++Concert Diary++

Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


---2005年8月の日記---

2005年8月27日(土) 〜庶民の作曲家・テレマンの作品集〜
終わってしまったのだな〜、、、終わっちゃった〜、、、終わっちゃったのか〜、、と、、



自分でもホッとしているのか寂しいのかなんだかよくわからない不思議な感じ、、、が続いています。

豊中にあるお好み焼き屋さん"ほわっと"で去年9月から始められた、


「ほわっとライブ」古楽器シリーズ
(今回がpart4になります♪♪)

企画・主催しているのは、バロックオーボエ・トラヴェルソ奏者の岡本稔さん♪&"ほわっと"のご主人さま♪

今回は、

18世紀の難波商人 テレマン
               〜庶民の作曲家・テレマンの作品集〜

   バロック時代の音楽家の多くは教会、貴族に仕えてその給金によって
   生活を営んでいました。その裏では良い地位を得る為に様々な思惑が…
   しかしテレマンという作曲家は自ら庶民の中に飛び込んで独自の方法で
   教会、貴族に頼ることなく立派に地位と名声を得ていくのでした…
   自ら銅版印刷で出版業(?)を営んだりという先見性や
   アマチュア上級者の心理を見事に突いた作品など
   彼独自の音楽観を美味しいお料理と一緒に召し上がれ

   ※今回の企画ではテレマンが生前に自ら出版した作品集を中心に
    庶民に親しまれた彼の作品をお楽しみいただきます。


という、オールテレマンの企画を考えてくださりました♪

「やりたい曲があるからトラヴェルソの練習再開しない?」と連絡いただいて、「やりますっ(☆−☆)/!」と飛びこんだのが数ヶ月前でした。

思うように鳴ってくれないトラヴェルソに落ちこんだり悩んだりしながら毎日毎日必死になって吹いてたら、いつのまにかリコーダーよりも吹くのが楽しいくらいに感じられるようになって、、
まだまだとっかかったばかり、、これから取り組まないといけないことは山のようにあるのですが、それにしてもやっぱりトラヴェルソってなんて面白いんだろう(>_<)!

このトラヴェルソの魅力をもう一度私に思い出させて実感させて下さった岡本さんには、今回声かけて下さってご一緒させていただけたこと、、何重もの意味でお礼が言いたいのです。
ほんとにほんとにありがとうございます♪♪




1つ、、とても印象深くて今だに心にこだましている言葉があります。。

数週間前、たまたま他の用事で岡本さんと電話していた時のこと、、、

「ボクは演奏する時は(自分じゃなくて)聴いてくれてる人が"主役"だと思ってるから。"ほわっと"のコンサートもあそこに来てくれる人達が主役、と思って吹いてるから。」

という感じのことを、ふとおっしゃったのです。

ちょうど、中々トラヴェルソが思うように吹けなくて、
「こんなんではみんなに迷惑かけてしまう(>_<)、聴きに来てくれる人に申し訳ない、、」
なんて悶々としていたところ、、、ハッとしました。

そうじゃなかったんだ(>_<)、って、、、自分のことを中心に考えるからそんな風に心配するわけで、コンサート、って本番、って、別に自分のトラヴェルソの技(?)を披露する場所なのではなく、もちろん「上手」だと思ってもらうための場なのでもなく、、
あそこは来て下さった方に楽しんでいただくための場所、聴きに来て下さる方が主役なのだ、って気づかせてもらうと、自分の中で何かがカタン、って変わったというのか、固くなっていたものがスッとほぐれたような気がしたのです。
(神谷さんにも同じようなことをしょっ中教わっているというのに(>_<)、、やっぱり一人の状態で追い詰められると、ついつい忘れてしまうのですよね−−;、、う〜、、)

私でも、いつもの演奏する場、病院や老人ホームや発表会や、、そういうところでならまだ、忘れないでいられる気がするのです、、、
でも、お金をいただいてのコンサートってまた別の責任感やプレッシャーを感じてしまうところがあるのです、、、
そんな中でも一番大切なこと、「お客さまが主役」っていうことを忘れないでいる、言い切れる、、、あ〜、やっぱりプロの方はすごい(>_<)、違う(>_<)、と思ったのでした。

わたしも、、もっと心も精神も鍛えて、、大切なことを見失わないで演奏できるようになりたいぞ〜(>_<)

*この後、わかめさんがメールで、「とにかく言うまでもないことですが楽しんで演奏してくださいね♪わかめはリラックスしてうかがいますので」っておっしゃって下さったのも心に残っておりますのにゃ〜♪ d(⌒o⌒)b♪

そうだった(>_<)、上手な音楽を聴きたくて来て下さるんじゃなくて(そんなんようしませんし ̄_ ̄;)、
楽しく音楽してるのを一緒に楽しみに♪聴きに来て下さるんだよな、って、、これまたハッとしたのです。
この時も何か間違えてた、忘れてることに気づいてドキ!としたのですにゃ〜(>_<)、、、私って、、忘れてばっかだな〜−−;




〜〜プログラム〜〜

♪オーボエソナタ ト短調    (食卓の音楽より)
 (バロックオーボエ:岡本さん スピネット:澤さん)

♪リコーダーソナタ ヘ長調   (忠実な音楽の師より)
 (リコーダー:鳥羽さん スピネット:澤さん)

♪フルートソナタ ホ短調    (メトーディッシュソナタより)
 (トラヴェルソ:岡本さん スピネット:澤さん)

       ***** 休憩 *****

♪オーボエソナタ ト短調    (メトーディッシュソナタより)
 (バロックオーボエ:岡本さん スピネット:澤さん)
 
♪トリオソナタ ホ短調     
 (トラヴェルソ:岡本さん&cherry スピネット:澤さん)

♪四重奏曲 二短調       (食卓の音楽より)
 (リコーダー:鳥羽さん トラヴェルソ:岡本さん&cherry スピネット:澤さん)

   ****************アンコール****************

 ♪オーボエソナタから     (忠実な音楽の師より)
  とても美しい緩与楽章でした〜(☆o☆)♪
 
 ♪最後にやった四重奏曲 ニ短調 の第4楽章の速い部分をもう一度〜♪





掲示板にもちょこっと書いたのですが、岡本さんの「聴いてくれてる人達が主役」っていう言葉を聞いていたせいか、今回とても聴いて下さってる方々からの暖かな何かを感じたコンサートでした。

"吹かせてもらってる"って表現したらいいのかな、、両手を広げて受けとめる準備をしてくれてるのを感じた、っていえばいいのかな、、

「あ、ほんとだ♪今、この空間は私達じゃなくってこの方達のおかげでこんな風にふわってなってるんだ♪」

って、、別の意味でなのかもしれないけれど、「お客さまが主役」というのを感じもしました。

*でも、これは、主催しておられる岡本さん&ほわっとのマスターのお人柄の影響も大きいのでは、とも思いましたのにゃ♪ d(⌒o⌒)b♪
(お話聞かせていただいて今更ながらに気づいたというのか痛感したのだ〜(*>_<*))

アイデア満載の企画、曲の選定、練習の段取り、プログラムは原稿から印刷・製本まで全部、後、当日の準備も♪、そして気さくにたくさんおしゃべりしながらの司会、何より心をこめて吹かれるバロックオーボエ&トラヴェルソ。。。
毎回、コンサートの全てをご自分で楽しそうにこなされる岡本さん♪の思いが自然に溢れているのかも♪あの場所に♪

そして、、そんな岡本さん始めアンサンブルの仲間と、暖か〜な雰囲気で聴いてて下さる皆さまに助けられて、私もとても優しい気持ちで楽しく吹かせていただきましたのにゃ♪♪皆さま、ほんとにありがとうございました(>_<)。
(練習やリハの時とはやっぱり違ってて、やり直したいことも多々、う゛〜−−;、と思い出しては動悸が速くなってしまう記憶も多々ありはするのですが−−;、、
それでも、、、あの場のあの空気、、とても得難い経験をさせていただいた気がするのです。)

聴いて下さっていた方々も、、、楽しんでいただけてたら、、嬉しいのですが(>_<)、、楽しんでいただけたかな〜(>_<)、、


*そそそ♪今回のプログラムはね〜、うらやましいおまけ付きだったのですよぉ〜(☆o☆)/彡♪

       

5種類くらいあったかな?名古屋を出発する時にふと思いついた♪って、地球博のか〜わゆいモリゾー&キッコロの透明ファイルをガバッと買ってこられてて、本番前に

「これにプログラム詰めよう〜o(^-^o)(o^-^)o」

ってみんなでせっせと詰めたのですにゃ♪相変わらず、ポコポコ素敵なこと思いつかれる方だなあ、と楽しくなっておりました。

(☆o☆)い〜な〜、、、モリゾー、好きなんだにゃあ、私♪
(写真のはミルパパのもらったプログラムの入ってたファイルです〜♪もちろん私がいただきましたとも* ̄◆ ̄*ふふ♪)

で、そのうちの一つにだけコソッとシールを貼っておいてね〜、、、アンコールの時、そのシール付きのが当たった方にはにゃんとにゃんと、モリゾー&キッコロのぬいぐるみさんまで!用意してこられてました♪ d(⌒o⌒)b♪素敵なのだにゃん♪
(当たったのはS部さん!う〜らやましいぞ〜〜* ̄◆ ̄*)




音楽、って一人でするものではないんだな、人と人とのつながりがあるからこそ、
迎えて下さる方がいて下さるからこそ、こうやって心の動く経験をさせていただけるんだ〜(>_<)、というのをしみじみと感じて感謝したコンサートでもありました。

一緒にアンサンブルして下さった、(何より声かけて参加させて下さった(>_<))主催者の岡本さん、澤さん、鳥羽さん、ともそうですし、
遠く奈良や大垣、神戸、明石、名古屋から来て下さった、
わかめさん、KiKiのS部さん、ゆりえさん、アルモニコのうつみんさん、ハナちゃん、kazuさん、マヨネーズさん、たまきさん、、
いつもお顔をお見かけしていたけど今回初めてお話させていただいていろんなコンサートの話をして下さった上品なご婦人、おみやげ下さった岡本さんのお友達、お話する機会はなかったけれど他に来て下さっていた方々、それにマスター♪♪

「ほんとにありがとうございました〜\(>_<)/」

って抱きつきたい気がするのです(迷惑だと思いますが^^;)。

ありがとうございましたm(..*)m。

はぅ〜、、、、出来たらまたこんな機会が、、いつか持てたら嬉しいな〜(>_<)、、

もっともっと練習して、精神的にももっと成長して、、、そんな機会を目指してがんばりたいのですにゃ、がんばらねば〜。

↓うつみんさん・ハナちゃん・マヨネーズさんが下さったの〜♪
 めちゃ感激、、、嬉しかったのです(☆−☆)。ありがとうございました〜(*>_<*)

 



No.17

No. PASS
キーワード  OR AND
スペースで区切って複数指定可能

++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(f3)DIARY version 3.51