−−;、、2時間ほどかかってしまいました^^;)

帰ってきたミルパパと軽い晩御飯♪きのうの豚汁に、サラダ、出来合いの魚のフライ、という超手抜きメニューです。(でも豚汁とご飯が美味しかった〜♪d(⌒o⌒)b♪)

午後8時から仮眠〜、、、10時半頃、息子から急行の到着時間に迎えに来てくれへんか〜?との電話で起きて、、しばらくぼー、としてからリコーダーの練習♪

楽譜なし、の練習、今日も調子良い〜♪今日はこの三日間で一番よく指がまわる気がします(☆−☆)。なんでなんだろ〜?この、日によって指がよくまわったり、逆にあまり調子が良くないの、どういう加減なのかな〜?

かなりアップテンポで楽譜なしの基礎練習した後、迎えに行く時間を時計にらんで確認しつつ、楽譜あり、の練習を♪

こちらもとても良い調子で吹けました。それでも何回かずつ繰り返して♪

最後に、少しだけ(>_<)、ともう迎えに行かないといけないのだけど、きのうあんまり面白かったので、C.P.E.バッハの無伴奏ソナタから第1楽章だけ♪音の出し方、息の支え、音程、音楽、等考えつつ、、通して吹きました。

この曲の何が面白い、って、神谷師匠に教えていただいたちゃんとした音の出し方、支え方、が出来てない状態で吹くと、特に高音域が、あっという間に非音楽的になってしまうのです。それが、しっかり、と意識して音を出す、うまく出来てると、どんどん音がのびて音楽ものびていく気がして(☆−☆)、、どこ吹いてても楽しい気がするのです。

しっかり音を作りながら吹くいい練習になるなあ、と♪d(⌒o⌒)b♪

調子良く第1楽章を吹き終え、、出来たら続けて第二楽章行きたかったのですが、そろそろ出発しないと、息子の電車が遠く離れた駅に着くのに間に合わない、と出発、、午前0時40分〜

息子の電車は終電だったのかな?午前1時過ぎに着きました。

今日一日、、すごく長い一日だった、と疲れきった様子の息子、、どうしたん┯_┯?とドキッとしたら、あんまり思いがけない嬉しいこと、充実したこと、等々、、あれこれめまぐるしく起きたので長かったのでした、、で、それこなすのが大変だった話等、、嬉しく聞きつつ帰宅〜

帰ってからもあれこれ嬉しく話聞いてて、、これまで数年間苦労した経験が全部身になってる気のする嬉しい話に、嬉しくなりつつその分心配にもなりつつ、、息子、がんばれ♪きっといけると思う。がんばれ〜♪♪

ワンの散歩に出たのはもう午前2時過ぎでした。なんか、、でも、、嬉しい夜だなあ♪
2008年01月29日(火) No.227 (グループレッスン)

本番前グループレッスン♪


あさって、6日(日)はいよいよ秋山滋先生門下生の発表会♪KiKiも吹かせていただく本番演奏の日です♪

で、今日は直前の最終確認レッスン?の日でした♪

なぜかこの連休中は体がだるく−−;、、なんとかベッドからひきはがして準備、、、、ズルズル、と体ひきずる感じで出発!

でも時間は充分早めに出たので、珍しくも30分早く到着♪d(⌒o⌒)b♪でした。るりるり♪
(後から入ってこられたKiKiメンバー、、3人とも私の顔見るごとに口々に「あらっ、今日は早い〜」と驚かれるので−−;、、、いつもそんなに遅いのですね、私、、と改めて自覚、、しくしく、、)

*****

ザッとですが、プログラム通りに、"水仙""野薔薇""フーガの技法No.4""ラ・ゴロンドリーナ"、と通して、アドヴァイスいただきながら見ていただき、
最後にもう一度、フーガの技法までの三曲を通して聴いていただき、、

一番印象に残ったアドヴァイスが、今日・明日どうするという問題ではなくこれからの長期的な課題として、と前置きして教えて下さった、KiKiの音色の問題。

特に、のどかな明るい曲であるはずの"水仙""野ばら"を吹いてる時に、えらく暗い音色になってしまっているのだそうです。気づいてなかった〜* ̄◆ ̄;*

でも、そう指摘されるとなんとなくわかる気がしました。確かに(>_<)、、この二曲、軽い簡単な曲?のハズなのに難しいのです。吹くの、一番難しい気が(>_<)
で、各パートまだまだ迷いがあるし、何よりまだ「これでいいのかしら?」「教えていただいた吹き方はこれかしら?」と模索しながら吹いている感、があります。自分達の曲になっていない、というのか、まだ「こう吹きたい」というところまで来ていないというのか、、

そんな迷い、逡巡する思いが音色に出てしまっているのかも(>_<)

後から吹いた"フーガの技法"では、こんなにカッチリした、むしろ暗い音色でも合う曲なのに、さっきの花二曲よりも明るい音になっているのだそうです。

(☆-☆)そっか、、フーガの技法、は4人とも大好きで、どちらかというと迷いなくのめりこんで吹いているのです。「こんな感じで吹きたい」というのも合わせれば合わせるほどどんどん自然に湧いてくる感じで、、、、それがやっぱり明るい音色になっているのでしょうか、、

それにしても不思議♪音楽、って、音、ってこんなに精神状態が現れてしまうのですね。

あと、個人的には、「む−−;、こ、これはかなりヤバイ−−;」とあせりまくりでした−−;
(特に前述の花二曲〜、、この二曲はバス吹くのですが、、)

練習が全然入っていない自分、を痛感、、、うう、ほぼ初見状態のような感じ(イメージが湧いてこないというのか)で吹いています−−;、、これはいかんのだ、、今日・明日、とちょっとがんばらなければ(>_<)

でも、逆に、合わせる喜び(特にフーガの技法〜♪それに花二曲もゴロンドリーナも♪)も改めて感じたりしました。

あさっての本番、、集中して楽しく吹きたい、、、もうあとわずかですが、個人練習がんばらなければ、と思いつつ、レッスン終わって帰路についたのでした。

秋山先生、ありがとうございました♪d(⌒o⌒)b♪

*****

で、先月からなのですが、今月も、、、とにかく経済状態がかなり悪化している私のお財布−−;、、しくしく、、だって医療費がかさんでるんですもの┯_┯、、、それに、痛いのが辛くてそのストレスか?* ̄◇ ̄*?少額とはいえ、いろいろとストレス買いしてしまったり−−;(やっと落ち着いてきたのですが、、あうう、今月さえ乗り切れば〜、、(>_<))

なので、今日も時間かけて、行きも帰りも高速使わず下道で往復したのでした。。案外早く行けるのだ(☆-☆)♪。。でもやっぱり疲れきります−−;しくしく、、

もう限界〜@_@、と思いつつなんとか家に帰り着き、、まずはバッタリ、と仮眠、、他のことは何も出来ませんでした−−;

夜遅い時間にやっとこ起き出して、そこから晩御飯の買出しに。今日は簡単に、サラダだけ作ってあとは山かけ蕎麦作りました♪(熱い方を〜♪美味しかったです♪d(⌒o⌒)b♪)

バスリコは昼間吹いてしまったので、練習したいと思いつつ今夜は我慢、、本番の練習はフーガの技法の一箇所の練習、のみ、がんばってみました。
(膝使う音が一度だけ出てくるのですが、普段だと軽々何も考えずに出来るのに、レッスンの時、変に意識してしまってスムーズに吹けなかったのですね、、これは本番も危ないかも、と−−;)

それ吹いた後、定番の練習〜♪392Hzのトラヴェルソから♪

リコーダーの後にトラヴェルソを吹くと、最近、鳴らなくなってきています。。。うう、これでは今度のアンサンブルの時に困るのだ−−;、、なので、練習でも、リコーダーの後に吹く、というパターンも取り入れてみようかと。。

それでもフーガの技法の一箇所吹いてみただけなので、今日はごく普通に鳴ってくれたかも、、もう少しリコーダー吹き込んでからトラヴェルソの練習、というのもしないとな〜−−;
(それにしてもどうして鳴りにくくなるのか−"−;、いつも不思議でたまりません(>_<))

結構調子良く♪クヴァンツの100の練習曲から見開き1ページ、カプリスのNo.9、と吹き、「これは毎日の少しずつの積み重ねだなあ」と思いつつ、415Hzスティンズビィに持ち替えてもう一度カプリスNo.9を吹く、、

うう、392Hzオトテールの練習をする期間が長くなればなるほど、415Hzスティンズビィが吹きやすくなってくる気が(☆-☆)。。。これ、"大リーグ養成ギプス"みたいなものなのでないかしらん* ̄◆ ̄*♪

楽器の大きさ自体が、持ったときに「軽っ♪小さっ♪」とコンパクトに感じて指が動かしやすいし、、音はもちろん鳴らしやすいし、、、それだけオトテールに苦労しているのですね、私−−;、、もう少しでいいからましに吹けるようになりたいなあ、、

とっても機嫌良く、テレマンの無伴奏ファンタジーNo.10(今日もきのうと同じくNo.10を♪)に移りました。

(☆-☆)、、なんて吹きやすいんだ〜。練習が楽しいんだ〜♪

つい、何度も繰り返して練習、、きのうとなんでこんなに違うんだろう−−?、、湿度?うむ〜、、まだまだムラがありますね、、困ったものなのだワン、、

楽しくトラヴェルソの練習した後、またまたリコーダーに移ります♪415Hzアルトで♪

楽譜なし、の基礎練習のあと、やっぱりブッケを吹いて(一番やりたくない気のするのをやるのが正解かと−−;)、それから曲の練習♪

きのうも吹いてみてひっかかった、テレマンのトリオソナタの部分部分をさらって、クヴァンツのトリオソナタも重点的に練習、、BWV.528、は集中して練習、、、、最後にバルサンティのソナタNo.5、も〜♪

@_@どれももっと練習したい〜♪

でも、久しぶりにこうして曲を仕上げよう、と集中して練習する期間、、とても楽しいなあ、と思います♪d(⌒o⌒)b♪

それにしても体の基礎から作っていかねば、、、音出し、が出来てる時と出来てないときと、、自覚できるだけに、、すぐに出来てない音になるのが気になります−−;、、しっかり、思う通りの音出しで吹けるととても嬉しく&気持ち良いのですが、、、し、しんどい〜@_@

自然にいつもこの吹き方で出来るように、、がんばろう(☆-☆)♪
2007年05月04日(金) No.201 (グループレッスン)

KiKi秋山先生グループレッスン♪


*****すみません。手を抜いております。当日のブログから転載です。*****

まだ、合宿の心地良い疲れの残る体、、、頭もぼーっとしたまま、、、体が保つのだろうか、一日のしないといけない予定をこなせるのだろうか、と心配しつつ起き上がった一日でしたが、蓋を開けてみると、なんとも充実して楽しく&忙しい一日でした♪d(⌒o⌒)b♪

*****

まず!本日はKiKiの4人で秋山先生のおうちにうかがって、5月の発表会で吹く曲達を見ていただく、グループレッスンの日です♪

とにかく体が痛くて、眠くて、、(遊び疲れ、というやつですね−−;)、、

加えて、きのうの夜遅くに愛犬リッキーわんの散歩に行こうとして、玄関で思い切り引っ張られ、階段を踏み外しそうになった時に思い切り右足を外側にぐねっ、とひねってしまって、、足首が痛くてたまらない状態になっていました。

−"−;うう、、車運転して西宮まで行かなければならないのに、、アクセルが踏めるのかどうか心配です、、、

なんとか、早めに出かけて様子見ながらゆっくり行くことにしよう−"−;、と早めに起きて準備して、、普通に行けば湾岸線使って一時間かからないので、午後1時からのレッスン、、午前11時半に出よう、と用意済ませてからササッとPCの返信書いたりしておりました。

で、午前11時半に「よしっ、しゅっぱぁつ」と、、楽器もって部屋の外へ、、、出たら、、、


−"−;やってしまいました。。。久々にやってしまいました。。。自分の部屋のドアロック、、、

前にも書いたのですが、私の部屋のドアには、改築工事してくれた大工棟梁の弟が鍵をつけてくれています。内側からはカシャッとひねるだけ、外側は鍵穴がついていて鍵で開けないとあかないタイプのかなりカッチリした良いやつです♪
出る時は、開けた状態でカシャッと鍵を横に倒しておくと、閉めた時に勝手に鍵がかかってくれるのです。。。

ここ数年の習慣で、自分が出かける時、部屋の中で寝る時、は鍵かけておかないと落ち着かないのですね−−;。
なにか怪しいもの隠してる、とかじゃなくって* ̄◆ ̄*、私には一人の時間、エリア、ってどうしても必要なのです。。。鍵かけない状態でも、この心理状態をわかってもらえる人とだと、ドアあけっぱなしでも平気なんじゃないかと思うのだけど、、これ、どうしてもわかってもらえないので−−;。。
本来は心の中に、尊重して欲しい一人の部分がどうしても必要なのです、、、踏み込んできて欲しくない部分、が人より大きすぎるのかも、、、
それガードするために物理的にもドアに鍵、かけたいのかなあ、、、、私、暗くて変なやつですよね−−;、一人で考え込んでいたい時に邪魔されるとすごくイライラするし−"−;(子どもに邪魔されるのは全然平気なんだけどなん、、)、、、で、今ではほんとにどうしても、部屋には鍵かけないと落ち着いていられない、、
(それ以外にも、何度言っても、出る時にドアをふわっとしか閉められない人なので、猫がそこから勝手に入るので困る、というのもありますが、、* ̄◇ ̄*)

なので鍵を持っているのも私一人、私だけが自分の部屋を開け閉めできるのです。。。

滅多にしないんだけどなあ、、ドアロック−"−;、、中に鍵の入ったバッグを置いたまま、ロックしてしまいましたよ、、こんな急いで出発したい朝なのに、、、

もう、足が痛いとか言ってられません−−;、、今までに何度かやった経験から、どうすればよいのかはわかってるので、、、でもこれ、とりあえず今は一人でせねあかんのか@_@、、足痛いのに、、しくしく、、

一人でだと急になんでも出来る人になる私、、急いでガレージにまわり、部屋の窓を開ける算段を、、(まずシャッターを開けないといけないし、窓にはもちろん普通に鍵がかかっています、、、)

そこから数十分、、空き巣気分で窓の鍵をしゃこしゃこいじる怪しい人になっておりました。

無事になんとか鍵開けれて、自分の部屋に侵入〜♪d(⌒o⌒)b♪、、、はぅ、時間がなくなってきた−−;。急いで出ねば、、

*****

それでも、まっすぐ普通に着けば、午後1時には充分間に合う時間に西宮に着いたのですが、、、

┯_┯あれ〜?、、、秋山先生のおうちにはもう何度もお邪魔させていただいているというのに(なのでまさか自分が行けないとは思わず、あらためて地図調べたりしなかったのです、、)、、「このあたりだったハズ」というあたりで、「ここここ♪ここを曲がるの♪」という道がどこにもありません。。。ていうか、全く何も覚えていない、思い出せない自分に気づいて真っ青−−;。私、どうしたのだ?どうして頭に何も入っていないの〜┯_┯???

yえさんに電話して、結局、秋山先生に何度も誘導していただきながら(最初にお聞きした道、その次にお聞きした道、としつこく間違えて違う方に行ったので−−;)、最後には
「。。。。もしかしてこのまま誘導していいですか^^?」と、電話で細かく指示していただいてやっとたどりつきました。

20分くらい遅刻?、、、しかもお手間取らせてしまい、、、うう、ほんとにほんとに申し訳ありませんでした(>_<)。ごめんなさい。

無事に着いた時に嬉しかったこと^^;

私のパートを秋山先生が吹いて下さっていたみたいで、もう皆様、レッスン始まっておられるところでした。(わ〜、ごめんなさい(>_<))

急いで楽器組み立てて入れていただいて吹いたのですが、、、まるで自分じゃないみたい−"−;、、音は落とすわ音程は取れないわ、集中できないわ、、、

足が痛いのもあるのかな?朝、かなり調子が悪かったのできつい薬飲んだのもあるのかな?それでもお腹がかなり痛くてたまらなかったのかもあるのかな?

でもそれだけとは思えない、なんなのだ、この吹けなさは、、、とにかく集中できないのです、、、せっかくのレッスンなのに〜、、しくしく┯_┯

発表会で吹こう、と相談している花の名前のついた軽い曲二曲♪をまずじっくりと見ていただいて♪
(なるほど(☆−☆)♪と、集中できないながらも目から鱗なアドヴァイスたくさんいただいて、少しだけ曲が変わってきた気が、、吹くイメージが湧いてきた気がしました。
「そのイメージで練習してください」は〜い♪d(⌒o⌒)b♪とにかく、この二曲、簡単そうなわりに一番練習がいるようです−−;)

そしてプログラムの主菜?バッハのフーガの技法No.4、を次に見ていただいて、、

かなりドキドキ、と吹き始めたのです。花の二曲がボロボロだっただけに、これはもっと難しいし、と。。

そしたらそしたら(☆−☆)、「これは何も言うことないですね〜。このままで仕上げていってください。うん、ほんとにいいです。合うてはるんやね〜」と。。。え〜っ、うっそぉ(☆−☆)!!?

「何か言わなあきませんよね^^;」としばらく考えても下さったのですが、ほんとに良く合っていて良く吹けていて、このままで良い、とのこと、、、うわぁうわぁ(☆−☆)うそぉ〜?ほんとに〜?

「。。。。。。誉めてるのにどうしてこんな重たい空気になるんです^^;」

と困っておられましたが、だってだって、、*⌒−⌒;*びっくり、、

だんだん、と4人ともそのお言葉を嬉しくいただく気分になってきて、そっか〜(☆−☆)、と顔見合わせてニコニコしだして、、とりあえず、バッハのフーガの技法は自分達であと練習積んでいくことに♪(☆−☆)わ〜、がんばろう〜♪
(確かにとても吹きやすい、迷いなく吹けます、、やっぱ好きだからかにゃ〜?)

最後にもう一曲、ゴロンドリーナ、というのどかな曲も見ていただいて、、このあたりでやっと笛を吹いている、という感覚になってきました。

もしかして、、最初吹いた時変な感覚だったのは、土・日、と12管編成でしかも音程ばっちりと溶け合う分厚いハーモニーの中にいたので、いきなりカルテット編成になってなんだか寂しい気がしてしまった、というのもあるかも(>_<)

*レッスンの合間にちょこまかとあちこちを歩き回る、秋山先生の愛犬ボビーくん@シェルティわんが可愛くて可愛くてなごみました〜*⌒m⌒*♪
めちゃ賢いのです(☆−☆)。皆で笛吹き始めると、「あ、レッスンですね?」という感じでササッと別の部屋に行ってしまうの、、で、談笑してる雰囲気になると「終わりましたか^^?」という感じでサッサカ入ってくるのです。

抱っこされたり、こっちにくんくん匂い嗅ぎにきてくれたり、、とっても静かなお目目した可愛いわんこ〜♪d(⌒o⌒)b♪
(でも、なんだか懐いてくれている、と嬉しく思っていたらば、突然私の痛い右足に抱きついてマウント行動を取るのですにょ−"−;びっくりしたぁ、、
「!こらっ、それはあかんやろ!」と速攻秋山先生にひきはがされてましたが−−;。)

あと、4月に決まった私の手術、、、の後、練習がどうなるか、発表会は出られるのか、という話になり、、(私はごく普通に吹ける予定で、もちろん発表会も吹かせていただくつもりでいたのですが、「今年出れなくてもいいんだから無理しないで」と皆様気を使って下さるのですにゃ(>_<)。うるうる、ありがとうございます(>_<))

自分でも困ったものだと思うのですが、昔から、自分の中で解決していない、こなれていない問題は決して表に出せない、出したくない性格で、、あれこれ心配して尋ねてくださるのに、ハキハキ答えられなくて(こないだからそうなのですが(>_<))、、とっても申し訳なかったです。ごめんなさい。
自分の中で解決できていないこと、って口に出すと上手くいかないような気のするジンクスももっていたりして−−;、、はぅ、ほんと困ったやつなのです、、なんか自分の中に溜め込んでおきたいのですよね、、、ふむ、、
(なのでどこにある病院か、とかなんていう病院か、とか具体的にどんなことするのか、とか、、どうして言いたくないのか説明できないのですが、、人に話すのが苦痛なのですね−−;、、心配して尋ねてくださるのにほんとに申し訳ないのです、、なんでこんな性格なんだろう−−;)

「とにかく出たい気持ちは持ってはるんやから、どうしてもダメだった場合は、ボクがピンチヒッターで吹きますから、出る方向でいきましょう」

と秋山先生がおっしゃって下さって、とりあえずこのままの予定で進めることとなりました。
自分では手術の後も動ける気満々なので全然気がつかなかったのですが、そういう心配もしないといけなかったのですよね。気がつかなくて、、ごめんなさい。そして、本当なら最初から遠慮しないといけなかったことなのに、、吹かせて下さる方向で、、受け止めてくださってありがとうございます(>_<)

とりあえず、かなり元気になり、レッスンは終わり〜、、、ありがとうございました♪d(⌒o⌒)b♪
(あ、調子悪かったの、朝で頭が起きてなかったのもあるかも?)

雨が降ってきてたので、駅までyえさん・Oさん・S部さんお送りして、今度は土曜日がまた練習です。それまでまた〜♪♪♪d(⌒o⌒)b♪

下道で帰ろうかと思ったらば、やっぱりかなり体がしんどいみたい、、だったので高速使って帰りました。

晩御飯、何にしようかなあ、と考えながら高速降りて、今夜は肉じゃがのじゃがいもなし、にすることに♪
(肉じゃがの味付けで、牛肉たっぷりと糸こんにゃくだけを炊く、というのが我が家の肉じゃが?になってきています。いつもじゃがいもとか玉ねぎ、邪魔なんだもん^^;。じゃがいも自体・玉ねぎ自体は大好きなのですが別の料理のがいい〜♪)

+具たっぷり(珍しくベビーリーフやチーズ、トマトも入れてみました♪)サラダ♪

油が切れていたので、ごま油で下拵えの牛肉炒めるのをやったらそれが良い隠し味になったみたいで、とっても美味しくできて、るるん♪

ミルパパと晩御飯食べた後は、少しだけ仮眠、、そこから午後11時過ぎに帰ってきた息子も「をを(☆−☆)、これ、この肉旨いっ♪」と喜んでくれたのでさらにるるん♪♪

嬉しい気分で、さて、笛の練習始めるぞ〜♪と思っていた、午後11時半過ぎ、、

娘からメール〜♪

なんか今夜は熱があってしんどくてご飯作る気になれないのだけど、コンビニとかじゃ食べる気のするものないし、外食もいやだし、何か食べるものないか〜?というメールでした。

┯_┯かわいそうに、大丈夫かにゃ〜?

肉じゃがのじゃがいも抜き、は少しだけ残っております。。。よしっ、後は、何か買い物にいって、来るんやったらなんでも作るで〜(☆−☆)♪。。でもそこからここまで来る方がよっぽどしんどいんとちゃうの〜^^;??

そんなメールのやり取りしつつ、とりあえず急いでトラヴェルソ組み立てて吹く、、、娘が来るとなったら急いで買い物に行かないといけないし、吹けなくなるだろうから、、とにかくトラヴェルソから、、メールやりとりしつつ練習開始♪

カプリスNo.8、、、テレマンのファンタジーはNo.4♪、、これがまた、こんな日に限って超、調子がいいのです。吹いてるのが楽しくてたまらない、、はぅ、もっと吹きたい気分、、、ひゃ〜♪

何通目かのメールが帰ってきて、娘、やっぱり食べに帰ってくることに♪

よしっ、んじゃあ後の練習は今夜はあきらめる*⌒−⌒*♪娘のために晩御飯もっかい作ろう〜♪何作ろう?o(^−^o)(o^−^)o?

それでも、笛をしまう前にあと一曲だけ(>_<)、と^^;、土曜日にトリオの譜面で吹かせていただいてまだまだ心に残っているBWV.525、のソナタを吹きました。
(日曜の晩はこれ、リコーダーで移調して吹いたのだけど、トラヴェルソで吹いてもやっぱり楽しい♪)

一度だけ通して吹いて、今夜の練習は終わりです。。

*****

急いで買い物に♪

その前に肉じゃががどのくらい残っているか、のぞきに行くと全部なくなっていました。

「あ、俺、全部食べたで*⌒−⌒*」(息子)

「あんたわ〜−−;、、姉ちゃん来るかもしれんから鍋の中のは残しておいてって言うたやん〜」(私)

、、でも、味気にいってくれたってことかなあ、とどこか嬉しかったり(^^*)♪

サッと出来て娘の好きなメニュー、というと、いつものやつになってしまうけど、鶏の照焼き、にサラダかなあ、、、

それで、肉じゃが@じゃがいも抜きには娘の大好きな糸こんにゃくを足して糸こんにゃく炊きにすることにして、後は鶏の照焼き、生ハム入りサラダ、+ぴり辛チョリソーを茹でることにして、、+いちご、を買って帰りました。

買い物から帰るともう娘、到着しておりました。息子のおニューの愛車ステップワゴンを、息子が嬉しそうに外で見せている最中♪急いで作ってくるからまあゆっくり見といてくり♪d(⌒o⌒)b♪あ、夜食用に買っておいたカットメロンもあるのよ〜♪d(⌒o⌒)b♪るんるん♪

寒い寒い、と家に入ってきた娘・息子と、おしゃべりしつつ急いで二回目の晩御飯作り、息子もなぜか二回目の晩御飯、このサラダも食べるというので分け、、
(娘につくった鶏の照焼き、二枚あったのだけど、一枚は俺のかと思ったのに、とがっかりしております、、、あんたは肉食べたやろ〜* ̄◆ ̄;*)

娘・息子と過ごせるこういう時間はやっぱりなんともいえず楽しい、、、幸せなのだ♪(すごい深夜になってますが−−;。娘も息子も明日は仕事が休みならしい、、、お母さんは仕事あるんだけどにゃ、、まあいいや♪)

久しぶりにジャガー君を散歩に連れていく娘、、足の痛いわたしの代わりにリッキーの散歩に行ってくれる息子、と連れ立って私も〜♪d(⌒o⌒)b♪

三人で深夜の住宅街をわんこ二匹連れてお散歩〜♪

娘が「お腹いっぱいになった♪d(⌒o⌒)b♪」と戻っていったのはもう午前2時半過ぎておりました。

今夜はいつもよりいろいろすることが遅くなったけど、、でも楽しい夜だったなん♪

2007年03月13日(火) No.197 (グループレッスン)

オカリナ♪


*****ブログと同時書込み♪*****

オカリナ、げっと〜o(^−^o)(o^−^)o、、してしまいました♪♪

いつもお世話になっている、アンリュウリコーダーギャラリーさんで、今度オカリナも取り扱われることになったのです。

前に、ちょうど入荷したときにうかがって、試奏させていただいたら、手の中でポーと鳴ってくれる可愛らしさに心奪われてしまって(☆-☆)

今度のお給料日に絶対買いに来ます、と言い残してその日、帰ってきたのでした。

今日はお給料日ではないんだけど、、、ないんだけど、、、オカリナのプロ奏者である橋詰智章さんが、ギャラリーさんに特別レッスンしに来てくださる日だったの(☆-☆)、、で、ご無理お願いして、私も混ぜていただいたのでした(> <)

小学生の頃、祖父にねだって買ってもらったのが、アケタのF管オカリナでした。そのオカリナはどこかにいってしまって(たぶん屋根裏−−;)、もう手元にはないのですが┯_┯、、今回も思い出のあるアケタが欲しいなあ、と思っていたのだ。。

でも、アウロスのオカリナがとてもいい、という評判も聞いて、、ちょっと迷っていたのですが、、

今日は全員アケタのC管で練習、ということで、私もアケタのC管を♪るんるんo(^−^o)(o^−^)o

最初の入門の時点でプロの方に教えていただく、というのは、とてもとても大事なことだなあ(> <)、とつくづく思いました。

持ち方、息の入れ方、運指、細かないろいろ、、、た〜くさん教えていただいて、、一晩でいろんな曲が吹けるようになりましたのにゃ♪

息の入れ方とか音程の取り方とか、特に最低音の出し方とか(> <)、これから練習していかないといけないこともたくさんなのですが、、とりあえず、どう吹けばいいのか、どう練習すればいいのか教えていただいて♪

オカリナを何人かで一緒に吹く、というのがあんなに楽しいものだとは今まで思いもしていませんでした(☆-☆)。

橋詰先生、ギャラリーの皆様、ありがとうございました♪♪とっても勉強になり、楽しかったです〜。

*ギャラリーさんでは、11月来週の水曜日(8日)から初めてオカリナを持たれる方、楽譜の読み方から覚えたい方向けの初級教室をされます〜♪みなさま、ぜひぜひ♪d(⌒o⌒)b♪

*****

さて、、、明日からはいよいよ、楽しみにしてきた"リコーダー合宿in神戸"です(☆-☆)

その準備もいろいろせねば、、、せっかく独自ドメイン取ったので移転作業もしたい(> <)、、

でもその前にちょっと仮眠を@_@、、と横になったら、なんとそれきり起きれませんでした−−;げげげ、、

結局、笛の練習も一切出来ずじまい┯_┯、、、しくしく、、うそぉん、、

帰ってきてから、嬉しくてうれしくて、ワクワク、とオカリナ吹いてたのが唯一の練習?だったかにゃ、、
(なぜか、うちには古〜いオカリナの教本があったらしく、わたしがピポピポ♪と嬉しそうに吹いてたら、主人が「こんなんあるねんで」と持ってきてくれました。
これ、、私が中学生の時に、なんとかオカリナでちゃんと曲吹きたくて買ってきたのだったっけなあ、、、、でも全然吹けなかった覚えが、、)

今日はしっかり、と教えていただいてきてたので、中に載ってる曲が全部吹けたので嬉しかったのだ〜o(^−^o)(o^−^)o
(オカリナ、って臨時記号の音、なんて覚えやすいのでしょう(☆-☆)。後は下のAと一番上のF、だなあ(> <)、それと基本の息の入れ方と(> <)、、音程も〜)

明日の合宿にこれも持っていっちゃおうo(^−^o)(o^−^)oとワクワクかばんにしまいこんだのでした♪

さあ、合宿〜(☆-☆)♪持ってる楽器と楽譜と車に詰め込んで、、行ってきます♪
2006年11月02日(木) No.178 (グループレッスン)

パーカッション講座♪


****同時書き込み♪****

先週に続いて、今日は2回目のパーカッション講座でした♪d(⌒o⌒)b♪

アンリュウリコーダーギャラリーさんにて〜o(^-^o)(o^-^)o

先週の一回目の講座が終わってから、、とっても楽しみにしていた、パーカッション講座"サンバを叩こう"(講師:光田臣さん♪)!!

今日は先週にも増して楽しかったですo(^-^o)(o^-^)o

受講メンバーが変動があって、あれこれ入れ替わったのですが、人数はやっぱりこじんまりした5人♪

で、またまた全部の楽器をみんなで次から次に体験させていただき♪どんどん叩かせていただきました。

途中、「こんな感じです」と、参考に、とサンバのCDをいろいろ聴かせていただいたのですが、
私達が、今、必死で叩いているサンバの基本リズム、、、これはなんと、よく聴くサンバのリズムの半分以下のテンポ、だったのですね−−;(かなり速い気がしていたのだけど〜、、−−;)

CDに合わせて、「たとえばこの楽器だと〜、、」と光田先生の叩かれるのが、あんまり速いのと、あんまり雰囲気素敵なサンバそのもの、になってるのとで、ひたすらうっとりりん♪♪(☆-☆)光田さん、かっこいいいい〜(☆-☆)素敵なのだぁ♪

自分で一生懸命叩いてるところなだけに、同じその楽器持たれて、動いてるのがわからないようなスムーズな動きで、なのに聴こえてくるリズムはさっき自分が叩いてたのの倍以上のテンポで、、テンポが速いだけでなくて、なんか生き生き動いてるんです(☆-☆)音楽が♪、、う〜ん、すごい、、パーカッションてなんて奥が深いのだ、なんて今更ながらに思いつつ聴いておりました。
これは一朝一夕に出来るものではありませんね−−;でも、もっと勉強したいなあ(☆-☆)

そして、聴かせていただいてから、、、今度はにゃんと、出だしと終わり方の練習してから、それぞれが一番好きな楽器を選んで組み合わせて、録音!して下さいました。きゃ〜♪

私が選んだのは、カイシャ♪。まあ、形的にいうとスネアドラム、ですね。

難しいのだけどT−T;、「出来不出来は問いません♪好きなやつを選んで♪」っておっしゃって下さったので♪d(⌒o⌒)b♪

録音前に何度か練習させて下さったので、ひたすら叩く、、叩く、、叩く♪タタタタタタタタタタタタタタタタ♪♪

全員で叩いてるとね〜、、どこかから別の音がしてくるような気がする(☆-☆)、、これは何?面白い〜♪

何度か、なら叩けるのです、、これをず〜〜〜〜〜〜っと、続ける、というののなんと難しいことか〜(でも楽しい〜(☆-☆))

光田さんが前で一緒に叩いてくださるのに合わせながら叩く、、叩く、、叩く、、、頭の中がからっぽになってくるのだ* ̄◇ ̄*、、気持ちいいのだ〜♪

録音の時は、オブリガート、というのか、私達の叩く基本リズムに合わせて、合いの手みたいにいろいろいれてくださるのが、一緒に叩かせていただいててとても気持ち良かったのですにゃん(☆-☆)

はわはわ、、今日は思いっきり叩いた♪うんと運動したのだ〜* ̄◆ ̄*
(帰ってからと翌日と、、肩まわりや腕がなんとなく痛くて、体全体がくったりしんどいのは、もしやこのせいでしょうか−"−;?)

録音を聴かせていただいて、、、きゃ〜、案外雰囲気でてる?o(^-^o)(o^-^)o?でてる?なんてみんなで喜んだり♪

とっても楽しい講座でした。光田さん、皆様、ありがとうございました♪

また、ぜひ企画してください〜(☆-☆)。もっと練習したいのですにゃ♪

*****

楽しく疲れて、、さて、この後は急いで晩御飯の買い物して帰らねば♪

今日は息子の誕生日なのですo(^-^o)(o^-^)o

ケーキ買って帰って喜んでくれるコならいいのだけどさ−−;、、甘いもの大嫌い少年になってしまったのだもん、、、しかも洋食も嫌い、和食大好き少年なので、誕生日のご馳走、といっても洋食しか思い浮かばない私、、、いろいろ考えました。

和食で、ちょこちょここまごま、と好きそうなものを並べて、誕生日のお祝いにしませう♪と♪d(⌒o⌒)b♪

帰る時間が遅くて(ごめんにゃ)、あまり時間かけられないので、簡単なものばかりになってしまいましたが、、今日の献立は、

・牛肉のミニステーキ♪(美味しく焼けました♪)
・生牡蠣(息子の好物♪)
・カニ野菜サラダ(サラダも息子の好物♪)
・変わり冷奴♪
 (昔、横浜のmioriさんに教えていただいた、ザーサイとネギをどちらもみじん切りにして豆腐に乗せる、というもの。息子に評判良いのです♪)
・まーぼー茄子
・ほうれん草のおひたし
・豆腐とほうれん草のみそ汁♪
 (れおんはるこさんにいただいた自家製お味噌のおかげで、美味しくできました(☆-☆)♪)

あれ?これだけだったかな−−?もっと作れば良かった、、、

それでも、三人分それぞれ小皿に盛り付けて並べると、テーブル一杯になりました。

ちょうど遅めに帰ってきた息子と主人とで、晩御飯〜♪

「ええな〜(☆-☆)♪俺、こういうのが一番好きやな♪」(息子)
「ん♪美味い〜♪d(⌒o⌒)b♪」(息子)

と言ってもらえて、幸せになる母なのでした♪

主人は、せっかくいったん降りてきたのに、ミニチュアリコーダーのヴォイシングがあるから、と食べないで上にあがってしまった、、、

いくら待ってても降りてこないので、結局息子と二人でおしゃべりしつつ食べました♪

食べつつ、、主人のミニステーキをねらう息子、、、、* ̄◇ ̄;*もうすぐ降りてくるから、、、

と、待ちきれずに、さらに主人は肉系嫌いなので「どうせ食べへんて♪」と息子がハクッ、と主人のステーキにかぶりついた途端に、主人が降りてきました。あらららん^^;

「一分遅かったな* ̄◆ ̄*」(息子)

。。。。まあ、、いっか(*⌒−⌒;*)。

食べ終わったのは、まだ午後11時頃、で笛吹こうと思えば吹けたのですが、その後もなんとなく、息子とおしゃべりしたり、DVD返しに行ったり、
さらにその後も息子の作った曲聴かせてもらったりCD聴いたり、、と、夜が更けていきました。

夕方、少しだけ吹かせてもらってたので心おきなく、笛の練習お休みできて、息子と遊べましたのにゃ♪

忙しく、体は疲れたけど、楽しい一日でした♪d(⌒o⌒)b♪
2006年11月01日(水) No.177 (グループレッスン)

パーカッション講座♪♪


*****ブログと同日書き込み〜♪*****

10月の二回の火曜日を使って、P.A.P.S.でお世話になっているKさん宅で開かれた、"パーカッション講座"!!

プロ打楽器奏者で、ジャズの世界かにゃ?いろいろあちらこちらで活躍しておられる
光田臣さんが講師になって教えて下さります(☆-☆)♪
(前にアンリュウリコーダーギャラリーさんで開かれた、秋山滋さんのリコーダーコンサートで打楽器奏者として参加されていて、
太古のリズムがそのまま体の中を流れているような(?変な表現ですが、そんな感じしたのです(☆-☆))内側からわきあがってくるようなビートに、とても心惹かれた方なのでした♪)

その方が先生で、しかも私のかなり好きなSambaのリズムをいろんな楽器を使って体験します、、と書かれたチラシを読んだ時からとても行きたかったのですが、体力的に行けそうになくあきらめたのです。。。しくしく┯_┯

それがにゃんと♪同じ企画(同じ光田臣さん先生、同じくSambaが題材♪いろんな楽器叩きます〜♪)でまたまたパーカッション講座、を今度はいつもお世話になっているアンリュウリコーダーギャラリーさんで開いてくださる、と知り、しかもしかも、午後6時半開始、という、仕事帰りに寄れる時間帯にも開いて下さると知り(☆-☆)、、「絶対に参加するぞ〜♪」ととても楽しみにしておりました♪
(午後3時開始、の回もあるのですよ〜♪d(⌒o⌒)b♪)

Kさん宅で開かれた講座には、KiKiのS部さんにYえさん、テンサーティのNさん、P.A.P.S.のハナちゃん、K藤さん、朝日カルチャーリコーダー教室の方々、某ギャラリーのTさん、と知っている方もたくさん参加されていて、ハナちゃんやS部さん、Yえさん、Tさんからは、楽しい楽しい様子をお聞きしていたので、ほんとに楽しみにしておりましたo(^-^o)(o^-^)o

*****

午後5時前、に仕事が終わるので、車で5分、のギャラリーさんへ行くのにかなり時間が余ってしまいます、、、

事務所に残らせてもらって、笛の練習しようかとも思ったのですが、今日は前から行きたかった、久しぶりな自分の服の買い物に行くことにして、何も考えずに車走らせます、、

堺の駅前に確かなんか大きなお店があったような、、といってみると、ありました♪PLATPLAT、とかいうショッピングプラザ♪

ここでジーンズ見て、、試着して似合わないのにがーんとして−−;、、等うろうろしてたら、アッという間にリコーダーギャラリーさんに向かう時間に〜♪

*それでも、少し早く着きすぎてしまったのですが、おかげで、応接室で座っておられた光田さんとおしゃべりさせていただけました♪d(⌒o⌒)b♪るんるん♪

*****

今日の講座はどんなメンバーになるのかなあ(☆-☆)、とこれも楽しみだったのですが、おととしに養護学校でのコンサートでご一緒させていただいた、テンサーティのTさんがいらっしゃいました(☆-☆)わ〜い♪嬉しい〜♪お久しぶりです〜♪

あとは、どなたも顔見知りばかり♪竹山さんのご主人さんやBちゃん、等々、、わわ♪楽しい顔ぶれ♪合わせるの楽しそうなのだ♪

と思うまに始めてくださった"パーカッション講座"、、、、めちゃめちゃ楽しかったです(☆-☆)♪

必死に叩くうちに、アッという間に終わりの時間になってしまっていました。

まず最初に、Sambaの国、ブラジルの歴史や音楽・文化の成り立ちから教えていただいて(今まであまり注意払っていなかったのか−−;、初めて知ることばかりで、感激でした(☆-☆))、
次に、Samba独特のリズムをいろんな楽器使って教えて下さって(☆-☆)
(この時に教えて下さったアフリカ音楽の特徴?となる"ポリリズム"のお話と実践が興味深かったです〜(☆-☆)。
ドラム&ギター小僧な息子がしょっ中、「三拍子の中に二拍子入るから叩きにくいねん〜−−;」と、(これはハードロックの方の話なのですが)、言ってるのでなんか「こんなところにも、昔からそんなリズムがあるんだ。帰ったら息子に話したろ〜♪」と、親しみ感じてしまって♪)

Samba独特の例として叩いてくださった、スネアドラムみたいな「Caixa(カイシャ)」での、ポリリズムと4つ叩きとが融合したような中間の、少し崩れたリズム、、、ピタッとわかることは出来なかったのですが(>_<)、とりあえず、聴いてると体がムズムズ、、動きたくなってきます(☆-☆)。わくわくわくわく♪

まず、基本になるところを、膝と手を使って練習練習(パーカッション、って前から憧れてる分野なので、この時点でもう嬉しくて楽しくて〜♪)、、、で、いよいよ楽器持って叩きます(☆-☆)わくわくわく♪

今日、用意してくださっていた楽器は、たくさんあったのですが(☆-☆)、説明&使わせていただいたのは、

・「カイシャ(Caixa)」、、前述のスネアドラムのようなやつで、木のスティック二本で叩きます。
・「タンボリン(tamborim)」(文字通り、タンバリンみたいなので直径12cmくらいか?利き手に楽器を、別の手にスティック(プラスティックのまっすぐ〜なやつ)を持って叩きます(☆-☆))、
・ガンザ (ganza) 、、、タマラカスみたいな、今日のはレモン型でしたが、シャカシャカシャカシャカッ、とシェイクして振るやつ〜♪
・アゴーゴー?(agogo)、、大きなベルと小さなベルが二つくっついてるやつ。コンコンキン、コンコンコキン、とSambaらしい音とリズムです(☆-☆)
・ スルド (surdo) 、、は大きすぎるのでこれで代用、とそれでも十分に大きな太鼓さんでした(☆-☆)。黒い皮張りで、深みのある低音が響くのが気持ち良かった〜(☆-☆)

の五種類、です♪(5人だったので〜♪)

最初に、お話聞いた時から叩きたかった「tamborim」が叩けて嬉しかったのですo(^-^o)(o^-^)o

でも、、、手が小さくて┯_┯、、光田先生やS君は軽々叩けてた、楽器持ってる利き手で、スティックで叩く裏拍というのか楽譜の休符で表されてるところを叩くのが、中々音が出なくて(皮にまで指が届かないのだ−−;)、苦労いたしました。。

それぞれ、初めて見る、初めて持つ楽器、、叩き方を説明していただいて、Sambaの基本リズムを教えていただいて叩きます、、、合わせます、、、

ふ、と顔をあげたら、一列に並んだみんな(私も含めて* ̄◇ ̄*)の顔があまりに真剣で、めちゃ精神集中して叩いてる5人、の姿が映って、なんか面白くてニマニマしてしまいました^m^♪Sambaのわりに、この気迫漂う演奏風景は何なのだ〜^m^;(。。だってね、ほんとに必死で集中しないと、なんですもん−−;)

で、一しきり、叩いて合わせて、、笛の音に合わせて、スルドだけパターン変えて叩いたり、、等してから、今度はこの五つの楽器を順繰りにぜ〜んぶ経験させていただきました(☆-☆)/♪やたっ♪

どの楽器もそれぞれに面白くて、奥が深い気がしました。だって、どれやってる時も楽しくて仕方ありませんでしたもの〜♪それぞれに難しいし−−;

ちょっと慣れてきたら、ノリ方?を少しわかれそうな気がしてきました。。。もう少しテンポ速い方がノリやすいかも〜(>_<)?

一巡して、元の楽器に戻ってきたところで、今度は笛の音に合わせて、楽器が入ったり抜けたり、、開始の音型と終始の音型も教えていただいて、先生の叩かれるオープニングのクィーカ (cuíca)?−−?だっけ?のテンポに合わせて始めて、、等、の形で叩いて、、

*****

メロディ一切なし、なのに、5人(先生合わせて6人〜♪)でリズムを叩くのが、こんなに時を忘れるほど楽しいとは(☆-☆)、、もっともっと叩いていたい気分でした♪

特に、光田さんの叩かれるリズムが入ると、それに合わせて叩くのがひたすらウットリ、と気持ちよいのです(☆-☆)、、うう、楽しい〜♪

アッというまに終わってしまった一時間半でした。

光田先生、ありがとうございました♪d(⌒o⌒)b♪

来週はどんなんするんかな〜o(^-^o)(o^-^)o、、今から楽しみでたまりません〜o(^-^o)(o^-^)o

*****

さて、、楽しかった"パーカッション講座"を終えて家に戻って、、、本日は晩御飯はミルパパに頼んであったので♪d(⌒o⌒)b♪御弁当買ってくれていました。

それ食べてから仮眠、、、にゃんて恵まれている主婦なのでせうか* ̄− ̄;*A(でも今夜は夜中に大掃除がんばるのだ。)

起きれなくて起きれなくて、、┯_┯、、おまけに、やっと起き上がったら、ひどい鼻炎と偏頭痛&吐き気で┯_┯、、しくしく、、

なんとか、トラヴェルソ組み立てて、休み休み吹いたのですが、、カプリス3曲と無伴奏ファンタジー一曲吹くので精一杯でした。(あんまり辛くて、カプリスの重点練習忘れてしまいましたのだ−−;)

リコーダーは今日も吹くのあきらめ┯_┯、、、ここまで鼻炎と偏頭痛・吐き気がひどいと練習にならない気がして┯_┯、、

明日もたぶん吹けない(娘が誕生日で帰ってくるので〜♪d(⌒o⌒)b♪)、、なんだなあ、、、でも吹きたいんだけど、、うむ、、

薬飲んだのに中々効かず、、、数時間後になんとか治まってきました、、、うう、悔しい〜(>_<)

でもまあ、パーカッション講座、楽しかったし♪新しい音楽の経験できたし♪d(⌒o⌒)b♪ま、いっか♪♪

*この後、息子とドラム談義?、、ポリリズム、って知ってる〜(☆-☆)?という話から、「もちろん、そんなんはちゃんと調べて知ってる」んだって。勉強もがんばってるんだにゃ。。。

息子が今、「すごい」と思っている、スリップノットのドラマーのビデオ見たり(確かに、力の抜けた気持ちのいい叩き方(☆-☆)、めちゃ激しい曲なのに、、)、ついでに、とラルクやyoshikiやルナシーとかのビデオ見たり、なぜかマンソンのクリップ見たり(* ̄◆ ̄*いや〜、あの衣装は私にとってはネタですにゃ、、)、、夜更かししちゃったん、、


2006年10月25日(水) No.175 (グループレッスン)

合同最終リハ&KiKiレッスン♪


*****ブログより*****

はいにゃ(☆−☆)!もう残り一週間を切ってしまいました♪ドキドキドキドキ^−^*(わくわく)

6月10日(土)、心斎橋"開成館"にてあります、リコーダーカルテット、"もも"・"テン・サーティ"・"KiKi"合同コンサート♪

今日はその最終のリハ、というか合同練習でした。

コンサートのプログラム最後は、"もも"・"テンサーティ"・"KiKi"合同で《心斎橋リコーダーオーケストラ》結成♪して、秋山滋先生の指揮でヘンデルの《水上の音楽》を演奏します♪

カルチャーセンターでお世話になった、K藤さん(グレートバス)・S心さん(コントラバス)も加わってくださいます♪

このリコオケがなんともいえず楽しいのです〜o(^−^o)(o^−^)o正直な話、ヘンデルの水上の音楽がこんなに吹いて楽しい曲だとは思っておりませんでした^^;(聴くのは昔から大好きなんですが。。)

午後2時半から、、練習開始〜♪

実は、きのうの余波(ちょっとビガリアのソナタで苦労して消極的な気持ちになっている−−;)で、吹き始めはいつもと違い、ちょっと引っ込んで吹きたいような気分、誰かのかげに隠れて吹きたいような気分で吹き始めて、、、

* ̄◆ ̄*あ、あかんあかん、、私、ソプラノの1stパート吹いてるんでした。人の陰に隠れて吹いてる場合ではありません。全体で一つになって、、、秋山先生の指揮に合わせて、、どんどん気持ちが高揚して、、、「あ、こんな風に吹きたい(☆-☆)」ってまた自然に思えてきて、、いつのまにか、いつも通り、のびのび感じたままに吹いておりました。(それでもちょっとだけ、のびのび吹けないところがあったのは、きのうのソロソナタで少し萎縮した気持ちが尾をひいていた気がします。本番までに、イケイケな気分になっておくぞ♪)

すごく楽しい練習でした♪(☆-☆)♪本番、、楽しみだなあ♪家でもちょっと練習、がんばっておこっと♪

本番では、岡山から来られる"もも"さん達と初めて合わせることになります。全員揃うとどんな音になるのでしょう(☆-☆)。早く合わせてみたい気分〜♪♪

*そそそそ、きのう・今日、と主人のアドヴァイスに合わせて、ローちゃん442Hzソプラノリコーダーを吹き始める前に、下の音域で数分ロングトーンをするようにしてみました。目安は、ブロックの下側がしめって色が変わるぐらいまで、下の音域のゆったりした息で吹き込むこと、、

(☆-☆)!!これすると、音が詰まってきません〜。うううむ、やっぱりほんとはもう少しじっくり育ててあげないといけないのかな、、、でも、一度ローちゃんの響きに慣れてしまうと、これで本番、吹きたくて仕方ないのだにゃ、、、うううむ、、

*****

合同練習の後は、少し休憩させて下さってから、今度は"KiKi"のグループレッスンしてくださいます♪

こちらもいよいよ、最終の詰め、最終の確認、になります。

秋山先生、優しいから、、、ほとんどの曲、「うん♪いいですよ(^^)」と誉めてくださって進みます。。

最初の曲だけ、全員でおさえた演奏しすぎて即ダメ出しされましたが* ̄◇ ̄;*

やっぱり、《おさえる》演奏、というのはどうも不自然に元気なくなってしまうようです、、アドヴァイスいただいて、元気いっぱい、感じたままに演奏したら吹きやすくって♪

あと、一番気になる、マルチェロの協奏曲の第三楽章、、少し時間とってじっくり丁寧に教えていただきました。。。。これ、本番、どんな感じになるかな〜、、楽しんでいただける演奏が出来ればよいのですが、、ドキドキ、、

テレマンの《La Caccia》では、替え運指教えていただいて、同じ音を音色も替えて吹く面白くできるところ教えていただいたり♪音程が下がって聴こえてしまうところを綿密に指導していただいたり、と細かくポイントおさえていただいて♪

《Singing in the Rain》では、最後、ビギンのリズムが一瞬、スィングになるところ、どう吹けば良いのかわからなかったのですが、さすが♪一言二言、自然にスィングのリズムで吹ける感じ方教えていただいたら、自分達でも、吹き方が変わったのを感じました(☆-☆)、これだ〜♪♪

そして最後の曲、《Someone to Watch over Me》、、そっ、と吹いてみたり、等もっと魅力的に吹けるポイント教えていただいて、、、

さあ〜♪後はあさって、最後の練習して、、、後はいよいよ本番です(☆-☆)♪♪どきどきどきどき、、

今週は家でも本番週間♪曲の練習に時間割こうと思いますのにゃ♪あ、楽譜も作らなければ♪曲紹介の下調べもしておかなければっ(☆-☆)、、衣装の準備も〜♪

楽しみで楽しみで、緊張感もあるのですが、小さい頃のクリスマスや遠足なんかが待ち遠しくてたまらなかった時みたいな気分です♪d(⌒o⌒)b♪

2006年06月04日(日) No.152 (グループレッスン)

[1][2] [3]