Home 音楽室 掲示板等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


リコーダー・トラヴェルソで参加させていただいた楽しい経験や、
いろんなアンサンブルさせていただくことの出来た時間等、
リコーダー・トラヴェルソに関わる心弾んだ経験を
綴っていきたいなあ、と思っています。



ムジカ・ラチェトラさん教室発表会&講師コンサート


18日に初合わせしたムジカ・ラチェトラさんの教室発表会でした。

ものすこーく!楽しかったのです。ひとえに鳥居さんご夫妻、越智さん達のお人柄のおかけです。皆さますごい奏者さんなのに本当に気さくに楽しく合わせて下さってトラヴェルソ吹くのがなんと楽しかったことか💕

翌日のFBに載せた当時の感激を転載します。

-------------
とっても楽しかった昨日のコンサートの写真をいただきました💕&主人の撮ってくれた写真と。

主催のヴァイオリ二スト鳥居さんが集合写真で構えておられるのがヴィオラダモーレ、3人の演奏写真で弾いておられるのがスパッラです。越智さんのヴァイオリンと鳥居さんのスパッラ、私トラヴェルソで演奏したヴィヴァルディのフルート協奏曲、あまり満足出来る吹き方は出来なかったのですが>_<一応力抜けて楽しく吹けたのはお二人の純粋に音楽を楽しんで下さる雰囲気のおかげだなあと。皆さま凄い奏者さんなのにとても気さくに合わせていただきホントに嬉しかったです。

大村さんとマンドリンの友成さんがソロをされた調和の霊感3-8もカッコよかった😍マンドリンてあんなにカッコ良いとは。

初めて知ったヴィオラダモーレという楽器によるヴィオラダモーレ協奏曲も鳥居さんの超絶技巧と楽しげに演奏されるのにワクワクしてしまいました。

でも今回一番心に残ったのは前半の生徒さんたちの演奏かもしれません。この10月から始められたばかりの小さな子どもさんも開放弦のみの演奏で参加されていると伺いました。準備やリハ、本番時に鳥居さん、越智さん、大村さんがそれぞれの生徒さんを引率したり指導される様子やドキドキ出番を待つ様子、本番の様子や鳥居さんの司会等どの時間にも生徒さん達への深い愛情があふれていて、聴いているのがとても楽しかったのです。聴くうちになぜか温かな幸せな気持ちになり、今年の締めくくりにふさわしい「音楽ってなんて素敵なんだろう」という気持ちにならせていただきました。
お陰で、緊張することを覚悟していたのに不思議にリラックスして楽しく吹かせていただいた本番でした。

素敵な会に招んでいただき本当にありがとうございました💕楽しかったですー(*^_^*)
2017年12月27日(水) No.551 (415Hzアンサンブル)

テデウムと真夜中のミサ合わせ


テデウムと真夜中のミサ5回目合わせ


聖愛教会で真夜中のミサ


テデウムと真夜中のミサ4回目合わせ


テデウムと真夜中のミサ3回目合わせ


テデウムと真夜中のミサ2回目合わせ


テデウムと真夜中のミサ


12月16日に神戸六甲にある古典フルート専門店La Flute entianteeさんにて、バロック楽器を使ったシャルパンティエのテデウムと真夜中のミサのコンサートを開くので、と指揮をされる榎田雅祥さんからお声掛けがけいただきました。

というか主人が7月にあったオーセンティック楽器の集いで自作バロックトランペットでブランデンブルク2番を吹いたのがきっかけでまず主人に声がかかり、奥さんも笛で、と一緒に呼んで下さいました(^_^*)

この日はそのテデウムコンサートの初めての合わせ日。まだ楽譜もいただいていなくて前日突然お電話いただき、参加できる人だけでも、ということで急遽集まる形でした。午後2時過ぎに行ってみたら榎田さんはもういらっしゃったのですがヴァイオリンの方等夕方から来られるとのことでまずは初見大会ー(^_^*)

entianteeオーナーの柳沢さんが最近購入されたダブルリードの包むホルンみたいな楽器コルナミューズのカルテットセットでルネサンス曲をいろいろ合わせます。面白いー(^_^*)!でもこの後トラヴェルソが吹けなくなって遊びすぎたことちょっと後悔(-_-;)(主人もコルナミューズ吹きすぎてトランペット吹けなくなったそうな)

夕方からは皆さま来られ、テデウムと真夜中のミサの初合わせでした。中々前途多難な気のする今日の合わせ、それでもプロの方達の中で吹くのはとても楽しく勉強になります。個人練習頑張らねば、と思いつつ帰途に着いた日でした。
2017年11月04日(土) No.539 (415Hzアンサンブル)

せいあいバロックアンサンブル♪


今日は三ヶ月ぶり?なせいあいバロックアンサンブルの集まりです(^_^*)。小栗さんと私のトラヴェルソ、Eさんのガンバ、Yさんのチェンバロでテレマンのあまり有名でないトリオソナタを合わせたり、憧れのバッハの音楽の捧げ物のトリオソナタをヴァイオリンパートもトラヴェルソで吹いちゃって挑戦したり、しています(^.^)
それぞれのソロソナタは私はヘンデルのト長調を今吹きおえたところで小栗さんがバッハのBWV1030?ホ長調を吹かれるの聴きながらこれを書いています。いい曲だなあ(^.^)❤️

この後はオトテール(ボワモルティエは間違いでしたf^_^;)のトリオソナタを合わせます。聴くのも吹くのも楽しくてたまらない山の日です(^_^*)❤️
2017年08月11日(金) No.527 (415Hzアンサンブル)

オーセンティック楽器の集い


バロックバソンの二口さんが音頭とって下さり、20日(木)15時よりLaFluteEnchanteeにて開かれた「オーセンティック楽器の集い」に主人と二人で参加させていただきました。

バソンが3本も4本も、奏者の方も何人もいらっしゃる!という豪華すぎる情景に驚き(重なる音にも!)、プロの方や普段一緒に出来たらなあと憧れのバロックヴァイオリンの方と一緒に何曲も合わせてもらったり聴かせてもらったり、という至極贅沢な時間を過ごさせていただきました。主人のバロックトランペットと久しぶりにブランデンブルグ二番が吹けたのも嬉しく楽しかったです。(オーボエもチェンバロもファゴットもプロの方が一緒に演奏して下さるという!ヴァイオリンも何本も入って下さるし(^。^))
Enchantee主の柳沢さんが誘ってくれて揃えられたばかりのルネサンスリコーダーでスザート吹けたりもしました。大好きなファッシュのカルテットを赤坂さん(ob)、田中さん(cemb)、二口さん(bssn)、椎さん(vn)という豪華メンバーで合わせていただけたりルクレールのシャコンヌ吹かせてもらって「なんていい曲なんだー」とウットリしたり、、貴重な経験させていただきました。

最後に参加者全員でリュリの曲を3曲、榎田先生の指揮で合わせたのがまたすごく賑やかで楽しかったのです。右後ろからオーボエとツィンクの華やかな音が降ってくるのが心地良かったです。

ご馳走に美味しいお酒が並ぶ響きの良い場所でワイワイ合わせたり聴きながらお喋りしたり食べたり飲んだり❤️、とお祭りのような楽しい一日でした。

素敵な会をありがとうございました。
2017年07月20日(木) No.526 (415Hzアンサンブル)

[1][2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]