++Concert Diary++

Home 音楽室 掲示板等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


---2017年12月の日記---

2017年12月27日(水) ムジカ・ラチェトラさん教室発表会&講師コンサート


ヴァイオリニストの越智容子さんに声かけていただき、ムジカ・ラチェトラさんというヴァイオリン教室(鳥居さんご夫妻が運営)の生徒さん達の発表会後の講師コンサートにてトラヴェルソを吹かせていただきました。

ヴィヴァルディのフルート協奏曲やダモーレ協奏曲、調和の霊感等大好きな曲ばかり。超絶技巧の鳥居さん達の中で吹くのは緊張するだろうと思いきや、暖かくて気さくな皆様のおかげで最高に楽しい時間でした。トラヴェルソのレクチャーも少し、とおっしゃっていただきいろいろ楽器持っていってお話ししたのも皆さま楽しく聞いて下さり、終わったあと、フルートを吹いておられるそうな小学生の女の子がお母様とトラヴェルソ見せて下さい、って来て下さったりしてそれもとても嬉しい時間でした。

翌日のFBに楽しかった思いを綴っているので以下転載です。

------

主催のヴァイオリ二スト鳥居さんが集合写真で構えておられるのがヴィオラダモーレ、3人の演奏写真で弾いておられるのがスパッラです。越智さんのヴァイオリンと鳥居さんのスパッラ、私トラヴェルソで演奏したヴィヴァルディのフルート協奏曲、あまり満足出来る吹き方は出来なかったのですが>_<一応力抜けて楽しく吹けたのはお二人の純粋に音楽を楽しんで下さる雰囲気のおかげだなあと。皆さま凄い奏者さんなのにとても気さくに合わせていただきホントに嬉しかったです。

大村さんとマンドリンの友成さんがソロをされた調和の霊感3-8もカッコよかった😍マンドリンてあんなにカッコ良いとは。

初めて知ったヴィオラダモーレという楽器によるヴィオラダモーレ協奏曲も鳥居さんの超絶技巧と楽しげに演奏されるのにワクワクしてしまいました。

でも今回一番心に残ったのは前半の生徒さんたちの演奏かもしれません。この10月から始められたばかりの小さな子どもさんも開放弦のみの演奏で参加されていると伺いました。準備やリハ、本番時に鳥居さん、越智さん、大村さんがそれぞれの生徒さんを引率したり指導される様子やドキドキ出番を待つ様子、本番の様子や鳥居さんの司会等どの時間にも生徒さん達への深い愛情があふれていて、聴いているのがとても楽しかったのです。聴くうちになぜか温かな幸せな気持ちになり、今年の締めくくりにふさわしい「音楽ってなんて素敵なんだろう」という気持ちにならせていただきました。
お陰で、緊張することを覚悟していたのに不思議にリラックスして楽しく吹かせていただいた本番でした。

素敵な会に招んでいただき本当にありがとうございました💕楽しかったですー(*^_^*)
No.4396

2017年12月16日(土) テデウムと真夜中のミサ

神戸六甲にあるLa FLUTE ENTIANTEEさんにて、榎田雅祥さん指揮、指導、オルフェオ楽派のコンサートでした。

シャルパンティエのテデウムと真夜中のミサの笛パートを吹かせていただきました。主人はテデウムとヘンデルのメサイアよりハレルヤコーラスのバロックトランペットを自作バロックトランペットで吹きました。主人お手製のトランペットがとても吹きやすいと評判良く、1stの○さんもキィ付きのから主人作のに変えて二人ともお手製バロックトランペット、なかなか良い音だったと思います(^_^*)

沢山のお客様にお越しいただき無事にコンサートを終えることが出来てホッとしています。今回は楽しいより緊張のが大きかったかも?でも思い出に残る時間をいただきました。ありがとうございました😊
No.4395

2017年12月10日(日) 真夜中のミサ@神戸合唱団

神戸聖愛教会にて毎年この時期に開かれている神戸合唱団さんの定期演奏会、第2部が今年はシャルパンティエの真夜中のミサで、中のリコーダーパートを小栗さんに声かけてもらって一緒に吹かせていただきました。

前々日の金曜日のみが合わせでどうなるかと思ったのですが不思議にスラスラと合わせも進み楽しい思いで吹かせていただきました。アンシャンテで開く16日のコンサートでも吹く真夜中のミサ、そちらでみっちり練習させてもらっているのも大きかったかも💕

40人の大合唱の中で吹かせていただくリコーダーパートは本当に楽しかったです。

ありがとうございました(^_^*)
No.4394

No. PASS
キーワード  OR AND
スペースで区切って複数指定可能

++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(f3)DIARY version 3.51