++Concert Diary++

Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


---2016年12月の日記---

2016年12月16日(金) クリスマスコンサート♪

12月16日(金)、ウィーン在住のソプラノ歌手森野由みさん達のクリスマスコンサート(於:神戸聖愛教会)にてバッハのBWV208より狩りのカンタータ"羊達は安らかに草を食み"を吹かせていただきました。
(オルガンの心地よいきざみにソプラノの歌声、二本のリコーダーの旋律がからみあう素晴らしい楽曲です。昔昔の"朝のバロックの時間"のテーマ曲でも有名かな?)

当日の写真をステージマネージャーのMさんよりいただいたので自分達の部分だけ貼り付けます(^^)。

せいあいパイパーズの小栗さんが声かけて下さって一緒に吹いたこのコンサート、ソプラノの森野由みさん、メゾソプラノの八木寿子さん、オルガンの福田のぞみさん、ピアノの岡本佐紀子さんとどの方も内外で活躍しておられる素晴らしい音楽家の方達のコンサートで、前日木曜日の練習(最初で最後の合わせでもありました)でまず圧倒されました。

ただ不思議なことに経歴見てもすごい方ばかりなのに不思議に緊張させないで下さる、なぜかリラックスしてうんと楽しく吹かせて下さるのです。音程もプロの方の思うようには合っていないのではと思うのに、それを気にするよりひたすら楽しく音楽する気持ちにならせていただける、そんな皆さまでした。
(リラックスしてのびのび楽しく吹かせていただけるので逆に音程等一番良い状態になれたのではとも思います(^^)。)

当日のリハも「繰り返しのところだけもう一度いいですか?」とおっしゃられて「やっぱり出来が悪かったかな(>_<)」と気にしたらそうではなく、とても素敵な今まで思いもつかなかったカデンツァを入れて下さって突然の素晴らしい歌声の駆けあがりに鳥肌立ちました(^^)。

とても温かみのある歌声が心に響く、また聴きたい、包まれたいと思う歌声にすっかりファンになってしまった夜でもありました。

素晴らしい音楽を奏でる方々と一緒に吹かせていただけととても楽しく、幸せな時間でした。小栗さんと一緒に吹かせていただけたのも安心してのびのび吹けた一因と思います(^^)。楽しい夜、良い思い出が一つ増えた夜でした。

プログラムはクリスマスコンサートらしい後半(羊〜の他にはオルガン伴奏の"主よ人の望みよ喜びよ"や"きよしこの夜"、デュオによる"エホバはわが羊飼い"等々、聖愛教会聖歌隊参加の"世のならぬ先に""さやかに"等々)、前半はソプラノとメゾソプラノのデュオを堪能できる構成(メンデルスゾーンやヴォルフ、シューベルト、シューマン、サンサーンス)で聴かせていただくのも楽しいコンサートでした。小栗さんのモダンフルートを聴けたのも良かった〜♪

最後に聖歌隊の方々と一緒に歌われた"さやかに"、大好きな歌でオルガンや合唱入りで聴けて大感激でした。

アンコールの一番最後の"きよしこの夜(全員で合唱)"ではソプラノリコーダーでのオブリガートパートを吹かせていただき、今までも礼拝等で何度か吹かせていただいた大好きなパートなのですがちょっと緊張しつつも礼拝堂に響く歌声に沿って吹くのはなんとも心地よい時間でした。

楽しい楽しい、得難い素晴らしい時間をありがとうございました。
No.4389

No. PASS
キーワード  OR AND
スペースで区切って複数指定可能

++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(f3)DIARY version 3.51