++Concert Diary++

Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


---2006年9月の日記---

2006年9月9日(土) "楽しいバロック音楽のつどい"
← リハーサル中♪
★2006.12/8、音(MP3)・写真をアップしました♪
↓下のプログラムのところをご覧下さいまし〜♪




ザ・ハープシコード・カンパニー コンサートNo.10

            "楽しいバロック音楽のつどい"

2006年9月9日(土) PM6:00〜  入場無料♪

*************************************************

リコーダーのお師匠様、神谷先生が声かけて下さって、
神谷師匠のお知り合いのチェンバロ奏者青木好美さんが
コーディネートしてくださるコンサート、
"楽しいバロック音楽のつどい"でソロソナタを
吹かせていただくことになりました♪d(⌒o⌒)b♪

↓↓↓

テレマンのリコーダーソナタd-moll(音楽の練習帳より)を
吹かせていただきました。。。
(いろいろ感じたことや(☆-☆)、思ったこと、細かな後悔・反省等は アンサンブル日記 の方にあれこれ書いておりまする、、
思うことは多いのですが、、でもでもとても楽しい思いをさせていただきました(> <*))

コンサート自体は、チェンバロ、リコーダーだけでなく、
トラヴェルソ、バロックオーボエ、バロックヴァイオリン等々
バロックの楽器奏者の方がたくさん集われ♪種々のソナタが演奏され、
チェンバロのお弟子さん達のソロ演奏もあり、青木先生ご自身が
チェンバロ弾かれてのコンセールやトリオ有り、
と盛りだくさんで、とても楽しいコンサートでした♪

ガンバ奏者の中西歩さんもゲスト出演してくださり、
とても素敵な通奏低音でサポートしてくださいました(☆-☆)♪♪

**************************************************


日 時:2006年9月9日(土) PM6:00〜 

場 所:川西市みつなかホール 1F 文化サロン 入場無料♪
    (阪急宝塚線「川西能勢口」下車徒歩5分)
    ☆ホールには駐車場がありませんので電車・バスをご利用下さい。
     (近隣に有料駐車場はあります)

出演者:石田愛子(チェンバロ)
    西浦優子(チェンバロ)
    藤原真由美(リコーダー)
    安江桜子(リコーダー)
    中山和彦(バロック・オーボエ)
    山下公人(バロック・ヴァイオリン)
    福山和男(フラウト・トラヴェルソ)

    ゲスト出演 中西歩(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
 
    コーディネート&チェンバロ:青木好美

プログラム:

 〜第一部〜
    ・J.Ph.ラモー 第2コンセールより"ラボルド"
        Cem.:青木 好美
        Vn.:山下 公人
        Flt.:福山 和男
        V.G.:中西 歩

    ・G.F.ヘンデル クラヴィーア組曲第五番 ホ長調
        Cem.:千葉真由美

    ・F.バルサンティ リコーダーと通奏低音のためのソナタ
             ニ短調
        Rec.:藤原 真由美
        V.G.:中西 歩
        Cem.:石田 愛子

    ・F.クープラン 第12組曲より 双生児/雅/糸紡ぎの女/アタランテ
     J.S.バッハ トッカータ ホ短調BWV.914
        Cem.:石田 愛子

    ・G.F.ヘンデル ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ
            ニ短調(HWV359a)
        Vn.:山下 公人
        V.G.:中西 歩
        Cem.:青木 好美

    ・J.ハイドン クラヴィーア三重奏 ト長調 Hob.XV-41
        Vn.:山下 公人
        V.G.:中西 歩
        Cem.:青木 好美

   〜〜〜休憩〜〜〜

 〜第二部〜
    ・F.クープラン 王宮のコンセール集より 2番第一曲
            プレリュード
        Flt.:福山 和男
        Ob.:中山 和彦
        Vn.:山下 公人
        V.G.:中西 歩
        Cem.:青木 好美

    ・G.Ph.テレマン リコーダーと通奏低音のためのソナタ
             ニ短調
     全楽章通し (MP3ファイルで13MBあります(> <))
  
      第一楽章   第二楽章   第三楽章   第四楽章 
    

        Rec.:安江 桜子
        V.G.:中西 歩
        Cem.:西浦 陽子

    ・J.ハイドン クラヴィーアソナタ 第52番 変ホ長調
           Hob.XVI-52
        Cem.:西浦 陽子

    ・G.Ph.テレマン 食卓の音楽より 四重奏曲 ト長調
        Flt.:福山 和男
        Ob.:中山 和彦
        Vn.:山下 公人
        V.G.:中西 歩
        Cem.:青木 好美




              主 催:ザ・ハープシコードカンパニー





    
No.26

バケラッタ  2006/12/08/21:03:24   No.28
mp3を聴かせていただきました。
格好良い曲(もちろん演奏込みで)ですね。
同じ音が続いて出てくるときのニュアンスの変化などをおもしろく感じながら繰り返して聴いています。

cherry  2006/12/09/04:03:40   No.29
バケラッタさん、ありがとうございます♪♪
これを吹いた時、もう少し自分の中に取り込んだ状態で吹けたらなあ、と思いました(> <)。
プロの方ってすごい、とつくづく思いました〜(> <)♪

2006年9月18日(月) 福岡古楽音楽祭、古楽コンサート♪
★2007.1/20、音(MP3)・写真をアップしました♪
↓下のプログラムのところをご覧下さいまし〜♪






初めて経験した、長年の憧れ♪♪福岡古楽音楽祭、、

当初、"西日本点在アンサンブル"のみんなで、この古楽コンサートに出演しよう♪と楽しみに計画してきていたのですが、
(一緒に、例年恒例?の病院コンサートもしよう♪という話で♪)
残念なことに、メンバーの方々の都合が合わなくなってしまったのです(> <)

去年に続き今回も見送りだなあ、、とあきらめていたところ、福岡在住の西日本点在アンサンブルメンバーのwat392さんが声かけてくださって、
今回一緒に出演してくださることになっていた浜松のtama9さんと私と、の三人だけでも出演しませんか、とおっしゃってくださって、、

そしてとうとう実現しました(☆-☆)、、、18日(月・祝)に行われた、古楽コンサート第二部の一番目、、午前9時半からの出番で、三重奏を演奏させていただくことが出来ました♪

*病院コンサートは、この際日程を切り離して、西日本点在アンサンブルのメンバーが揃うことの出来る後日に又、ということになっておりまする♪d(⌒o⌒)b♪


〜Die Zauberblockfloten〜

(今回のアンサンブルのために、wat392さんが考えて
下さった素敵なグループ名です♪d(⌒o⌒)b♪
この名前は来年以降もこのまま残してくださって、
またアンサンブルさせていただけるのですっと♪わ〜いわ〜いo(^−^o)(o^−^)o)




曲目:モーツァルト ピアノソナタK.310より第一楽章・第三楽章 編曲 wat392♪

♪第一楽章  (mp3)  第三楽章  (mp3)

メンバー:徳永隆二(1stアルトリコーダー)
     安江桜子(2ndアルトリコーダー)
     渡辺浩行(グレートバス)



とにかく第一楽章が難しい〜、、、必死でさらったのですが当日になっても指がもつれて吹けないところがありました−−;
(tama9さんの1stアルトパートなんて膝を使う高音部出まくり、私の何倍も難しいパートなのです(☆-☆)。wat392さんのグレバスは"すごい♪"の一言ですし♪)

第三楽章は、ぴったりと合って結構いい出来だったんではないか、、なんて思っておりまする(^^*)

ボロボロもつれてますが−−;、それでも音楽の中心というのか音楽する心というのか、そんなのが三人ぴったりと合わさっている感じ、三人の心と音楽がどんどんとからみあって一つになって進んでいく感じ、、練習中も本番も♪♪吹いていてほんとにエキサイティングに感じ、また幸せな高揚感や充実感感じました(^^*)

本番にむけて集中して、福岡古楽祭三日間の間にうんと練習した、その時間がすごく楽しかった♪そして本番でも、、音楽する喜び、合わせる喜び、アンサンブルの喜び、、いろんな喜びを感じさせていただきました。

16日(土)に久しぶりに顔を合わせて(^^*)♪さあ、と合わせてみた時の嬉しかったこと、そのまま練習続けて、17日(日)にも練習して、、本番までほんの二日間の練習でしたが、その割りには良い演奏が出来たような気がしているのですにゃ♪♪d(⌒o⌒)b♪

*****

反面、自分が技術的にとても未熟なことにあせりを覚えたり、音楽的にもお二人みたいにもっと深く感じたい、と思ったり、、いろいろ感じさせていただき、勉強にもなった、楽しい楽しい古楽祭でした。。

来年も必ず、参加します(☆-☆)。。その日に向けて、もっと集中した練習、積み上げをして少しでも今より進んだ状態にしていきます♪

がんばります〜♪♪

合わせてくださったwat392さん、tama9さん、聴いてくださった皆様、本当にありがとうございました♪

*当日や福岡古楽祭についてのもっと詳しい日記はアンサンブル日記の福岡古楽祭最終日福岡古楽祭一日目福岡古楽祭二日目のところに書いてあります〜♪d(⌒o⌒)b♪


No.27

Papalin  [E-Mail] [URL]  2007/01/24/23:56:59   No.32
こりゃすげ〜や。
思わず、無言で退散したくなりました。

3人さんとも、本当によくやりましたね。
大拍手を送ります。
第一楽章が好きです!

cherry  2007/01/26/05:21:42   No.33
Papalinさん、聴いて下さってありがとうございます〜\(*⌒◇⌒*)/

ブログの方に書いて下さっていた"きっと、わっちゃんの論理は「ピアノが弾けるものをリコーダーで吹けないはずはない」ではないでしょうか。"というお言葉、さすが青春時代を友にしたご友人♪と思いました。やっぱりよくご存知ですね〜*⌒m⌒*♪

こちらも書いて下さっていた言葉、"イメージ優先"、、フフ、baccoreさん(tama9さん)やwatさんに通じるものを感じました〜*⌒−⌒*♪

No. PASS
キーワード  OR AND
スペースで区切って複数指定可能

++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(f3)DIARY version 3.51