++Concert Diary++

Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


---2015年9月の日記---

2015年9月20日(日) ハープシコードカンパニーコンサート♪
第19回目になります、青木好美先生主催のハープシコードカンパニーコンサートの日でした。豊中のアクア文化ホール音楽室にて。
(この音楽室にはとても珍しいことにチェンバロが常備されています。)

私は先週の合わせ練習の翌日から体調崩してしまい最低最悪の状態での出演でした--;。薬で抑えてフラフラしつつ、、以下、翌日のmixi日記の一部です。

*****************************
なので本番中に自分の演奏順を待つ席で思っていたのは

「とにかくなんとか無事に、とにかく病に邪魔されないで普段通りに吹きたい、立ったままちゃんと最後まで吹きたい。途中で座り込みませんように、、」

なんて、普段からみるとかなり最低限?ののぞみでした。

が、ふたを開けてみたら、なんて楽しかったのでしょうか(^^)。今年友情出演してくださった山本萌美さんのガンバ、毎年通奏低音担当してくださるN浦さんのチェンバロに支えられて吹いたマルチェッロ、吹きながら楽しくて楽しくてもっと吹いていたい思いでした。変な欲がなかったからかな〜?あんなに本番で楽しかったのってあまりないかも?

まあ実際の演奏は前半部分はそれなりに思う通りに吹けた気がしているのですが、大好きなこれが吹きたくてこの曲選んだチャッコーナはものすごいボロボロです。聴きにきてくれてた主人曰く「めちゃくちゃびっくりした。家であんな速度で吹いてたことないやろ?」と驚かれるスピードになってしまってたそうな(←興奮のあまり自分では気づいていない私。そうか、それで後半ちゃんと吹けなかったんや〜。

チャッコーナ、もっかい落ち着いてちゃんと吹きたいな〜。。いろいろ聴き返しているとやり直したくてたまらなくなる、、

でも今回は本当に出来のよしあしに関係なく心から楽しく感じることの出来た本番でした。お聴きくださった(おつきあいくださった)皆様、ありがとうございましたm(..*)m

ふーさん、N月ちゃんと青木先生のチェンバロとで吹かせていただいたテレマンの四重奏曲も練習、リハ、本番、ととても楽しかったのです。

青木先生のアドヴァイスで自分で感じていたのよりかなりゆっくりしたテンポで吹いた第一楽章、このテンポもありかも?と3本のリコーダーのからみを感じて吹くのがとても面白くて勉強になりました。

来年は何吹かせていただこうかなあ、なんて気が早く今からワクワク考えています(^^)。


No.4376

No. PASS
キーワード  OR AND
スペースで区切って複数指定可能

++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(f3)DIARY version 3.51