++Concert Diary++

Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


---2008年7月の日記---

2008年7月19日(土) せいあいパイパーズ♪コンサート♪
神戸聖愛教会にて結成された"せいあいパイパーズ(吹笛隊改め)"、の第2回コンサートをこの7月19日(土)に開かせていただきました(^^)♪


〜せいあいパイパーズ コンサート in Summer♪〜

                    於:神戸聖愛教会

メンバー:wat392(ソプラノ等)・cherry(アルト等)
          oguken(テナー等)・満太郎(バス等)


まだ、アンサンブル日記が書けていないのですが、先に音源&公開のお許しをいただいたので、当日の録音を公開させていただきます(^^)

前夜9時に集合して最初で最後の合わせをした時の様子、当日の様子等々、またアンサンブル日記練習・ご飯日記に書くつもりでいます(^^)


音源は ⇒ せいあいパイパーズ音源ページ

こちらにてお聴きいただけます。

気の向かれた方、、聴いていっていただけると嬉しいです(^^)♪


*個々のプログラムについて*
 (mixiに書いた分ですが転載を、、)

約二ヶ月ほど、、毎日必死に練習してそれでも個人練習が足りなくて吹けてる気がしなくて、、でも日毎に自分の中に入ってくる音楽、プログラムのどの曲も好きでたまらず、合わせるのが待ち遠しい、、まだ吹けないけど、、そんな気持ちで迎えた土曜日、いえその前金曜日の合わせ練習の日でした。

自分の技術的・音楽的な未熟さを痛感しながらも、それでも合わせるのが楽しくて、呼応しあう喜びを感じた練習・本番でした。

何より、何度も書きましたが聴いていただける喜びをかみしめさせていただいたコンサート、、

音源をドキドキと聴いてみて、、あちこち綻んではいるけれど、吹きなおしたいところもたくさんあるけれど、、でもなんとなくあの時感じていた気持ちがちゃんとにじみ出ている気がする(☆-☆)、、と実は自分達の演奏なのに嬉しくなった音源です。

細かなあたりは出来たら目を瞑っていただいて、、聴いていただけると嬉しいです♪♪

どうぞよろしくお願いします♪♪


******

個々の曲について少し言い訳を、、^^;+いろいろ


熊さんのピクニック  (J.W.Bratton・SRQのSさん編曲)

 オープニングはSRQのSさんが編曲された可愛らしいこの曲♪を吹かせていただきました♪
 題名のことについていろいろ調べておられるのを日記で拝見していたので実際に吹けるのがとても嬉しかったです。
 イギリスのゆったりした歌としてよくご存知なogukenさんと、リコーダーのテンポの速い軽やかな曲として捉えていた私、、まだテンポ感が統一されてなかったかも、、(> <)

 オープニング演奏風景


・オーボエ四重奏曲  (モーツァルト・wat392編曲)
  Allegro   Adagio  Allegro ma non toroppo

 去年の"フルート四重奏曲"に続いて今回はオーボエ四重奏曲です♪
 モーツァルトの曲は一人で練習してても楽しくてたまりませんでした。
 単純な刻みを吹いてるだけでも「ああモーツァルトだ♪」と
 ウットリしてしまえるのは、モーツァルトもですが編曲者さん・独奏者さんもすごい気がします♪
 
 第三楽章、、前夜から酷使したアルト、親指の穴に水滴がつまって高音が出ない部分があり、悔しい〜−"−;

 


うぐいす (メルーラ)

 今までいろんなアンサンブルで何度も合わせたことのあるこの曲、、
 こんなに自由な気持ちで羽ばたくような思いで吹けたのは初めてかも、と思いました。吹いてるのが気持ちよくてたまりませんでした(^^)
 古橋潤一さんにしていただいた初期バロックのクリニック受けて以来、
 この曲の感じ方が今までとガラッと変わった気がしています。
 少しだけどういう曲なのか、やっと理解できたというのか、、
 個人的にはとても気にいっている演奏です(^^)

 


我が青春は過ぎ去り (スヴェーリンク) (8feetで、T・B・GB・CBで)

 金曜日に初めて合わせた時、「どうしようか−−;」とみんなでギョとしたくらい
 面白くない出来だった曲、、各バリエーションの吹き方、感じ方を相談していくとあれよあれよと吹いてるのが面白くなり、ほんの数十分で見違える雰囲気になりました。
 ただ、まだ体の芯にまでその吹き方が浸透していない、、感があるかな?
 もっと時間かけて練っていきたい曲です。(と私が勝手に思ってます^^;)
 (本番では最後、大変大変珍しいことにwatさんが、残り8小節を飛ばしてしまわれ、曲がいきなり終わり(ソプラノパートは全く同じ形が2回繰り返されるため)、
 残りの三人はほんとにびっくり仰天、、した楽しい思い出になった曲でもあります♪)



  


・2つのヴァイオリンの為の協奏曲 (J.S.バッハ・SRQのSさん編曲)
  第1楽章 (S・A・T・CB)
  第2楽章 (S・S・T・CB)
  第3楽章 (S・S・T・CB)

  SRQのSさんが教えてくださったのですが、第二楽章・第三楽章はまだコンサートで音になったことがなく、
  光栄なことに初演させていただいたことになるのだとか(☆-☆)
  と、うかがって、少しプレッシャー感じちゃったりしました^^;
  (後からお聞きしたところによると、初演、というのは間違いで一度演奏されたことがあられたのだそうです^^;)
  (それはそれは大切に思って一生懸命練習したのですが、、中々追いつきませんでした。)

  第2楽章は本来はSn指定の第一パートをwatさんはソプラノで吹いておられます。

  すごく個人的な話なのですが、以前神谷師匠のレッスンでこの曲の
  アルト二重奏版を見ていただいたことがあり、それ以来、いつかうんと上手くなって、
  wat392さんとこの曲二重奏していただくのがひそかな夢だったりしました。
  まだ上手くなってないのに、SRQのSさんが編曲して下さったおかげで思いがけず夢がかなっちゃった曲です(^^)えへ♪

  SRQのSさん、ありがとうございます♪♪

  でももっと練習して、、また吹きたいな〜♪♪

   


        〜〜 休 憩 〜〜

アルジェリアのイタリア女 (ロッシーニ・Stan.Davis編)
 *本番、録音のスイッチを入れ忘れていてこの曲のみリハの音源です
 
 去年3月に同じ神戸聖愛教会でさせていただいたプチ合宿とコンサート♪その前の神戸合宿♪
 両方でみんなで吹いた思い出の曲(11重奏版)のカルテット版♪

 4人とも思い出のある曲なので、吹いてるとその時の音がよみがえるよみがえる♪合わせるたびに「懐かしい〜」と口にしながら吹きました。ほんとに懐かしい〜♪合宿コンサート、またやりたいです♪


・ピンクパンサーを追いかけて (ルッキ編) 〜特別ページにてお聴きいただけます〜

 実は、指輪でカツカツリズム刻むのは、、楽器が傷つくのがイヤで、ずっと何もつけてない指で練習していました。
 合わせの時に初めて指輪つけて叩いて、案外難しいのにびっくり、、
 練習不足がしっかりたたり、リズムパートはしっかり叩けていません−−;
 この曲はテナーの苦手な私に代わりogukenさんがソロのある第二パートを吹いてくださっています♪

 楽器傷つくのはイヤ、とかいいつつ、吹いてるときはいつのまにか
 「もっとしっかりリズムを刻みたい♪」なんて必死に思い切り楽器を指輪で叩いていた自分に後から気がつきました* ̄◆ ̄*きゃ〜、、


・ジブリシリーズ♪(弦楽曲よりwat392編曲) 〜特別ページにてお聴きいただけます〜
 海の見える街   もののけ姫   君をのせて

 前々から大好きなwatさん編曲のこのシリーズ、一度も吹いたことのない"もののけ姫"が吹けて嬉しかったです(^^)
 KiKiで何度も吹かせていただいてる"海の見える街"はメンバーが違うとまるきり違う音楽になって面白かった〜♪
 大好きな"君をのせて"も吹けて感激♪

 加えて吹きたかった"ナウシカ"は曲数の都合でボツになってしまい、残念でした(> <)


・四季より "夏"  (ヴィヴァルディ・wat392編曲)
 第1楽章   第2楽章  第3楽章

 一番心配で、一番吹けなくて、一番練習した、でも一番ボロボロだった"夏"です。。難しすぎるんですもの* ̄◆ ̄;*

 音源聴くと、思っていたボロボロさよりも勢い方が出ているような??気がしてちょっとホッとした録音です。
 (自分に甘すぎか−−;、、でももっとひどいつもりだったので、、なんとなく、、^^;)

 この曲は昔から大好きで、チェロでもどれほど練習したことか、、チェロパートはもしかしたら今でも弾けるかもしれません、、というくらいに練習し、弦楽合奏で合わせたことのある曲です。

 なので、もしかしてもしかして、ボロボロだった笛の音ではなく頭のあたりから心の中にある"夏"の音楽がたちのぼってたりは、、、* ̄◇ ̄*、、してないか、、、しませんね、、−−;

 もっとしっかり吹けるようになってもう一度吹きたいです。

  


        〜〜 コンサート終わり 〜〜

*The Boxwood Bounce (アンコールその1♪)  〜特別ページにて公開中〜

 実はピンクパンサーやこの手の曲、好きでたまりません。でも録音聴くと一番わたくし、のりきれていません。。ううむ、、
 根が真面目(?)なあたりがどうしても払拭できない自分を感じます。。
 でも吹いてるのはひたすら楽しかったです。

 手拍子下さい、の合図したらよかったな〜、と録音聴きながら後悔〜、、


*いつも何度でも (アンコールその2♪)  〜特別ページにて公開中〜

 コンサート最後の曲、というのもあり、ここまでなんとか無事に吹けた、というのもあり、最後まで聴いてくださったお客様に感謝の思いでいっぱい、というのもあり、、
 涙しそうに吹きながらしみじみしてしまった曲、、でした(^^)

 こんな嬉しい思いで吹かせていただけて、、ほんとに幸せです。

 皆様、何度も書いてごめんなさい。でももう一度だけ書かせてください。本当にありがとうございました♪

 なんとも楽しいコンサート、させていただきました。

 もっともっと練習してもっと素敵に吹けるようになりたいな〜(☆-☆)♪

                   〜mixi「音源公開」日記より転載〜


 最後におまけ♪d(⌒o⌒)b♪コンサート後のお茶会にて吹かせていただいて、手拍子がとても嬉しかった"六甲颪"です♪
 (この時はogukenさんがラーミアさんとテナー交代して、ラーミアさんが吹いておられます♪)


 
No.4328

No. PASS
キーワード  OR AND
スペースで区切って複数指定可能

++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(f3)DIARY version 3.51