++Concert Diary++

Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


---2012年10月の日記---

2012年10月13日(土) ハープシコードカンパニーコンサート

なぜこの日の演奏会記録を付け損ねているのだろう(> <)?(ただ今2014年8月です^^;)

確か10日くらい前にひいた風邪が全然治らなくて直前の水曜日に青木先生のご自宅でさせていただいた合わせリハもこの本番の日も咳が止まらなくて薬で抑えて瀕死の状態だったのでした。そのときそのときは大丈夫なつもりでいたのだけど、体が健康に戻ったときやっと、
「あ、あの時って全然ちゃんと吹けてなかったんや」
と理解できたコンサートでした(> <)

コンサートの後も中々風邪が治らず苦労した年でした。

でもこの年のコンサートは青木先生がヴァイオリニストの大内山薫さんをゲストに呼んでくださって、私がお願いしたバロックオーボエの太田さんも出てくださってものすごく豪華な出演陣だったのでした。万全の体調でのぞみたかった(> <)、と今も思います。

私が吹かせていただいたのは今年はとても多くて

・ファッシュのVn、Ob、Re、チェンバロのトリオソナタ
・テレマンのリコーダーとオーボエのトリオソナタ
・ソロソナタはバッハのF-Dur(に移調したフルート)ソナタ
・A.スカルラッティ   3本のアルトリコーダーとチェロのためのソナタ ヘ長調
・D.パーセル      2本のアルトリコーダーと通奏低音のためのトリオソナタニ短調

の五曲、風邪ながらとても楽しい♪と感じた本番でした。

リコーダー仲間の満太郎さんが思いがけず来て下さったのも嬉しかった♪ふーさんつながりでshizuさんやおとみちさん、くんさんといった、ふーさんと同じプネウマの方々、れおんはるこさん、アルト笛さんが来て下さったのも♪


〜プログラム〜

・N田さん(cem独奏)
J.C.F.フィッシャー "音楽のパルナッソス"より第3組曲「メルポメーネ」

・O谷さん&青木先生(リコーダー&チェンバロ)
F.M.ヴェラチーニ  リコーダーと通奏低音のためのソナタ第4番 変ロ長調

・ふーさん&青木先生(リコーダー&チェンバロ)
G.Ph.テレマン   "音楽練習帳"よりフラウト・トラヴェルソと通奏低音のためのソナタ変ロ長調(原曲ト長調)

・ふーさん&安江(私)&O谷さん&青木先生(リコーダー3本&チェンバロ)
A.スカルラッティ   3本のアルトリコーダーとチェロのためのソナタ ヘ長調
D.パーセル      2本のアルトリコーダーと通奏低音のためのトリオソナタニ短調

・N浦さん(cem独奏)
J.S.バッハ       "半音階的幻想曲とフーガ" ニ短調BWV.903

 ***  休憩〜♪ ***

・大内山さん&青木先生(Vn&チェンバロ) 
  :ゲスト出演して下さったプロのバロックヴァイオリンの方です。
G.B.フォンターナ   ヴァイオリンと低音のためのソナタ ニ長調

・太田さん&安江(私)&青木先生(Ob.&リコーダー&cem)
  :友情出演して下さったオーボエの友人です。
G.Ph.テレマン     "音楽練習帳"より リコーダー・オーボエと通奏低音のためのトリオソナタ ハ短調 TWV42:c2

・大内山さん&太田さん&安江(私)&青木先生(Vn.&Ob.&リコーダー&cem)
J.F.ファッシュ    リコーダー、オーボエ、ヴァイオリンと通奏低音のためのクァルテット 変ロ長調  より第1、第4楽章

・安江(私)&N浦さん(リコーダー&cem)[m:47]
J.S.バッハ     フルートと通奏低音のためのソナタ ヘ長調BWV.1035(原曲ホ長調)

・I田さん(cem独奏)
J.S.バッハ     "ゴルトベルク変奏曲"(アリアと種々の変奏曲) BWV.988
             アリア 第1〜第10変奏

〜Finale〜
  J.ダウランド  "Now,O now I needs must part"(全員の歌と合奏)


No.4363

No. PASS
キーワード  OR AND
スペースで区切って複数指定可能

++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(f3)DIARY version 3.51