++Concert Diary++

Home 音楽室 掲示板等 ゲーム等 わんにゃん プライベート 日記等 リンク・更新情報

音楽室に戻る


---2004年11月の日記---

2004年11月13日(土) トリオソナタ
豊中にある、お好み焼き工房 "ほわっと"さん

マスターがクラシック音楽好きな方で、お店でのコンサートをたくさん企画して下さっています。
(←さっきお店のHPのぞいたらこの時の写真をアップして下さってたのでいただいてきちゃいました、、、後でお願いしとかないと〜♪ 2005/7/23記)

去年、関ケ原でのリコーダー合宿以来遊びに来て下さったりアンサンブルして下さったり、と親しくさせていただいているbaroque_oboeさんこと岡本稔さんが、
この"ほわっと"さんでのコンサートをどんどん企画・演奏されるようになりました♪
(岡本さん略歴:9月に行われたコンサートちらしから〜♪
  愛知県立芸術大学にて在学中より古楽器による演奏に興味を持ち、
  専攻であるモダンオーボエ奏法と併せて小畑善昭氏に木管古楽器全般に対する演奏法を師事。
  古楽器奏法、バロック時代の作品に対する古楽的なアプローチの研究に取り組む。
  同大学中退後にオランダヘ留学しバロックオーボエをク・エビンヘ氏に師事。
  留学中はユトレヒト古楽祭(1994年)などに出演した後に帰国、
  東京にてカンタータ、受難曲などの演奏会に参加した後に地元名古屋へ帰郷。
  現在は「古楽器奏者」としてだけではなく「システムエンジニア」としての側面を併せ持っている。)


9月に行われたコンサートでは、スピネットによる伴奏でトラヴェルソ・リコーダー・バロックオーボエ、と三本の楽器を持ち替えての盛りだくさんなプログラムを楽しませていただいて、バロック音楽をとても身近に興味深く感じさせていただきました♪
(精力的に、「バロックに造詣の深くない方にも楽しんでいただけるコンサートを♪」と様々なアイデアでどんどん新しい興味深い企画を興して下さっているのです〜♪)

バロック時代の曲によくある"トリオ"、楽器の編成や曲の組み立て等様々な種類で演奏されるこの"トリオ"を文字通りいろんな形で演奏しよう、という今回の企画、"トリオソナタ彩彩コンサート"では、、、にゃんと思いがけずお仲間にいれていただいて(☆-☆)、、、、とても勉強になる経験させていただきました。
(そしてそして、、、緊張したけれどなんて刺激的な時間をいただいたことか(>_<)。こんな形でお客様に聴いていただける演奏会、って初めての経験だった私、、、今までにない責任感感じて弱気になってしまったり(特に通奏低音〜(>_<))、逆に聴きに来てくださった方・応援して下さる方にほんとに励まされて、音楽を奏でて聴いていただける喜び・醍醐味を改めて感じさせていただいたり、岡本さん・白木さん・澤さん、と練習するごとに大きな刺激をいただいて自分の感性に自信もってしっかり主張する大切さに気づいたり(今回全然出来なかったのです−−;)、そのためにはもっともっと強い意志・感性を磨いて精神的にも成長したいなあ、って痛感したり、、と感じるところの多い演奏会でした(>_<)。

深い意味で、楽しかったです〜(☆-☆)!!415Hzのアルト吹けたのも、ヴォイスフルート吹かせてもらえたのも、トラヴェルソまで吹かせていただけたのも、、嬉しかったし〜o(^-^o)(o^-^)o
もっともっと、、これから、、、勉強します〜♪♪(☆-☆)♪)


 〜プログラム〜

  ・クヴァンツ   リコーダーとトラヴェルソのためのトリオソナタ C-Dur

   (トラヴェルソ:岡本さん、リコーダー:白木絵美さん、
                 スピネット:澤朱理さん、バスリコーダー:cherry)

  ・バッハ     フルートソナタ G-Dur 《ガンバソナタより》

   (トラヴェルソ:岡本さん、スピネット:澤さん)

  ・ボワモルティエ トリオソナタ h-moll (ヴォイスフルート三重奏)

   (ヴォイスフルート:岡本さん&白木さん&cherry)

  **休憩**

  ・バッハ     シンフォニア 第11番

   (スピネット独奏:澤さん)

  ・ブラヴェ    ソナタ e-moll

   (ヴォイスフルート:白木さん、スピネット:澤さん)
 
  ・テレマン    オーボエ&リコーダーのためのトリオソナタ c-moll

   (バロックオーボエ:岡本さん、リコーダー:cherry、スピネット:澤さん)

  ・ローマン?   リコーダー二本のためのトリオソナタ g-moll 

   (リコーダー:岡本さん&白木さん スピネット:澤さん、バスリコーダー:cherry)

  ★アンコール♪
   ・ボワモルティエ フルート三本のためのソナタより 第1・第2楽章

   (リコーダー:白木さん、トラヴェルソ:岡本さん&cherry スピネット:澤さん)


   *久しぶりに、、アンコール曲で人前で吹かせていただいたトラヴェルソ、、
    まだまだ練習不足なのだけど(>_<)、、嬉しかったのです〜♪d(⌒o⌒)b♪
   (この楽器ももっとしっかり練習しなくては(☆-☆)♪)
   *岡本さん、澤さんとトリオさせていただいた憧れの(☆-☆)、大好きなテレマンのトリオソナタ。
    思うことはいろいろあるのですが(>_<)、、吹かせていただけてめちゃ幸せでした〜(>_<)♪
   *白木さんのブラヴェ、もっかいお聴きしたいのです(☆-☆)♪素敵だった〜♪
   *バスリコの音程とるのが難しくて;−;、、、
   *Tさんが貸して下さったヴォイスフルート、、(☆-☆)はわはわはわ、
    もうリコーダーが吹きたくなくなるくらい、、しみじみした音が鳴るの〜(>_<)。
    ヴォイスフルートの三重奏、、、またしたいです〜(☆-☆)♪


笛を吹くの、って音楽を奏でるの、って、何かを表現しようとするの、って、、その人の人間性がほんとに大きく関わってくるのだなあ、とも痛感した経験でした。

もっとしっかり表現して、、、伝えられるようになりたい〜、、、、

岡本さん、素敵な企画して下さって仲間にいれてくださって、、ありがとうございました♪

応援して下さったたくさんのみなさま、遠いところを聴きに来てくださったみなさま、、ほんとにほんとにありがとうございました(>_<)。
No.11

2004年11月21日(日) 病院で♪コンサート〜♪♪
5月からメンバーに混ぜていただいたアンサンブル○○○○○○○○♪のコンサート♪

場所は遠く福岡のとある病院で行われるのです♪毎年行われている、メンバー全員が集まる一番大きなイベントなのですにゃ〜o(^-^o)(o^-^)o

わたしも今年から♪ご一緒させていただいてきました♪♪

*****

場所:福岡 ○○○病院♪
   (こういう集まり用に?あるフロアいっぱいがホールのようになっている広間で〜♪)

時間:11月21日(日) 13:30〜(途中、休憩もはさんで約一時間半のプログラムです♪)

曲目:アニメ曲、ジブリシリーズ、懐メロ、演歌、スパニッシュ、バロック曲(バッハ等)等々等々♪

吹きながら、、、会場で聴いていて下さる患者さん、付き添いの方々、スタッフの方々、、そして吹く側のわたし達、、、み〜んなの暖かな気持ちに包まれて、とても楽しい雰囲気の中、吹かせていただきました。

少しでも心の、思いの伝わる演奏が出来ていますように−人−♪

練習不足だったにもかかわらず(>_<)、濃く大きな充実感をいただいて帰ってきました♪d(⌒o⌒)b♪

*ソプラノを吹いたトトロ、、、もっともっと夢のある吹き方が出来たなあ、と演奏会後にビデオを見ながらTBさんに教えていただいて開眼(☆-☆)!!

次、このメンバーで吹かせていただける日が待ち遠しいのですo(^-^o)(o^-^)o♪

No.12

No. PASS
キーワード  OR AND
スペースで区切って複数指定可能

++HOME++

[Admin] [TOP]
shiromuku(f3)DIARY version 3.51